メントス コーラ 仕組み。 コーラにメントスを入れると吹き出す原理や現象の名前は?

【衝撃】穴にコーラを流し込んで魚を獲ってたら最後にヤバイ奴が飛び出してきた | バズプラスニュース

メントス コーラ 仕組み

スポーツ終わりなど、のどが渇いている時に飲む炭酸飲料は最高に気持ちいですよね。 そして、友達に炭酸飲料を買ってきてと頼まれた時、誰しもがしたいたずらがあると思います。 そうです! 炭酸飲料を振ってから渡すのです! 開けた友達はえらいことになりますよね。 では、そもそもなぜ炭酸飲料を振ると飛び出てくるのでしょうか? それは、炭酸飲料にはたくさんの二酸化炭素が溶けており、衝撃によってその溶けていた二酸化炭素が一気に飛び出してくるからですよね! 今回はそのことについてさらに詳しく、順番に説明していきたいと思います。 さらに定番の実験である『メントスガイザー』についても徹底解説していきますよ! メントスガイザーについてはYouTubeの動画もあります。 ぜひご覧ください。 1.炭酸飲料 炭酸飲料は、水にたくさんの二酸化炭素を溶かすことで作られています。 通常なら溶けないくらいの二酸化炭素が無理やり溶けているのです。 このような状態を『炭酸飽和』と呼んでいます。 では、どうやって二酸化炭素をたくさん溶かすのでしょうか? それは、ずばり!圧力を加えてやるのです。 『ヘンリーの法則』をご存知でしょうか? 溶ける量、つまり濃度は圧力に比例します。 つまり、圧力が高ければ高いほど、溶ける量は多くなるということです。 ではなぜそうなるのか、簡単に説明していくことにします! 科学はイメージが大事ですから。 まず、容器に水を入れて、二酸化炭素を容器内に充満させます。 このままでも二酸化炭素は水に溶けていきますが、ここにどんどん圧力をかけていきましょう。 圧力は二酸化炭素をもっとたくさん入れていくか、上から蓋で抑えつけていけばかかります。 するとどうなるのか?二酸化炭素は空気中では窮屈になってしまうので水の中に逃げて溶けていくことになるのです。 どんどん圧力をかけることで、二酸化炭素が水にどんどん溶けていくというわけです。 このように圧力をかけることで、たくさん二酸化炭素が溶けた炭酸水を作っているわけですね。 そのため、炭酸飲料を開けると振ったりしてないのに、シュワシュワと泡が出てきますよね? これは密閉された容器が空けられることで、圧力が減り、水から溶けすぎている二酸化炭素が出てくるのです。 この時、内側から外側にすごい押されてるのであれば破裂しないの?大丈夫?と思う方が居られるかもしれません。 良い考え方です。 安心してください。 このような炭酸飲料のペットボトルは圧力に耐えれるように頑丈に作られており、通常の炭酸飲料が破裂することはありません。 では、炭酸飲料水を早速振ってみましょう! 2.炭酸飲料を振ってみる 炭酸飲料には無理やりたくさんの二酸化炭素が、溶かされていることがお分かりいただけたと思います。 早速、この炭酸飲料を振ってみましょう! つまり、私たちの手によって物理的な衝撃を与えるということです。 すると、どうでしょう。 