ミッドサマー グロ ネタバレ。 ミッドサマーのレビュー(ネタバレなし)頭がおかしい狂ったホラー映画好き必見!

ミッドサマー (映画)

ミッドサマー グロ ネタバレ

「ミッドサマー」の登場人物・キャスト ダニ: フローレンス・ピュー 心理学専攻の学生。 妹が両親を道連れに自殺して以来、 心に大きな傷を抱えている。 クリスチャン: ジャック・レイナー 人類学専攻の学生。 ダニとは4年付き合っているが、 その関係は冷めかけている。 ペレ: ヴィルヘルム・ブロムグレン クリスチャンの学友のスウェーデン人。 人里離れた村の出身であり、 故郷の祝祭に友人たちを招待する。 ジョシュ: ウィリアム・ジャクソン・ハーパー クリスチャンの学友。 北欧の伝統文化を研究しており、 論文執筆の調査のため ペレの故郷を訪れる。 マーク: ウィル・ポールター クリスチャンの学友。 学業には熱心でないようで、 祝祭の最中でも態度が悪い。 「ミッドサマー」のネタバレあり感想 注意!ここから先、グロテスクな表現が含まれます 「ミッドサマー」の内容を ひとことで表すならば、 真っ昼間から繰り広げられる悪夢 これに尽きるでしょう。 舞台は夏のスウェーデン。 夜9時を過ぎても太陽は沈まず、 闇のやってこない世界です。 緑は生い茂り、 花は咲きほこり、 空はどこまでも青い。 そんな美しい自然を背景に 人がばったばったと惨死していく とんでもない映画でした。 飛び降り死体の ぐちゃぐちゃになった頭部を 大写しにする映画とか、 もうどうなってんですか。 監督はあたまおかC しかしどうにも、 前作「へレディタリー」に比べて 間延びしている感じは否めません。 とにかく淡々と儀式が進み 淡々と人が死んでいくので、 物語上の起伏があまりないんですよね。 この手の映画、普通なら 主人公たちが逃げようとして 村人が追いかける、みたいな 筋書きになるところですが 「ミッドサマー」ではみんな 人類学研究の調査に来てるので、 逃げようという気にならない。 ただただ異文化を受け入れ、 儀式を理解しようとしている。 それが新しくもあるのですが、 エンタメとしては成立してない ようにも感じました。 映画初心者はお断り、 完全にマニア向けのカルト映画として 楽しむのが正解のように思えますね。 ……では感想はこのくらいにして、 次は考察編にうつります! ポイント1: ダニの部屋の内装が示す意味とは? 物語の伏線は、 スウェーデンに飛ぶ前から すでに張られていました。 まずダニの部屋に飾られている絵。 バイキングの少女と巨大な熊が 印象的に描かれています。 これはダニとクリスチャンの 関係性を象徴していると言えるでしょう。 熊はその後も画面に登場します。 オリの中に閉じ込められている熊。 火に包まれる熊の絵。 そして、熊の毛皮を着て焼かれるクリスチャン…… クリスチャンとの関係を 克服する過程が、 すでに画面の中で語られ始めていたわけです。 アリ・アスターはほんとに芸が細かいよ また、 ダニの部屋にやたらと 植物があるのにも気づいたでしょうか。 ペレの従兄弟から ドラッグをもらって以降、 ダニは植物の力を強く 感じるようになっていきます。 しかし彼女は最初から、 植物に惹かれていたんですね。 部屋の中にあるのは葉っぱばかりでしたが、 スウェーデンに来ると芝生や樹木、 そして花々からエネルギーを受け取っていく。 最終的には 全身を花で包まれた 「5月の女王」として覚醒するのです! ポイント2:「アテストゥーパ」の儀式は実在した? 「ミッドサマー」のヤバさを 一瞬で示してくれる "アテストゥーパ"の場面。 72歳を迎えた老人が、 崖の上から身を投げて死ぬ という恐ろしい儀式です。 ぐちゃぐちゃの頭部の大写し、エグいことやるわ これは決して 映画のなかだけの作り物ではなく、 古代北欧の伝説をもとにしています。 北欧に詳しい人にとっては 有名な儀式のようで、 ジョシュは儀式の中身を 知っているような素振りを 見せていますね。 ペレはおそらく 「うちの故郷では いまだにアテストゥーパを やっているぞ。 見に来ないか?」 とでも言って、 ジョシュを誘ったのでしょう。 ポイント3: 何度も登場するルーン文字、その意味は? 村の中では 「R」に似たルーン文字が 何度も登場します。 