シーザー トレーディング。 Vanden Plas Princess1300 (シーザートレーディング)バンテンプラ プリンセス

シーザートレーディング 本社 中古車検索

シーザー トレーディング

PICTURE YEAR MODEL EXTERIOR INTERIOR PRICE YEN MILEAGE 2009 BROOKLANDS ブルックランズ WHITE FRECHNAVY LEATHER ASK 11. 003km 2007 CONTINENTAL-GT コンチネンタルGT SILVER TEMPEST FIREGLOW LEATHER coming soon 49. 045km 2003 ARNAGE-T アルナージT SILVER-STORM BLAK LEATHER ASK 27. 294km 2003 ARNAGE-T アルナージT SILVER-TEMPEST BLAK LEATHER ASK 63. 175km 2002 ARNAGE LWB アルナージ-LWB BLACK SAPPHIRE BAREYLEATHER FIREGLOWPIPING SOLD 42. 750km 2001 ARNAGE アルナージ FIRE GLOW TANGIER LEATHER FIRE GLOW PIPING 84. 187km 2000 ARNAGE アルナージ BLACK EMERALD TANGIER LEATHER 109. 668km 2001 CONTINENTAL-T コンチネンタルT FIREGLOW AUTUMUN LEATHER 89. 803km 1997 CONTINENTAL-T コンチネンタルT COBALT BLUE BEIGE LEATHER 43. 122km 1996 CONTINENTAL-R コンチネンタル-R DIAMOBD BLUE SILVER ROYAL BLUE LEATHER 81. 213km 1993 CONTINENTAL-R コンチネンタル-R GEORGIAN SILVER MAGNORIA 39. 912km 1996 CONTINENTAL R WIDE-BODY コンチネンタル R ワイドボディー PEARL-WHITE St. JEMES RED LEATHER 55. 525km 1989 CONTINENTAL コンチネンタル EBONY BLACK SLATE LEATHER 59. 356km 1997 TURBO RL ターボ RL SILICA SOFT TAN LEATER SOLD 60. 336km 1996 TURBO RL ターボ RL ROLAL-BLUE SANDSTONE LEATHER 67.

次の

宮内庁のロールスロイス・コーニッシュは本当に修理できない?

シーザー トレーディング

朝日新聞は宮内庁で所有している1991年式ロールスロイスのコーニッシュIII(スリー)について「修理出来ず頭を悩ませている」というニュースを流した。 クルマの知識を全く持たない人なら信じるかもしれないけれど、ロールスロイスといえば「壊れない」ことを伝統としてきた由緒あるメーカーである。 真っ先に意見を聞いてみたのはロールスロイスを専門に扱っている『シーザートレーディング』の宮本代表。 「この件でいろいろな人から連絡を受けています。 結論から書くと、1990年と1991年のコーニッシュは生産台数が多く、部品もロールスロイスの中で最も豊富に出回っています」。 クイーンエリザベス2世とプリンスフィリップ,1966年3月 日本に無くても、アメリカやイギリスに問いあわせれば必ずあるとのこと。 また、シーザートレーディングで販売するロールスロイスの整備を受けているのは、かつて今回話題になっているコーニッシュそのものを手がけた人だという。 「直せないということは100%無いと断言出来ます」(宮本代表)。 続いてロールスロイスの広報担当者にも聞いてみた。 「現在のロールスロイスは2003年に設立されたBMW傘下の企業です。 それ以前に生産された車両の修理などについて責任を負うことが出来ないことになっています。 現在はベントレーが窓口になります」(現在ベントレーはVW傘下)。 以下、いろんなルートから調べてみたけれど、そもそもロールスロイスは顧客第一主義のため、全て個々の対応になっているという。 特に今回問題になっているコーニッシュの場合、ユーザーが日本のロイヤルファミリーということで特殊。 ただ「修理出来ない」などあり得ないことは皆さん口を揃える。 女王エリザベス2世のファントムVIリムジン,2017年7月 一方、大雑把な状況が何となく解ってきた。 まとめると、2007年に宮内庁の車馬課はコーニッシュのオイルとガソリンの滲みを発見。 コーンズから見積もりを取ったそうだ。 その際、コーンズとしては常識的な金額を提示したところ宮内庁側が「少し高い」と判断。 このあたり、宮内庁にも金銭感覚ある? 確かに車馬課所有の日本車と整備金額もずいぶん違っていたことだろう。 つまり「部品が無い」とか「整備できない」という理由でなく、単なる予算削減のためだったようだ。 妥当な金額さえあれば、すぐ使える状態になる。 朝日新聞がどういった方向に持って行きたかったかは不明。 「4000万円も出して2回しか使わずスクラップになりそう」という問題提起なのか、はたまた「違う車両を購入したいための下地作り」なのか理解出来ない。 いずれにしろ修理出来ることはロールスロイスの詳しい皆さんが断言している。 前出の宮本代表のところには「修理代金くらい有志で集める。 何とか出来ないのか」という声も届いているという。 宮内庁のコーニッシュ、新しい天皇陛下のパレードに使うとか使わない関係無く、せっかく持っている車両なのだから稼働出来る状態にしたらいいと思う。 (国沢光宏) by カテゴリー : , , , タグ :.

次の

【ベントレー ブルックランズ D車 左H】|【(株)シーザー トレーディング】|中古車なら【グーネット中古車】

シーザー トレーディング

0066-9709-5441 【ご注意】以下の内容をご確認の上ご利用下さい。 ・無料電話をご利用の場合は、各店舗の営業時間・定休日をご確認の上ご利用下さい。 ・無料電話をご利用の場合は、販売店へお客様の電話番号が通知されます。 ・電話番号を通知させない場合は、184(非通知設定)をご入力の上ご利用下さい。 ・「携帯電話」「PHS」でも無料電話をご利用いただけます。 ・「スマートフォン」もしくは「携帯電話」をご利用の場合、販売店よりショートメッセージが送られてくることがございます。 販売店への無料電話番号を QRコードで読み取れます。 カーナビ• オーディオ• ビジュアル 映像再生機能です。 DVD再生、ブルーレイ再生機能などが該当• アルミホイール:20インチ• 革シート• ハーフレザーシート• キーレス• LEDヘッドランプ• HID キセノンライト• ポータブルナビ• バックカメラ• ETC• エアロ• スマートキー• ローダウン• ランフラットタイヤ• パワーシート• 3列シート• ベンチシート• フルフラットシート• チップアップシート• オットマン• 電動格納サードシート• シートヒーター• ウォークスルー• 後席モニター• 電動リアゲート リアゲートを電動で開閉させる仕組み。 ワンタッチボタンやリモコンで操作• フロントカメラ• シートエアコン• 全周囲カメラ• サイドカメラ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー.

次の