天皇 虹 海外の反応。 天皇陛下の即位と退位、海外メディアはどう伝えたか?

天皇陛下へ海外の反応は尊敬!韓国では?世界的地位ランキングも凄い!!

天皇 虹 海外の反応

令和が始まった。 ヤフーニュースには令和の初日の出の写真も載っていた。 海外ではどのように伝えられたのだろう。 新聞の反応を調べてみた。 日本に興味のある海外の人のほうが日本人よりも名前を知っているかもしれない。 天皇については、 The emperor in Japan holds no political power but serves as a national symbol. その後、「儀式はいつ行われるのか」とか、「新天皇について我々が知っていること」とか「天皇家の家系図」などが紹介され、「日本の君主制はなぜ重要なのか」という内容にも踏み込んでいる。 式典の写真と、まだ愛子さまが赤ちゃんの頃の新天皇家族の写真が載っている。 記事では、主に新旧天皇の個人的な考え方について言及している。 日本では、新聞は、天皇を個人として扱わず、個人として扱うのは週刊誌であるように思う。 このあたりも日本とアメリカの違いってことだろうか。 フランス ルモンド 今朝のルモンドのサイトには日本に関する記事が国際ページの中に2つあった。 どちらも読者の質問に答えるという形で記事を展開している。 中では第2次世界大戦のことや天皇の行動や意見が日本社会に与える影響、宗教としての神道についても書かれている。 フランスでの日本の天皇は政治に結びついている存在なのかなと感じた。 英語でもフランス語でも天皇と皇帝は同じ単語。 確かに、皇帝って言われたら、日本語でも権力者なんだって感じる。 ほかの訳語ないんだろうか。 元号が見出しに入ったのは中国だけ。 今ではもう中国で元号は使われていないけれど、漢字だし、なんとなくなじみがあるのだろうか。 記事の中には平成も昭和も出てくる。 令和の意味についても再度述べられている。 そしてこの縁起のいい日に、多くの婚姻届けが出され、結婚式が行われる予定になっていることを紹介している。 これはほかの新聞にはない視点。 また、新宿アルタのモニターに前天皇陛下が映し出されている街の様子の写真が採用されている。 安倍首相の発言も紹介されていて、日本が直面する社会問題についても触れています。 この記事がほかの国の記事と比べて日本の報道と一番近い内容が書かれているように感じた。 日本に暮らして日本語もよくわかる人が書いているのだろう。 やはり中国は近くの国なんだなあ。 感想 各国読者の興味は違うところにあるんだなと感じた。 イギリスの報道がいちばんニュースぽかった。 形式的と言えばそうかもしれないが、基本的な知識をきっちり押さえているといったかんじ。 また、どの国の新聞も天皇の名前を載せている。 日本ではここは違う。 名前はあまり見ない。 ちょーざっくりいうと、アメリカ人は個人に興味があって、フランスでは政治に興味があって、中国では国民の暮らしに興味があるってことかな。 このあと即位の儀式の模様も世界で報道されるだろう。 これは日本人でもその珍しさに興味があることだろう。 関連記事: uwanosorajikenbo.

次の

新天皇即位の海外の反応!英米仏そして中国はどう伝えたか

天皇 虹 海外の反応

即位礼正殿の儀で皇室にかかった虹の画像が神話みたい? こちらが噂の画像です。 皇居をまたがる形で虹がかかってる。 こんなことってあるですね〜 — KAWABE Kentaro dennotai 皇居をまたがる形で虹がかかっています。 降っていた雨があがり、虹がかかる。 本当に神話のようですね。 他の画像もみていきましょう! 「即位礼正殿の儀 」が始まったとたん晴れて虹がかかったという! 天皇陛下は「天照大御神」の後子孫であることが証明された! — 土佐郷士 ワタナベワタル 442Goforbroke 午後0時58分、即位礼正殿の儀を前に都内の空にはうっすらと虹がかかりました。 語彙力はない。 — じっつー G2mpa 即位礼正殿の儀始まる前は雨降ってたのに始まったら晴れて虹が出たんだってね。 生で見たかったな。 陽菜さんか天照が晴らしたのかな。

次の

奇跡!即位礼正殿の儀で虹がかかった!エンペラーウェザー(消えた台風・富士山)画像まとめ|Media Sunshine

天皇 虹 海外の反応

天皇陛下が「即位礼正殿の儀」で即位を内外に宣明されたことを受け、海外メディアも22日、高い関心を持って好意的に報道。 中韓両国も友好的な反応を示した。 (北京 西見由章、ソウル 桜井紀雄、平田雄介、パリ 三井美奈)• インターネット上では「伝統を感じる」「5千年の歴史を持つ中国は伝統文化をとうに失ってしまった」とうらやむ声もみられた。 一方、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は22日の記者会見で「今後の中日関係がよりよくなっていくことを期待している」と述べた。 内容は公表しなかった。 安倍晋三首相にも即位礼正殿の儀に出席した李洛淵(イ・ナギョン)首相が24日に面会する際に文氏の親書を手渡す。 韓国では李氏の出席と安倍首相との面会が関係改善の糸口になるかに注目が集まっている。 陛下については、平和や過去への反省を強調してこられた経緯から好意的な報道も目立つ。 聯合ニュースは、陛下が昨年3月ブラジルで開かれた世界水フォーラムで李氏と会われた際、ビビンバなど「韓国料理がとても好きだ」と話されたと紹介。 「韓日外交に肯定的に作用するとの期待交じりの見方もある」と報じた。

次の