水にたくさん溶けていた二酸化炭素が、どんどん水の中から出ようとしてきます。 無理やり逃げ込んでたんだから、ちょっとのことでも出てきてしまうんですね。 まだ密閉されてるのに出てこようとします。 そんな状態で開けてしまうとどうなるのでしょうか? ただでさえ水の中にはぱんぱんの二酸化炭素、物理的な衝撃がかかっていない状態でも二酸化炭素は自然と出てきます。 しかし、物理的な衝撃で出てきた二酸化炭素もここに合わさるので、水から出ていく時に水の中で気泡となり、水ごと押し上げてしまうんです。 水を沸騰させたことありますよね?あの時にボコボコなってくる状態と同じで、炭酸飲料水を振ると飛び出てくるんですね。 かなりの勢いで飛び出しますので、友達にいたずらしようもんなら大惨事です。 また、これに関連してYoutubeで大人気のメントスにコーラを入れるというものがあります。 身近なものであれだけ衝撃的なものはあまりないですよね(笑) あれにはちゃんと名称がつけられて『メントスガイザー』と言うそうです。 では、世間で大人気のコーラにメントスを入れると、すさまじい勢いで飛び出てくるメントスガイザーはどうして起こるのでしょうか? 3.メントスガイザー 炭酸飲料に塩や砂をいれると、シュワシュワと二酸化炭素が出きます。 これは塩や砂糖が炭酸飲料に落ちることで、その衝撃で二酸化炭素が出てきているということです。 また、塩は水に溶けやすいので、代わりに二酸化炭素が出てくるとも言えます。 ではメントスを入れるとどうなるのでしょうか? メントスの成分にゼラチンとアラビアガムがあります。 この二つが炭酸飲料に入ることで水に溶けだし、界面活性剤として働くのです。 界面活性剤の働きとは表面張力を弱めること。 すると、どうなるでしょう? 頑張って水が抱えていた二酸化炭素たちの泡は、界面活性剤が存在しない時よりも潰されなくなるので、どんどん外へと出て行ってしまいます。 さらに、メントスの表面には多孔質と呼ばれる小さな凹凸があり、この凹凸のおかげで通常よりも二酸化炭素の泡ができやすくなるので、よりコーラの中から出てくるのを助けてくれるというわけですね。 ここまでをまとめましょう。 メントスガイザーは界面活性剤による効果と、凹凸、さらにメントスを入れた時の衝撃、この三つの効果が合わさって起きるわけですね。 なぜラムネでも炭酸飲料は噴き出してくるのでしょうか? ラムネの主成分が重曹であることに理由が隠されています。 重曹は炭酸水素ナトリウムです。 重曹は分解されて二酸化炭素を発生させます。 なので、水が押し上げられて噴き出てくるのです。 ただ、表示を見ていただければわかると思いますが、最近のラムネは重曹があまり入っていおらず、ぶどう糖がメインですね。 ブドウ糖が溶けるのは吸熱反応であり、こちらのラムネもひんやりとします。 5.さいごに メントスコーラは確かに面白いですよね。 最初に見た時は衝撃でした。 また、原理を知っていれば、ほかにもたくさん炭酸水を飛び出させることができそうです。 せっけんや、人工甘味料、多孔質を持つ炭や素焼きなどいろんなもので試すのも面白いかもしれません。

