エクセル データ の 入力 規則 リスト。 エクセルの入力規則から 空欄も含めたドロップダウンを作成する

【エクセルVBA】255文字を超えたらどうなるの?入力規則のリスト設定方法あれこれ

エクセル データ の 入力 規則 リスト

リスト項目を作り、名前を定義する リスト項目用にシートを追加し、リスト(1)とリスト(2)に表示させる選択肢を下図のような表にまとめて作成しました。 リスト(1)はドロップダウンリストで最初に選択する 「メニュー」のリスト項目になります。 リスト(1)の 「軽食」「デザート」「ドリンク」のセル範囲(B2:D2)を選択して「名前ボックス」にリスト名を入力します。 表から簡単に名前を定義できる 次の リスト(2)は、「メニュー」で選んだリスト項目ごとに表示させるドロップダウンリストの選択肢になります。 リスト(2)も、名前を定義しますが、これは一括で行えます。 表全体(B2:D5)を選択します。 「数式」タブの「定義された名前」グループにある「 選択範囲から作成」をクリック。 表示されたボックスの「 上端行」にチェックを入れて「OK」します。 この時点でリスト(1)とリスト(2)の名前が全て定義されました。 リスト(3)はそれぞれ別表を作る必要があります。 「軽食」配下のリスト項目 「デザート」配下のリスト項目 「ドリンク」配下のリスト項目 リスト(2)に並ぶ選択肢の名称とリスト(3)各表の「上端行」セルの名称は完全に一致させましょう。 後の操作は、前章「表から簡単に名前を定義できる」と同じです。 この操作の詳細は、以下の記事を参照して下さい。 INDIRECT関数で連動させる さて、ここからがこのページの重要ポイントです。 「B2」セルで「軽食・デザート・ドリンク」の3つの選択肢から一つを選んで入力した場合、「C2」セルでは「B2」セルで選ばれた文字列に紐付くリスト(2)をドロップダウンで表示させる設定をします。 「C2」セルを選択し、 先ほどの「B2」セルの時と同様に「データの入力規則」ダイアログボックスを開き、「設定」の「入力値の種類」を「リスト」にします。 セル参照はすぐに計算され、結果としてセルの内容が表示されます。 試しに、B2セルのリストで「軽食」を選び、C2セルのドロップダウンリストに「パスタ・サンドイッチ・グラタン」が表示されるか確認しておきましょう。 これも「C2セルの内容を参照してD2セルに反映させる」ということです。 B2セルのリストで「軽食」を、C2セルのリストで「サンドイッチ」を選んで、D2セルに「玉子・ツナ・ハム」が表示されるか確認しておきます。 データの入力規則をオートフィルでコピー 3つのセルに連動したドロップダウンリストがちゃんと表示されることを確認したら、入力した文字列は一旦削除しておきます。

