ホンダ アコード 新型 プラットフォーム 刷新 欧州 スポーツ セダン に 比肩 する 走り と 質感 に 開発 者。 【HONDA】10代目アコード(e:HEV)Part.1【ホンダ】

【ホンダ アコード 新型】プラットフォーム刷新、「欧州スポーツセダンに比肩する走りと質感に」開発者 / StartYourEngines|清水和夫が主宰する自動車関連映像専門サイト

ホンダ アコード 新型 プラットフォーム 刷新 欧州 スポーツ セダン に 比肩 する 走り と 質感 に 開発 者

ホンダ・アコード新型《撮影 雪岡直樹》 2013年に9代目の『アコード』(CR型)がデビューし、7年の時を経てプラットフォームからすべて刷新したまったく新しいアコード(CV型)がいよいよ登場する。 10代目の新型アコードは、どんなキャラクターとミッションを抱えているか。 ホンダの開発陣に聞いた。 まず9代目までのアコードユーザについて。 2002年登場の7代目から9代目までで、年代別をみると日本国内は50歳代がピークで、30歳代のユーザ離れが顕著だった。 中国やタイのピークは30・40歳代、北米は20〜60歳代と幅広い。 共通しているのは、年代ピークが代を重ねるごとに高齢化している点。 「これまでのアコードは、エモーショナルな魅力が足りなかった」と話すのは、本田技術研究所宮原哲也開発責任者。 「10代目アコードは、世界基準の走りと人中心の骨格をクリアに表現した、ワイドアンドローなデザインに。 プラットフォームを根本から見直し、低重心・低慣性の新世代プラットフォームでつくりあげる」 宮原氏がいう低重心・低慣性、ワイドアンドローは、数字でも明らか。 全長は9代目より45mmも短くなったのに、ホイールベースは55mm拡大。 最小回転半径は20cm縮めて5. 7mと、小回り性もよくした。 「通常、FF車はノーズを詰め、キャビンを長くするが、いかに直感的にかっこいいスタイルにするかを突き詰めたとき、できるかぎりノーズを延ばすことがカギだった」 ロングノーズ化は、Aピラーの立ち方も寄与している。 新型アコードのAピラーは、現行よりも100mm後方に置き、Aピラー断面も2割細くすることで、9代目より15mmも低くなった全高なのに、前方視界はより広くなった。 10代目が「おっ、これまでとまったく違う!」と乗ってすぐに感じさせてくれる点が、ヒップポイント。 10代目は9代目よりも25mmも着座高を低くし、ヒールポイントも15mm低くした。 「アコードは代を重ねるごとにヒップポイントを上げてきた。 世界で評価されている欧州セダンよりアコードは高かった。 そこで10代目はあらためて低重心、低いヒップポイントに設定。 走らせればすぐに、欧州スポーツセダンに比肩する走りと質感を感じるはず」 そして後席からトランクにかけてもプラスの数字ばかり。 9代目と比べて、後席の周り空間は50mm、足もと空間は70mmも拡大。 マルチリンク式リアサスペンションと新開発ボディ骨格によって、トランクは149リットルも増えた。 続いて走り。 10代目の新型アコードのパワートレインは、「リニアで軽快な走りと燃費性能を高いレベルでバランスさせた」という2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載。 フロントに収まる発電用・走行用2モーター内蔵電気式CVT(最高出力184PS・最大トルク315N・m)は、2. 0リットルアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン(最高出力145PS・最大トルク175N・m)をアシストする。 重心高は15mm低くなり、ロール慣性モーメントは7. 2%減、ヨー慣性モーメントは1. 7%減、車両重量は50kgも軽くなったことで、軽快さは歴然。 こうしたおかげで、燃費はWLTCモード 22. ボディ剛性もアップ。 高張力鋼板を効率的に配置し、接着溶接を採用することで高剛性を確保。 ボディ重量は5%減ったのに、曲げ剛性は24%アップ、ねじり剛性は32%もアップした。 また、パワーコントロールユニット(PCU)は15%サイズダウン、インテリジェントパワーユニットは32%もサイズダウンし、車内空間を拡大させた。 ドライブモードは、スポーツ・ノーマル・コンフォートの3つを選択できる。 スポーツモードにすると、積極的な走りに加え、ステアフィールはよりダイレクト感がアップし、エンジンサウンドはよりスポーティに響く。 この音についても、新型アコードはこだわる。 ホンダはこの新型アコードから3マイクタイプ アクティブノイズコントロール(ANC)を初めて採用。 車内のノイズに打ち消し音を加えることで、車内をより静かにし、上質なプライベート空間をつくりあげるという。 大野雅人•

