女 ともだち キャスト。 『女ともだち』 原作・キャストは?1986年と2020年気になるあらすじ

竹財輝之助「いつも許して包んでくれるのは女性」原沙知絵主演『女ともだち』キャストインタビュー

女 ともだち キャスト

この節には内容がありません。 して下さる協力者を求めています。 2020年2月 テレビドラマ [ ] 1986年版 [ ] 女ともだち ジャンル 脚本 演出 龍至政美 大山勝美 福田新一 出演者 ほか オープニング 柏原芳恵『女ともだち』 製作 プロデューサー 下田文子 制作 放送 放送国・地域 放送期間 -1986年 放送時間 金曜 22:00-22:54 放送枠 金曜ドラマ TBS 放送分 54分 回数 12 で(61年)から同年まで(毎週22:00 - 22:54)で放送された。 テレビドラマ版では、のグランドホステス・杉田恵以子()、ウィンドウディスプレイデザイナーの柏木園子()、勤務の田川路子()の3人の女性を中心に、結婚したいという思いは強いが、30歳目前という結婚へのラストチャンスとなった年齢に悩む3人の愛と夢、悩みとその自立などの模様を描いた。 恋人と別れたばかりで落ち込む恵以子は、偶然入ったで八田況二という男性に「星を買いませんか」と言われて出会い、誘われるままに「自分の星を見るツアー」に参加。 恵以子はそこで園子、路子と出会い、意気投合する。 柴門ふみ作品としてはこれが初のテレビドラマ化。 プロデューサーの大山勝美は、同じTBSの『』(放送)のパート2的なドラマをと製作したとのことで 、「『想い出づくり。 』のハイミス版」とも紹介されている。 演出の龍至政美は「恵以子、園子、路子の3人のヒロインは20代半ばを独身のまま跳び越え、次に見えて来た30代というハードルをどう跳び越えるかを『仕事』『性』『結婚』の三問題に絞って描いていく」と話している。 「自分の星を見るツアー」の場所はののがロケに使われたが、が出来るドームの設備がそこには無かったため、ペンションの屋根に引き上げるために軽くするべく、木の骨組みにで半円形のドームを作って屋根の上に据え付け、これと同じセットをもう一つスタジオの中で組んでそれぞれ撮影に臨んだ。 キャスト 1986年版 [ ]• 杉田恵以子〈27〉 - 短大卒。 志望で航空業界を目指したが両親の反対から、グランドホステスとして日本航空入社。 明るく頑張り屋な性格で、旅行会社関係者の間で人気が高い。 両親と弟がいる。 仕事と家庭を両立したい中間派。 柏木園子〈29〉 - 短大卒業後上京し、デザイン専門学校卒業後ウィンドウディスプレイ工房「コスモス」にデザイナーとして入る。 趣味は、坂上弘は恋人。 仕事が生き甲斐という志向。 田川路子〈28〉 - 高校卒業後上京。 に勤務しているが、自分は他の結婚相談所に登録している。 男性のことで苦い経験をしたことから用心深く、妹の容子から「古い」と言われる。 堅実な専業主婦志望派。 木川田太郎〈36〉 - ショップデザイナーで、ドリーム・ステラ・クラブ「自分の星を見るツアー」主催者。 恵以子、園子、路子にとって憧れの存在。 生田竜也(カーレーサー) -• 田川容子〈20〉 - 路子の妹。 専門学校に進学として突然上京して来た。 姉とは反対に行動力がある。 ボーイフレンドがいる。 坂上弘〈24〉 - 東西装飾社員、技術系サラリーマン。 園子とは「通い同棲」の関係だが、甘え過ぎから園子から疎まれたりすることもある。 吉川かずみ -• 榊昌夫(水産試験所所員) -• 八田況二〈30〉 - ドリームステラクラブ社員。 木川田の信奉者。 中根淳 -• 木川田セーラ(太郎の娘) -• 木川田シモーヌ(太郎の妻) -• 杉田君子(恵以子の母) -• 杉田進也(恵以子の弟) -• 杉田和雄(恵以子の父) -• 市川七重〈45〉 - ウィンドウディスプレイ工房「コスモス」の社長。 倉持睦子(大和物産社長夫人) -• 久保田由美(日本航空グランドホステス) -• 沢村麻子(日本航空グランドホステス) -• 上田玉恵(路子の同僚、トゥゲザーシステムインターナショナル社員) -• 杉下(日本航空社員) -• 笠井(コスモス社員) -• 高橋英之 -• 高井将之〈38〉 - 旅行代理店「トップ観光」の営業部長で、紀夫の上司。 