ファー ウェイ バンド 5。 Canadian Acoustics

ファーウェイ「Band 4 Pro」を1カ月使った! 睡眠センサー、心拍計、内蔵GPSが優秀

ファー ウェイ バンド 5

今後ラインナップを追加予定。 HUAWEI Healthアプリでの設定が必要です。 国または地域によっては、機能が利用できない場合があります。 オープンウォータースイムモード:内蔵GPSを使用して、湖、海、または川で泳ぐことを意味しています。 サイクリングは屋外サイクルモードでのみ記録できます。 VO 2max、トレーニング効果、および回復時間の評価と推奨事項はFIRSTBEATアルゴリズムによって提供され、結果はトレーニングモードと実際のトレーニング強度によって異なる場合があります。 スマートフォン音楽再生操作は、Androidスマートフォンのみ対応します。 HUAWEIスマートフォンEMUI 8. 1以上のみ対応。 本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。 商品の写真と表示されているコンテンツは、参考のために提供されています。 実際の商品の機能や仕様 外観、色、サイズを含むもしくはそれらに限定しない 、表示されているコンテンツ 背景、UI、アイコンを含むもしくはそれらに限定しない は異なる場合があります。 さらなる情報は、前述の商品情報をご参照ください。 実際のデータは、個別の商品、ソフトウェアのバージョン、アプリケーションの状況そして環境条件によって異なります。 すべての情報は実際の利用でことなる可能性があります。 そうすることにより、実際の商品のより正しい商品性能、仕様、指標、そして部品の情報をお伝えすることができます。 情報は事前の通知なしに変更する可能性があります。

次の

スマートバンド『ファーウェイバンド4』のレビュー|安いのにめっちゃ高性能!

ファー ウェイ バンド 5

この記事について この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。 今回の記事は2020年6月6日に配信されたものです。 メールマガジン購読(月額税別500円)の申し込みはから。 メディア関係者の間では「これでグーグルのサービスが使えれば」と惜しむ声が相次いだ。 やはり、ハードウェア的に優れ、コストパフォーマンスも申し分なくても、スマホのメインとも言えるグーグル関連サービスがアプリで使えないというのが痛い。 現状、5Gサービスを提供するMVNOがないことから、P40シリーズで5Gを使うには、キャリアショップに持ち込むか、すでに契約している5GスマホのSIMカードを流用するしかない。 ただ、最近、色々と機種変更して実感したのだが、キャリアによっては「端末とSIMカードの組み合わせ」が決まったものがあり、結構、厄介だったりする。 その点、NTTドコモは、AndroidとiPhoneやiPad、どちらも同じSIMカードが使えるので、とても便利だ。 一方で注意が必要なのがソフトバンク。 機種ごとにそれぞれSIMカードが異なるため、使い回しが不可能に近い(そもそも、一般の人はSIMカードの使い回しなんてしないと思うが)。 先日、iPhone用として使っていた契約をAQUOS R5Gに機種変更したところ、SIMカードも変更。 AQUOS R5G用のSIMカードでiPhoneが使えなくなってしまった。 AQUOS R5G用のSIMカードは他のSIMフリーAndroidでも動かないことが多く、本当に使い勝手が悪い。 また、KDDIではiPhone契約からGalaxy Foldに機種変更した際にSIMカードも変更させられたのだが、この時のSIMカードはAndroidはもちろんiPhoneでも使えた。 しかし、Galaxy Fold契約からXperia 1 IIに機種変更した際にはSIMカードは交換されず、そのまま使えたのだが、今度はiPhoneで使えなくなってしまった。 どうやら、接続先のAPNが5G用に切り替わったようで、そのためにiPhoneで使えなくなったようだ。 SIMロック解除の環境が整備され、SIMフリーになる端末も増えつつあるが、SIMカードの取り回しが厄介で、一般の人に理解してもらうのはハードルが高すぎるのではないか。 総務省のおかげで端末と契約が完全分離されたものの、実はSIMカードと端末が分離されておらず、結果としてユーザーが混乱に陥る可能性が高い。 端末を自由に選べる環境が整ったものの、「このSIMカードだとつながらない」のでは意味がない。 キャリアによってはNFC対応が必要な機種だけ、NFC対応SIMカードを同梱。 そうでない機種はコストを削減するために安価なSIMカードにするという、涙ぐましいコスト管理をしているところもあるようだ。 そのために、SIMカードが複数種類、存在するというのは理解できなくもない。 ただ、総務省としては、eSIMの導入とともに、SIMカードの種類をキャリアで一本化するなどの取り組みもして欲しいと思う。 関連記事• Huaweiが3月27日(中央ヨーロッパ時間)に発表したHUAWEI Pシリーズの最新フラグシップモデルの1つが日本でも発売される。 ドイツのLeica(ライカ)と共同開発したカメラは、さらに磨きをかけたものとなった。 ファーウェイのミドルレンジスマホ「P lite」シリーズの新モデルが登場する。 5G対応モデルも用意されている他、手頃なLTE(4G)モデルもある。 Huaweiの春のフラグシップモデルであるP40シリーズは3モデルあります。 P40シリーズはカメラ部分がレンズやフラッシュなどを2列に並べ、独立させたデザインとなりました。 前年のフラグシップカメラフォンであるP30シリーズと見た目は大きく変わっています。 5GやeSIMに対応しており、カメラのズーム機能や色再現性を強化した。 関連リンク•

次の

ファーウェイ

ファー ウェイ バンド 5

