お悔やみ メール 友人。 お悔やみメールを友人に送る際のポイント4つ&文例5選

友達に送るお悔やみの言葉はどうする?詳しい文例も紹介!|終活ねっと

お悔やみ メール 友人

A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー No. 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。 訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が 不自然な気がします。 お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。 訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、 「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に なってしまうんです。 だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を 着ていくものなんです。 それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で 不自然な事だと思いませんか? >私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか? そんな事ないと思います。 あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで あるのはごもっともな事です。 一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか 言えると思いますが、 お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、 当然の事なんですよ。 何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの お力になってあげられるように努力する事です。 >「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・ 「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの 心の支えになると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家... A ベストアンサー そのお友達とのお付き合いを大切にされたいのであれば、今からでも遅くありませんから香典を送られたら良いと思います。 葬式に間に合わないことは世の中でいくらもあることで、知らなかったのであればやむを得ません。 むしろ知った以上、ほっておくとまずいと思います。 私は昨年父を無くしました。 多くの方々に連絡をしましたが、やはり十分ではなかったようで、数日してから何人もの方から香典を送っていただいたり、あるいはお線香を上げていただいたりしました。 また年末に欠礼葉書を出しますと、それをきっかけにして香典をおくってきていただける方も何人かいました。 そのたびにお返しをしており、正直面倒な気もしましたが、やはり人間同士のお付き合いは大切だと思う次第です。 香典返しの一覧表も随分何度も追加しました。 でもよくよく考えてみると大変ありがたいことだと感謝する次第です。 あなたもお気持ちがあるならご友人に香典を送られたら良いと思います。 「お香典」あるいは「ご霊前」と書いたいわゆる香典袋を現金書留で送ればよいと思います。 現金書留封筒はちゃんと香典袋が入る大きさに設定されています。 品物を送るのはややこしいだけですから、お金が良いとおもいます。 仮に品物であっても、受け取った側はちゃんとお返しをしてきます。 仏式であれば49日あるいは35日の法要開けにきますし、それよりも後から香典を受け取った場合には「志(こころざし)」としてお返しをしてきます。 お付き合いの程度によりますが、金額は3~5千円が適当です。 それより多いと受け取った側が恐縮します。 それから老婆心ながら、仏式でない場合は「お香典」とは書きません。 キリスト教でも神道でも仏式でも「ご霊前」であれば共通で使えます。 また仏式でもお葬式のときには「ご仏前」とは書きません。 まだ仏になっていないからだと聞きました。 そのお友達とのお付き合いを大切にされたいのであれば、今からでも遅くありませんから香典を送られたら良いと思います。 葬式に間に合わないことは世の中でいくらもあることで、知らなかったのであればやむを得ません。 むしろ知った以上、ほっておくとまずいと思います。 私は昨年父を無くしました。 多くの方々に連絡をしましたが、やはり十分ではなかったようで、数日してから何人もの方から香典を送っていただいたり、あるいはお線香を上げていただいたりしました。 また年末に欠礼葉書を出しますと、それをき... A ベストアンサー お友達はあなたのことを頼りに思っていらっしゃる様ですね。 一般的には 「急なことで驚きました。 お母様のご冥福をお祈りいたします。 あなたは大丈夫ですか? 何かできることがあったらいつでも連絡してください。 お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね。 とか 中学校時代の友人には連絡しておこうか?etc. 」 といったところでしょうか。 ところであなたは今、お友達の近くにいるのですか? もし、近くにいるなら、あなたの時間が許すのであれば、「行っても良い?」と聞いて上げてください。 そばに居てあげてください。 メールで「何かできることがあったら連絡して」と、送るのも良いと思うのですが。 