仕事はやり手。 妻子がいるが、紀夫のことで恵以子の相談に乗っているうちに恵以子と深い仲になる。 井沢紀夫〈28〉 - トップ観光社員。 恵以子とは空港で知り合ったのをきっかけに恋人になる。 一人息子であることから積極性に欠ける性格だが、女性にはもてる。 山田かずお(JAL機の搭乗客) - (第3話)• 若村透(芸能プロダクションのスカウト) - (第3話)• トゥゲザーシステムインターナショナルの客 - (第3話)• 高橋菊江(英之の母) - (第7話) スタッフ 1986年版 [ ]• 原作 - 柴門ふみ• 制作プロデューサー -• プロデューサー - 、下田文子• 脚本 - 、、• 演出 - 龍至政美、、大山勝美、福田新一• 音楽 -• 技術 - 安藤健治• カメラ - 大場俊• 照明 - 和田洋一• 制作 - TBS 主題歌 1986年版 [ ]• 「女ともだち」(歌:)• 時代設定をに移してドラマ化され、18年ぶりの連続ドラマ主演となるが主演を務める。 の感染拡大の影響で、物語の終盤まで進んでいた撮影が中断。 キャスト 2020年版 [ ]• 乾セツ〈40〉(シューズデザイナー) -• 小野沢ちさと〈39〉(主婦) -• 平井保〈39〉(セツの不倫相手) -• 小野沢ミツル〈55〉(ちさとの夫・カメラマン) -• 杉浦亮〈24〉(ダイニングバー「アミーゴス」店員) -• 天野登良松 (ダイニングバー「アミーゴス」店長) -• 小野沢大地〈7〉(ちさとの息子) -• 佐野裕美子〈46〉(ちさとの元上司・出版社勤務) -• 高田七海〈21〉(ダイニングバー「アミーゴス」店員) -• 近沢マミ〈13〉(平井の姪) -• 島森〈46〉 -• チャコ〈27〉(ミツルの不倫相手)-• 波子 -• 吉田 -• 章子〈34〉 -• 光一〈35〉 - スタッフ 2020年版 [ ]• 原作 - 柴門ふみ『女ともだち』(双葉社刊)• 脚本 - 、• 監督 - 久万真路、大内隆弘、吉川鮎太• 主題歌 - ドラマストア 「東京無理心中」(Ladder Records)• 音楽プロデューサー -• 技術協力 -• 美術協力 - 、ザプルーダ フィルムスタジオ• ポスプロ - 、• 企画協力 - 石井光雄 エムロックス• プロデューサー - 小林教子()、奥村麻美子()• 制作 - BSテレ東、ホリプロ• 製作著作 - 「女ともだち」製作委員会2020 放送日程 2020年版 [ ] 各話 放送日 ラテ欄 脚本 監督 第1話 4月12日 原作柴門ふみ・不朽の名作 吉川菜美 久万真路 第2話 4月19日 今度の浮気は本気なの? 第3話 4月26日 未練と愛の違いとは…? 狗飼恭子 大内隆弘 第4話 5月 03日 不倫相手との子を妊娠!? 吉川菜美 第5話 5月10日 夫の彼女と鉢合わせ…!? 吉川鮎太 第6話 5月17日 シンデレラ15年の想い 狗飼恭子 第7話 5月24日 愛の勝負…? 浮気相手の正体 久万真路 第8話 5月31日 女の本当の「敵」とは… 吉川鮎太 ネット配信 [ ] 見逃し配信は、を参照。 放送済分配信 配信元 配信対象 備考 放送済分全話 有料見放題配信 ・ 前番組 番組名 次番組• クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2020年2月11日. 2020年2月11日閲覧。 1986年7月4日号 9ページより• 62-69「完全テレビシナリオ 女ともだち」• ORICON NEWS oricon ME. 2020年4月17日. 2020年4月17日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2020年3月12日. 2020年3月12日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2020年3月12日. 2020年3月13日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 2020年5月11日閲覧 外部リンク [ ]• - BSテレ東•

次の

【女ともだち】ドラマのキャストを紹介!放送はいつから?