華為技術有限公司 Huawei Technologies Co. , Ltd. 略称 華為(ファーウェイ、Huawei) 本社所在地 坂田華為基地 設立 電気機器 事業内容 通信機器、通信装置、ソリューション、通信基地局設備などの研究開発、中継局供給、ネットワーク構築 代表者 ()(、) () 売上高 CNY 240. 0 billion 2013 営業利益 CNY 29. , Ltd. )は、に本社を置く通信機器大手メーカー。 概説 [ ] ファーウェイはに、携帯電話のインフラストラクチャー整備に必要な通信機器を開発するベンダーとして、に設立された、世界有数のICTソリューション・プロバイダー。 最近は、SIMフリーなど、端末を手がけるまでに急成長を遂げた。 起業当初のファーウェイの顧客は、、、などの中国企業が中心であったが、にのと初の海外契約を得たのを皮切りに、世界トップ通信企業50社のうち45社に対して製品やソリューションを提供するまでに成長し 、に売上高でを超えて、世界最大の通信機器ベンダーとなった (モバイル・ブロードバンド製品、モバイル・ソフトスイッチ、パケットコア製品、光ネットワーク製品では世界シェア1位)。 時点で・・・・の170カ国のうち530社の通信事業者に設備を提供していた。 においては、出荷台数・シェアともに世界3位となり、世界の市場占有率でを抜いて世界2位になったこともある。 これは、売上高全体の15. 2008年に初めて国際特許出願件数世界1位になると、その後は5位以内をキープし続けている。 2015年12月31日現在の特許申請数はで52,550件、中国国外で30,613件となり、特許取得数はのべ50,377件にのぼる。 ユニークな経営体制である事でも知られており、3人が「輪番制」を取っていて、半年でどんどんCEOを変えていく。 戦略的にあえてに上場せず、非上場を貫いている。 現在は約170カ国に進出しており、各国に研究所を設けている。 ビル 略歴 [ ]• - をはじめとする元所属の軍事技術関係者が集い創業 、携帯電話のインフラ整備に必要な通信機器を開発するベンダーとして・に設立。 2月 - 米国の主要ビジネス誌「 ()」にて、Most Innovative Company Ranking 世界で最も革新的な企業ランキング にて、、、、に続き第5位、2016年には13位に選出された。 3月 - 世界知的所有権機関 WIPO が発表した、2015年度の特許の国際出願件数によると、同社の出願数が2年連続で首位となった。 特に、にあたるやにあたるのに関しては、長年モバイル業界を主導してきたやを抑え、に次ぐ2位の特許保有企業となっている。 2月 - 本社:・ が発表する「2017年版ブランドファイナンス Global 500」において、昨年から7ランクアップの40位にランクイン。 5月 - が発表する2017年版「最も価値あるブランドTOP100」において、企業で唯一ランクインを果たす。 6月 - ()社が発表する世界の企業のブランド力ランキングを示すBrandZの2017年版「最も価値のあるグローバルブランドトップ100」において、ブランド価値203億8800万ドルで49位にランクインし、2年連続でトップ50入りを果たす。 7月- で昨年の129位から83位となる。 また、785億1000万ドルの売上高を達成し、世界トップ100入りを果たした。 9月 - 世界初の「NPU」を発表。 2月 - 世界初のに対応した商用端末「HUAWEI 5G CPE」・チップセット「Balong 5G01」を発表。 8月 - 世界初の7nmプロセスチップ「」を発表。 日本法人 [ ] 華為技術日本株式会社 Huawei Technologies Japan K. )という名称で設立。 に東京本部を置く。 通称は、「 ファーウェイ・ジャパン」。 日本研究所はのコンカード横浜19Fに置き 、2015年4月現在、日本人と中国人の合わせて95人の技術者が在籍する。 などの提供を主に大手携帯電話会社に対して行っていたが、現在はグローバル市場での競争力と、日本市場での経験を強みに、優れたユーザー経験をもたらすや製品を幅広く展開している。 2011年2月15日には中国企業初の加盟を果たした。 日本国内での通信機器認証の際には、輸入元である当社名(華為技術日本)で申請される。 このため、本体銘板の製造元には「 Huawei Technologies Co. , Ltd. 」、輸入元として「華為技術日本株式会社」が表示される。 2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、エンジニアの月給は、新卒の大卒者で40万1000円、修士修了者は43万円に設定されている。 また、年に1回以上は賞与がある他、「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」である上に、各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている。 の賃金構造基本統計調査によると、2016年の大卒の平均は約20万円、修士修了者は約23万円であり、ファーウェイの厚遇ぶりが話題となった。 は6月29日、「ファーウェイが今年、千葉県に大型通信装備工場を建設して生産に入る」と報じた。 なお、企業が日本に本格的な工場を建設するのは初めて。 ファーウェイはにある工場跡地をから買収しており、この敷地に50億円を投入し、ルーターなどネットワーク装備などの通信設備や関連機器を量産する予定である。 また、日本だけでなく海外の通信企業に販売する計画もあるという。 ファーウェイをめぐる各国の動き [ ] アメリカ合衆国との関係 [ ] 詳細は「」を参照 から、やから、ファーウェイがからを受けているの政権 や、の政権 に「通信機器を支援している」として、安全保障上の懸念が出されていた。 2016年には、、など国家への輸出規制に違反したとして、から召喚が行われた。 イランでは反体制派の監視 や政府の検閲にも利用されるなど、同国市場で独占的な地位を築いていた。 2012年10月、の諜報委員会(The House Intelligence Committee)は、ファーウェイと同業のの製品について、中国人民解放軍や公安部門と癒着し、スパイ行為やのためのインフラの構築を行っている疑いが強いとする調査結果を発表し、両社の製品を連邦政府の調達品から排除し、民間企業でも取引の自粛を求めるを出した。 また2018年1月8日に、で開催されるで正式に発表されるはずだった、米のとのパートナ契約が白紙撤回された。 白紙撤回の理由は公表されていないが、安全保障上のリスクを懸念する連邦政府からの圧力という仮説が有力。 2018年4月には、ZTEとファーウェイが製造した携帯電話や 製品について、の人員、情報、任務に対して許容不可能なセキュリティー上の危険をもたらすとして、米軍基地での販売を禁じ 、軍人には基地の外でも中国製品の使用に注意するよう求めた。 アメリカ合衆国の国でも類似の動きがあり、2014年に、韓国政府は米国政府からの要求を受け、政府の通信に関してファーウェイの機器が使われていないネットワークを通すことに同意し 、でも傘下のがシステムの建設計画書を(NCC)に提出した際に、ファーウェイ製の基地局を採用しようとしていたため、より国家安全保障上の懸念を受けたNCCは、審査過程を6月まで延ばし、基地局は製の設備へ変更された。 ちなみに、が独自に行った調査では、ファーウェイによる行為などを裏付けられる証拠は見つからなかったとしている。 