第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会。 花園 第99回全国高校ラグビー大会 日程・トーナメント表

「花園」第99回全国高校ラグビー大会出場校 日本代表候補一覧

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

千葉県高体連ラグビー専門部常任委員 鈴木学 日本で開催中のラグビーワールドカップは、日本の活躍も含め大変な盛り上がりを見せている。 第99回全国高校ラグビー大会千葉県予選も並行して行われ、予選プールを終了しいよいよ負けたら終わりの決勝トーナメントに入り目の離せない状況に来ている。 今年も王者・流経大柏高校に挑戦する構図は変わらないが、関東大会・全国7人制大会に初出場した幕張総合や例年の展開ラグビーに大型FWとなった専修大松戸、どのチームも例年よりも底上げされ王者との差が縮まってきている。 大会での選手の活躍とともにラグビーというスポーツの素晴らしさをこの千葉県高校ラグビー大会からも味わって欲しい。 千葉南 対 合同D 前半、両チームとキックを使い陣地を取り合う展開となったが、千葉南がキックカウンターからボールを継続し得点を重ねた。 合同Dも素晴らしいチームワークを発揮、攻守でいいプレーを見せるも最後は力及ばず、千葉南が勝利した。 専修大松戸 対 県千葉 前半、県千葉は10番古川のキックが冴え、ペナルティーゴールで得点を重ねる。 しかし専修大松戸は16番内舘の投入で流れをつかむと県千葉の激しいプレッシャーをはね返し、勝利を収めた。 佐倉 対 幕張総合 前半、佐倉は好タックルからトライを取りゲームの流れを掴んだ。 幕張総合は初戦の緊張感からミスが目立ったが、21番梅本を投入後、チームの雰囲気が変わりトライを重ねた。 佐倉も最後まで粘るも力及ばず、幕張総合が勝利した。

次の

「花園」第99回全国高校ラグビー大会出場校 日本代表候補一覧

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

千葉県高体連ラグビー専門部常任委員 鈴木学 日本で開催中のラグビーワールドカップは、日本の活躍も含め大変な盛り上がりを見せている。 第99回全国高校ラグビー大会千葉県予選も並行して行われ、予選プールを終了しいよいよ負けたら終わりの決勝トーナメントに入り目の離せない状況に来ている。 今年も王者・流経大柏高校に挑戦する構図は変わらないが、関東大会・全国7人制大会に初出場した幕張総合や例年の展開ラグビーに大型FWとなった専修大松戸、どのチームも例年よりも底上げされ王者との差が縮まってきている。 大会での選手の活躍とともにラグビーというスポーツの素晴らしさをこの千葉県高校ラグビー大会からも味わって欲しい。 千葉南 対 合同D 前半、両チームとキックを使い陣地を取り合う展開となったが、千葉南がキックカウンターからボールを継続し得点を重ねた。 合同Dも素晴らしいチームワークを発揮、攻守でいいプレーを見せるも最後は力及ばず、千葉南が勝利した。 専修大松戸 対 県千葉 前半、県千葉は10番古川のキックが冴え、ペナルティーゴールで得点を重ねる。 しかし専修大松戸は16番内舘の投入で流れをつかむと県千葉の激しいプレッシャーをはね返し、勝利を収めた。 佐倉 対 幕張総合 前半、佐倉は好タックルからトライを取りゲームの流れを掴んだ。 幕張総合は初戦の緊張感からミスが目立ったが、21番梅本を投入後、チームの雰囲気が変わりトライを重ねた。 佐倉も最後まで粘るも力及ばず、幕張総合が勝利した。

次の

第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会 千葉県大会/展望/試合結果|チバテレ

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

概要 [ ] 地区大会では、前年までを33年連続で制してきたが決勝でに破れ、本大会出場を逃した。 本大会では、1回戦でが対戦にて大会史上最高得点となる162点を挙げ、史上最大差となる157点差での勝利を収めた。 この記録更新はの2回戦でが対戦にて記録した139-0以来3大会ぶりである。 2回戦では、対戦において、史上初となるナイター照明を点灯した状態での試合が行われた。 は、進出7度目のと進出4度目のという決勝未勝利校同士の組み合わせで、桐蔭学園が初優勝をめざす御所実を破り、初の単独優勝を果たす とともに、東福岡とに次ぐ史上3校目となる三冠 を成し遂げた。 当大会における東日本勢の単独優勝はのの優勝以来22年ぶりである。 今大会から、準決勝2試合と決勝戦において試合開始直前にキックオフカウントダウン映像が会場の大型スクリーンにて放映されるようになった。 これは、同年に開催されたにおいて、そのような演出がなされていた影響を受けてのことである。 決勝戦では決勝戦と同様、選手入場後に両校の校歌斉唱が実施されるようになった。 また、女性主審(2名)が今大会で初めて試合をさばいた。 日程 [ ]• - 組み合わせ抽選会• - 開会式()、1回戦• - 1回戦• - 2回戦• - 3回戦• - 準々決勝• - 準決勝• - 決勝、閉会式 出場校 [ ]• 北北海道代表 - (2年連続4回目)• 南北海道代表 - (2年連続18回目)• 代表 - (初出場)• 代表 - (5年連続31回目)• 代表 - (24年連続26回目)• 代表 - (2年連続12回目)• 代表 - (2年連続26回目)• 代表 - (2年ぶり4回目)• 代表 - (8年連続25回目)• 代表 - (2年連続2回目)• 代表 - (6年ぶり3回目)• 東京都第二代表 - (2年連続11回目)• 代表 - (14年連続49回目)• 代表 - (16年連続44回目)• 代表 - (2年ぶり11回目)• 代表 - (4年連続31回目)• 代表 - (2年ぶり9回目)• 代表 - (2年連続39回目)• 代表 - (2年連続6回目)• 代表 - (8年連続10回目)• 代表 - (3年ぶり9回目)• 代表 - (4年連続45回目)• 代表 - (5年ぶり2回目)• 代表 - (2年連続9回目)• 代表 - (29年連続29回目)• 代表 - (2年連続3回目)• 代表 - (13年連続14回目)• 代表 - (2年ぶり6回目)• 代表 - (3年連続13回目)• 代表 - (6年ぶり2回目)• 代表 - (2年ぶり4回目)• 代表 - (8年ぶり5回目)• 九州・沖縄• 代表 - (2年ぶり17回目)• 代表 - (13年ぶり28回目)• 代表 - (初出場)• 代表 - (9年連続27回目)• 代表 - (6年ぶり13回目)• 代表 - (2年連続18回目) 試合結果 [ ]• 時刻はすべて• 括弧内は前半終了時のスコアを示す。 太字は勝利校を示す。

次の