次の

メントスとコーラでなぜ吹き出るの?原理を簡単に解説!

メントス コーラ 仕組み

スポーツ終わりなど、のどが渇いている時に飲む炭酸飲料は最高に気持ちいですよね。 そして、友達に炭酸飲料を買ってきてと頼まれた時、誰しもがしたいたずらがあると思います。 そうです! 炭酸飲料を振ってから渡すのです! 開けた友達はえらいことになりますよね。 では、そもそもなぜ炭酸飲料を振ると飛び出てくるのでしょうか? それは、炭酸飲料にはたくさんの二酸化炭素が溶けており、衝撃によってその溶けていた二酸化炭素が一気に飛び出してくるからですよね! 今回はそのことについてさらに詳しく、順番に説明していきたいと思います。 さらに定番の実験である『メントスガイザー』についても徹底解説していきますよ! メントスガイザーについてはYouTubeの動画もあります。 ぜひご覧ください。 1.炭酸飲料 炭酸飲料は、水にたくさんの二酸化炭素を溶かすことで作られています。 通常なら溶けないくらいの二酸化炭素が無理やり溶けているのです。 このような状態を『炭酸飽和』と呼んでいます。 では、どうやって二酸化炭素をたくさん溶かすのでしょうか? それは、ずばり!圧力を加えてやるのです。 『ヘンリーの法則』をご存知でしょうか? 溶ける量、つまり濃度は圧力に比例します。 つまり、圧力が高ければ高いほど、溶ける量は多くなるということです。 ではなぜそうなるのか、簡単に説明していくことにします! 科学はイメージが大事ですから。 まず、容器に水を入れて、二酸化炭素を容器内に充満させます。 このままでも二酸化炭素は水に溶けていきますが、ここにどんどん圧力をかけていきましょう。 圧力は二酸化炭素をもっとたくさん入れていくか、上から蓋で抑えつけていけばかかります。 するとどうなるのか?二酸化炭素は空気中では窮屈になってしまうので水の中に逃げて溶けていくことになるのです。 どんどん圧力をかけることで、二酸化炭素が水にどんどん溶けていくというわけです。 このように圧力をかけることで、たくさん二酸化炭素が溶けた炭酸水を作っているわけですね。 そのため、炭酸飲料を開けると振ったりしてないのに、シュワシュワと泡が出てきますよね? これは密閉された容器が空けられることで、圧力が減り、水から溶けすぎている二酸化炭素が出てくるのです。 この時、内側から外側にすごい押されてるのであれば破裂しないの?大丈夫?と思う方が居られるかもしれません。 良い考え方です。 安心してください。 このような炭酸飲料のペットボトルは圧力に耐えれるように頑丈に作られており、通常の炭酸飲料が破裂することはありません。 では、炭酸飲料水を早速振ってみましょう! 2.炭酸飲料を振ってみる 炭酸飲料には無理やりたくさんの二酸化炭素が、溶かされていることがお分かりいただけたと思います。 早速、この炭酸飲料を振ってみましょう! つまり、私たちの手によって物理的な衝撃を与えるということです。 すると、どうでしょう。 水にたくさん溶けていた二酸化炭素が、どんどん水の中から出ようとしてきます。 無理やり逃げ込んでたんだから、ちょっとのことでも出てきてしまうんですね。 まだ密閉されてるのに出てこようとします。 そんな状態で開けてしまうとどうなるのでしょうか? ただでさえ水の中にはぱんぱんの二酸化炭素、物理的な衝撃がかかっていない状態でも二酸化炭素は自然と出てきます。 しかし、物理的な衝撃で出てきた二酸化炭素もここに合わさるので、水から出ていく時に水の中で気泡となり、水ごと押し上げてしまうんです。 水を沸騰させたことありますよね?あの時にボコボコなってくる状態と同じで、炭酸飲料水を振ると飛び出てくるんですね。 かなりの勢いで飛び出しますので、友達にいたずらしようもんなら大惨事です。 また、これに関連してYoutubeで大人気のメントスにコーラを入れるというものがあります。 身近なものであれだけ衝撃的なものはあまりないですよね(笑) あれにはちゃんと名称がつけられて『メントスガイザー』と言うそうです。 では、世間で大人気のコーラにメントスを入れると、すさまじい勢いで飛び出てくるメントスガイザーはどうして起こるのでしょうか? 3.メントスガイザー 炭酸飲料に塩や砂をいれると、シュワシュワと二酸化炭素が出きます。 これは塩や砂糖が炭酸飲料に落ちることで、その衝撃で二酸化炭素が出てきているということです。 また、塩は水に溶けやすいので、代わりに二酸化炭素が出てくるとも言えます。 ではメントスを入れるとどうなるのでしょうか? メントスの成分にゼラチンとアラビアガムがあります。 この二つが炭酸飲料に入ることで水に溶けだし、界面活性剤として働くのです。 界面活性剤の働きとは表面張力を弱めること。 すると、どうなるでしょう? 頑張って水が抱えていた二酸化炭素たちの泡は、界面活性剤が存在しない時よりも潰されなくなるので、どんどん外へと出て行ってしまいます。 さらに、メントスの表面には多孔質と呼ばれる小さな凹凸があり、この凹凸のおかげで通常よりも二酸化炭素の泡ができやすくなるので、よりコーラの中から出てくるのを助けてくれるというわけですね。 ここまでをまとめましょう。 メントスガイザーは界面活性剤による効果と、凹凸、さらにメントスを入れた時の衝撃、この三つの効果が合わさって起きるわけですね。 なぜラムネでも炭酸飲料は噴き出してくるのでしょうか? ラムネの主成分が重曹であることに理由が隠されています。 重曹は炭酸水素ナトリウムです。 重曹は分解されて二酸化炭素を発生させます。 なので、水が押し上げられて噴き出てくるのです。 ただ、表示を見ていただければわかると思いますが、最近のラムネは重曹があまり入っていおらず、ぶどう糖がメインですね。 ブドウ糖が溶けるのは吸熱反応であり、こちらのラムネもひんやりとします。 5.さいごに メントスコーラは確かに面白いですよね。 最初に見た時は衝撃でした。 また、原理を知っていれば、ほかにもたくさん炭酸水を飛び出させることができそうです。 せっけんや、人工甘味料、多孔質を持つ炭や素焼きなどいろんなもので試すのも面白いかもしれません。