2018年、 ()によって(中興通訊)や世界最大手のなどとともに、アメリカ合衆国の政府調達から排除された。 これには、対象データへの侵入やデータ移転に関係する機器・サービスとして、上記3社と通信・監視機器の(Hytera Communications Corporation)や(Dahua Technology Company)の計5社の製品などが含まれる。 また、中国政府に支配・所有されている企業、又は関係していると米国政府が合理的に判断した企業なども同様の措置とされている。 、アメリカ合衆国大統領は、アメリカ企業が安全保障上の脅威がある外国企業から通信機器を調達することを禁止するに署名。 同日、は、ファーウェイを同局が作成する(禁輸措置対象リスト, EL)に掲載し、アメリカ製ハイテク部品やの供給を事実上禁止する措置を発表した。 2019年10月現在、ファーウェイ及び関連企業100社以上がこのリストに掲載されている 2019年5月19日、を供給してきたが、ファーウェイとの商取引を一部停止したことが報道されると、続いて、、、、も、部品供給などの商取引を停止したことが報道された。 ソフトのアップデートが即時不能になるなどの混乱が予想されることとなったが、同年5月21日、アメリカ合衆国連邦政府は2019年8月19日まで製品の調達を認める猶予措置を発表した。 2019年6月、ファーウェイへの取引規制は国家安全保障上のリスクになる可能性を、Googleがアメリカ合衆国連邦政府に警告したことや、Intelなどが輸出規制を回避して部品を供給していることが報道され 、でのとの米中首脳会談後の会見で、トランプ大統領はファーウェイへのアメリカ製品の供給を認める意向を述べるも 、後のの激化で、この発言を撤回した。 2020年5月15日、米国は、米国の技術を使って半導体を輸出するメーカーに対し、輸出規制強化を発表した。 同月18日、台湾積体電路製造は、ファーウェイからの新規受注を止めたことが報じられた。 既に受注済みの分は9月中旬までは通常通り出荷できるが、それ以外は輸出に際し米の許可が必要になるという。 AI・5Gにおける技術競争 [ ] これらアメリカ合衆国の動きには、国家安全保障上の理由だけでなく 、中国大手2社を市場から締め出し 、(AI)や通信分野の次世代技術(5G)の実用化で、ライバルとなる中華人民共和国を封じ込めようとする思惑が指摘されている。 中華人民共和国とアメリカ(および)の企業は、AIや5Gを巡って激しい開発競争を繰り広げており 、AIの監視技術では、2019年で50カ国に売り込んでいるファーウェイが先行し 、中国企業に次ぐ日本企業のは14カ国であり、アメリカのトップ企業(2000年代から同じベンダーとして、ファーウェイと協力関係にもある )は11カ国である。 5Gでは、ファーウェイとは北欧のやと並び 、では主流の(4G)でアメリカ企業の技術が世界を席巻していたが、5Gでは関連特許を世界で最も保有するファーウェイなどの中国企業が、5Gの主導権を握るとの見方も出たことが、アメリカに危機感を与えていた。 日本との関係 [ ] 2018年6月にファーウェイがと日本固有の領土を結ぶ高速通信網を敷設した際は日本政府はこれに抗議して、は「と中国に外交ルートを通じて抗議した。 中国に抗議したのは、工事に中国企業が参加してるからだ」と述べた。 2019年2月にこれは完成した。 2018年12月、は名指しこそしないものの、ファーウェイとZTEを事実上排除する指針を決定したと報じられた。 同時期、が「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」「余計なものはスパイウェアに似たような挙動をする」という与党関係者の発言を報じた。 一連の報道に対してファーウェイ・ジャパンは「事実無根」と反発した。 一方で、テカナリエの清水洋治は、分解した結果「余計なもの」は見つからなかったとしている。 また「余計なもの」を具体的に示すべきだと主張した。 他の主要国の動向 [ ] (EU)のは、(5G)を巡るファーウェイ製品の採用判断は、EU加盟各国に委ねる方針を2019年3月に発表しており 、2020年1月には5Gのネットワークからファーウェイを排除しないとする勧告を行った。 アメリカ合衆国の友好国であるでは、が独自の調査でファーウェイに対するアメリカの主張に懐疑的な結果を得たと2018年12月に述べ 、2019年10月にドイツ政府はファーウェイを5G通信網から排除しない新規則を発表した。 また、も同様に、ファーウェイとの通信インフラの構築を歓迎すると2018年12月に表明し 、大統領はファーウェイを排除しないことを2019年5月に述べ 、フランス政府は5Gからも排除しないことを明言した。 フランスと緊密な関係にあるは、で初めてファーウェイの5G通信網を全土で2019年7月に開設した。 アメリカの同盟国でUKUSA協定締結国であるでは、の国家サイバーセキュリティーセンターが、5G設備の調達先の多様性を確保すれば、安全保障上のリスクは抑えられると2019年2月に判断し 、2020年1月にファーウェイの5G製品を条件付きで認めることを発表した。 また、2019年5月にはこの方針を漏洩したとして国防大臣の解任が起きており 、最大手のはファーウェイ製品を一部採用した5Gサービスを開始した。 同じくUKUSA協定締結国であるでは、2012年10月に当時の政府の通信ネットワークからファーウェイを安全上の理由から除外したが 、サイバーセキュリティセンターの責任者が「5Gに関してはファーウェイを排除する理由はない」と発言している。 同じく締結国の政府が、やを結ぶの設置プロジェクトや や設備から、ファーウェイを締め出すことを発表した。 の事件をめぐって、UKUSA協定締結国と対立しているは、2019年6月に初の5G通信網の開発でファーウェイと合意し 、大統領は、ファーウェイ問題でのアメリカの動きを「デジタル世代で初のテクノロジー戦争」と批判した。 諸国では、アメリカの同盟国は、2019年6月にファーウェイ製品で東南アジア初の5Gネットワークを開設し 、ファーウェイの監視システムを導入する予算案を議会が阻止した際は、大統領がを発動した。 の首相は、安全保障上の懸念を一蹴して、アメリカより先端的なファーウェイの製品を可能な限り使うことを2019年5月に宣言した。 同じ共産党独裁国家である中華人民共和国と対立してきたは、東南アジアで初めて5G通信網構築からファーウェイを排除する方針を、2019年8月に打ち出した。 (AU)は、本部の通信設備に採用されたファーウェイ製品のスパイ疑惑が報道されていたが(アフリカ連合委員会は否定している )、の旧世代(2G・3G・4G)の通信網の大部分 を構築しているファーウェイと、5Gでも提携する合意を2019年6月に交わした。 