これは北欧に実在する文字で、 イチイの木を象徴しているそうです。 これは架空の文字のようです。 僕の解釈ですが、 「R」は死、鏡文字の「R」は生を表している のではないでしょうか。 長老たちが飛び降りる崖、 その上の碑文には「R」が掘られています。 一方で、 ペレがダニにプレゼントした似顔絵の 右下には鏡文字の「R」」が書かれていました。 生と死は表裏一体、 同じものだという考えが この文字に象徴されていると 考えられます。 同じような意味では、 乾杯の儀式も 生と死が対称になっていました。 生と死の対称性、ほかにも探せば見つかりそう! ポイント4: サイモンはなぜあんな殺され方をしたのか? ペレの従兄弟が連れてきたサイモン。 物語中盤で行方不明になりましたが、 鶏小屋の中で 背中を大きく切り裂かれた 惨殺死体となって発見されました。 実はあれ、 ブラッドイーグル(血のワシ)と呼ばれる 古代北欧の処刑方法なのです。 実在の処刑方法なのか、 伝説上のものなのかは 専門家でも意見がわかれるそうですが。 ただの空想ではなく、 冒頭の「アティストゥーパ」と同様、 北欧の伝承をもとにしているんです。 ちなみにですが、 よく見るとサイモンの肺が 動いてるんですよね…… もしかしたら、 クリスチャンがサイモンを 発見した時点では、 彼はまだ生きていたのかもしれません。 こっっっっわ! ポイント5: "命を捧げる"ことに意味はあるのか? 「ミッドサマー」では、 命に関する異質の価値観が提示されます。 老いさらばえて死ぬのは悪いこと。 若い世代のために命を捧げることが 喜びである、と語られるのです。 一般社会に住む我々には とても理解しがたい考えですが、 ダニにはある意味救いになっています。 突然死んでしまった妹、 その巻き添えを食って 殺された両親の死にも 意味があったと考えられるからです。 しかし! ここから先が アリ・アスターの意地悪なところ。 最後の最後で、 自ら死ぬことを志願した若者が 悲鳴をあげながら炎に包まれる 場面を入れてくるんですね。 ほらー! やっぱり死ぬのって怖いじゃーん!! ヨボヨボになっても寿命が尽きるまで生きるべきか、 信仰の中で自ら時期を定めて死ぬべきなのか。 「ミッドサマー」は 全然答えを示してはくれません。 観客自らが死について 考え続けざるを得ないように 作られた結末なんですよ。 ポイント6: なぜダニは最後に笑ったのか? 主人公のダニが、最後の最後で 実に意味ありげな笑顔を浮かべて、 「ミッドサマー」は終わります。 あの笑顔の意味は なんだったのでしょうか? 僕の意見では、 形だけの家族から離れて 本当の家族を手に入れられたから ではないかと思います。 ダニを支えてくれるはずの クリスチャンとは、 ずっと関係がギクシャクしていました。 恋人であるとはいいつつ、 付き合った記念日も 誕生日すらも覚えてません。 一方で、ダニを親身になって 支えてくれたのはペレです。 ダニと妹や両親との関係性は はっきりとは描かれません。 しかし、 最後に幻覚として現れた両親ですら、 ダニに声をかけない点を見ると、 彼女は家族の中でも孤立していたのでは ないかと思われます。 ずっと寂しい思いをしていたんだね ダニは儀式の中で 「5月の女王(May Queen)」に選ばれ、 村人たちから大きな祝福を受けます。 また全身を花飾りで覆われ、 物語序盤から感じていた 植物のパワーを受け取るのです。 極めつけには、 形だけの恋人だった クリスチャンを葬り去り、 過去から完全に決別します。 一見バッドエンドですが、 ダニにとっては完璧な ハッピーエンドになっている。 これが「ミッドサマー」という 映画の正体なのです。 まとめ 〜カルト映画の新たな古典が誕生した〜 「ミッドサマー」、実に恐ろしい映画でした。 ホラー映画としてのカタルシスはなく、 真夏の太陽のもとで ひたすらおぞましいものを映すという、 とんでもない芸当をやってのけてくれました。 正直なところ 物語の面白さとしては 「へレディタリー」が上かと思うのですが、 「ミッドサマー」もまた カルト映画の古典として語り継がれることに 間違いはないでしょう。 お行儀のいい映画ばかりが もてはやされがちな昨今のこと、 こういう劇薬のような映画も たまには観ておきたいものですね。