女 ともだち キャスト

もくじ• ドラマ「女ともだち」の概要 「女ともだち」の連載開始は1983年。 恋愛、結婚、不倫などに直面し揺れ動く女性の心理や葛藤などを、主人公のモノローグを多用し丁寧に描いた告白的恋愛白書は、当時多くの女性たちの支持を集め、憧れの的となりました。 今回のドラマ化では時代設定を令和にアレンジ。 二人の「女ともだち」と彼女らを取り巻く複雑な事情をもった女性たち。 女の幸福(しあわせ)は、男によって決まるのだろうか。 それとも・・・。 時代や価値観は変わっても、恋愛における普遍的な女心に共感を生む作品です。 どうぞご期待ください。 ニュース — きみすたすとりーと 撃ち抜けポピパ sazankuwata 原沙知絵 役:乾セツ DV離婚し、不感症だが大学の同級生との不倫関係をやめられないバツイチのシューズデザイナー。 原沙知絵のコメント 1980年代に多くの女性たちの支持を集めた柴門ふみさんの名作を令和となったこの時代によみがえらせる事は深いメッセージがあるように感じます。 今回、セツという女性を演じさせていただく中で、私自身も人生とは、幸せとは何か、改めて考えるいい機会になりそうです。 この作品を通して女性達が抱える現実的な悩みにも注目して頂き、多くの方々にも自分自身の人生と照らし合わせて考え、何か感じていただけたらと思います。 磯山さやか 役:小野沢ちさと セツの高校時代からの親友で、何度も浮気を繰り返してしまう夫を捨てきれない迷える主婦。 磯山さやかのコメント 柴門ふみ先生の漫画や映像化されている作品を見ていました。 今回出演させて頂けて、先生の世界観の一部に携われることをとても嬉しく思います。 そして、芸能生活20年目のこの時期に、こういった作品、役柄に挑戦させていただくことは、緊張もありますし、楽しみでもあります。 原さん、監督、スタッフさんに助けて頂きながら、一生懸命頑張りたいと思います。 おそらくいつの時代も、これがリアルなんだろうなと胸が苦しくなります。 もがいたり苦しんだりする中で、何かを見つけられるキッカケになればいいなと思っています。 袴田吉彦 役:平井保 主人公セツの不倫相手。 竹財輝之助 役:小野沢ミツル ちさとの夫で浮気を繰り返す売れっ子カメラマン。 その他キャスト 須賀健太 役:杉浦亮 八十田勇一 役:天野登良松 ドラマ「女ともだち」あらすじ セツ(原沙知絵)と、ちさと(磯山さやか)は高校時代からの親友。 今日もちさとの働くダイニングバーにやって来るセツ。 シューズデザイナーとして活躍するセツは、イタリアの工房から出向の話を打診され悩んでいた。 セツの恋人でもあり不倫相手でもある平井保の妻に、二人の関係がばれてしまった。 それなのに別れないと言う平井。 自分の完璧さが原因で最初の結婚に失敗したセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に安らぎを見出していた。 セツの話を親身になって聞くちさとだったが、彼女自身は夫の不倫に悩まされていた。 ちさとの夫は、売れっ子カメラマンのミツル。 昔から浮気癖のあるミツルだったが、女の勘が「今度の浮気は本気ではないか」と予感させていた。 自分がいない間に家庭を乗っ取られる妄想に苛まれるちさと。 そんな中、予期せぬ出来事がセツを襲う。 ドラマ「女ともだち」1話のあらすじ 新進のシューズデザイナー乾セツ(原沙知絵)が昼営業が終わった時間に、小野沢ちさと(磯山さやか)の働くダイニングバー『アミーゴス』にやって来る。 席に着くなり白ワインを飲み干すセツ。 親友のちさとは何かあったのだと察する。 良いニュースと悪いニュースがあるというセツ。 一つは取引先のイタリアメーカーからの引き抜きの話。 もう一つは不倫相手の平井(袴田吉彦)との関係が彼の妻にバレたのだ。 イタリア行きを迷うセツは、その話を平井にまだしていない。 