南米では、アメリカが同盟国に位置付けて5G通信網からのファーウェイ製品の排除を呼びかけていたは、殆どの4G通信網をファーウェイが構築していた関係にあり 、排除しないことを2019年6月に表明した。 では、アメリカにとって中東最大の同盟国であるは、2019年2月に初の5G通信網の構築でファーウェイと提携し 、5G通信網からファーウェイを排除しないことを2019年6月に明言した。 も、5G通信網でファーウェイ製品を採用することを、2019年2月に発表した。 人民解放軍との関係性の疑惑 [ ] 2019年7月、の情報サービス会社は、ファーウェイの複数のが、当局者と協力して研究プロジェクトに取り組んできており、中国人民解放軍に対して・への応用研究で協力し、密接な関係を築いているとの調査結果を発表した。 記事の中では、ファーウェイ従業員がやなど、少なくとも10の分野の研究プロジェクトにて中国人民解放軍組織のメンバーとチームを組み、の調査部門との共同研究や中国人民解放軍の高級教育機関であるとのと地理を収集・分析する手法に関する研究を行ってきたとの説明がなされた。 これに対し、ファーウェイ広報担当のグレン・シュロスは「ファーウェイは個人の資格で、研究論文を発表する従業員には関知しない」「ファーウェイは人民解放軍傘下の機関と共同でを行ったり、提携関係を持ったりはしていない。 6月18日、米IT大手Googleで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は、英BBCラジオに、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べ、安全保障上の懸念を示した。 スマートフォン [ ] シリーズ [ ] ファーウェイのは、大きく4つのシリーズで構成されている。 Mateシリーズ [ ] 広大なディスプレイを備えており、動画視聴やゲームでは、他のスマホでは味わえない臨場感が得られる。 背面には、ドイツのカメラ・光学機器メーカーの『』 とファーウェイが共同開発したデュアルカメラが備わっている。 Pシリーズ [ ] 程よいサイズ感で、カラーバリエーションが豊富な。 背面には、Mateシリーズと同様、『』とファーウェイが共同開発したデュアルカメラが備わっている。 リーズナブルな価格の『lite』版や、上位モデルの『Pro』版も存在し 、幅広く、そして様々なニーズに対応している。 また、のみならず、においても人気を博している。 novaシリーズ [ ] 手頃な価格に平均的なスペックを備えた。 緩やかなカーブを描く背面や、丸みを帯びた側面により 、手のひらに心地よくフィットする形状になっている。 Pシリーズと同様、『lite』版もある。 honorシリーズ [ ] 高いスペックを備えつつも、手頃な価格で販売されている、に優れた。 フィルムを15層に折り重ねた「マイクロパターン」を採用する事により、見る角度によって変わる独特な光の反射を演出する背面が特徴的。 楽天モバイルには、限定色のミッドナイトブラックがラインナップされ、他のMVNOとは差別化を図っている。 オペレーティングシステム [ ] OSは、をベースにファーウェイが独自カスタムした、というモバイルオペレーティングシステムが搭載されている。 しかし、におきた米国の禁輸措置によって、GoogleがファーウェイにGMSの提供をやめると発表した。 ファーウェイはこのようにGMSが使用できなくなる緊急事態に備えて、独自OSに代替する「プランB」が2012年頃から準備されていた。 ファーウェイが独自開発し、発表したOSは「(: 鸿蒙)」であり、2019年 8月 9日に開催されたHuawei developer conference 2019で発表された。 HongMeng OSはAndroidアプリを動作させる事ができるといわれているが、それ以外の詳細は不明である。 評価 [ ]• ケータイジャーナリストの石野純也は「もともとファーウェイは、ネットワーク機器を電話会社に納めている企業だった。 それが徐々にやなどの端末を作り始めるようになり、マーケティングにも力を入れるようになった。 端末のバリエーションも増やし、技術開発・研究開発に力を入れて、ここまでシェアが大きくなった」と話している。 また、特に若年層のスマホについて「スマホの機能=カメラの機能という位置づけ。 HUAWEI P10はスマホで撮ったとわからないレベルのクオリティ。 若い世代はを使うのでカメラの機能は重要な要素」と話している。 略歴 [ ]• - 日本の端末市場に参入。 - 日本のSIMフリー市場に参入。 - スマートフォンの出荷台数が1億台を突破し、、に次いで世界第3位。 7月 - 日本のSIMフリーの分野において、ファーウェイの『HUAWEI P9 lite』が販売台数で第1位となる。 また、メーカー別の販売台数でもファーウェイがシェア32. 4%を記録し、第1位となる。 『HUAWEI P9』及び『HUAWEI P9 Plus』の出荷台数は、世界中で450万台を超え、、、などの多くの国々で好調な販売を記録した。 また、8月、ファーウェイは、「ヨーロッパ消費者スマートフォン2016-17」部門で、『HUAWEI P9』が受賞したことを発表。 この部門でのファーウェイの受賞は4年連続となる。 3月 - 『HUAWEI P9』及び『HUAWEI P9 Plus』の世界出荷台数が1200万台を突破。 ファーウェイの2016年の世界スマートフォン出荷台数は1億3900万台に達し、伸び幅は対前年比29%増となった。 6月 - 『HUAWEI P10』及び『HUAWEI P10 Plus』が、が発表するアワード「Best Photo Smartphone」賞を受賞。 のトーマス・ガーワーズ会長は、「P10とP10 Plusは技術委員会とTIPAのメンバーにその革新的な機能とデザインを印象づけた。 鮮明なイメージを提供し、の高速レンズとツインセンサーの連携により、P10とP10 Plusはスマートフォンの写真品質を向上させる画期的な製品となっている。 」と評価した。 7月 - 株式会社が発表した「上半期No. 1メーカー 」において、SIMフリーカテゴリで第1位を獲得。 販売台数は昨年同期比で約300%を達成。 これについてBCNは、「市場が拡大しているSIMフリースマートフォンでは、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)が37. 1%でNo. 1を獲得。 同社の知名度も日本市場でも急速に高まってきた」とコメントした。 