さすが っ す。 よくできました・すごい・さすが・惜しい…「ほめちぎる教習所」全国に広がる: 燃えよVIPPER

「さすが」は当て字で「流石」となります。さて、どの様な由来で...

さすが っ す

意味が2つあります。 意味1:予想や聞いた話と同じで、すばらしい。 【良い意味】 さすがだ さすが+Nだ さすが+N、~。 さすがに~ 例文 1. この料理、彼が作ったの?とてもおいしいね。 さすがだね。 テストで100点を取るなんて、さすが私の子供だ。 さすが先輩、いいアドバイスをありがとうございます。 生で見たら、さすがにトム・クルーズはかっこいいなぁ。 意味2:見た目や聞いた話では特別すごいと思っていたが、 実際はすごくない。 【良い意味・悪い意味どちらもOK】 さすがのNも さすがに~ 例文 1. さすがの彼も、恋人の両親の前ではきんちょうして何も話せなかった。 沖縄でもさすがに冬の夜は寒いね。 弟は保育士だから、さすがに子供の扱いには慣れている。 世界チャンピオンもさすがにかぜには勝てず、負けてしまった。 山田さんは、若いころに歌手だったらしく、さすがに歌が上手だ。 きのうの試験では、さすがのリーさんも満点はとれないでしょう。 A:ニンテンドーの社長は年収2億円だそうですよ。 B:そんなにお金を得ているなんて、さすがですね。 石川さんはフランスに留学したことがあるそうで、 さすがにフランス語がぺらぺらだ。 9お酒が強い部長も、さすがに3日続けて飲んだら2日酔いになったそう だよ。

次の

「さすが」は当て字で「流石」となります。さて、どの様な由来で...

さすが っ す

形容動詞 さすが【:、】• やなどにだけものをし、すること。 やはりものだ。 はある。 みると、のである、とのふたりが、、へしたの場所から、をかえずに、、腹をいた。 (『』)• ()あるを一応はながら、それとはのがたりして、にることがこと。 そうも言ってこと。 なを、逆のを抱いたりすること。 、づからのもの思はしさは、 いつとなきことなめれど、かくおほかたのつけてさへ、わづらはしう思しることのみまされば、、なべて厭はしう思しならるるに、 さすがなること。 (人に知られ、からのは、のようではあるが、ののことめんどうにになるこ増えて、、がすっかり嫌になってになるものの、そうも言ってことがある。 を組からたいものだが、とた。 いよいよ船にのる。 (『 その計館の』)• そしての、酒も食ひものもの悪味だといふのでからたぢろぐすしやへした。 (『』)• (「さすがの~も」「さすがの~でさえ」などの形で)ふつうよりもがあるもの下では、そう。 あるいは、ふつうよりもが劣るもの下では、そうできる。 の〜ですら。 さすがのたちも、ウイスキイのはのでした。 (『』)• かごいりチミーは きしべの わがやへ かえりたくなっていました。 も あいませんし、 ねむれませんし。 か すると、 してきたので、 さすがの まちねずも きづいて、 のかと たずねます。 (『まちねずのはなし』) 副詞 さすが【:、】• (また「」「」などの形で)や、ので、するさま。 やはり。 もので。 「 さすがは、だて。 」「同じああ物は、がやす。 」「 ( しち )に置いたら、何両貸す事かの。 」「じゃし、質になんぞ、置くものか。 」ざっと、こんなである。 (『』)• さすがにをにしない人の心をて書は、たつて開いても。 (『』)• (「」の形で)ふつうのものをようなや、、などしても動い特別なやのため、そう、。 あるいは、ふつうのものをようなやふつう的な、など、特別な下では、が可能となる、。 いくら何でも。 やはり。 畑もたいと、前はいたが、いちど私が、おいとたのに、からい ( ておけ )で畑にをぱいになり、、いきのくらいに肩がこる、と、で、そんな事があってからは 流石に畑はた御で、時たま畑へられても、私のを、ただ、じっといらだけである。 (『』)• を過ぎると、 さすがに皆は、ほっとした。 (『』)• ()(また「」の形で)あるをる、の下では、それとはのを抱くさま。。 そうは。 しかし。 かやうには、交はせど、けとは思ひよらず、 さすがに、はりてやみなむ、と。 (を持って、をなの、深い関係になろうとまでは思っ、とは、女だくらいには思っていただいたところでにしよう、とる。 やはり 語源2• 「さすかたな」の転() 名詞 さすが【】• ( )。。 に用いる ( )。 語源3• 「さすがね」の転() 名詞 さすが【】• や ( )の ( かこ )にて、 ( )の穴にて釘状の。