一度結婚に失敗しているセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に心地よさを感じていた。 不倫男と別れるチャンスであり、一流になれるチャンスなのに決められないセツ。 セツが仕事からマンションに帰って来ると部屋の明かりがついていた。 平井がセツの誕生日を祝うために料理を作って待っていたのだ。 特別に3つの願いを叶えてあげるという平井にセツは・・・。 夜、眠れないちさと 磯山さやか に蝉の鳴き声が聞こえるが、窓を開けると止む。 隣のベッドは空のまま。 夫のミツル 竹財輝之助 は帰ってこなかった。 翌日、アミーゴスに出勤したちさとはその話をするが、皆に一笑される。 ロシア語の本を見つけたセツ 原沙知絵 は、また翻訳の仕事を始めようかと言うちさとに幸せな主婦が働き始めるには原因が、と勘繰る。 浮気はしょっちゅうのミツルだったが、今度はちょっと違う気がすると言うちさとは、明日から実家の九州に帰っている間にミツルが女を連れ込むのではないかと言う想像に苛まれていた。 ちさとが家に帰ると、ミツルは何事もなかったように帰ってきており、幸せなひと時が訪れるが・・・。 妊娠検査薬の判定が陽性で悩むセツ 原沙知絵 は、産婦人科の前を通りかかったが素通りする。 一方、ミツル 竹財輝之助 から衝撃の告白を受けたちさと 磯山さやか はショックから立ち直れないでいた。 そんな二人は、いつものようにアミーゴスへ。 ちさとはシフトが入ってないのでくつろいでいる。 カウンターには波子 おのののか という綺麗な女が座っていて、登良松はうきうきとたくさんの料理を並べていた。 最近嫌な夢を見てよく眠れないと言う波子は、昔、医者の卵に人生最悪の振られ方をしたと言う。 ついつい聞き耳を立ててしまっていたセツとちさとは波子の食べきれない料理をシェアしながら話を聞くことに。 ところが、波子から22回プロポーズされたことがあると聞いて度肝を抜く。 そんな波子を振った男とは・・・? ドラマ「女ともだち」4話のあらすじ 昼過ぎのアミーゴス。 ちさと 磯山さやか は、セツ 原沙知絵 に出て行ったきり帰ってこないミツル 竹財輝之助 の話をしていた。 セツはミツルの浮気相手を殴ってやりたいと憤る。 アミーゴスにはランチ中の章子 上地春奈 がいて、二人の話を聞いており、一番悪いのは相手の女ではなく、男ではないかと言う。 34歳で妊活したい章子は、客観的にはいい夫に見える光一 飛永翼 との関係に悩んでいた。 セツとちさとは流れで章子の話を聞くことになり・・・。 ドラマ「女ともだち」ネタバレ・感想 前回のドラマ通りなら、セツは妊娠してしまいます。 不感症でありながら妊娠をした事に本人も驚きの様子。 そして、イタリア行きを決意するのですが、そこでまたトラブルが発生してしまいます。 2020年版のドラマ「女ともだち」はどうなっていくのか! 1986年放送ドラマ「女ともだち」サブタイトル一覧ネタバレ 1話:あなたの星を買いませんか 2話:ひと夏の恋でいい 3話:彼を私にください 4話:私、妊娠しました 5話:なにが女の友情よ 6話:突然ザ・レイプ 7話:雨に濡れて恋 8話:男の愛だから 9話:恋の宣戦布告 10話:傷ある求婚レース 11話:愛があるから求婚 12話:翔んでみようか 原作者柴門ふみさんのコメント 今回、再ドラマ化にあわせて、改めて読み返してみると、精一杯強がって生きるヒロインが、「東京ラブストーリー」や「恋する母たち」の登場人物たちの原型であったのだと、気づきました。 また、この40年で女性の置かれた環境は大きく変わりましたが、男と女の意識のすれ違いや不倫トラブルは変わらないものだと、改めて感じております。 いつの時代も変わらない女性の純情と強がりを味わっていただければ、と思います。 漫画「女ともだち」ネタバレ・感想.

