復讐教室。 【復讐教室が1冊無料】まんが王国|無料で漫画(コミック)を試し読み[巻](作者:要龍,山崎烏)

復讐教室 (漫画)

復讐教室

この中に黒幕がいるわけですが、黒幕の正体は 結城真莉です。 彼女は一時彩菜の味方のフリをしていましたが、全て彼女の筋書き通りでした。 それでは、なぜ彼女は執拗に彩菜を追い詰めるのか?という点なのですがそれは彩菜と真莉 それぞれの父親が関係しています。 実は真莉の父親は町工場の社長だったのですが、藤沢グループによって技術を持っていた社員を引き抜かれてしまいます。 このことが原因で真莉の父親は自殺をしてしまいます。 ちなみに藤沢グループの代表は 彩菜の父親です。 それ以降、真莉は自分の父親を自殺に追い込んだ人物の娘である彩菜に逆恨みをしていたわけです。 その事実を蓮から聞かされた彩菜は絶望します。 味方だと思っていた真莉は敵で、敵だと思っていた蓮や塚本美穂は彩菜の味方だったわけです。 実は美穂とは小さい頃からの親友で、彼女は彩菜のために一人裏で動いていました。 もともと美穂は病気により人工透析が必要な身体なのですが、小さい頃に彩菜に良くしてもらったことに恩義を感じ常に彼女のために動いていました。 そして、今回も真莉の企てを知った美穂は彩菜のために犠牲になろうとします。 彩菜の代わりに自分の身を差し出したわけですが、真莉は彩菜に連絡を取り美穂の命を救いたければ一時間以内に美穂を監禁している教室へ来るように脅しをかけてきます。 ちなみに残りメンバーの詩織と真央は真莉の取り巻きです。 彼女たちの目的は彩菜を自殺させること。 自分たちの手を汚すことなく彩菜を抹殺する計画を立てていました。 それを以って自分たちの任務は完了し、その後は幸せな人生を送るつもりであることを揚々と美穂に話します。 最悪ですね。 もともと彩菜はいじめられるような子ではなかったのですが、真莉が主導で掲示板に嘘の情報を書き込んだりしうまく彩菜にいじめの矛先が向かうように誘導します。 かくして彩菜は美穂を助けるために向かおうとするのですが、蓮がこれを阻止。 実は蓮は彩菜に惚れているようで彼女の代わりに美穂を助けようとします。 この時蓮は彩菜を気絶させる しかし、美穂を助けに行く途中で気が狂ってしまった野村藍にナイフで刺されてしまいます。 野村さん・・・ 野村さんは蓮を彩菜の敵だと思い込んでおり、これを排除しようとしたんですね。 野村自身も彩菜を崇拝するレベルまできており狂信者のようになってしまい危険な存在となっています。 気絶から目覚めた彩菜は真莉の要望通り、彩菜が直接真莉の元へ向かうことに。 全ての始まりとなった白咲中学校の3年3組の教室で最終決戦が行われます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回、復讐教室の最新巻6巻を振り返ってみました。 次の7巻が最終巻になるようです。 ラストが楽しみですね。