次の

『ミッドサマー』エロいの?評判はいいのかネタバレあり感想まとめ

ミッドサマー グロ ネタバレ

原題:MID SOMMAR 監督、脚本:アリ・アスター 「ミッドサマー」登場人物とキャスト ダニー役:フローレンス・ピュー クリスチャン役:ジャック・レイナー ジョシュ役:ウィリアム・ジャクソン・ハーパー マーク役:ウィル・ポールター 「ミッドサマー」作品概要 🌞🌸🌞🌼🌸🌞🌞🌼 写真はアリ・アスター監督です。 公開に合わせて彼の初来日を予定しています。 2016年「Lady Macneth」では高い評価を得て以降その知名度をあげている若手女優です。 クリスチャン役のジャック・レイナーは2010年テレビドラマでデビューし、2012年「リチャードの秘密」で主演に抜擢され、第10回アイルランド映画テレビ賞で主演男優賞を受容するなど一気に話題となりました。 全員が非常に若くてまだ知名度こそありませんがこの映画で覚えて損は無いメンバーになっています。 また、今年のアカデミー賞の前哨戦ともいわれるゴッサム・インティベンデンド映画賞に脚本賞と、女優賞でノミネートされました。 期待値の高さと注目度が伺えます。 — 2019年10月月24日午前9時29分PDT 大学で民俗学を研究するクリスチャンは、恋人のダニーと別れを考えていましたが、突然の不慮の事故で家族を失ってしまったダニーをみて思い直し、彼女を支えることを決意します。 友人であるペレの故郷で「90年に一度の祝祭」であるスウェーデンの夏至祭が行われることを知り、ペレと友人のマークとジョシュとともに、民俗学研究の目的で参加することを決めます。 クリスチャンについて行くことを決めたダニー。 他の参加者2人も含めて、7人で村を訪れました。 夏至祭は夜まで明るく、綺麗な花や歌が歌われてまるで楽園のような祝祭です。 ここから、映画の核心に迫るネタバレを含みます。 (ネタバレ注意!) — 2019年10月月31日午前9時40分PDT ところが、二人の老人がセレモニーの中で、崖から飛び降り、自死を試みます。 一人は亡くなり、一人は足を挫き、そこにセレモニーのリーダーが現れ、大きなセレモニー用のハンマーで生き残った老人の頭を砕き、亡き者にしてしまいます。 その村では、72歳を迎えると、人生の終わりを迎え、死ななければならないのでした。 その様子をみた、7人はその信じられない風景に、恐怖のどん底に。 そこを立ち去ろうとする7人ですが、山里離れた村で、出て行きようもありません。 そのうちの村で出会ったよそ者の参加者2人が行方不明になります。 村人は、彼らは歩いて電車の駅に向かったと言います。 次に村の神木に小便をした男が、昼食会中によびだされ、人知れず亡き者にされてしまうのでした。 一方で、クリスチャンの大学の共同研究者のジョシュは、村の聖なる書を読んではいけないと言われていたのに盗み読み、亡きものとされてしまいました。 セレモニーの中で、ダンス競技があり、その中で、優勝するダニー。 一方の彼氏のクリスチャンは、村の女性と交わる儀式に連れて行かれます。 ここからは結末までのネタバレを含みます。 (ネタバレ注意!) — 2019年 9月月24日午後12時38分PDT 薬で朦朧とした、クリスチャンは村の女性と交わり、その様子を見せられたダニーはひどく狼狽します。 村では、セレモニーごとに、よそ者の血を、村に取り入れるために、そのような交わりの儀式を行うのでした。 フェスティバルの最後には、7人の人身御供が、建物に集められるのですが、その中には、すでに亡くなった、4人のよそ者たちが、それぞれに着飾られています。 さらに村の立候補者の2人、そして最後の人身御供を、ダンスで優勝したダニーが選ぶことに。 クリスチャンが、別の女性と交わったことに狼狽していたダニーは、クリスチャンを指名してしまいます。 熊の皮の中に縫い込まれたクリスチャンが最後の犠牲者として、建物に入れられ、周りで村人が見守る中、建物に火が放たれるのでした。 そのようすを見て、微笑むダニー。 アリ・アスター監督の映画にはなんとなく中毒性のようなものがあってつい観たくなってしまう というのもうなずける予告編。 すでに公開されている、アメリカでも、映画の結末のダニーの心理描写について、いまだに議論が盛んに行われています。 また、すべての殺人事件が、ある意味、土着宗教の中の行事として淡々とそして残酷に行われる様から、それらの行為の意味や、象徴性などについても議論が絶えません。 見るものによって、解釈が違う「ミッドサマー」明るい狂気ホラーとして、楽しんでもらえると思います。 今作に興味を持った方であれば是非、ダークホラーの傑作と言われる前作の「へレディタリー」もご覧になってみてください。 🌞🔥💐🌸🌼🌺 こんにちは 🌞🔥💐🌸🌼🌺 Q. 本作の監督、アリ・アスターの前作で、たくさんの方々の18年ベストに挙がりました。 怖い映画なので気をつけてご覧ください。

次の

映画「ミッドサマー」ネタバレとあらすじ、結末と感想(最新情報!)