私の経験から言わせてもらいます。 ハッキリ言って「迷惑をかけるから」と考えたり、そもそも連絡する時間が無くて何も出来ません。 (連絡しなければならないこと、やらなきゃいけないこと満載なので) もう何年も前になりますが、私も母を亡くして呆然としているとき、親友が会社を休んで駆けつけてくれました。 葬儀のことや、親戚・知人・職場・地元の役員さんに連絡したりと、何もかもが一気にやってきます。 悲しんでる暇もないくらいです。 遠い親戚の方たちへの挨拶、父との会話もままならないほどばたばたしていました。 お茶一つ運ぶのもふらふらしていた私を助けてくれたのが、彼女でした。 通夜、葬儀と付いていてくれて、兄弟のいない私にはとても安心できる存在でした。 そして親族と火葬場へ向かう私を静かに見送ってくれました。 しかもその時彼女のお母さんは入院していて。 私の母が亡くなった丁度一ヶ月後に亡くなられました。 そんな時なのに来てくれた彼女には感謝の言葉だけでは表せないぐらい有り難く思いましたから。 後、宗教にも寄りますが区切りのつく日(例えば49日とか)が過ぎたら連絡してあげてください。 一通りばたばたしたことが終わったら、気が抜けて体調を崩してしまったりします。 それと、ふっと思い出しては寂しくなったり、思い出したように泣いてしまったりします。 気持ちが不安定になるのですね。 私は、自分で「ちゃんと気持ちの整理をつけよう」と思えたのが、13回忌を過ぎてからです。 今は悲しみよりも、楽しかったことを思い出す方が多くなっています。 お伺いしてみて「邪魔になるかな」とあなたが感じるのであれば、お暇すれば良いでしょう。 でも私は、ふと振り返ったとき、彼女の顔を見てほっとしたことを今でも覚えています。 お友達のお母様のご冥福をお祈りいたします。 お友達はあなたのことを頼りに思っていらっしゃる様ですね。 一般的には 「急なことで驚きました。 お母様のご冥福をお祈りいたします。 あなたは大丈夫ですか? 何かできることがあったらいつでも連絡してください。 お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね。 とか 中学校時代の友人には連絡しておこうか?etc. 」 といったところでしょうか。 ところであなたは今、お友達の近くにいるのですか? もし、近くにいるなら、あなたの時間が許すのであれば、「行っても良い?」と聞い... A ベストアンサー 報せるべき人には報せているはずなので、 あなたに報せなかったのは、あなたに気を遣わせないためでもあると思います。 ですので、御香典などは渡さないほうが良いのでは。 再度お返しを考えないといけませんし、お返しの送付も精神的に辛いというご遺族もいるはずなので。 どうしても御香典が気になるのならば、「少なく入れておりますのでお返しは結構です」等と香典返し辞退の一言を添えたほうが良いと思います。 私は友人の御身内が亡くなったと遅れて連絡があった場合は、 会ったことが無くとも行ける距離であれば、都合の良い日時を聞いて、お花とお菓子など持って手を合わせに行きます。 また、遠方であれば、デパート等で少し上等のお線香や絵蝋燭を、お悔やみを書いた手紙と共に送っています。 A ベストアンサー 現金は引かれそうな間柄とはいえ、お悔やみの気持ちを伝える正式な方法を考えると、やはり香典を送ることだと思います。 香典を避けなければならない何か特別な事情がおありなら、また話は別ですが。 遺族にとっては何を頂いても有り難いのですが、お返しを考えなくてはいけません。 香典なら葬儀の時と同様のお返しで良いのですが、そのほかのものを頂くと、何をお返ししたら良いのかと悩んでしまうことになります。 だから、お薦めは香典を送ることです。 香典を郵送する場合は、不祝儀袋に入れてから現金書留で郵送します。 その場合は持参する場合と同じように表書き、中袋の住所、氏名、金額を書くのを忘れないように。 現金書留の封筒に住所が書かれているからといって香典袋に書かないのはNGです。 後で家族の方が香典を整理する時に困りますから。 お悔みの手紙も添える方が丁寧です。 どうしても香典がお嫌でしたら、そのほかの方法としては、お供えのお花やお菓子、お線香やろうそくのセットを送ることでしょうか。 先方に負担をかけない金額 2,000~3,000円 のアレンジメントや花束も良いと思います。 お母様が亡くなられて間もないなら、白一色で統一されたアレンジも素敵です。 私も頂いたことがありますが、百合や洋菊の真っ白な花々は悲しみを癒してくれました。 お花屋さんでお尋ねになってください。 お供えの花に相応しいアレンジをしてくれます。 いずれの方法でも、きっとご友人にお気持ちが通じるはずです。 ただ、お茶は香典返しによく使われますから避けてください。 お茶や海苔は、「消えもの」といって食べたり飲んだりしてなくなるものです。 不幸のときは、それを思い出させるような品物をお返しすることは避けるべきとされています。 だから、形に残らない「消えもの」が使われるのです。 香典の表書きは下記のサイトをご覧になってください。 品物でも同じです。 お菓子やお線香だったら、掛け紙の表書きは「御供」でも構いません。 掛け紙の水引の色も地方によって違いますから、お店でお尋ねになった方が確実です。 お花は「御供」が多いですし、メッセージカードをつけるお店もあります。 香典を避けなければならない何か特別な事情がおありなら、また話は別ですが。 遺族にとっては何を頂いても有り難いのですが、お返しを考えなくてはいけません。 香典なら葬儀の時と同様のお返しで良いのですが、そのほかのものを頂くと、何をお返ししたら良いのかと悩んでしまうことになります。 だから、お薦めは香典を送ることです。 香典を郵送する場合は、不祝儀袋に入れてから現...

