新型 ジムニー バンパー。 新型ジムニーの四角なスタイルにはこのスチール製バンパーが良く似合う!

ショートバンパーを都会的にキメる! 新型JB64スズキ・ジムニー、K3ZEROのコンプリート、堂々完成

新型 ジムニー バンパー

先代ジムニーのエクステリアチューンは、丸みを帯びたシルエットからFRPや樹脂製のバンパーが主流だった。 新型ジムニーもその流れから、JB64発売当初はFRPや樹脂製バンパーが多かった。 そして、旧ジムニーで定番だったのはスチール製前後バンパー。 スクエアなデザインのJB64には、実はJA11で定番だったデザインがよく似合うのだ。 そこでペニーレインは、当時のバンパーデザインをJB64用にリメイクしつつ、車格の違いを考慮して完全に新設計。 さらに、スチール製だが、フォグランプの有/無も設定した。 今回のデモカーは、よりハードな印象のスクエアで立体的なバンパーを装着。 このバンパーとは別に、スタイリッシュなチューブタイプ仕様()もある。 バンパーだけでなく、スチール製のスキッドプレートも用意。 実戦的な強度をしっかりと考慮した本格仕様だ。 さらにそのスキッドプレートの両サイドには、今回初お披露目の牽引フックをセット。 ペニーレイン製のバンパー装着車両に、ボルトオンで固定が可能な牽引フックだが、フォルムはかなり個性的。 使用には、全く問題がないカタチでありながら、これまでに無い形状は、JB64のシルエットにもジャストフィット。 前方への飛び出しは最小限で、自由度は高い。 一方ジムニー定番のナンバー移動だが、ナンバープレートをゲート中央部に配置するキットも販売開始。 このシルエットはなかなか良い。 背面ブラケットの純正ボルトを使用するので、大掛かりな加工作業も不要。 サスペンションはひと通り完成し、現在はエクステリアの開発に注力している。 それがよく分かるパーツのラインアップに注目だ!.

次の

正月休み~ 新型ジムニー カスタムバンパー製作

新型 ジムニー バンパー

純正のスタイリングを生かしたエクステリアは、ジムニーカスタムの流儀であるショートバンパーが基本となるが、あえてオフ系ではなく、都会的なイメージに。 これは新型のボディがあまりに四角いため、カッチリとしたバンパーでは逆に違和感が生まれるとの判断から。 それでもK3ゼロの象徴でもあるFRP製スキッドプレートを採用することで、ひと目でコンドーオートだと分かるニュアンスもさり気なく取り入れられる。 またこれまでリアナンバーのセンター移設を定番としてきたK3ゼロだが、今回は純正がセンター配置となるため、あえてナンバーを左へ移設するという新たな試みにも挑戦。 ナンバーを左へ寄せるにはゲート開閉ボタンの問題が生じるのだが、ここはザグリを入れてスペアタイヤとナンバーとの干渉を防止し、開閉スイッチも生かせるよう工夫を施した。 さらにリアには、JA系の丸いパイプ状のバンパーをイメージした、パイプバンパー風のアレンジも投入。 明らかに純正とは異なる要素を随所へ、巧みに取り入れるのが好感だ。 ちなみにコンプリートカーのメニューは、フロントバンパーにスキッドプレート、リアバンパーにタイヤ、リアナンバー移設キット、1インチのリフトアップキット、フジツボ製のオリジナルマフラーが基本的な構成となる。 もちろんどのベース車でも製作が可能で、各種オーダーにも別途対応可能。 最速でクールにコンプリートされた新型ジムニーを手に入れられると考えれば、この車両価格は確実にリーズナブルな設定だろう。 フジツボ製のオリジナルマフラーは、排気効率がアップし、爽快な低音サウンドも獲得できる。 車検対応で安心なのも魅力的。 コンプリートに含まれるK3リフトアップキットは、1インチのライトなアゲを楽しめるのが特徴。 走破性が高まるだけでなく、オンロードでの乗り心地もキープできる。 デモカーのシートはレカロのLX-Fへと交換済み。 こうしたプラスアルファもコンプリートカー制作時には別途オーダー可能。 デモカーは撮影用の特別仕様となる。 開口部の上下にさりげなくデザインを施し、表情豊かに。 同社のJB23な雰囲気を取り入れつつ、純正とは明らかに異なるデザインが採用されたフロント。 開口を大きくして冷却性を高めるなど、実用性にも配慮する。 リアにはJA系のパイプバンパーを彷彿とさせる、遊び心たっぷりなワンポイントデザインも採用。 テールランプは純正だが、ナンバー移設で変えた感も十分。 リアゲート開閉ボタンの関係で移設が難しいリアナンバーだが、K3はザグリを入れて干渉を防ぐことで移設可能に。 開閉ボタンも生かせる。 本格的な足まわりなど含めどんどん開発していきます。 KONDOH-AUTO ジムニーとハスラーの専門店として、数多くのオリジナルパーツ開発や各種カスタム、コンプリートカー製作などに精通するコンドーオート。 タイヤに関する知識も豊富で、安全で快適なリフトアップライフを支える実力店。 26発売より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

