エレン 巨人化。 『進撃の巨人』101話 ネタバレ考察「戦鎚」1 感想 エレン巨人化大暴走 「戦鎚の巨人」初登場

エレン・イェーガー (えれんいぇーがー)とは【ピクシブ百科事典】

エレン 巨人化

1ヶ月無料 「進撃の巨人」「始祖の巨人」「戦鎚の巨人」エレンが継承した巨人の特徴とは? Season3にてクライマックスを迎えたアニメ『進撃の巨人』。 作品初期には少年だった主人公エレンも、仲間達とさまざまな死線をかいくぐりながら、すっかり大人びた表情を見せるほどに成長しました。 物語としてもいろいろな伏線が回収されはじめ、 Season4への期待がますます高まっています。 2019年9月の現時点で、 主人公エレンは9体の知性巨人のうち、以下の3体を継承しています。 おなじみエレンの代名詞である「 進撃の巨人」、 そして所持しているけどエレン単独では能力を発揮することができない王家専用の「 始祖の巨人」。 そしてSeason4からいよいよお披露目となる「 戦鎚の巨人」。 これらの巨人はどのような特徴を持つ巨人なのでしょうか? それぞれの特徴をまとめてみました。 始祖ユミルが9つに分けた巨人の中で、最も頂点に立つ巨人 ・全ての巨人を操る「 座標」の力を持ち、 ユミルの民の記憶を操作したり体の情報を書き換えたりすることが可能。 ・ 王家の血筋の継承者のみが、「始祖の巨人」の本来の能力を発揮できる。 ・ただし、初代フリッツ王の「 不戦の契り」により、 王家の血筋のものが「始祖の巨人」を継承しても、真の能力を発揮できない。 ・現在はエレンが保持しているが、 エレン単独では「始祖の巨人」の能力を扱うことができない。 ヴィリー・タイバーの妹が保持していたが、 マーレ編にてエレン・イェーガーが捕食、能力を手に入れる。 ・巨人サイズは15m級。 ハンマーを武器として戦う。 ・ヒモのようなもので本体と巨人を繋げ、 遠隔攻撃が可能。 本体が狙われにくい戦闘スタイルといえる。 かなり 硬質な結晶化が可能。 ・ 地面から自在に硬質化を操り武器でも何でも生み出すわけです 厄介な相手でした エレン 107話 ・マーレ編にて、単独行動を起こしたエレンは地下にある懲罰房に入れられるが、 「戦鎚の巨人」の力を発動し脱出。 110話 エレンが巨人化するための条件は? 知性巨人化の条件を再確認 エレンたちは、 どのようにしたら巨人化でき、さらに「知性巨人」になれるのでしょうか。 「進撃の巨人」をさらに楽しむために、基本事項を押さえておきましょう。 また 巨人を扱う能力には熟練度があるらしく、現在 19歳 エレンにおいてはかなり自在に巨人を扱うことができています。 さらに、 続けて巨人化できるのは3回までであり、巨人化直後に著しく疲弊している場合や体を激しく損傷している場合は、 体の修復が最優先となり巨人化できないこともわかってきました。 その身に宿す「 進撃の巨人」はまさしく彼のライフワークにピッタリの巨人と言えます。 ここではエレンにまつわる出来事を振り返りながら、彼の生き方を考察します。 戦うんだよ!! 戦わなければ勝てない...!! 」 エレン 「 有害な獣を駆除した! たまたま人と格好が似てただけだ」 エレン 6話より 幼いエレンが発した「 戦え!戦え!」という言葉は、その後作中に何度も登場します。 19歳のエレンが発したことも記憶に新しいですね。 幼いエレンについては、 「進撃の巨人」継承前から、「進撃」継承の素質充分、といったところです。 壁を破壊され、壁内に侵入した巨人に、母・カルラは食べられてしまいます。 カルラを助けることができなかったエレンは、 非力で何もできない弱い自分を恨み、この世からの巨人の根絶を強く誓います。 「 駆逐してやる!! この世から... 一匹残らず!! 「進撃」「始祖」の巨人継承へ 妻・カルラの死を知ったグリシャは、 身に宿す巨人をエレンに継承することを決意します。 グリシャはすでに壁の王レイス家と接触を図っており、「 進撃」「 始祖」を手に入れていたため、 エレンにこれら2体の巨人が継承されました。 この時点でエレンは巨人化への条件を満たすことになりますが、エレン自身は記憶障害により何も覚えておらず、父グリシャも行方不明に。 さらにしばらく巨人化の機会はなく、その能力はエレンの中で眠ることになります。 巨人を倒す知識を身につける。 常に「巨人の駆逐」を目標として掲げており、熱くなりすぎて周囲が見えなくなることもしばしば。 そんな中、突如エレンたちの前に超大型巨人が出現します。 104訓練兵の皆が怖じけずいて動けない中、エレン一人が臆せず立ち向かいます。 <仲間から見たエレンの印象> ・熱くなるとすぐ衝動的に行動する... ミカサ 3話より ・ 死に急ぎ野郎! 誰しもお前みたいに... 強くないんだ... 無我夢中で追いかけるも、巨人に足を食われ戦闘不能になります。 仲間も次々に巨人の餌食になり、ついに幼馴染のアルミンにも危機が。 