次の

女子大生危険な体内実験 「メントス+コーラ」で被害

メントス コーラ 仕組み

コーラとコーヒーの相性は? コーヒーとコーラは、いずれもカフェイン量が多い、飲み過ぎは健康上好ましくないというイメージがある飲み物です。 この二つの飲み物を一緒に飲んでみよう、と思ったことはあるでしょうか。 実は、コーラとコーヒーの組み合わせは、以前から存在しています。 この二つの飲み物の相性について、詳しく見ていきましょう。 そのまま混ぜると味はまずい 単純にコーラとコーヒーを混ぜただけでは、とても『おいしい』とはいえない味になってしまいます。 また、ドリップコーヒーを淹れる要領でコーラでコーヒーをドリップしても、ドリップに時間がかかる間に炭酸がほとんど抜けてしまい、コーラ感が薄れるのでおすすめできません。 コーラの割合を多くすると風味を楽しめる コーラとコーヒーを混ぜるときは、分量をよく考えると、コーラとコーヒーそれぞれの味が楽しめるコーヒーコーラに仕上がります。 ポイントは『コーヒーよりもコーラの割合を多めにする』ことで、コーヒーの風味をしっかり楽しめる味に仕上げられます。 コーヒーよりも濃いエスプレッソにコーラを混ぜる場合は、コーラ4:コーヒー1程度の割合にすると、飲みやすくてコーヒーの風味がよく出たコーヒーコーラができあがります。 カルーアにコーラを組み合わせるカクテルは? コーラを使ったカクテルはいくつかありますが、その中にはコーヒーリキュールの一種である『カルーア』とコーラを合わせたものがあります。 カルーアとコーラを使ったカクテルを作るときは、カルーア30mlに適量のコーラを加えると『カルーア・コーラ』になります。 さらに、カルーア・コーラにラムを加えれば『カルーアラムコーラ』ができ上がるでしょう。 この場合、カルーア1:ラム1:コーラ6程度の配合が適量です。 これにレモンやライムを絞ると、サッパリとしたコーヒーとコーラの味わいが楽しめるカクテルになります。 また、ラムを加えずに、カルーアとコーラを混ぜたものにアイスクリームを乗せれば、カルーアフロートとしても楽しめるでしょう。 コーヒー味コーラの歴史 コーラは100年以上の長い歴史を持ちますが、コーヒー味のコーラが販売に至るまでには、相当の時間がかかっています。 海外でコーヒーコーラが登場 コーラの歴史は、19世紀のアメリカで『薬』として販売されたことから始まりました。 そしてコーヒーは、17世紀にヨーロッパから世界各地に広まったといわれています。 コーラとコーヒーはそれぞれ長い歴史を持ちますが、この二つの飲み物を組み合わせようというアイディアは、なかなか表舞台に登場しませんでした。 コーラが生まれてから約1世紀経過した1980年代、フレーバーコーラの開発が行われる中で、コーヒーコーラが登場しています。 最初にコーヒーコーラを販売したのはペプシで、コーヒーの産地として知られるハワイの地名『KONA』を冠した『PEPSI KONA』という商品を発表しています。 しかし、定番商品としては定着せず、アメリカ全土での販売も行われなかったといいます。 2000年代に入ってからは、アメリカのコカ・コーラ社でもコーヒーエッセンスを加えたコーヒーコーラ『コーク・ブラック』を、カナダではコーラにエスプレッソを加えた強力な味わいの『Jolt espresso』を販売した実績があります。 日本ではUCCやサントリーから発売 日本では、国内メーカーもコーヒーコーラを発売しています。 日本で初めてのコーヒーコーラは、コーヒーを主に取り扱うメーカー『UCC』が2001年に発売した『Cafe LA SHOWER』です。 飲料メーカー大手の『サントリー』でも、UCCと同時期に『KAHLUA Rum-Cola』というカルーアとラムを使ったコーヒーコーラカクテルを販売していますが、いずれの商品も残念ながら定番化せず、現在は販売されていません。 コカ・コーラ プラスコーヒー ミスマッチと思われるコーラとコーヒーの組み合わせで、なかなか定着しなかった製品としてのコーヒーコーラですが、2017年、コーラメーカーの大手コカ・コーラ社がついにコーヒー味のコーラを発売しました。 コカ・コーラがコーヒー味のコーラを発売 コカ・コーラ社では、コーヒー味のコーラ『コカ・コーラ プラスコーヒー』の限定販売を開始しました。 これまでなかなか定着しなかったコーヒー味コーラを、大手メーカーが売り始めたことで注目と話題を集めています。 肝心の味は? コーヒーコーラで気になる点といえば、何よりも味ではないでしょうか。 コカ・コーラ プラスコーヒーは、コカ・コーラ独自の味わいにコーヒーの味と香りをバランスよく組み合わせており、『コーヒーとコーラ両方の味を楽しめる炭酸飲料』となっています。 見た目はコーラそのものですが、グラスに注ぐとコーヒーの香りが漂い、コーラの爽快感にローストしたコーヒーの香ばしさが絶妙に組み合わされた味です。 