アシカ オットセイ 違い。 アザラシ、オットセイ、アシカ、セイウチ、トドの違いとは?

オットセイの生態と生息地は?名前の由来と寿命についても

アシカ オットセイ 違い

海生 の鰭脚類 ききゃくるい に属する 「 」、 「 」、 「 」は、外観が似ているため混同されやすい といえますが、 上別の生き物に分類されており、以下のような違いがあります。 「アザラシ」とは、鰭脚類アザラシ科に属する哺乳類です。 圏から熱帯、 まで幅広い海域に分布しており、体長1. 2m、体重50kgの小型種ワモンアザラシから、体長6. 5m、体重は4tに及ぶ大型種ミナミゾウアザラシまで様々な大きさの種類がいます。 にはワモンアザラシ、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシの5種類が生息しています。 「アザラシ」の には耳介がなく、目の後方に耳の だけが開いています。 また、四肢には鉤爪のついた5本指があり指の間には水かきが付いています。 前肢があまり発達しておらず、後肢も前方に折り曲げることができないため、陸上では腹這いで這うように動き、水中では左右の後肢を交互に振って泳ぎます。 「アシカ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 広義ではアシカ科の動物の総称ですが、狭義ではアシカ科アシカ属に属するカリフォルニアアシカ、ニホンアシカ、ガラパゴスアシカの3種類のみを指します。 このうちニホンアシカは絶滅したとされており、ガラパゴスアシカは、カリフォルニアアシカに含まれることもあるため、単に 「アシカ」といった場合カリフォルニアアシカを指すことが多いです。 カリフォルニアアシカの成体は、オスで体長2. 4m、体重390kg前後、メスで体長2m、体重110kg前後のものが多いです。 「アシカ」の耳には小さな耳介があり、ヒレ状に変化した前肢と胸筋が発達しています。 陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 や のアシカショーではカリフォルニアアシカが登場することが多いですが、アシカ科のオタリアが 「アシカ」として登場する場合もあります。 「オットセイ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 「アシカ」と同じアシカ科ですが、北太平洋に分布するキタオットセイ属と、 南岸、 南岸などに分布するミナミオットセイ属に属する種を 「オットセイ」と呼び区別します。 「オットセイ」の代表種キタオットセイの成体は、オスが体長2. 1m、体重270kg前後、メスが体長1. 5m、体重50kg前後と 「アシカ」と比較して小型です。 「オットセイ」の耳には 「アシカ」よりも大きい耳介があり、 「アシカ」同様、陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 また、全身の硬い剛毛の下に柔らかい が生えており、過去に 目的の乱獲があったことなどから、現在では商業目的の捕獲は禁止されています。 なお、 「アザラシ」や 「アシカ」の成体には、短く硬い剛毛しか生えていません。 「アザラシ」…耳介がない、五本指と鉤爪がある、陸上では這うように移動、体毛は硬い剛毛のみ。 「アシカ」…小さい耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、体毛は硬い剛毛のみ。 「オットセイ」…耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、硬い剛毛の下に柔らかい綿毛がある。 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の

アシカ・アザラシ・オットセイの違い

アシカ オットセイ 違い

「アシカ」の意味 アシカは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、アシカ科に属する動物です。 アザラシとは異なり、小さな耳(耳介)があります。 アシカは、陸上で、前肢(前の鰭)を使って上体を高く起こすことができ、後肢(後ろの鰭)を前に向けて歩行することができます。 オットセイやトドもアシカ科に含まれます。 水中では、前肢を上下させて鳥が羽ばたくようにして泳ぎます。 「アザラシ」の意味 アザラシは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、アザラシ科に属する動物です。 アザラシの前肢(前の鰭)はアシカより短く、上体を持ち上げることができず、後肢(後ろの鰭)も前に曲げることができません。 そのため、アザラシは陸上では前肢を使って這って移動することしかできません。 水中では、魚の尾びれのように後肢を左右に振って泳ぎます。 アザラシには耳介がなく、小さな穴(耳孔)が開いているのがアシカと異なります。 「セイウチ」の意味 セイウチは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、セイウチ科に属する動物です。 主に北極圏に生息し、オスは1トン以上の体重になることがあります。 オスもメスも牙を持ち、オス同士の争いや海底で餌を掘り起こすのに使用されます。 セイウチは肉食であり、貝類を主食にしています。 オス一頭に対し複数のメスからなるハーレムを形成します。 一見似ていますが異なります このように、アシカ、アザラシ、セイウチは、一見似ていますが、体の形態も生態も異なる動物です。 セイウチには牙があって貝食に特化しており、残るアシカとセイウチではセイウチのほうがより海中での生活に適応しており、鰭脚類のなかで最も個体数が多くなっています。 鰭脚類は食肉目のイヌ亜目に属しており、アシカとアザラシとセイウチはクマに近縁の祖先から枝分かれしたと考えられています。

