ストーム スリンガー 逸品 装備。 【MHWアイスボーン】ストームスリンガー(逸品)を検証してみた

【MHWアイスボーン】ストームスリンガー(逸品)が強い!おすすめの装備構成を紹介

ストーム スリンガー 逸品 装備

特殊弾は通常の弾薬を消費しない。 そのため弾薬の調合などの手間がかからない点も優秀。 特殊弾のチャージ中は電撃弾を使うことになるが、一般的な属性ライトと比べれば管理は非常に楽。 ストームスリンガーの主力は特殊弾なので、属性解放や業物は必須ではない。 ムフェト周回で大活躍 ムフェトジーヴァにも大ダメージを与えられる点も、ストームスリンガーの強さの1つ。 安全な距離から圧倒的な火力を発揮できるので、ムフェト周回における安定性はずば抜けている。 動力源パーツが必須• 特殊弾は弾薬を使わない• 時間経過で残弾がチャージ• 連射で威力が上がっていく• これが無ければ星の数ほどあるライトと変わらないため、必ず動力源パーツをつけよう。 工房かアイテムBOXでつけられる ボウガンのパーツは、工房かアイテムBOXの「ボウガンのカスタマイズ」でつけられる。 つけ外しに素材やお金は必要ないので安心しよう。 特殊弾は弾薬を使わない ストームボルトは通常の弾とは独立しており、専用のゲージで残弾が管理される。 しかし 撃ち切ると他の弾で戦わざるを得ないので、電撃弾は持ち込んでおくこと。 時間経過で残弾がチャージ ストームボルトの残弾ゲージは、ストームボルト非装填中に時間経過でチャージされる。 撃ち切らなくても装填を外せばチャージが始まるぞ。 集中でチャージ速度が上がる スキル「集中」の効果は、ストームボルトのチャージ速度にも影響する。 ストームスリンガーで高速周回を目指すなら必須級のスキルだ。 ゲージ最大でなくても撃てる ストームボルトはゲージさえあれば発射可能。 そのため、ゲージが最大になるまでチャージを待つ必要はない。 ただし僅かなゲージでは数発で切れてしまうので、最低でも半分以上のチャージは待とう。 連射で威力が上がっていく ストームボルトは最大9発まで連射可能。 連射数を示すメモリが進むほど威力が上がるが、 9発目は大ダメージを受けてしまう。 そのため雷属性強化と特殊射撃強化が乗る。 無条件かつ目に見えて火力が上がるので、必ず発動させよう。 動力源パーツ• 弾速強化パーツ• ストームスリンガーの特殊弾を撃つなら必ずつけること。 弾速強化パーツで扱いやすさを向上 弾速強化パーツをつけると、弾の速度と射程距離が伸びる。 特殊弾の射程がかなり伸びて扱いやすさが大きく上がるので、ぜひともつけたいパーツだ。 リロード補助は電撃弾用 リロード補助を2つつけると、 電撃弾のリロード速度が【普通】になり、歩きながらリロードできる。 ストームスリンガーは特殊弾に目がいきがちだが、電撃弾も非常に重要なのでつけておこう。 反動抑制はおすすめできない 反動抑制を2つつけると電撃弾が反動【小】になり、発射時の反動がほぼ無くなる。 しかしリロード時に脚を止めてしまう点は見過ごせず、とてもリスキー。 多少反動があってもリロード補助が無難だ。 おすすめのカスタム強化組み合わせ• 回復能力付与• 属性・状態異常強化 自傷カバーの回復カスタムは重要 ストームスリンガーは、龍脈覚醒で属性値を底上げするのが強力。 龍脈覚醒の自傷を相殺するために、回復カスタムは必須級。 安定性を重視するなら2つつけるのもおすすめ。 属性強化で火力アップ ストームスリンガーは属性武器なので、属性強化も欲しい。 回復カスタムを2つつけた場合でも、1つは積むことができる。 会心率強化の優先度は低い ストームボルトには会心が乗るが、目に見えて火力が上がるわけではない。 真会心撃で運用するなら恩恵が大きいが、主流の龍脈覚醒で使うなら回復カスタムか属性強化の優先度が上だ。 ストームスリンガーのテンプレ装備 【入門】組みやすさ重視の龍紋装備.