次の

復讐教室 第5巻のネタバレと感想を無料で 〜復讐の共連れ

復讐教室

by 最後まで展開が読めなかった 最後の最後まで真犯人がわからなかった、展開が読めなかった…作者さんのセンスに完敗です。 絵自体は少し未熟なところがありますが、内容はよく練られててすごい。 「世の中上手いこと間に合ったりなんかしないもの」という要素もまぁまぁ盛り込まれてて良かった。 切なくなったけど。 最後の最後で良い奴をクズ中のクズに落とし込まれて驚愕でした。 本当にこんな奴いたら嫌だけどいそうで怖い。 15歳で復讐なんて、実際ならこんなに頭も回らないしうまいこと行かないと思うので、高校生設定の方が良かったかも感。 レンがなんで彩菜に酷いことをしていたのかもわかりやすく描かれてると尚良かったです。 (結局、最後までよくわからなかった…) 美穂ちゃんのような、身体は弱いのに精神は強かな子好きですw 結局、一番悪かったのは彩菜の父親みたいになってたのに、彩菜の父親は傷一つ負わないという… 大げさではなく、いじめている側は大したことしてないつもりでも、やられてる側は本当にこのくらい精神を抉られます。 もしいじめている側の経験がある人が読んでたら、そこを分かってほしい。 (スッキリした終わり方だったら満点でした!) by 匿名希望 原作 コミック から読んでますが。 レビューを読ませて頂く限りでは、かなり賛否両論,好評と酷評の差が激しいみたいですが、個人的にはすごく好きです。 リアな今のイジメは、彩菜ちゃんが受けている内容とほぼ似たようなもので刑法に触れる犯罪です。 イジメる側に全く自覚がない分タチが悪過ぎて、彩菜ちゃんがブチギレる気持ちがとても共感できる。 確かに、話によっては復讐行為の程度や度合いは相手によっては「は?軽くね?」と思う場合も多いですが、話が進むにつれて狂う者や死人も出る。 彩菜ちゃんも地獄行きを覚悟してやってるんだから、とことんまでエスカレートして欲しい。 リア社会では、あてつけ自殺しても簡単に隠蔽されるのが常だし、彩菜ちゃんの言う「他人もヌルい少年法もアテにしてない」状態に共感できる読者さんもいると思う。 彩菜ちゃんが復讐した結果、かつての友人が死んだ後に事実を知って、残ってた良心の呵責で苦しんでも「私は死んでも許されない」と覚悟して復讐を選ぶ彩菜ちゃんの姿は立派。 多少荒唐無稽な場面があってもスルーすればいい。 続きが楽しみです。 個人的には、やっぱりイチオシ作品です。