次の

「斎藤工さんの色気はさすが」廣瀬智紀が本気でドキドキした瞬間 — 写真・大内香織 文・田嶋真理 スタイリスト・小林美月(廣瀬智紀さん) 山田梨乃(北原里英さん) ヘアメイク・前川泰之

さすが っ す

形容動詞 さすが【:、】• やなどにだけものをし、すること。 やはりものだ。 はある。 みると、のである、とのふたりが、、へしたの場所から、をかえずに、、腹をいた。 (『』)• ()あるを一応はながら、それとはのがたりして、にることがこと。 そうも言ってこと。 なを、逆のを抱いたりすること。 、づからのもの思はしさは、 いつとなきことなめれど、かくおほかたのつけてさへ、わづらはしう思しることのみまされば、、なべて厭はしう思しならるるに、 さすがなること。 (人に知られ、からのは、のようではあるが、ののことめんどうにになるこ増えて、、がすっかり嫌になってになるものの、そうも言ってことがある。 を組からたいものだが、とた。 いよいよ船にのる。 (『 その計館の』)• そしての、酒も食ひものもの悪味だといふのでからたぢろぐすしやへした。 (『』)• (「さすがの~も」「さすがの~でさえ」などの形で)ふつうよりもがあるもの下では、そう。 あるいは、ふつうよりもが劣るもの下では、そうできる。 の〜ですら。 さすがのたちも、ウイスキイのはのでした。 (『』)• かごいりチミーは きしべの わがやへ かえりたくなっていました。 も あいませんし、 ねむれませんし。 か すると、 してきたので、 さすがの まちねずも きづいて、 のかと たずねます。 (『まちねずのはなし』) 副詞 さすが【:、】• (また「」「」などの形で)や、ので、するさま。 やはり。 もので。 「 さすがは、だて。 」「同じああ物は、がやす。 」「 ( しち )に置いたら、何両貸す事かの。 」「じゃし、質になんぞ、置くものか。 」ざっと、こんなである。 (『』)• さすがにをにしない人の心をて書は、たつて開いても。 (『』)• (「」の形で)ふつうのものをようなや、、などしても動い特別なやのため、そう、。 あるいは、ふつうのものをようなやふつう的な、など、特別な下では、が可能となる、。 いくら何でも。 やはり。 畑もたいと、前はいたが、いちど私が、おいとたのに、からい ( ておけ )で畑にをぱいになり、、いきのくらいに肩がこる、と、で、そんな事があってからは 流石に畑はた御で、時たま畑へられても、私のを、ただ、じっといらだけである。 (『』)• を過ぎると、 さすがに皆は、ほっとした。 (『』)• ()(また「」の形で)あるをる、の下では、それとはのを抱くさま。。 そうは。 しかし。 かやうには、交はせど、けとは思ひよらず、 さすがに、はりてやみなむ、と。 (を持って、をなの、深い関係になろうとまでは思っ、とは、女だくらいには思っていただいたところでにしよう、とる。 やはり 語源2• 「さすかたな」の転() 名詞 さすが【】• ( )。。 に用いる ( )。 語源3• 「さすがね」の転() 名詞 さすが【】• や ( )の ( かこ )にて、 ( )の穴にて釘状の。

次の