次の

原沙知絵×磯山さやかドラマ「女ともだち」キャストや主題歌は?柴門ふみ原作?

女 ともだち キャスト

2020年4月よりスタートするBSテレビ東京のドラマ『女ともだち』 恋愛、結婚、不倫など女性の心理的な葛藤などを描いている作品です。 原作は柴門ふみさんも『女ともだち ドラマセレクション』になります。 女性の日常や、女心を描いているため、共感できる部分が多く出てくるのではないでしょうか? この『女ともだち』は1986年にもドラマ化されており、 2020年4月にまたドラマ化することになりました! そして、主演キャストは数々の人気ドラマに出演した女優の原沙知絵さん。 その他のキャストでは、女優として活躍しつつある磯山さやかさんなども出演決定しました! 2020年4月期の注目ドラマになることは間違いなさそうです! この記事では、ドラマ『女ともだち』のキャストや、あらすじなど調べていきたいと思います! 柴門ふみが有働由美子に「不倫は向いてないわね」。 今回のゲストは漫画家の柴門ふみさんです。 「恋愛の神様」が語る夫婦のカタチ、女のリアル。 DV元夫と離婚し、不感症だが、大学生の同級生との不倫関係にある。 【原沙知絵さんのプチプロフィール】 名前:原沙知絵(はら・さちえ) 生年月日:1978年5月1日 職業:女優、元ファッションモデル 出身:福島県福島市 身長:173cm 主な出演作:「女王の教室」「踊る大捜査線シリーズ 」「相棒 Season4」「ビーチボーイズ」「シンデレラは眠らない」「逮捕しちゃうぞ」「警視庁捜査一家シリーズ」など数々の作品に出演されています。 売れっ子カメラマン。 【バー「アミーゴス」店員】杉浦亮役…須賀健太 ちさとが働くダイニングバー『アミーゴス』の店員。 若いのに鋭いツッコミをする謎の青年。 【バー「アミーゴス」の店長】天野登良松役…八十田勇一 ダイニングバー『アミーゴス』の店長。 ポルトガル料理の料理人。 その他のキャスト 【ミツルの浮気相手役】 チャコ…片山萌美 【セツに近づく中学生】凛美 【アミーゴスに集まる女ともだち】 渡辺真紀子、おのののか、上地春奈、森田涼花 その他のキャスト情報はまだ公開されていません。 情報が入り次第、随時更新していきます。 【女ともだち】ってどんなドラマ?あらすじは? 女性が共感する、理解できるというこのドラマ。 どんな内容になってくるのでしょうか!? セツ(原沙知絵)と、ちさと(磯山さやか)は高校時代からの親友。 今日もちさとの働くダイニングバーにやって来るセツ。 シューズデザイナーとして活躍するセツは、イタリアの工房から出向の話を打診され悩んでいた。 セツの恋人でもあり不倫相手でもある平井保の妻に、二人の関係がばれてしまった。 それなのに別れないと言う平井。 自分の完璧さが原因で最初の結婚に失敗したセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に安らぎを見出していた。 セツの話を親身になって聞くちさとだったが、彼女自身は夫の不倫に悩まされていた。 ちさとの夫は、売れっ子カメラマンのミツル。 昔から浮気癖のあるミツルだったが、女の勘が「今度の浮気は本気ではないか」と予感させていた。 自分がいない間に家庭を乗っ取られる妄想に苛まれるちさと。 そんな中、予期せぬ出来事がセツを襲う。 bs-tvtokyo. html? 11,0 悩みをもってる家庭は、どこにでもありますよね。 辛い時に優しい誰かに頼りたくなる、こういう女性の弱い部分、甘い部分…自分の過去や現在で、共感できるところがみつかるかもしれません。 まとめ ・2020年4月11日(土)深夜0時~スタート! ・原作は柴門ふみさんの漫画『女ともだち』 ・1986年にもドラマ化されている。 ・主演の乾セツ役に、女優の原沙知絵 ・親友役の小野沢ちさと役に磯山さやか ・主人公と親友の相手役袴田吉彦、八十田勇一 ・バーの店員須賀健太、店主役に、八十田勇一 ・その他キャストは片山萌美、凛美、渡辺真紀子、おのののか、上地春奈、森田涼花.

次の