しまむらコロナ。 集え!!しまむら在職者10

しまむら/首都圏・兵庫県計24店休業、その他は営業継続

しまむらコロナ

郊外ロードサイド中心に出店する「ファッションセンターしまむら」 【追記4月8日】新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言を受け、8日発効で7都府県に緊急事態宣言が発令された。 これを受け、百貨店やファッションビル、セレクトショップなどが当面の休業を発表したが、食品スーパーや公共交通機関、病院などの生活インフラは適切な感染防止策を講じたうえで営業・運営を継続する。 ファッション関連の小売りでも、インフラに近いブランド、業態は店舗によって営業を継続する。 郊外ロードサイドの単独店をメインとする「ファッションセンターしまむら」は、8日以降も営業する(7日夕方時点)。 下着類など生活必需品といえる商品も扱っているため、生活インフラとして営業を続ける。 同様に、郊外ロードサイド中心の「ニトリ」も7日時点で休業の判断はしていない。 渋谷などの都心店も同様という。 商業施設内のテナント店舗は商業施設の営業判断に準じている。 粉ミルクや紙おむつなどのベビー用品を扱い、郊外ロードサイドの単独店がメインの「西松屋」も、生活インフラとして時間短縮などはせず、営業を継続している。 「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」を運営するファーストリテイリングは、メインとなる商業施設内のテナント店舗は商業施設の営業判断に準じる。 路面店は店によって判断し、休業・時間短縮などを行う。 また、当初4月10日に開業を予定していた「ユニクロ パーク横浜ベイサイド店」は13日に開業を延期しソフトオープン、25日に開業を予定していた商業施設、ウィズ原宿内の店舗「ユニクロ原宿」は、5月28日に開業を後ろ倒しした。 食品を扱う「無印良品」も、商業施設内のテナント店舗についてはニトリやファーストリテイリングと同様。 路面店については、「無印良品 銀座」は4月7~10日、13~17日は営業時間短縮、および週末の11、12日は臨時休業する。 その他路面店も、店によって休業・時間短縮などの判断をする。 今後、各都府県で民間施設への休業要請、対象業種の指定などが行われると、変更する可能性がある。 1983年生まれ。 世界的なウール織物産地、愛知県一宮市の隣町である小牧市出身。 中学時代に雑誌「ジッパー(Zipper)」でファッション愛に目覚め、安野モヨコや矢沢あいの漫画を読み込み上京。 早稲田大学政治経済学部卒業後、2006年にファッション業界紙の繊研新聞社に記者として入社。 大手アパレル、セレクトショップ、百貨店、インナーメーカー、地方個店、デザイナーズブランド、海外コレクションなど一通りの分野の取材を経験した後、禁じ手(? )を破って18年3月に競合紙である「WWDジャパン」に転職。 同年5月からニュースデスク。 現在の取材分野はグローバルSPA、ウィメンズアパレル、百貨店など。 ファッションそれ自体も昔と変わらず好きですが、それ以上に、ファッションビジネスの裏側にどんな人間がいて、何を考えているのか、それが社会とどう関わっていくのかに興味があります。 悪しからず).

次の

しまむらの決算に見る、新型コロナの影響と今後の業績|妄想する決算|note

しまむらコロナ

株 しまむら(埼玉県さいたま市、鈴木誠社長)の2月21日~3月20日の既存店売上げは、主力のファッションセンターしまむらが87. 9%だった。 全店ベースでは客単価が100. 9%、客数が87. 5%で、売上高は88. 2%と7カ月連続で前年を下回った。 3月度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って、消費者が外出を控えたことで客数が減少し、売上げは前年を大きく下回った。 週別売上げは3月2日の週に大きく落ち込んだが、その後は少しずつ回復してきている。 ベビー・子供衣料は春物トレンド商品や紙おむつ、おしりふきなどの衛生雑貨が好調だった。 一方、高齢者の外出控えや卒業式の開催自粛等の影響でミセス・シニア向けジャケットや婦人スーツが伸び悩んだ。 3月20日時点の店舗数は、出店、閉店もなく1432店舗。 カジュアル&シューズのアベイルの既存店売上高は88. 全店ベースでは、客単価が100. 4%、客数が88. 2%で、売上高は88. 3月20日時点の店舗数は、319店舗。 ベビー・子ども用品のバースデイの既存店売上高は104. 全店ベースでは、客単価が105. 6%、客数が102. 6%で、売上高は108. 3月20日時点の店舗数は、閉店が1店舗あり296店舗。

次の

しまむらが2020年秋にも自社ECサイトをスタートする理由

しまむらコロナ

株 しまむら(埼玉県さいたま市、鈴木誠社長)の2月21日~3月20日の既存店売上げは、主力のファッションセンターしまむらが87. 9%だった。 全店ベースでは客単価が100. 9%、客数が87. 5%で、売上高は88. 2%と7カ月連続で前年を下回った。 3月度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って、消費者が外出を控えたことで客数が減少し、売上げは前年を大きく下回った。 週別売上げは3月2日の週に大きく落ち込んだが、その後は少しずつ回復してきている。 ベビー・子供衣料は春物トレンド商品や紙おむつ、おしりふきなどの衛生雑貨が好調だった。 一方、高齢者の外出控えや卒業式の開催自粛等の影響でミセス・シニア向けジャケットや婦人スーツが伸び悩んだ。 3月20日時点の店舗数は、出店、閉店もなく1432店舗。 カジュアル&シューズのアベイルの既存店売上高は88. 全店ベースでは、客単価が100. 4%、客数が88. 2%で、売上高は88. 3月20日時点の店舗数は、319店舗。 ベビー・子ども用品のバースデイの既存店売上高は104. 全店ベースでは、客単価が105. 6%、客数が102. 6%で、売上高は108. 3月20日時点の店舗数は、閉店が1店舗あり296店舗。

次の