また、6月単月のSIMフリースマートフォンモデル別では『HUAWEI P10 lite』と『HUAWEI P9 lite』がそれぞれ第1位、第2位を獲得した。 1月 - が「HUAWEI nova 2」を2018年1月下旬より販売することが発表された。 - がファーウェイのである「HUAWEI Mate 10 Pro」を5月18日より販売することが発表された。 また、同じくソフトバンクが「HUAWEI nova lite 2」を7月上旬以降より販売することも発表された。 - が「HUAWEI P20 lite」を6月上旬より販売することが発表された。 - がトリプルカメラを搭載したファーウェイのスマートフォン「」を6月下旬より販売することが発表された。 が施されており、にも対応している。 日本向け製品 [ ] 自社でSIMフリーの及び、を販売している他、(ブランドとブランド 前身の旧ブランドを含む およびがとして展開するを含む)及びと・ 向けに基地局や端末などを供給している。 前述のように、製造元として Huawei Technologies Co. Ltd. 、販売元として 各オペレータの社名、輸入元として 華為技術日本株式会社の3つの企業 au向けはオペレータ社名が2社となるため都合4つの企業 が端末に表示される。 SIMフリー・スマートフォン [ ] Mateシリーズ• HUAWEI Mate S• Huawei Mate 9• Huawei Mate 10 Pro• Huawei Mate 10 lite• Huawei Mate 20 Pro• Huawei Mate 20 lite• Huawei Mate 30 Pro 5G Pシリーズ• Huawei P8 lite• Huawei P8 max• Huawei P9• Huawei P9 lite• Huawei P9 lite PREMIUM• Huawei P10• Huawei P10 Plus• Huawei P10 lite• Huawei P30• Huawei P30 Pro• Huawei P30 lite• Huawei P40 Pro 5G• Huawei P40 lite 5G• Huawei P40 lite E novaシリーズ• Huawei nova lite• Huawei nova 2• Huawei nova lite 2• Huawei nova lite 3• Huawei nova 5T honorシリーズ• Huawei honor 6 Plus• Huawei honor 8• Huawei honor 9 その他• Huawei Ascend G620S• HUAWEI Y6• HUAWEI GR5• SIMフリー・タブレット [ ]• Huawei MediaPad T1 7. Huawei MediaPad M2 8. Huawei MediaPad 7 Youth• Huawei MediaPad 7 Vogue• Huawei MediaPad 7 Lite• Huawei MediaPad 7 Youth2• Huawei MediaPad M1 8. Huawei MediaPad X1 7. Huawei MediaPad T1 8. Huawei MediaPad T1 10• Huawei MediaPad M3• Huawei MediaPad T2 7. 0 Pro• Huawei MediaPad T2 8 Pro• Huawei MediaPad T2 10. 0 Pro• HUAWEI MediaPad M3 lite• HUAWEI MediaPad T3• HUAWEI MediaPad T3 7• HUAWEI MediaPad M3 lite 10• HUAWEI MediaPad T3 10• HUAWEI MediaPad T5• HUAWEI MediaPad M5 10• HUAWEI MediaPad M5 8. HUAWEI MediaPad M5 lite• HUAWEI MediaPad M5 Pro• HUAWEI MediaPad M5 lite 8"• HUAWEI MatePad Pro• HUAWEI MatePad T8• HUAWEI MatePad Windows搭載ノートパソコン・タブレット [ ]• HUAWEI MateBook• HUAWEI MateBook 13• HUAWEI MateBook 13 2020• HUAWEI MateBook X• HUAWEI MateBook E• HUAWEI MateBook D• HUAWEI MateBook X Pro• Huawei MateBook D 15• Huawei MateBook X Pro 2020 ウェアラブル端末 [ ] スマートバンド• HUAWEI Band 4• HUAWEI Band 4 Pro• HUAWEI Band 3• HUAWEI Band 3 Pro• HUAWEI Band 2• HUAWEI TalkBand B2• HUAWEI TalkBand B1 スマートウォッチ• HUAWEI WATCH GT 2e• HUAWEI WATCH GT 2• HUAWEI WATCH GT• HUAWEI WATCH 2• HUAWEI FIT その他の製品 [ ]• HUAWEI FreeBuds 3i - カナル型のイヤホン を搭載している左右独立完全ワイヤレスイヤホン• HUAWEI FreeBuds 3 - ながらを実現した左右独立完全ワイヤレスイヤホン。 HUAWEI Wireless Charger - ワイヤレス給電に対応したワイヤレス充電台。 最高15W出力。 HUAWEI Mini Speaker - 接続の小型ワイヤレススピーカー。 NTTドコモ向け端末 [ ] dtab 01• - の通信機能付デジタルフォトフレーム。 に対応している。 2009年12月発売。 - 対応の通話機能、も搭載された通信モジュール。 2010年9月30日発売。 - 2Gバイトのメモリーとに対応した、9インチの通信機能付デジタルフォトフレーム。 2010年12月発売。 - 下り7. 2Mbps、上り5. 7Mbpsに対応した。 最大5台まで接続可能。 2010年11月発売。 - 通話機能と、、GPS、防犯ブザーに利用を限定した子供向け携帯電話。 2011年9月28日発売。 - 3Gバイトのメモリー(およびmicroSDスロット)とFOMAハイスピードに加えに対応した、9インチの通信機能付デジタルフォトフレーム。 2012年3月発売。 - 通話機能と、、GPS、防犯ブザーに利用を限定した子供向け携帯電話。 ALSOK の『子ども向け かけつけサービス』が提供されている。 