次の

「アシカ」と「アザラシ」と「セイウチ」の違い・意味と使い方・使い分け

アシカ オットセイ 違い

鰭脚類アシカ科に分類され、北太平洋に分布するキタオットセイとアフリカ南岸やオーストラリア南岸に生息するミナミオットセイの2種が存在します。 日本近海ではほとんど確認されていませんが、キタオットセイを見かけることができる南の限界が銚子沖だそう。 まれに漂着したり、迷いこんだりするケースがあるようです。 主な餌は、魚やタコ、エビなど。 地域によってはペンギンを捕食していることも確認されています。 体の特徴として、「耳介」という耳たぶのようなものがあること、四脚で体を支えながら陸上を移動することができることが挙げられるでしょう。 海中を泳ぐ際は、前脚を翼のようにして水を掻きます。 体毛は狭い範囲に密生していて、触り心地はまるでビロードのよう。 アシカの毛はごわごわとしていますが、オットセイの毛は柔らかく、より防寒性が高いだろうと考えられています。 陸上と水中どちらでも眠ることができ、水中で眠る際は左脳だけを休ませて右脳は覚醒させたままという独特なスタイルをとります。 また海に暮らしていますが、淡水で飼育をすることも可能です。 オットセイの捕食対象となっているペンギンですが、時に食欲だけでなく性欲を掻き立てる存在でもあるようです。 南アフリカのプレトリア大学が撮影し、公開した映像が世界中で話題になっています。 インド洋のマリオン島で、浜辺にいたキングペンギンの群れのなかにナンキョクオットセイが現れます。 そして突如1羽のペンギンを捕まえると、地面に押さえつけてマウントを取りました。 窒息させて捕食するのかと思いきや、そのまま交尾をしたのです。 体格差は明らかで、ペンギンはまったく抵抗できません。 そのまま行為は5分ほど続きました。 このほかにもオットセイとペンギンが交尾をする例はいくつか確認されていて、終わった後に解放されるペンギンもいますが、そのまま捕食されてしまうものもいるようです。 オットセイがこのような行動をとる明確な理由はわかっていませんが、交尾をしたのが若いオスだったことから、性欲の解放だと考えるのが自然のようです。 水族館では芸を覚えるほど学習能力のある彼らが、ペンギンをメスと勘違いするとは考えられません。 またオットセイは、1頭のオスの周りに複数のメスがいるハーレムを形成して暮らしています。 メスをめぐる戦いに敗れたオスは、交尾をする機会が無いまま一生を終えることもあるそうで、このような習性も関係しているのかもしれません。 弱肉強食のオットセイの世界。 ハーレムを巡るオスたちの戦いとは 水族館ではほのぼのとした様子を見ることができますが、実は野生のオットセイは完全なる弱肉強食社会のなかで生きています。 オスは繁殖期の直前になるとメスの奪い合いをくり広げます。 1頭のメスが対象になっているわけではなく、勝ち残ったオスが支配下にいる複数のメスとハーレムを築いて、すべてを自分のものにできるのです。 負けてしまったオスは、敗者が集うオスだらけの群れに移動します。 まだ若ければ、オス同士でじゃれあいながら戦い方を学び、体格を大きくして次の繁殖期前に再チャレンジをする個体もいるようですが、ほとんどの個体が気力を失ってオス同士の群れのなかで生涯を終えるそうです。 なんとも厳しい世界ですが、少しでも強い遺伝子を残すために本能的にこのような仕組みを作ったと考えられています。 オットセイとアシカ、アザラシの違い。 牙はみんな無い! オットセイによく似た動物として、アシカとアザラシが挙げられるでしょう。 三者とも鰭脚類に分類されていて共通点も多いですが、そこからアシカ科、アザラシ科、セイウチ科と細かく分かれます。 オットセイとアシカは、どちらもアシカ科。 アザラシはアザラシ科です。 大きな違いは、耳でしょう。 オットセイやアシカには「耳介」という音を集めるための突起物が顔の横に付いています。 一方のアザラシにはそれがなく、「耳孔」という穴が開いているだけです。 またオットセイとアシカには鉤爪がありませんが、アザラシは前ヒレに5本もっています。 さらに、同じアシカ科のなかでも違いはあります。 もっとも見分けやすいのは後ろのヒレで、オットセイは先端の長さがきれいに揃っている一方で、アシカは不揃いなのです。 ちなみに、三者とも牙はありません。 鰭脚類のなかで目立つ牙をもっているのは、セイウチ科のセイウチのみです。

次の