カボチャ サラダ。 カボチャサラダレシピ 人気のクックパッドでつくれぽ1000以上

コリンキー>かぼちゃの品種:旬の野菜百科

カボチャ サラダ

コリコリとした食感から、コリンキーと名付けられたようですが、 別名では、「サラダカボチャ」「フレッシュかぼちゃ」とも呼ばれています。 鮮やかなレモン色の果皮で、柔らかく皮ごと食べられるのが特徴。 発芽後は、徐々に温度を下げ徒長しないようポットで苗を育て定植します * 本葉が2~3枚になるころまでに1株に仕立てます。 <植え付け時期> 本葉が4~5枚くらいになったら、植え付けの適期です。 *栽培方法は・・ほぼカボチャと一緒。 <コリンキーの育て方ポイント> 株間を十分(1m以上)にとれば放任栽培が可能です。 つるが交差しないように一定の方向に誘引します。 <コリンキーとカボチャの育て方の違い> 一般的には 「整枝はせず」親づるの10節以降に着果させます。 w  ̄o ̄ w オオー! 左上)コリンキー雄花:つけ根がふくらんでいない 右上)コリンキー雌花:つけ根がまあるくふくらんでいる *8~9時ごろにミツバチが活発に活動してないようであれば、 人工交配をします。 <人工授粉> 雌花が咲いたら、その日の咲いた雄花の切り取り~ 雄花の花粉を雌花のメシベの先端に、 チョンチョンとなすりつけるようにして受粉をします。 *果実を大きくして収穫すると、 次の果実が生理落花して収量が減ります。 収穫が始まったら20~25日間隔で、 1株当たり30g程度を定期的に追肥します。 果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、 非常にあっさりとしたものでなので、 薄切りにすると生のまま味付けしてサラダとして食べることが出来ます。 他に一般的な食べ方は、浅漬けやぬか漬け、ピクルスなどといった漬け物や、 薄切りにしてサラダや、和え物等が多いです。

次の

サラダカボチャ苗 コリンキー 赤ポット

カボチャ サラダ

コリコリとした食感から、コリンキーと名付けられたようですが、 別名では、「サラダカボチャ」「フレッシュかぼちゃ」とも呼ばれています。 鮮やかなレモン色の果皮で、柔らかく皮ごと食べられるのが特徴。 発芽後は、徐々に温度を下げ徒長しないようポットで苗を育て定植します * 本葉が2~3枚になるころまでに1株に仕立てます。 <植え付け時期> 本葉が4~5枚くらいになったら、植え付けの適期です。 *栽培方法は・・ほぼカボチャと一緒。 <コリンキーの育て方ポイント> 株間を十分(1m以上)にとれば放任栽培が可能です。 つるが交差しないように一定の方向に誘引します。 <コリンキーとカボチャの育て方の違い> 一般的には 「整枝はせず」親づるの10節以降に着果させます。 w  ̄o ̄ w オオー! 左上)コリンキー雄花:つけ根がふくらんでいない 右上)コリンキー雌花:つけ根がまあるくふくらんでいる *8~9時ごろにミツバチが活発に活動してないようであれば、 人工交配をします。 <人工授粉> 雌花が咲いたら、その日の咲いた雄花の切り取り~ 雄花の花粉を雌花のメシベの先端に、 チョンチョンとなすりつけるようにして受粉をします。 *果実を大きくして収穫すると、 次の果実が生理落花して収量が減ります。 収穫が始まったら20~25日間隔で、 1株当たり30g程度を定期的に追肥します。 果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、 非常にあっさりとしたものでなので、 薄切りにすると生のまま味付けしてサラダとして食べることが出来ます。 他に一般的な食べ方は、浅漬けやぬか漬け、ピクルスなどといった漬け物や、 薄切りにしてサラダや、和え物等が多いです。

次の

カボチャを食べ過ぎるとどうなるの?煮物やサラダなどの食べ方で違いはあるの?

カボチャ サラダ

コリコリとした食感から、コリンキーと名付けられたようですが、 別名では、「サラダカボチャ」「フレッシュかぼちゃ」とも呼ばれています。 鮮やかなレモン色の果皮で、柔らかく皮ごと食べられるのが特徴。 発芽後は、徐々に温度を下げ徒長しないようポットで苗を育て定植します * 本葉が2~3枚になるころまでに1株に仕立てます。 <植え付け時期> 本葉が4~5枚くらいになったら、植え付けの適期です。 *栽培方法は・・ほぼカボチャと一緒。 <コリンキーの育て方ポイント> 株間を十分(1m以上)にとれば放任栽培が可能です。 つるが交差しないように一定の方向に誘引します。 <コリンキーとカボチャの育て方の違い> 一般的には 「整枝はせず」親づるの10節以降に着果させます。 w  ̄o ̄ w オオー! 左上)コリンキー雄花:つけ根がふくらんでいない 右上)コリンキー雌花:つけ根がまあるくふくらんでいる *8~9時ごろにミツバチが活発に活動してないようであれば、 人工交配をします。 <人工授粉> 雌花が咲いたら、その日の咲いた雄花の切り取り~ 雄花の花粉を雌花のメシベの先端に、 チョンチョンとなすりつけるようにして受粉をします。 *果実を大きくして収穫すると、 次の果実が生理落花して収量が減ります。 収穫が始まったら20~25日間隔で、 1株当たり30g程度を定期的に追肥します。 果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、 非常にあっさりとしたものでなので、 薄切りにすると生のまま味付けしてサラダとして食べることが出来ます。 他に一般的な食べ方は、浅漬けやぬか漬け、ピクルスなどといった漬け物や、 薄切りにしてサラダや、和え物等が多いです。

次の