2012年9月5日発売。 Ascend - NTTドコモ向けとしては初となるAndroid搭載スマートフォン。 グローバルモデルである Ascend D1がベースだが日本独自機能にも対応している。 2012年11月21日発売。 - モバイルルーター• Ascend D2 - Android 4. 1スマートフォン• - 10. 1インチAndroidタブレット。 - 8インチAndroidタブレット。 グローバルモデルの Media Pad M1がベース。 2015年2月発売。 ターミナル dTV 01 - のdTVやの動画を自宅のテレビで見るための端末。 2015年4月発売。 - MediaPad M2ベース。 2016年1月発売。 - MediaPad M3ベース。 2017年5月発売。 - 2018年7月発売。 ソフトバンク [ ] Y! mobile向け携帯電話端末 [ ] 旧イー・モバイルブランドおよび旧ウィルコムブランドを含む。 音声端末 [ ]• 下り3. 6Mbps。 GSMクワッドバンドローミング可。 下り3. 6Mbps。 GSMトライバンドローミング可。 - Android2. 2搭載の2. 8インチディスプレイの。 下り7. 2Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3GローミングおよびGSMクワッドバンドローミング可。 機能を搭載しており、最大5台までのWi-Fi対応機器に同時接続が可能。 - Android2. 3搭載3. 2インチディスプレイのスマートフォン。 テザリング機能搭載で最大5台までのWi-Fi対応機器に同時接続が可能。 2011年7月14日発売。 - Android2. 3搭載テンキー型ストレートスマートフォン。 幅51mm、3インチWVGA液晶で高解像度 311dpi 実現。 テザイング機能搭載で最大5台までのWi-Fi対応機器に同時接続が可能。 2011年9月22日発売。 - Android2. 3搭載のスマートフォン。 1880mAhの国内最大容量バッテリー搭載(2011年11月16日時点)。 下り最大14. 4Mbpsに対応。 テザリング機能搭載で最大8台までのWi-Fi対応機器に同時接続が可能。 2011年12月1日発売。 - Android 4. 0搭載のスマートフォン。 ほぼ同上だが、 をサポート。 2012年6月14日発売。 - ブランドのイー・アクセス版。 同社初のLTEスマートフォン。 2013年3月7日発売。 - をベースモデルとした、ウィルコムブランドリモデル(ただし、ウィルコムロゴはない)。 2013年9月5日発売。 - 「Y! mobile(ワイモバイル)」ブランドとして発売するスマートフォン タイプ2。 2014年8月1日発売。 - グローバルモデルのHuawei P8liteがベース。 2015年10月24日発売。 タブレット [ ]• - Android 2. 3搭載、7インチタブレット、Wi-Fi通信専用。 Androidタブレットしては珍しくXGA液晶搭載。 2011年9月15日発売。 - Android 4. 0、10. 1インチタブレット、Wi-Fi通信専用。 2012年12月3日発売。 - Android 4. Media Pad M1がベース。 2014年12月4日発売。 データ通信端末 [ ] D25HW• - USB接続型。 下り3. 6Mbps。 海外ローミング不可。 E220を日本向けに仕様変更したもの。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps。 海外ローミング不可。 2007年発売。 D01HWとは兄弟機種。 下り7. 2Mbps。 海外ローミング不可。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps、上り1. 4Mbps。 海外3Gローミング可。 2008年発売。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps、上り1. 4Mbps。 海外3Gローミング可。 2009年発売。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2009年4月17日発売。 下り7. 2Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2009年発売。 - モバイル(USB接続も可能)。 下り7. 2Mbps、上り5. 8Mbps。 MM総研大賞2009、2010年話題賞受賞、モバイルプロジェクトアワードモバイルハードウェア部門最優秀賞を受賞。 2011年6月にイー・モバイル向け累計出荷台数が100万台を突破。 - USB接続型。 下り7. 2Mbps、上り1. 4Mbps。 海外ローミング不可で、スロットなども削除した機種。 - USB接続型。 下り21. 6Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2009年発売。 - USB接続型。 下り21. 6Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2010年発売。 - USB接続型。 下り42Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2010年発売。 - モバイルWi-Fiルータ(USB接続も可能)。 下り21Mbps、上り5. 8Mbps。 - USB接続型。 下り42Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 2011年8月18日発売。 - モバイルWi-Fiルータ。 下り42Mbps、上り5. 8Mbps。 NAS機能の搭載により接続機器同士でのファイル共有が可能。 2011年7月23日発売。 - USB接続型。 下り42Mbps、上り5. 8Mbps。 海外3Gローミング可。 - に対応したモバイルWi-Fiルータ。 下り75Mbps、上り12. 5Mbps。 海外3Gローミング可。 - EMOBILE LTEに対応したUSB接続型。 下り75Mbps、上り12. 5Mbps。 海外3Gローミング可。 - EMOBILE LTEに対応したモバイルWi-Fiルータ。 Category 4に対応。 下り150Mbps、上り50Mbps。 海外3Gローミング可。 - EMOBILE LTEに対応したモバイルWi-Fiルータ。 Category 4に対応。 下り150Mbps、上り50Mbps。 海外3Gローミング可。 - EMOBILE LTEに対応したUSB接続型。 Category 4に対応。 下り150Mbps、上り50Mbps。 - に対応したモバイルWi-Fiルータ。 LTE利用時は Category 4に対応。 LTEモードでは下り150Mbps、上り50Mbps、AXGPモードでは下り110Mbps、上り10Mbps。 海外3Gローミング可。 - 「Y! mobile」ブランドとして発売するモバイルWi-Fiルータ。 4Gデータ通信対応。 海外3Gローミング可。 下り110Mbps、上り10Mbps。 2014年8月1日発売。 SoftBankブランド向け端末 [ ] PhotoVision HW001S• 2009年発売。 2009年発売。 グッドデザイン賞受賞。 2Mbps、上り5. 8MbpsのモバイルWi-Fiルーター。 2010年4月23日発売。 2010年8月3日発売。 2Mbps、上り1. 4MbpsのUSB型データ通信端末。 2010年発売。 - 1. 5Gバイトメモリを搭載した7インチの通信機能付きデジタルフォトフレーム。 1月13日発売。 - ULTRA SPEED対応データ通信用USB。 2011年発売。 - Android 2. 3搭載スマートフォン。 ラウンドガラスが特徴。 2011年9月16日発売。 - Android OSを搭載した、動画の受信・再生可能なデジタルフォトフレーム。 にも対応。 2011年9月23日発売。 - 留守中や在宅時などに自宅や家族をみまもる、通信機能付きセキュリティシステム。 2012年1月20日発売。 - 下り最大76Mbps、上り最大10Mbpsの(AXGP方式)に対応したスマートフォン。 2012年発売。 - 下り最大110Mbps、上り最大10MbpsのSoftBank 4G(AXGP方式)に対応したモバイルWi-Fiルーター。 2012年発売。 - 下り最大42Mbps、上り最大5. 7Mbpsの(方式)に対応したスマートフォン SoftBank 201HWから、機能、機能、解除機能などを取り去った、()仕様。 ディズニー・モバイル向け端末 [ ]• - 2017年11月30日にディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクがサービス終了するのに伴い、音声通話(プリペイド契約は除く)とは異なり、フォトビジョン契約はソフトバンクに承継されず同日中に強制解約となるため、同日以後は通信機能を失ったデジタルフォトフレームとなる。 au向け端末 [ ] DATA08W• Wi-Fi WALKER CDMA HWD06 - 大容量 2200mAh バッテリーを搭載、に対応したモバイルWi-Fiルーター。 2011年6月7日発売。 CDMA HWD07 - WIN HIGH SPEEDに対応した、USBサイドローテーター採用のUSBタイプのデータ通信端末。 2011年6月1日発売。 PHOTO-U2 CDMA HWS03 - 携帯電話で撮影した画像や動画を映し出す7インチのデジタルフォトフレーム。 2011年9月16日発売。 Wi-Fi WALKER CDMA HWD08 - ()に対応した下り最大40Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター。 は非対応。 2011年12月1日発売。 Wi-Fi WALKER LTE - 対応の法人向けモバイルWi-Fiルーター。 WIN HIGH SPEEDにも対応。 2012年11月2日発売。 USB STICK LTE - au 4G LTE対応の法人向けUSBタイプのデータ通信端末。 WIN HIGH SPEEDにも対応。 2012年11月2日発売。 Wi-Fi WALKER - ()に対応した下り最大40Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター。 は非対応。 Wi-Fi WALKER -• Wi-Fi WALKER - UQコミュニケーションズ向け端末 [ ]• Wi-Fi WALKER - に対応した、モバイルWi-Fiルーター。 2012年2月16日発売。 Wi-Fi WALKER - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• www. huawei. com. 2018年12月11日閲覧。 2019年5月10日. 2019年6月18日閲覧。 2012年7月25日. 2018年7月28日閲覧。 2012年10月4日. 2018年7月28日閲覧。 2019年6月18日. 2019年6月18日閲覧。 2019年5月3日. 2019年5月17日閲覧。 2017年9月7日. 2018年7月28日閲覧。 「」2012年3月6日• 2013年3月20日• 「」2014年3月13日• 「」2015年3月20日• c net. 2013年6月6日. 2018年1月24日閲覧。 日本経済新聞2016年3月17日朝刊第14面「華為が2年連続首位 特許の国際出願 三菱電機は5位」• 「」2017年2月9日• 「」2017年6月19日• 2017年9月4日• 2018年2月26日• 2018年9月13日• FACTA 2014年4月. 2014年7月9日閲覧。 日本経済新聞. 2015年4月17日. 2015年4月26日閲覧。 華為技術日本 2011年2月. 2017年7月1日閲覧。 2011年3月1日. 2017年7月1日閲覧。 「」2017年6月30日• 「」2017年7月31日• 「」2017年6月30日• 「」2017年6月29日• 人民網 2001年3月8日. 2018年11月14日閲覧。 ワシントン・タイムズ 2011年2月21日. 2018年11月14日閲覧。 フォーチュン 2009年6月25日. 2018年11月14日閲覧。 EEtimes 2001年12月12日. 2018年11月14日閲覧。 ブルームバーグ 2016年6月3日. 2018年11月14日閲覧。 2018年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 2011年10月28日. 2018年11月14日閲覧。 東京新聞. 2018年12月7日. 2018年12月8日閲覧。 朝日新聞. 2018年12月8日. 2018年12月8日閲覧。 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 2019年7月23日. 2019年7月23日閲覧。 2020年2月14日. 2020年2月14日閲覧。 2014年3月26日. 2014年3月26日閲覧。 2018年1月15日. 2018年2月10日閲覧。 