次の

お悔やみメールの注意点!?祖父母を亡くした友人に送るベストな例文を紹介!

お悔やみ メール 友人

どうしても、葬儀や通夜に伺う事が出来ないという場合、お悔みをメールで伝えるという事はやはり正式ではなく、略式であり、失礼に当たらないかを充分に配慮する必要があります。 では、どういった場合であれば、メールによるお悔やみが問題ないのでしょうか? ・メールで訃報を知らされた時 ・友人 ・上司、同僚、部下 ・取引先の担当者 など、ある程度親しい方、普段から、関わりの強いビジネス関係の方であれば、取り急ぎお悔やみを伝えるための手段として、お悔やみメールを使用しても良いでしょう。 また、訃報の知らせをメールで受けた場合にも、メールでお悔やみを伝える事が相手の方への気遣いとなるでしょう。 逆に、あまり親しくない方である時や、親戚の方には、お悔みメールは好ましくありません。 お悔やみメールの書き方2:タイトル お悔みメールを出す際、まず気を付ける事の一つとしてタイトルがあります。 ご不幸があった際には、悲しみに暮れる暇もなく、沢山の方に連絡をしたり、葬儀の手配や手続きで大忙しな事が殆どです。 そんな際に、細かくメールを確認しているような余裕はないのが普通です。 ですので、タイトルは遠回りな表現は避けて、 ・名前 お悔やみを申し上げます。 ・名前 哀悼の意を表します。 など、「誰」から、「何」のメールかすぐに分かるタイトルにすることです。 とにかく、時間を取らせず、お悔やみのメールだと伝わるように工夫する必要があります。 最近では、迷惑メールやウイルスメールも増えています。 そういったものと区別がつきやすいように、特定の名称や愛称を入れ、分かりやすくしましょう。 お悔やみメールの書き方3:普段のメールとの違いに注意 お悔みメールの文面や書き方で気を付けるべきことは、 1・時候の挨拶などはいれず、すぐに本題に入る。 とにかく、相手の方に時間を取らせないことが大切です。 2・忌み言葉を避ける。 もともと、日本では「再三」「重ね重ね」「またまた」など、繰り返しを連想する言葉や、「切れる」「消す」「忙しい」などの不吉や不幸を連想させる言葉は、ご不幸の際には避ける必要があります。 メールでも、その点は注意しましょう。 3・言葉は丁寧にしましょう。 普段親しい方でも丁寧な言葉を使いましょう。 4・絵文字やローマ数字など、文字化けする可能性の高い文字を避ける。 お悔みの気持ちを表すつもりが、却って不愉快にしてしまったり、忙しい中で時間を取らせてしまっては迷惑となります。 気を付けてメールを作成しましょう。 ただし、その場合、相手の方との親しさや、関係性などから、どのような言葉をかけるべきか、またかけてあげたいかを考える事が必要です。 相手にとって、負担になりすぎない事、時間を取らせない事、などの配慮はお悔やみメールにとってとても大切な事となります。 「本文」メールを頂き、ありがとうございました。 おかげさまで、通夜葬儀と共に無事に相済ませることが出来ました。 本当にありがとうございました。 ご心配、ご迷惑おかけ致しまして、申し訳ありませんでした。 なかなか返事が出来ずごめんなさい。 おかげさまで、通夜、葬儀共に無事に済ませる事が出来ました。 今回、メールを読んで友達のありがたさをしみじみ感じております。 ありがとうございました。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

