子供エプロン作り方。 【簡単!子供用エプロンの作り方】裁縫初心者さんでも安心!

エプロン作りの布地の選び方と型紙紹介

子供エプロン作り方

子供が大きくなるにつれて、子供用エプロンの必要性が高まります。 例えば、保育園や幼稚園の行事、小学校での調理実習、家でのお手伝いの時など、子供用エプロンはいろんな場面で必要となります。 さらに、自分専用のお気に入りエプロンがあったら、子供のやる気もアップして、張り切ってお手伝いしてくれるかもしれません。 ですが、市販の物はデザインや生地の感触・サイズやお値段など、すべてがお子様にぴったりのものを探すのはなかなか難しいものです。 そこでご提案!お子様のために手作りエプロンにチャレンジしてみませんか?子供用のエプロンは、意外と簡単な作り方で作れます。 世界にひとつの自分専用のエプロンに、きっとお子様も喜んでくれますよ。 「手作り」というとハードルが高い方も少なくないと思いますが、作り方は意外と簡単です。 まず用意するのは生地と糸。 道具はミシン、アイロン、裁ちばさみ。 これだけでもかわいい子供用エプロンができます。 子供用エプロンくらいの大きさなら、手縫いでもそれほど時間がかからないので、ミシンがなければ手縫い用の針だけでも大丈夫です。 そのほかはエプロンのデザインに応じて、マジックテープやゴムなどをご用意ください。 お子様の好きなアップリケや飾りボタン、フリルテープやレースなどがあってもかわいいですね。 飾りは手作りならでは。 お子様が、「このエプロンは自分のもの」と認識しやすくするためにも役立ちます。 特に小さい子供用には、なにか目印になるような飾りがあるといいかもしれません。

次の

エプロン作りの布地の選び方と型紙紹介

子供エプロン作り方

もしくは「名前をつけて保存」をクリックすれば型紙のPDFファイルをPCに保存することもできます。 参考: 今回はわかりやすいように「80〜90センチ」サイズを自分で大きくしました。 (内側の黒い線が80〜90センチの線です。 横幅を右1センチ、左2センチ。 縦幅は上1センチ、下7センチ伸ばしました。 縫い代1センチは含みます。 布地 リバーシブル仕様です。 5センチ幅です。 首部分34センチ、腰部分21センチ準備しました。 裁断の時に余った部分で準備します。 二枚重ねて切ってもいいですが、折り曲げて切ると4枚重なっているのと同じになって力がいるし、ガタガタになったりするので、あまりおすすめしません。 (折り曲げたところ、下から3ミリくらいのところを縫う。 たまたま柄が合っています。 ゴム紐を仮止めする ゴム紐は0. 5センチほど外側に出るようにして縫っておきます。 縫い代は1センチなので、それよりも内側で縫い止めてください。 マチ針で止めます。 (心配な人は1センチの線をチャコペンシルで書いてもOK!私はだいたい1センチを意識して縫いました。 私は定規を使って角をしっかり出しました。 マジックテープを本体と腰のゴムにつける.