次の

[MHW アイスボーン]ストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備と立ち回り方

ストーム スリンガー 逸品 装備

この記事の目次• 『ストームスリンガー 逸品 』に集中のスキル効果は発動する? まずは、 ストームスリンガー 逸品 に集中スキル 短縮珠)の効果が発動するのか?です。 結論は ストームスリンガー(逸品)の特殊弾であるストームボルトのゲージ回復に集中の効果は適用されます。 ストームスリンガー 逸品)を使用した装備に集中スキルを採用するかどうか?は意見が分かれるところですが、短縮される時間やスキル無し時のゲージ回復にどれくらい時間がかかるのか?を確認しました。 集中スキル無しの装備と比較して、 20秒時間が短縮されます。 集中スキルを発動させたストームスリンガー 逸品 を使用していますが、 集中スキルの効果がハッキリと分かるほどの体感はありません。 じゃあ、 ストームスリンガー(逸品)に短縮珠を装備しない方が良いのか?というのは以下の装填管理が重要になると感じています。 『ストームスリンガー 逸品 』の集中スキルの短縮時間効果は装填解除で ストームスリンガー(逸品)の基本操作である特殊弾の装填は、 〇ボタンで行います。 (通常のライトボウガンの起爆竜弾を設置する操作) 再度、〇ボタンを押すことで装填が解除され使用したゲージが回復していきます。 ゲージが無くなった際は装填前に選択していた弾種・弾数の状態となり、ゲージの回復が始まります。 従って、集中スキルを効率的に使用する場合は「攻撃しない・できない状態」などを見極めて 装填解除を行うことで集中スキルを最大限活かすことが可能です。 『ストームスリンガー 逸品 』に集中を発動させた使い方と立ち回りのコツ この欄では、 私が実際にストームスリンガー(逸品)に集中スキルを発動させた時に実際に体感したことや失敗から立ち回りや使い方からコツを軽く紹介していますので、これからストームスリンガー(逸品)を使用する方への参考になりますと幸いです。 「20秒の短縮効果」と集中のスキル効果は薄いと感じてしまうかもしれませんが、まずはこの使い方や立ち回りができないと本当に恩恵が少ないのか?は分かりません。 改善していくと、 ゲージ回復自体が早くなっていることは火力にも繋がってくるはずです。 エリア移動の間や体力回復を行う前に装填解除で集中スキルを発動させる ストームスリンガー(逸品)を使い始めて最初の方は結構忘れがちです(笑) シンプルに考えて 攻撃しない・攻撃できないタイミングに装填解除を行っておくことを意識するのがおすすめです。 そのためゲージ回復を早くしても、 常にゲージが少ない状態や0から回復させてまたすぐに撃ち始めるという使い方は少し勿体なく感じました。 (後半の高火力部分をできるだけ多く当てたいから) ある程度 継続してストームボルトを撃てるゲージを用意してから畳みかけるように撃ちましょう。 タイミングにもよりますが、ゲージ残量半分程度を個人的な目安に置いています。 ゲージ回復までの時間はサブウェポンの 「電撃弾」を使用し、できるだけ火力を出すことを目指します。 その際、多段ヒットさせることで電撃弾でも100ダメージくらいを狙うことができます。 (イビルジョー、ジンオウガ亜種など) 威力の高い7,8発目を継続して撃てるタイミングの前に回復しておく 上記に加えて、 他メンバーの武器種やモンスターの概ねの怯みのタイミングを計算して行っています。 難しいことではないです。 例えば、徹甲榴弾でスタンを狙っているメンバーがいる場合はモンスターのスタンがある程度約束されます。 安全なタイミングやモンスターが拘束されているタイミングは、高威力弾を確実且つ継続して撃てるため近接以上の火力を出すことも可能です。 また雷属性弱点である「イビルジョー」はストームスリンガー(逸品)と相性が良く、突進時にカウンターでダメージを与えることで怯みを狙えますので、そういうタイミングも計算しています。 1発で300以上のダメージとか出るので。 ストームスリンガー 逸品 の集中スキルの発動や短縮時間の効果についてまとめ ストームスリンガー(逸品)の集中スキルの発動や短縮時間の効果とちょっとした使い方のコツや立ち回りで意識していることを紹介させていただきました。 ストームスリンガー(逸品)に集中の恩恵は少ないとも言われているのですが、 装填解除によるゲージ回復を上手く活かすことができれば使えなくはないスキル効果になっていると感じています。

次の

【MHWアイスボーン】ストームスリンガー(逸品)が強い!おすすめの装備構成を紹介

ストーム スリンガー 逸品 装備

ムフェト・ジーヴァの防具「 EX龍紋シリーズ」を5箇所装備することにより、シリーズスキル「 真・龍脈覚醒」を発動。 ストームスリンガー(逸品)に必要なスキルは以下の3つ。 カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I 真・龍脈覚醒の自傷ダメージを緩和させるために「 回復能力付与II」を採用。 回復カスタムを2つ積むことで「逆恨み」を発動させつつ、自傷ダメージ分を回復することができます。 連続発射中は徐々に発射間隔が短くなり、弾の威力も上昇していきます。 しかし、連射しすぎると暴発し、ハンターの体力が1まで低下してしまうので気を付けましょう。 ストームボルトを使用する場合は、暴発させないように弾を撃つ工夫が必要です。 暴発までの弾数は照準で確認することが可能で、時間経過と共に暴発までの弾数が回復していきます。 9発連続で発射すると暴発するので、連射は8発で抑えましょう。 画像の赤矢印の部分(連射6発目)まで弾数が回復したら7、8発目を撃つ感覚です。 最後の3発は特に威力が高いので、連射を維持することができればかなりのダメージを与えることができるでしょう。 特殊弾を撃ち尽くしたらリロードが完了するまで「電撃弾」で戦うことになります。 EXシールドウィーバーとの相性はあまり良くない? 同じくホライゾンコラボ装備「EXシールドウィーバー」が登場しましたが、ストームスリンガー(逸品)用装備としてはあまり相性が良くないかもしれません。 シリーズスキル「原動力」の効果により、ストームボルトが暴発しても受けるダメージ量を半分に抑えることができます。 しかし、1回の暴発でシールドの効果が消えてしまい、シールドがない状態では他の装備と同じダメージを受けてしまいます。 シールドの効果を得るためには時間経過を待たなくてはいけません。 暴発を1回しか抑えることができないので、他の防具を装備した方が良いと感じました。 ストームスリンガー(逸品)を暴発させないように立ち回った方が強いです。 まとめ 以上、ストームスリンガー(逸品)の装備紹介でした。 ストームボルト暴発のリスク、真・龍脈覚醒による自傷ダメージなど、とても扱いやすいとは言えない装備ですが、使いこなすことができてば装飾品集めの周回などが一気に捗ると思います。 雷属性が弱点のモンスター「リオレイア希少種」などを周回する時におすすめ。

次の