友達の親の訃報メール

お悔やみ メール 友人

自分の親戚や知人、会社の同僚や上司、取引先などの方に急な訃報があった際に、突然お悔やみの連絡をしなければならない状況で、お悔やみにはメールを出しても良いのか、それともメールはよくないのか悩んでしまうという方は多いと思います。 あるいは、お悔やみのメールをすることしたけれど、どのような言葉をメールに書いて送ればよいのか、書いてはいけない言葉があるのかなど、お悔やみのメールを書く際にはとても悩んでしまいます。 ここでは、すぐに駆けつけることができない場合などの際に、メールでお悔やみの挨拶をしても良いのか、そしてお悔やみメールはどのように書いて送れば良いかなど、お悔やみメールに関するマナーとお悔やみメールの文例をご紹介したいと思います。 急な訃報があったときメールでお悔やみの挨拶をしても良い? 一般的にお悔やみの言葉はメールで送るのではなく、直接葬儀に参列したり、参列できない場合には電報や手紙を出すことがマナーですが、状況や間柄によってはメールを急ぎで送るものと認識して、お悔やみの言葉をメールで伝えることが可能です。 また、訃報の連絡をメールで受けた場合には、メールでお悔やみの言葉を返すことにより、相手への気遣いにもなるでしょう。 ただし、送ってはならない相手や言葉もありますので注意が必要です。 親しい友人• 親しい上司・同僚• 疎遠な友達• 疎遠な上司・同僚• 疎遠な仕事の取引先担当者 お悔やみメールを送るメリット メールなどのやり取りが頻繁に行われている親しい間柄であれば、お通夜や葬儀への参列前にお悔やみやねぎらいの言葉を送ることにより、遺族への励ましにもなります。 メールであれば読み手が通夜や葬儀の準備などで多忙な時でも妨げとならずに、都合の良い時に読むことができます。 お悔やみメール基本の流れをチェック 1)件名• 件名は簡潔に、内容がわかりやすいようにする• 迷惑メールやウイルスメールと間違われるような「大丈夫?」、「心配だよ」など、紛らわしい件名はできるだけ避けてください。 2)本文• 時候の挨拶など前置きを書かない。 お悔やみや遺族への励ましを送るメールなので時報の挨拶や前置きは書かず、本文から書き始めます。 丁寧な言葉使いを意識する お悔やみメールは、略式であるとはいえ、お悔やみの言葉として弔意を示すためのメールなので、手紙のように極端にかたい文章を書く必要はありません。 ただし、 故人や遺族の方への敬称など、決まった言いまわしには気を付け、できるだけ丁寧な言葉遣いを心がけましょう。 本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。 今は突然のことで気持ちの整理がつかないとは思うけどあまり気を落とされないように。 私に出来る事がありましたら、いつでも連絡下さい。 文例2: 突然の悲報に接し、大変驚いております。 ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。 私事で葬儀に参列できないため、お別れも出来ず残念です。 どうか無理をなさらぬようご自愛ください。 故人の冥福を心よりお祈りいたします。 お悔やみ申し上げます。 文例: ご母堂様のご逝去に際し心よりお悔やみを申し上げます。 本来であれば弔事に伺うべきところではございますが 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 いろいろと大変だと思いますが、どうかくれぐれもご無理をなさいませんように。 私たちでお手伝いできることがありましたらいつでもご連絡下さい。 文例2: ご身内に不幸があったと伺い 謹んでお悔やみ申し上げます。 仕事の方は心配なさらずに最後のお見送りをなさって来てください。 私に出来る事がありましたら、いつでもご連絡下さい。 特にご用命などなければ返信は不要です。 都合でご葬儀に伺うことができず、申し訳ありません。 略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 突然の訃報に一同驚愕し、悲嘆にくれるばかりです。 スケジュールの都合で私は葬儀に伺うことができず申し訳ありません。 略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 お悔やみメール注意する点 お悔やみメールは直接会って伝えるのとは違い、相手の顔を見ることもできず状況もわかりません。 悲しみを少しでも和らげてあげたいと思って書いたはずなのに、逆に悲しみを一層深めてしまうこともあります。 お悔やみメールを送るときには、相手の心境に十分配慮した言葉選びや伝え方が必要です。 最後に 現代では、お悔やみメールはすぐに会いに行くことができない親しい間柄の方へは「慰めの言葉」としてまず、メールでお悔やみをすることは悪いことではありません。 親しい間柄でも言葉遣いなどの最低のマナーを守ってお悔やみメールをし、改めて葬儀に参列したり、直接会ってお悔やみの言葉を伝えられるとさらにあなたの気持ちは伝わるでしょう。

次の