次の

Excel(エクセル)でリストを作成して一覧からデータ入力する方法|プルダウン、ドロップダウンリスト

エクセル データ の 入力 規則 リスト

が異なっています。 2013-05-10 追記) ドロップダウン表示させるデータ入力時の注意点 [元の値]欄には、リスト表示させたい値を「,」(カンマ)で区切って入力するわけですが、必ず 半角カンマで区切ってください。 「東京,大阪,名古屋」と全角カンマで区切って入力すると、「東京」「大阪」「名古屋」と個別の値としてではなく「東京,大阪,名古屋」という一つの値としてドロップダウンリストに表示されてしまいます。 Excelにある程度慣れた方だと、こういった入力のときに文字列は「"」(ダブルクォーテーション)でくくるものだと考え、「"東京","大阪","名古屋"」と入力してしまうこともあるようですが、「"」は不要です。 「"」でくくった場合、「"東京"」「"大阪"」「"名古屋"」と「"」もデータの一部として表示されてしまいます。 ダブルクォーテーションは不要です。 上記の設定をしたセルではリストにない値を入力できなくなりますが、リスト以外の値も入力できるようにする方法については、「」という記事をご参照ください。 TrackBack: 10 TrackBack URL 対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelで業務用のワークシートを作成する際、入力規則は便利な機能です。 入力規則を設定することで、不正なデータが入力されることを防いだり、ユーザービリティを向上させることができます。 このサイトでもデータの入力規則について以下... 対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelの入力規則機能はとても便利です。 入力規則を使うことで、大したコストをかけることなく他人に優しいシートを作ることが可能となります。 セルによってMS-IMEのモードを制御しておくことは、日本語入力の手間を強いられている我々日... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 [データの入力規則]ダイアログで、データを直接入力してドロップダウン... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 入力規則機能を利用したドロップダウンリストの作成について、ご紹介して... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelの入力規則は、実務で頻繁に利用するワー... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「ドロップダウンリストから選択してデータ入力できる... 対象:Excel2007 「エクセル2007で入力規則はどこに」 といった検索がこのサイトで行われていることがあります。 Office 2007でユー... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 実務で利用するワークシートを作成する場合に、データをドロップダウンリストから入力で... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 入力規則を設定して、ドロップダウンリストから選択してデータ入... エクセルで作った一覧表などでセルに数種類の文字列などを選んで入力する際(男、女とか金融機関の口座の種類の普通、当座、貯蓄とか)、毎回文字を入力するのはち...

次の

Excel(エクセル)でリストを作成して一覧からデータ入力する方法|プルダウン、ドロップダウンリスト

エクセル データ の 入力 規則 リスト

が異なっています。 2013-05-10 追記) ドロップダウン表示させるデータ入力時の注意点 [元の値]欄には、リスト表示させたい値を「,」(カンマ)で区切って入力するわけですが、必ず 半角カンマで区切ってください。 「東京,大阪,名古屋」と全角カンマで区切って入力すると、「東京」「大阪」「名古屋」と個別の値としてではなく「東京,大阪,名古屋」という一つの値としてドロップダウンリストに表示されてしまいます。 Excelにある程度慣れた方だと、こういった入力のときに文字列は「"」(ダブルクォーテーション)でくくるものだと考え、「"東京","大阪","名古屋"」と入力してしまうこともあるようですが、「"」は不要です。 「"」でくくった場合、「"東京"」「"大阪"」「"名古屋"」と「"」もデータの一部として表示されてしまいます。 ダブルクォーテーションは不要です。 上記の設定をしたセルではリストにない値を入力できなくなりますが、リスト以外の値も入力できるようにする方法については、「」という記事をご参照ください。 TrackBack: 10 TrackBack URL 対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelで業務用のワークシートを作成する際、入力規則は便利な機能です。 入力規則を設定することで、不正なデータが入力されることを防いだり、ユーザービリティを向上させることができます。 このサイトでもデータの入力規則について以下... 対象:Excel 97,2000,2002,2003 Excelの入力規則機能はとても便利です。 入力規則を使うことで、大したコストをかけることなく他人に優しいシートを作ることが可能となります。 セルによってMS-IMEのモードを制御しておくことは、日本語入力の手間を強いられている我々日... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 [データの入力規則]ダイアログで、データを直接入力してドロップダウン... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003 入力規則機能を利用したドロップダウンリストの作成について、ご紹介して... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 Excelの入力規則は、実務で頻繁に利用するワー... 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「ドロップダウンリストから選択してデータ入力できる... 対象:Excel2007 「エクセル2007で入力規則はどこに」 といった検索がこのサイトで行われていることがあります。 Office 2007でユー... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 実務で利用するワークシートを作成する場合に、データをドロップダウンリストから入力で... 対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010 入力規則を設定して、ドロップダウンリストから選択してデータ入... エクセルで作った一覧表などでセルに数種類の文字列などを選んで入力する際(男、女とか金融機関の口座の種類の普通、当座、貯蓄とか)、毎回文字を入力するのはち...

次の