次の

【ネタバレあり】復讐教室のレビューと感想

復讐教室

Contents• 復讐教室とは 漫画「復讐教室」は主人公「藤沢彩菜」がいじめを受けたことがきっかけにより、 クラスメイト全員に復讐する、というのがテーマの作品です。 直接的に暴力や、恐喝、強姦をしてきたクラスメイトにはもちろん、周りで見ていただけのクラスメイトに対しても彩菜は復讐することを決意し、時には優しい言葉に心揺さぶられながらも、着々と復讐を果たしていくのでした。 復讐教室 漫画 全話全部、好きな巻を無料で読むならこちらから 復讐教室を全巻無料で読む方法は、電子書籍を配信しているU-NEXTと言うサイトなら無料で確実に読む事ができます。 無料で電子書籍をネットで読むと聞くと 「どうせ、試し読みで途中までしか読めないんだろ!?」と思うかもしれませんが、 そんな事はありません。 本当に、復讐教室の読みたい巻をしっかりと 最後まで読めます。 その理由をご紹介しておきます。 U-NEXTと言う、電子書籍&動画配信サービスでは、1ヶ月、完全に無料で利用する事できます。 そして、無料登録にも関わらず、U-NEXT内で利用できるポイントがもらえます。 このポイントを活用する事で、復讐教室の好きな巻や最新刊など、無料で読む事ができます。 復讐教室 あらすじ(ネタバレ) 復讐を決めた彩菜は、クラスメイト一人ずつについて入念に調べ上げ、容赦なく復讐していきます。 中には、追い詰められたことがきっかけにより自殺するものも出てきます。 それでも彩菜はいじめをやめず、復讐も人殺しを厭わないものへとどんどん変化していき、内容もエスカレートしていきます。 追い詰められたクラスメイトが、自分が生き延びるためにほかの クラスメイトを殺したり、衝動的に殺してしまったりと、彩菜だけでなくクラスメイト全員が狂ったように復讐しあいます。 もちろん、不審な行方不明者や、死人が多く出ているクラスには警察も介入してきて、クラスメイトはそれぞれ他校に分けられ、違う学校に通うようにもなるのですが、それでも復讐を収まらず、どんどん人が死んでいきます。 復讐教室 結末(ネタバレ) 着実に復讐を果たしていき、最後は初めの教室にて、刃物やらチェーンソーやらが持ち出され、殺し合いになり、主人公はなんとか駆け付けたほかのクラスメイトに助けられ、一命をとりとめますが、意識不明の状態で物語は幕を閉じます。 しかし、主人公が意識不明の病院にて、新たな真実が明らかになります。 病院の屋上にて、レンとクラス委員長の「山瀬裕也」が話をします。 そこで、レンは山瀬裕也のことを「 藤沢裕也」と呼び、裕也が彩菜の腹違いの兄弟であることを暴きます。 復讐教室 無料で全巻全話を読むならコレ!! 復讐教室 山瀬裕也の正体(ネタバレ) 山瀬裕也の母、山瀬沙也は旧姓藤沢沙也であり、彩菜の父の藤沢総一郎の従妹でした。 裕也の母は裕也を身ごもったことにより、藤沢家を追放され、心労に心労を重ねた挙句自殺、それによって裕也は彩菜を恨んで、今回の復讐劇を操作したのではないか、とレンは予測しましたが、同機はもっと単純なものでした。 その理由は「つまらないから」でした。 裕也は昔から異常に人の心が読め、相手がどう動くかがわかり、そのせいで全てが予想の範疇、予定調和で、そんな世界をとても退屈に、つまらないと感じていました。 そんな裕也の前にクラスメイトが 一人父親を失い、理不尽な暴力でボロボロになった状態で現れ、彼女を使って復讐劇を始めようと思いつきます。 そのことで、彩菜がいじめのターゲットになり、クラスの中での様々な出来事が、裏で裕也の手の上で転がされている状態で、物事は進んでいくのでした。 直接的には手を下さないものの、きっかけを与えることで、裕也はすべてのことを思い通りに進めていました。 そして、今回の復讐劇に関しても裕也にとってはまさに予想通りの結末だったようで、「つまらない事件だった」と言って物語は終わります。 復讐教室の感想 まさに「復讐」というテーマで描きあげられた作品でした。 ただ単に、いじめられていた少女があの手この手で、巧妙に復讐を進めていくストーリーだと予想しましたが、そうでもなく、いろいろな人間の「復讐」が絡み合い、想像以上に悲惨な復讐劇となっていました。 思った以上に簡単に事故や自殺で人が死に、クラスメイトそれぞれが家庭の問題であったり、重いものを抱えていて、さらに、復讐計画もすぐに足がつきそうなずさんな計画のものが多く、あまりリアリティはありませんでしたが、だからこそ漫画として、非現実として、楽しむことができました。 クラスメイトほとんど全員が人殺しになるような精神を持っていて、どんどんみんなが狂っていく様子が印象的でした。 ただ、一部腑に落ちない部分もいくつかありました。 まず、彩菜のことが好きなはずであるレンが、彩菜を他の人に襲わせたり、暴行させたり、かなりひどいことをします。 どういう真意でそういう行動に出るのか、はっきり漫画の中では明記されませんでした。 予想されるのは、そういう性癖をもっているというぐらいで、それにしてはあまりにもひどい扱いだと感じます。 次に、復讐の動機が薄い点です。 暴行を加えたり、犯したり、人を死に追いやったり、そこまでするほどの動機なのかという部分には疑問が残ります。 漫画だからこそ、いろいろ省かれて簡略化されてしまっているせいかもしれません。 そしてなにより、オチがいまいちでした。 退屈だからやったというだけで、もはや動機も何もなく、まさに、クラスメイト達は山瀬裕也に踊らされていただけで、死んでいったんだなと思わせるものでした。 様々な人間のゆがんだ思いの見られる作品となっていました。 復讐教室 無料で全巻全話を読むならコレ!!.

次の