【楽天市場】JB64 JB74 新型 ジムニー スチール フロント バンパー スキッドプレート付き:Auto parts Sunrise

新型 ジムニー バンパー

ジムニー バンパー カット後の処理:バンパーカットの概要 そもそも、なぜバンパーをカットしなければならないのか理由がよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずは バンパーカットの概要について説明をしていきます。 バンパーカットとは、 フロントおよびリアのタイヤに近いバンパー部分を切除し、ショートバンパー化するための行為を指します。 ジムニーという車は悪路などの走行を想定した設計の車ですが、3代目モデルであるJB23型や4代目モデルであるJB64型の場合には、バンパーが下方向へ伸びたデザインとなっているため、悪路を走行するとバンパー下部が岩などに接触してしまい破損する恐れや、接触したことによってエアバッグが作動してしまう可能性があることから、 走行性能を向上させる目的でバンパーのカットを行います。 そのような場所を走行するのであれば、バンパー自体を取り外してしまえば良いじゃないかと考える方もいらっしゃると思いますが、バンパーは万が一人間と接触をした場合に衝撃を軽減するための大切な 保安基準部品となっているため、公道を走る場合には 必ず装着する必要があるのです。 また、バンパーをカットすることによって、より本格的なクロスカントリー車の外観に近づける事ができるため、 外観の大きなイメージチェンジを目的とした場合にもバンパーカットは行われます。 ジムニー バンパー カット後の処理:大まかな作業手順 バンパーをカットする概要が分かったところで、ここからは大まかな作業手順やカット後の処理方法などを説明していきます。 バンパーカットの大まかな 作業手順は以下の通りとなります。 バンパーを外す• カットしたい部分にマスキングテープなどを貼り付け、大まかなカットラインとデザインを固める• カットする部分に保安部品やバンパーを取り付ける上で必要な部品が無いかを確認する• ディスクグラインダーやハンドソーなどの切削器具を用いてカットを行っていく これらが大まかなバンパーカットの作業手順となります。 バンパーを取り外す場合スパナやドライバー、内張外しなどが必要となりますがこれらは全てホームセンターで簡単に購入することができるため、作業をスムーズに進めるためにも前もって用意しておくと良いでしょう。 また、 ディスクグラインダーなどの切削工具は20,000万円程度で購入することができますが、一部の大型ホームセンターでは 工具の貸し出しを行っている店舗も存在するため、工具を持っていない場合にはこちらのサービスを利用すると、費用を大きく抑えることも可能です。 スポンサーリンク ジムニー バンパー カット後の処理:カット後の処理方法・その1 バンパーをカットした後は、 成形処理などの作業を行っていきます。 特にハンドソーなど手動の切削器具を用いてバンパーをカットした場合には、カット面が歪んでいたりバリと呼ばれるささくれが発生している事が多いため、これらを 粗めのサンドペーパーや鉄製のヤスリなどを使って研磨し整えていきます。 軽度の歪みやバリが発生している場合には、目の細かい サンドペーパーなどで対応することができますが、 歪みやバリが大きい場合には粗めのものを使用しないと成形する事ができませんので、状況に応じて道具を使い分ける必要があります。 また、この 成形作業はバンパーカットの出来映えを大きく左右する 大事な処理となりますので、時間をかけ丁寧に作業することを心がけると良いでしょう。 その後、研磨によって出現した塗装の下地部分をタッチアップペンなどで 補修をすればカット後の処理は完了です。 ジムニー バンパー カット後の処理:カット後の処理方法・その2 カット後の処理は、成形作業やカット面の研磨だけでは無い場合も存在しバンパーをカットした作業具合によっては、 カット時に塗装面が剥離してしまい大きく外観を損ねている場合があります。 この場合、タッチペンで補修することも可能ですが塗装面と剥離した面に凹凸ができてしまうため出来映えとしては、あまり良くありません。 そのため、剥離箇所が大きい場合には1度 塗装を全て剥がし再塗装を行う必要も出てきます。 実際のジムニーユーザーの中には、クロスカントリー車の雰囲気を向上させるために敢えてボディーと同色に再塗装するのでは無く、 プラスチック感を出すためツヤ消しブラックに塗装を行うなどの処理を行う方も存在します。 また、カット面にアクセントを加えるという目的から敢えて丁寧な研磨処理は行わず、メッキ製のドアエッジモールやカラードラインモールを貼り付けカット後の処理を行うユーザーもおり、 デザインや方向性によって カット後の処理方法が異なる場合があるようです。 スポンサーリンク ジムニー バンパー カット後の処理:バンパーカット後の車検はどうなる? ここまでは、バンパーカットの作業手順やカット後の処理方法を説明してきましたが、バンパーカットは行ったものの肝心の 車検対応はどうなっているのかと疑問に思う方も多いはずです。 結論から先に言ってしまうと、バンパーをカットしたことによって車検不適合になると言う事はほとんどの場合ありません。 ただし、 ナンバープレートが取り付けられない場合や車体を構成する鉄製のフレームが目視できる場合、元々の車両から大きく サイズが変更されている場合や形が変わっている場合には、 バンパーとしての役割を果たしていないと判断されバンパーを装着していない場合と同じように扱われることから車検不適合となる場合があります。 また、ディーラーによっては 購入時の原型のままで無いと 点検や修理を受け付けないという場合もありますので、前以て各ディーラーに相談すると良いでしょう。 ジムニー バンパー カット後の処理:まとめ 今回は、ジムニーのバンパーをカットする概要や大まかな作業手順、カット後の処理方法などを中心に、ジムニーとバンパーカット後の処理について解説してきましたが、バンパーのカットは悪路走行時に岩などの 障害物への接触を避ける目的や 外観のイメージチェンジを目的として行われることが分かったと思います。 カット後の処理は、歪みやバリを整える成形作業が基本となり再塗装やモールなどで加飾をする処理方法も存在しますので、 イメージに合わせた処理方法を選択すると良いでしょう。 愛車を 一番高く売るにはどうしたらいいの?? あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。 でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?• 適正価格が分からない• ディーラーの言葉を信用していいのだろうか• きちんと査定してくれているのか心配• 交渉するのが苦手• 言われるままの値段で売ってしまいそう• 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい 普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。 でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです! それが…… 一括査定! ディーラーだと30万円の買取が 一括査定すると80万円になることも! なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が 最大10社同時査定してくれるから。 あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです! 無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

次の