2018年5月2日. 2018年5月5日閲覧。 2018年5月5日. 2018年5月5日閲覧。 2018年5月4日. 2018年5月4日閲覧。 Sean Gallaghar 2014年2月17日. 2014年2月17日閲覧。 2014年7月3日. 2018年9月2日閲覧。 WirelessWire News 2012年10月18日. 2014年3月26日閲覧。 2018年8月14日. 2019年6月29日閲覧。 日本経済新聞 2019年5月16日. 2019年5月21日閲覧。 ロイター 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 ロイター 2019年5月22日. 2019年5月21日閲覧。 2019年6月27日. 2019年6月8日閲覧。 2019年6月7日. 2019年6月8日閲覧。 2019年6月7日. 2019年6月8日閲覧。 2019年6月29日. 2019年6月29日閲覧。 2019年8月19日. 2019年9月29日閲覧。 IT Media Mobile. 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 日本経済新聞. 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月26日. 2018年4月29日閲覧。 2018年3月19日. 2018年4月28日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月26日. 2018年4月29日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月26日. 2018年4月29日閲覧。 2019年9月18日. 2019年9月24日閲覧。 Byline Times. 2019年5月24日. 2019年9月24日閲覧。 2019年12月15日. 2019年12月16日閲覧。 2019年4月9日. 2019年6月8日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2018年11月27日. 2018年11月27日閲覧。 2018年6月12日. 2019年5月21日閲覧。 2019年2月27日. 2019年6月8日閲覧。 2018年12月7日. 2019年10月17日閲覧。 2018年12月15日. 2019年10月17日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2018年12月17日. の2018年12月18日時点におけるアーカイブ。 2019年7月2日閲覧。 ファーウェイ・ジャパン. 2018年12月31日閲覧。 ITmedia Mobile. 2018年12月25日. 2018年12月31日閲覧。 EE Times Japan. 2018年12月17日. 2018年12月31日閲覧。 2019年3月27日. 2019年6月8日閲覧。 2020年1月29日. 2020年1月31日閲覧。 ロイター. 2018年12月8日. 2018年12月8日閲覧。 2019年10月16日. 2018年10月17日閲覧。 ロイター. 2018年12月7日. 2018年12月10日閲覧。 2019年5月16日. 2019年7月23日閲覧。 2020年2月13日. 2020年2月14日閲覧。 2019年7月10日. 2019年7月11日閲覧。 BUSINESS INSIDER JAPAN. 2019年2月22日. 2019年5月25日閲覧。 2020年1月29日. 2020年1月29日閲覧。 2019年5月2日. 2019年9月9日閲覧。 2019年5月23日. 2019年9月9日閲覧。 Palmer, Randall 2012年10月9日. 2012年10月10日閲覧。 グローブ・アンド・メール. 2018年11月23日. 2018年12月10日閲覧。 2018年4月21日. 2018年4月28日閲覧。 2018年8月23日. 2018年9月2日閲覧。 2019年6月6日. 2019年6月7日閲覧。 2019年6月6日. 2019年6月8日閲覧。 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 2019年6月23日. 2019年6月24日閲覧。 2019年7月16日. 2019年7月19日閲覧。 2019年5月30日. 2019年6月17日閲覧。 2019年5月30日. 2019年6月17日閲覧。 2019年8月28日. 2019年9月9日閲覧。 enca. com. 2019年6月8日閲覧。 reuter. com. 2019年6月8日閲覧。 2019年5月14日. 2019年6月8日閲覧。 2019年6月6日. 2019年6月8日閲覧。 2015年4月21日. 2019年6月23日閲覧。 2019年6月8日. 2019年6月10日閲覧。 Arab News. 2019年2月28日. 2019年7月1日閲覧。 2019年6月9日. 2019年6月10日閲覧。 2019年2月27日. 2019年6月25日閲覧。 「」2017年6月7日• モバラボ「」2017年2月27日• 「」2017年2月23日• 「」2016年12月21日• 「」2017年10月10日• 「」2017年6月30日• 「」2016年9月6日• ファーウェイ・ジャパン「」2017年4月6日• ファーウェイ・ジャパン「」2017年6月16日• 「」2017年7月25日• 2018年1月9日. 2018年1月10日閲覧。 ケータイ Watch. 2018年5月10日. 2018年5月12日閲覧。 ケータイ Watch. 2018年5月10日. 2018年5月12日閲覧。 ケータイ Watch. 2018年5月14日. 2018年5月17日閲覧。 ケータイ Watch. 2018年5月16日. 2018年5月17日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 2016年シーズンよりスポンサー契約を締結。 キャップに「HUAWEI」のロゴが入れられている。 - 中華人民共和国を代表する通信会社(Baidu, Alibaba, Tencent, Huawei)の総称。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語)• (英語)• (中国語)• (日本語)• huaweijapan -• - チャンネル• 『』 -• 知恵蔵『』 -• 知恵蔵mini『』 -• 中国鉄道建築総公司• 太平洋建設集団• 100. 出典:,.

次の