巨人に捕食されようとしたアルミンの声を耳にしたエレンは、 最後の力を振り絞り、身代わりになってアルミンを救出します。 誰もがエレンの死を認めざるをえない中、 巨人を倒す巨人が出現!! なんとその正体はエレンでした。 巨人に捕食されたエレンは、なぜ巨人化できたのでしょうか!? きっかけは? エレンが巨人化できた理由を考察 ・グリシャによって注射を打たれた際、 巨人化したエレンはグリシャを捕食して「 進撃」「 始祖」 を継承していたため。 ・巨人化直前に大怪我をし、 自傷行為としての条件を満たしていたため。 ・アルミンと共有した夢「海を見ること」、 そして真の自由を勝ち取るまでこんな所で死ねないという 強い目的意識が働いたため。 「 諦めて... たまるか... 駆逐してやる この世から一匹残らず」 エレン 10話より 以上から、 エレンの中の「進撃の巨人」が覚醒したと考えられます。 上下関係、軍規、兵法などを学び、より成長していくエレン。 幼少期・少年期前半の凶暴性や周りの見えない猪突猛進さは次第に抑えられ、次第に己を律することができるようになっていく。 アニとの戦闘、戦うことへの葛藤 エレンは巨人化以降、「敵である何か」から執拗に狙われるようになります。 巨大樹の森での死闘にて、多くの調査兵団とリヴァイ班の先輩たちがエレンを守り犠牲になります。 <リヴァイ先輩から、エレンへ> ・俺にはわかる こいつは本物の化け物だ 「巨人の力」とは無関係にな どんなに力で押さえようともどんな檻に閉じ込めようとも コイツの意識を服従させることは誰にもできない リヴァイ 25話 ・せいぜい... 悔いが残らない方を自分で選べ リヴァイ 25話 <オレが、選択を間違えたから> ・オレが... 選択を間違えたから... オレが 仲間を信じたいと思ったから皆死んだ... オレが 最初から自分を信じて戦っていれば... 激闘の末、エレンは巨人化した彼らに奪われてしまいます。 そのような中、エレンは母カルラを捕食した巨人 ダイナ巨人・カルライーター と再会します。 ダイナ巨人と接触した瞬間に、エレンは 巨人を操る能力 を発動!! 周囲の無知性巨人たちが、突然エレンの意思に従ってダイナ巨人を倒し、ライナーとベルトルトらを攻撃しました。 なぜエレンは巨人を操ることができたのでしょうか。 王家の末裔の巨人との接触で、エレンは「始祖の巨人」の能力である「座標」を開くことになったのです。 またダイナ巨人は、マーレ大国に残されたエルディア人王家の末裔であり、グリシャの前妻であることも判明しますが、この時点ではわかっていません。 「座標」とは? ライナーが残した言葉の意味とは? ・ 最悪だ... よりによって「 座標」 が最悪の奴の手に渡っちまった... この世で一番それを持っちゃいけねぇのはエレン... お前だ ライナー 50話 「 座標」とは、 すべての巨人を操る能力であり、9つの巨人すべての頂点に立つ「始祖の巨人」のみが有する能力です。 ライナーが「 最悪だ」と言った理由は、 敵をどこまでも駆逐する強い意思と執念を持つ、ライナー側にとって一番嫌な性質のエレンが、 全巨人における最高峰の「始祖」を保持していることが判明したからです。 しかも 王家ではないエレンが「座標」を発動させたことは、ライナーら敵方にとって最悪の状況と言えるのです。 巨人化したエレンの今後 その後、エレンの巨人の力は 交換可能な能力だったことが判明します。 さらに、エレンが発動した「 座標の力」を持つ「 始祖の巨人」は、父グリシャが レイス家から奪った力であり、 エレン一人では真の能力を発揮できないことが判明しました。 さらにグリシャ・イェーガーの手記により、エレンたちは 巨人になれる「エルディア人」であることが判明、この世の残酷な事実に直面することになります。 「そ の巨人はいついかなる時代においても 自由を求めて進み続けた 自由を求めて戦った 名は 進撃の巨人」 エレン・クルーガー 88話 父グリシャがなぜレイス家から「 始祖の巨人」の力を奪ったのか、彼の真意も判明します。 エレンは、クルーガー・グリシャら歴代の 「進撃の巨人」 の 意思と記憶を受け継ぐことになったのです。 「壁 の向こうには海があって海の向こうには自由がある ずっとそう信じてた...... でも違った 海の向こうにいるのは敵だ 向こうにいる敵... 全部殺せば... オレ達 自由になれるのか?」 エレン 90話 自由と尊厳と仲間を守るために、エレンは海の果ての「世界」に対して戦う決意をします。 「 多分... 生まれた時からこうなんだ オレは進み続ける 敵を駆逐 するまで」 エレン 100話 「 戦わなければ勝てない 戦え 戦え」 エレン 106話 原作にて、いよいよ 余命4年となったエレン 19歳。 物語もいよいよ大詰め、一瞬たりとも目が離せません。 どのようなラストになろうとも、覚悟を決めて、物語の行く末を見守りたいですね。