次の

子供用エプロンの簡単な作り方(2~3歳用)。自分で着れるゴムタイプ。

子供エプロン作り方

こんにちは。 今回は、保育園や幼稚園、そして小学校でも、年間を通して使う機会の意外と多い、子ども用エプロンの作り方を紹介します。 サイズは今回、90で作りますが、服と違ってエプロンは、あまりかっちり採寸しなくても大丈夫。 布をカットするときは周囲のぬいしろ1cmをとってくださいね。 ひもを縫う 図を参考に、ひもは先に縫っておきます。 2本とも、片方の端だけ上図のように処理しましょう。 (もう片方は、後ほど本体に縫いこんでしまうので、端の処理はしなくてよいです) こうなります。 見返しを縫う まずは見返しの端を処理します。 ミシンのジグザグ縫いで十分です。 (見返しには、あらかじめ薄手の接着芯を張ると、よりきれいに仕上がります。 ) ここがポイント!-ジグザグミシン- ジグザグミシンをかけるときは、カットした布端に糸を引っ掛けるよりも、先に少し内側を縫っておいて、後から端っこを少し残してカットした方がきれいに仕上がりますよ。 間に、[3]で縫ったひもの短い方を挟みましょう。 端の処理をしていない側を挟みます。 マチ針で刺して、前身頃・ひも・見返しの3つのパーツを一緒に留めましょう。 このときマチ針は、ずれないように垂直に留めますよ。 だーっと縫います。 はい、前身頃に見返しとひもが付きました。 ここがポイント!-ぬいしろの処理- ぬいしろは、角になる部分はちょん、と落としてしまいましょう。 にぎにぎなども よね。 それと同じです。 ここもひっくり返すので、ごわつかないために、ぬいしろをカットします。 もうひとつおまけに、きれいに仕上げるコツを。 ひっくり返す前に、アイロンで折りじわをしっかりとつけてあげましょう。 いきなりひっくり返してしまって表からアイロンを当てるよりも、直線ラインも美しく出るのでおすすめです! 腰ひもを縫い付ける&エプロンの周囲を縫う 首部分以外の、本体周囲を縫っていきます。 基本的にすべて3つ折り縫いです。 ここもアイロンをしっかりと。 腰ひもを本体脇に縫い込みます。 処理をしていない方の端を、前見頃の脇に縫い込みます。 三つ折りにした脇の部分とひもを、一緒に内側に巻き込むように…。 あとから一気に周囲を縫うので、ひとまずここではマチ針で留めておくだけでよいでしょう。 ひもを表に出して、腰のあたりでダダーっと縫います。 ひもの上と下とで2本縫いましょう。 周囲を一気に縫ったら、、、本体完成〜! 留め具を付ける いえ、まだですよね。 ひもを留めるところが残っていました! 装着するところ(留めるところです)をマジックテープに、と冒頭で紹介したのですが、もしかしたらマジックテープだと、衣類にくっついたりして嫌がるお子さまもいるかもしれないなあ、ということでこちら。 当店のでもキットに同封している、イージースナップボタンに変更してみました。 マジックテープを縫うよりも、スナップボタンを手縫いで付けるよりも、イージースナップボタンの簡単さといったら…!一度使うとやみつきになってしまいますよ。 イージースナップボタンは、目打ちでぐいぐいっと一気に穴を開けましょう。 開ける箇所は、腰ひもの端っこと本体の脇のひもの上です。 首ひもも同じく。 合計2セットのイージースナップボタンを使うことになります。 手作り子ども用エプロンが完成! これで子ども用エプロンが完成です。 (クリックすると大きな画像が見られます) 90サイズは、幼稚園の入園を控えたお子さまにちょうどよいサイズです。 子どもエプロン(90サイズ)で使った生地はこちら コットン100%のオックス生地を使いました。 薄手の生地にも関わらず、強度があり、エプロンにぴったりなんです。 また、生地の目が細かくて「軽い」というのが大きなポイント。 何よりもこの軽さが一番の魅力です。 小さな子どもでも嫌がらずに付けてくれますよ。 子どもって少しのストレスを結構敏感に察知しますよね(笑)。 今回使ったグレーと色違いの、。 6〜7歳向けです。 布をカットするときは周囲のぬいしろ1cmをとってくださいね。 作り方は上記の90サイズと一緒です。 元気な男の子向けに、明るいグリーンをポイントに使ってみましたよ。 5㎝を2本用意してください。 お子様に合わせて紐の長さは調整してみると良いですね!(クリックすると大きな画像が見られます) 120サイズは、小学校入学を控えたお子さまにちょうどよいサイズです。 ポケットはお好みでつけてくださいね。 手作りエプロンを着てみました! 120サイズ モデル身長:126cm(9歳) 子どもってポケットにいろいろ入れたくなるみたいです!ひと手間ですが、きっと喜んでくれますよ。 工作に使うハサミ、のり、カッターなどなど。 お料理実習のときの三角巾なんかも入りますね。 ドラえもんのポケットみたいに下を丸くするとかわいいですね。 「ちょっとみじかーい!お尻が出ちゃうよ(笑)」 基本の一枚ということで、最小限の布で作れるエプロンのパターンゆえに、もしかしたらちょっと見頃が足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれません。 少しカーブを付けて見頃を伸ばしてあげてもよさそうですね。 子どもエプロン(120サイズ)で使った生地はこちら こちらは男の子の大好きなミニカー柄の布です。 バッグにも使えるぐらい、しっかりとした張りのあるオックスフォード地ですので、一枚でもエプロンとしての形がきれいに出せます。 お料理や工作のときに大活躍してくれそうですね!。 アイロンをかける必要のなく、そしてすぐに乾くもの。 コットン100%の中でも、オックスやシーチングなど、生地の目の細かいものがベストです。 大人用であれば、贅沢にリネン100%のエプロンなんかも風合いが出て素敵です。 子ども向けなら、コットンかコットンリネンで十分です。 という方には、キットがオススメです! 新しく発売したは、とても簡単におしゃれなこども用エプロンが作れるキットです。 明るくて楽し気な柄を12種類ご用意しました! 90~110サイズ程度まで対応できるから、お得で嬉しいですね。

次の