コーヒーの味が強めながらコーラの味をしっかり残し、両方の風味の良さを兼ね備えているとして好評を得ています。 自動販売機など販売場所 コカ・コーラ プラスコーヒーは当初、関東・東北地方の自動販売機限定で限定販売されていた商品です。 限定販売時に好評だったため、2018年9月から販路とエリアを拡大し、全国のコンビニエンスストアでも購入可能となりました。 コーヒーコーラを飲んだことがない人でも、気軽に近所のコンビニエンスストアで購入できる機会があるので、見かけた際はぜひ試してみてください。 コカ・コーラ プラスコーヒーのデータ コカ・コーラ プラスコーヒーはペットボトルでは販売されておらず、小さめの250ml缶のみでの販売です。 コカ・コーラ プラスコーヒーのデータを見ると、販売形態だけではなく、通常のコーラと異なる点がいくつか挙げられます。 普通のコカ・コーラが100mlあたり45kcalなのに対し、コカ・コーラ プラスコーヒーは100mlあたり22kcalなので、『約半分にカロリーカット』されています。 カフェイン量は通常の約2倍 カロリーが普通のコカ・コーラの半分以下に抑えられているコカ・コーラ プラスコーヒーですが、カフェイン量は増えています。 コカ・コーラのカフェイン量は100mlあたり約10mgですが、コカ・コーラ プラスコーヒーは100mlあたり18mgのカフェインを含んでいます。 つまり、約2倍のカフェイン量となります。 目を覚ましたい午後などにおすすめ コーヒーもコーラも単独でもカフェインを含む飲み物なので、普段から眠気を抑えたいときやリフレッシュしたいときに飲む人も多いでしょう。 この2種類の飲み物を組み合わせたコカ・コーラ プラスコーヒーは、上記のようにカフェイン含有量も多めなので、コーヒーやコーラと同じようにしっかり目を覚ましたいときに飲むといいでしょう。 昼食後、眠気を覚ましてスッキリとしたい午後に飲むのもおすすめです。 混ぜたら危険?コーラに混ぜない方がいいもの 市販のコーヒーコーラを真似て自分でコーヒーとコーラをブレンドしても、なかなかおいしいものができ上がらないことが多いはずです。 同様に、コーラと別の食べ物などを混ぜておいしいドリンクを作ってみたい、と考えたことはないでしょうか。 さまざまな食品とコーラを合わせて試行錯誤を繰り返していると、思わぬドリンクに仕上がることがあります。 中には危険を伴うケースもあるので、注意しましょう。 コーヒーフレッシュを混ぜると透明になる 『コーヒーフレッシュ』はコーヒーにミルクの代わりに使用され、カフェや喫茶店、ファーストフード店などで見かける機会が多いものです。 このコーヒーフレッシュをコーラに入れてみると、なんとコーラが透明になってしまいます。 正確にいうと、コーラの色と透明な液体が分離した状態となるのですが、これは、コーヒーフレッシュに含まれるタンパク質とコーラのカラメルが反応して起こる現象です。 コーヒーフレッシュと同じくタンパク質を含む牛乳や卵の白身を入れても、同様の現象が起こります。 ただし、コーヒーと間違ってコーラにコーヒーフレッシュを入れてしまうと、おいしく飲めないので注意しましょう。 メントスを入れると一気に吹き出す 『メントス』は、スーパーやコンビニエンスストアなどで広く販売されているシュガーコーティングされたソフトキャンディです。 メントスは、コーラに入れることが危険な菓子として、よく知られています。 ペットボトル入りのコーラにメントスを入れると、ペットボトルの口からまるで噴水のようにコーラが吹き出す『メントスコーラ』または『メントスガイザー』と呼ばれる現象が起こります。 メントス表面のシュガーコーティングには多数の小さな穴が開いており、原料としてアラビアガムやゼラチンなどが原料に使用されています。 炭酸飲料に食べ物や無機物の固体を入れると、入れた部分から気泡が出ますが、これと同様の現象がメントスでも起こるのです。 もともとメントスは表面に開いた多数の穴により気泡が増え、なおかつアラビアガムやゼラチンが溶けて気泡を出しやすい状態にしてしまいます。 加えてメントスは、コーラへ入れたときの落下速度が速い形状をしていることもポイントです。 メントスを入れてから底に落ちるまでの速度が早く、その間にコーラの二酸化炭素が一気に放出されることで、ボトルの口からコーラが勢いよく噴出するというのが、メントスコーラの仕組みでしょう。 コーラとコーヒーの組み合わせを味わおう コーヒーとコーラの組み合わせは「まずそう」という先入観がある人も少なくないでしょう。 しかし、コーヒーリキュールとコーラのカクテルがあるように、ソフトドリンクでもコーヒーとコーラを組み合わせた製品が販売されています。 コーヒーコーラはブレンドの値がポイントです。 自分で混ぜておいしいものができなくても、市販のコーヒーコーラなら意外においしく、ハマるかもしれません。 リフレッシュタイムにスッキリしたいときにも、コーヒーコーラはおすすめです。

次の