ミッドサマー グロ ネタバレ

こんにちは。 かみずです。 映画「ミッドサマー」 アリ・アスター監督による2作目の作品となります。 前作 「ヘレディタリー 継承」が傑作と名高い評価を得ており、今作品も期待が高い映画です。 ヘレディタリーはジワリジワリと侵食されるような恐ろしさで、見終わった後も引きずりまくりの作品でした。 そう感じますよね。 でも、怖いもの見たさでワクワクします! ここでは、 ・映画ミッドサマーには年齢制限があるの? ・映画ミッドサマーで対象年齢の個人的見解 ・観た人の怖さやグロさに関する評価感想について について触れていきたいと思います。 今作品、映画ミッドサマーは 「R15+」指定となっています。 ですので、 15歳未満の子供たちは閲覧禁止です。 それぐらい怖い表現や衝撃的な描写があるという事になります。 「どうしても見てみたい」という子供たちは R指定を承知の上で保護者の方にDVD、ネット配信を見せてもらって下さい。 個人的には、今作品は子供たちにはオススメしません。 映画ミッドサマーを見るのに対象年齢の個人的見解 上記でも述べましたように、今作品は 「R15+」指定となっています。 ですので、中学校3年生から高校一年生からの鑑賞が可能という事になります。 僕の個人的な見解を言いますと、 「ホラー映画が好きで怖い映像に慣れている」 そういう子なら 年齢制限の対象にならない子は観ても良いと思います。 「怖いのやグロいのが少しでも苦手」 そういう子は 無理して観ない方がいいかもしれません。 ですが、今作品はグロい描写が多そうに見えますが、そこまで凄くないようです。 グロい描写がある事は間違いないのですが、 多くはないみたいですね。 「怖いのは見たいけど、グロのはちょっと・・・」 という方は、比較的大丈夫なんではないかと思われます。 年齢制限の理由としては、怖さやグロさの衝撃というよりも、 性的描写の方が強いためと思われます。 女性の裸が出てくるシーンが結構あり、性描写もあるようです。 少し安心できるかもしれませんが、一緒に誰かと見に行くなら、ちょっと考えなければならないかもしれません。 だって、一緒に見る人は気まずくなりませんか? ですので、できれば一人で見る方が無難かもしれませんね。 明るいことが逆に怖いフェスティバルスリラーです。 1回観たらもう1回観たくなりますよ! ホラーが苦手な人でも楽しめます 私は苦手ですがめっちゃ楽しめました 笑🤣 — えすでぃー SD07672799 本国で公開してからずっと楽しみにしていた、「ヘレディタリー」のアリ・アスター監督 最新作「ミッドサマー」を試写会で見てきました。 冒頭で地獄、お祭り始まって地獄、ラストまで地獄。 怖いというよりおぞましかった。 だけど最高に面白かった。 ホラー映画好きなら是非映画館で! — ペイジロー payjiro 試写会でした。 評判は見ていたので内心かなりびびっていましたが、終盤はなんか苦笑いでした。 怖いんですけどね、いろんな意味で。 こちらの心象次第で見え方がまるっきり変わるゲスな現象の最たるやつって感じでした。 特にアレをアレするシーンはほとんどコント — 真昼の幽霊 mahirunoyurei ミッドサマーはマジでネタじゃなくて解放のカタルシスが得られる映画なので少しだけグロが写るけどそれが大丈夫なら兵長にこそ見てほしい映画 — (祝)しづゑ(祝) NoKichStickHigh まとめ いかがでしたでしょうか。 「映画「ミッドサマー」は怖いしグロいので子供はトラウマ級?ぼかし入りの年齢制限も解説」についてでした。 少しでも参考にしていただけたなら嬉しく思います。 今作品は前評判も高く、観た人もかなり満足度の高い映画という声が多いです。 期待できますね。 ぜひ、明るいけど「何か怖い・・・」 それが、どういう物なのか映画館に足を運んでみて下さいね。 こちらの関連記事もいかがですか? 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の