次の

エレンゲリオン (えれんげりおん)とは【ピクシブ百科事典】

エレン 巨人化

おそらくエレンが住む世界とは別に違う世界が存在しており エレン側の世界の住人が別の世界に行くと巨人化できるこれが自分的な有力な推測です。 そう考えればあとは簡単。 エレンの父は別の世界の人間 別の世界から先に巨人が現れ別の世界の人類は滅亡の危機に、ここで 2つの世界の事に何らかの方法で気づく、さらに エレン側の世界に行く術を見つける。 しかしこちら側の世界からエレン側に行っても圧倒的不利(この時点でこちら側の人がエレン側に行っても巨人化できないことに気づいている。 ) そこでエレン側の世界にスパイとしてエレン父が潜入。 エレン父はエレン側の世界の技術、年代が遅れており、医者としてスパイ活動を実施。 そうすれば治療と偽り 2つの世界に行き来できる。 おそらく王族などはエレン父の側の世界の住人、もしくはその内通者。 ある程度情報を送ったところでエレン父側の世界の住人は、 何らかの理由で発生した巨人(おそらくエレン父より先に潜入していた、自我の無くなった巨人のみを纏ったエレン父側の人類) を利用してエレン側の世界の人類抹殺計画を始動。 エレン父は内地に逃げ、エレンの住まい、母が消える そして計画第2段回へそれを知ったエレン父はこれ以上家族の被害などを食い止めるため(またエレン父はエレン父側の人間たちの行動に嫌気がさしているとする)もともとエレン父側の世界の住人が使うために研究していた巨人化成体薬をエレンに打ち込む、それと同時に巨人化に関連することだけ記憶障害が起きる薬も打ち込む。 そしてエレンが巨人化できるようになる おそらく地下室は2つの世界を行き来するゲートか巨人化の研究室ではないかと これらが自分的な推測です。 そもそも推測はじゃんけんで相手がどんなの出してるか予想するものですので、 超長文失礼しました。 進撃の巨人ファンが増えることと進撃の巨人が楽しめますよう祈っています。 それでは、またの機会にて.