次の

【HONDA】10代目アコード(e:HEV)Part.1【ホンダ】

ホンダ アコード 新型 プラットフォーム 刷新 欧州 スポーツ セダン に 比肩 する 走り と 質感 に 開発 者

スズキのインド子会社のマルチスズキは、『シアズ』(Suzuki Ciaz)にスポーツグレードの「シアズS」を設定した、と発表した。 シアズは2013年春、上海モーターショー2013において、『オーセンティックス』の名前でワールドプレミアされた。 その後、デリーモーターショー2014では、シアズに車名を改め、インドデビューを果たした。 インドでは、ミッドサイズのプレミアムセダンセグメントに属する。 2018年夏には、改良新型を発表し、ガソリンエンジン全車が、新開発の「スマートハイブリッド」を搭載した。 新開発の1. 5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムとなる。 5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力105ps、最大トルク14kgmを発生する。 新開発のスマートハイブリッドでは、トルクアシスト機能によって、加速時などにエンジンのパワーをアシスト。 減速時には、エネルギーの回生を行う。 アイドリングストップも採用し、燃費は21. シアズSはフロントスポイラー、トランクスポイラー、フロントフォグランプガーニッシュなどを装備。 トランクスポイラーやサイドスカートは、ブラック仕上げとした。 ダークフィニッシュのマルチスポーク16インチアルミホイールも装備される。 ボディカラーは、サングリアレッド、プレミアムシルバー、パールスノーホワイトの3色だ。 インテリアは、ブラック基調とした。 ドアトリムとインストルメントパネルにシルバーのアクセントをあしらい、洗練された雰囲気を演出している。

次の

マイク・ホンダ

ホンダ アコード 新型 プラットフォーム 刷新 欧州 スポーツ セダン に 比肩 する 走り と 質感 に 開発 者

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 12,451 14,060 13,153 12,912 12,196 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 12,828 15,772 15,668 15,463 14,829 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 13,901 15,493 18,107 20,266 21,971 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 94 107 105 173 251 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 2,890 3,915 4,506 4,158 3,943 総資産 資産合計。 42,164 49,347 51,539 52,972 53,190 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 8,054 11,197 10,823 10,360 10,176 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 205 1,410 882 443 4 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 33,905 36,740 39,834 42,169 43,010 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 15,463 15,436 14,549 15,716 14,829 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 20,266 - - - 21,971 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 173 176 191 184 251 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,158 24,225 24,576 26,354 3,943 総資産 資産合計。 52,972 52,539 53,101 54,668 53,190 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 10,360 8,260 8,495 9,642 10,176 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 443 2,140 2,034 2,094 4 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 42,169 42,139 42,572 42,932 43,010 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 15,287 17,125 18,788 20,214 19,921 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 5,046 4,752 5,018 4,807 5,344 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 3,073 3,219 3,794 5,204 4,064 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -3,230 -2,363 -3,244 -3,902 -2,950 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -1,145 813 -1,455 -1,493 -1,862 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 2,536 - 2,835 - 1,229 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -2,373 - -818 - -2,132 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -754 - -1,134 - -728 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,272位 1,323位 1,213位 998位 総資産 資産合計。 1,508位 1,444位 1,447位 1,452位 現預金等 1,068位 1,048位 1,131位 1,164位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 1,162位 1,160位 1,160位 1,146位 現預金等増減 3,079位 897位 3,087位 2,527位 3,034位 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 491人 497人 517人 531人 -人 従業員数(連結) 695人 711人 764人 797人 -人 平均年齢(単独) 38. 3歳 38. 8歳 38. 6歳 39. 2歳 -歳 平均勤続年数(単独) 14. 8年 15. 1年 15年 15. すべて•

次の