次の

漫画『進撃の巨人』主人公エレンの寿命は残りわずか?【ネタバレ注意】

エレン 巨人化

エレン「アニを投げ飛ばしたら巨人化した」 ssnote• エレン「アニを投げ飛ばしたら巨人化した」 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• この作品は執筆を終了しています。 エレン「アニを投げ飛ばしたら巨人化した」• 5629• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• アニ「…甘いね」ヒュッバシッ エレン「痛っ、想定済みだっ!」ブンッ!! アニ「それでおしまい?」ガシッグッ エレン「まだ…だッ!!」ヒュッ アニ「…」ヒュッ• ハイハイ、セイゼイシッカリ… ライナー「はは、あいつらまたやってるな」ハハハ ミカサ「エレンは今日こそ勝つと毎日自主練していた、のできっと勝てる」 アルミン「確かに、以前よりもアニの動きに対応できてるね」 サシャ「アニもいつもより素早く動いてますねぇ」モグモグ コニー「俺あの中に入れる気がしねーぜ…」 ベルトルト「ははは…僕も敵いそうにないや…」 ミカサ「サシャにコニー、あなたたちも前より強くなっている、自信をもっていい」 コニー「おう、おりがとな!」 サシャ「いつかエレンにも勝てますかね!」モグモグ ベルトルト あれ…? アルミン「努力すれば誰だって可能性はあるよ、エレンだってたくさん努力してここまできたんだから」 ライナー「ああ、アニだってもともとああだったわけじゃないしな」 コニー「サシャ!さっそく特訓だ!」 サシャ「はい、負けませんよコニー!」モグモグ ベルトルト あれれ?気付かれてない? アルミン「そういえばサシャ、そのパンはどうしたの?」 サシャ「これですか?朝ベルルルトの食欲がないようだったので貰っておきました!」モグモグ ベルルルト なっ!?僕は朝が弱いだけでそんなこと一言も言ってないよ?てか名前間違ってるし! ミカサ「サシャ、ベル…べ…は多分いいとは言ってないと思う、後で謝るべき」 サシャ「えっ!?じゃあ後でべ…に謝っておきますか…」シュンモグモグ コニー「そんなことより早くしようぜ!」 サシャ「そうですね!急ぎましょう!」モグモグタッタッタ べ そんなことよりって!ていうかミカサもサシャも名前思い出すの諦めないでよ!ってか本人がここにいるのに誰一人気付かないなんて!特にライナー!君は気付くべきだろ!この裏切りもんがああああっっ!! ライナー「俺たちも訓練に戻るか」 アルミン「そうだね、エレンにこれ以上差をつけられる訳にもいかないしね」 ライナー「ああ、そうだな!」 べ「ライナー、君はもう戦士じゃないよ…」ボソッ アルミン「?今何か聞こえたような…」 ミカサ「多分気のせいだと思う、アルミン、睡眠はしっかりとれている?」 アルミン「そういえば最近は…あはは、気を付けないとね」 べ 悪魔の末裔が!根絶やしにしてやる!! ギリギリ• ベルトルトファンにボロクソ言われるから。 バキィッ!!• 女型の巨人「…」ドサッ ジャン「なんだ?巨人同士で戦って…?」 ミカサ「あのフォームは…エレン?」• エレン巨人「!?」グシャッ!! エレン巨人「…」ドサッ アニ 一体どうすれば…あの巨人はどことなくエレンに似ている気がするけど… アニ というか、巨人化を解いたらどうなるんだろ…殺される? アニ このままでもそのうち殺されるし…どのみちもう壁の中に居場所はないな… アニ 帰ったところで任務も果たせない戦士の末路は… アニ 本当に馬鹿なことをしたよ… エレン 痛ってぇ…俺生きてたのか エレン にしてもなんだこれは…肉?がくっついて… エレン「…ぐっ」ブチブチッ エレン「…熱いな」ブチブチ エレン「!あの巨人…」 エレン「あいつら大丈夫なのか…?」• 女型の巨人「!!」ヒュン! ライナー「くっ…」ヒュンヒュン ベルトルト「ライナー!大丈夫か!?」ヒュン ライナートモウヒトリデカイノガキョジンニムカッテイタゾ!! マダメイレイハデテナイハズダロ!? エレン「…?誰か…」 エレン「ライナーとベルトルト!なんであいつら巨人と戦って…?」 エレン「っていうか、誰か助けてくれ…」• つらいですね。 頑張ってください!期待しています• 」 エレン「は?力って…?」 アニ「私には、巨人化する能力があります、恐らくエレンにも」 エレン「俺も!?」 エルヴィン「…続けてくれ」 アニ「巨人化能力は…自分の体を傷つけることによって、巨人の体を身に纏うことができる能力です」 エレン「???」 エルヴィン「…では、一つだけ訊こう、その力はどこかで手に入れたものなのか?」 アニ「…よく覚えていませんが、恐らくこの力は与えられたものです」 エルヴィン「そうか…」 アニ「…」 この質問に何の意味が…? エルヴィン「まだ訊きたいことは山ほどあるが、それについては後程、ハンジ・ゾエという者に散々尋ねられることだろう、私からの質問はこれまでにしておく」 エルヴィン「ああ、ハンジ・ゾエは調査兵団の分隊長だ、多少変わった奴だが気にすることはない」 アニ「…はい」 エレン「は、はぁ…はい」• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 21 投稿数• 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の