インスタ ストーリー メンション 押せない。 インスタグラムのメンションとは?ストーリー投稿・自己紹介など使える場所、できない2つの原因などメンションのやり方まとめ【Instagram】

インスタグラムの『メンション』とは?付ける方法やストーリーズ・投稿での使い方、通知の見え方など徹底解説

インスタ ストーリー メンション 押せない

この記事で紹介する5つの状況 この記事で紹介するのは以下の5つのパターンです。 自分の投稿にコメントができない時• 他人の投稿にコメントできない時• インスタライブでコメントができない時• インスタのストーリーにコメントができない時• その他の理由 上の4つに当てはまらない の時 この5つの状況に対して解説していきます。 上から説明していきましょう。 メンションやハッシュタグは友だちに通知をしたり、大多数の人に投稿を見てもらうために有効です。 しかし、 使いすぎてしまうと制限がかかってしまうのです。 この場合、 「編集は保存されませんでした。 もう一度実行してください」と表示されることがあります。 あるいは、 文章がない投稿になってしまうこともあるでしょう。 1つのコメントに メンション を使うことができるのは 5回までです。 ハッシュタグは1つのコメントに 30個までと決められており、31個以上のタグを送信した場合、 文章はいっしょに投稿が出来ないという制限があります。 実はコメントや投稿のキャプションには 文字数の制限があり、それに引っかかっている可能性があります。 インスタの投稿のキャプションの上限は 2200文字です。 投稿に対するコメントの上限はおそらくありません。 ですが、途中から省略されてしまったり、エラーが出たりするので、注意しましょう。 後、 ハッシュタグ にも文字数の制限があります。 ハッシュタグの文字数の上限は、 ハッシュ +150文字です。 文字数が151文字以上だとタグ付けされません。 なので、いいねでも起こります。 また、コメントやいいねだけでなくフォローでも同じようなことが起こります。 不用意にコメントやフォローを繰り返すのはやめておきましょう。 コメントにフィルターが使われている インスタに投稿に対する嫌がらせや、悪質なスパムコメントを事前に防ぐ機能として コメントのフィルターがあります。 この機能により、 特定の単語などが含まれるコメントを許可するかどうか決められます。 なので、自分がしたコメントを相手がフィルターにかけているかもしれないので、 自分のコメント内容を確認してみましょう。 その場合は下の2つの理由が考えられます。 インスタライブの配信画面に、 コメントを送信する欄や、 いいねのマークが表示されているか確認してください。 コメントの送信する欄が表示されていない、ほかの人のコメントが流れていない場合はコメントを受け付けない設定にしています。 確認するには、 他の人のコメントが流れているか見てください。 流れているのにもかかわらず、 コメントが入力できない場合は、個別でコメントの投稿をブロックされているかもしれません。 他の配信者のライブを見たり、別のアカウントを使ってみるもの確認できる方法の一つです。 「メッセージの受信設定」では、 「すべての人」「フォロー中の人」「オフ」の3つの設定があります。 「フォロー中の人」ではフォローされている人しかできませんし、オフなら誰もできないようになっています。 なので、相手にフォローしてもらうぐらいしか対応策はありません。 なおブロックされているわけではないので、心配しないでください。 ・スマホの再起動 ・インスタのアップデート ・アプリの再起動 ・アプリのアンインストール・再インストール などを試してみてください。 ・使用している場所を変える ・時間が経った後に確認してみる ・別のWi-Fiを使う などを試してください。 アップデートしてから、起動してみましょう。 まとめ 複数のシチュエーションに合わせて、コメントができない原因を説明してきましたが、いかがだったでしょうか。 この記事に書かれていない原因もあるかもしれないので、適宜更新していきたいと思います。 快適なインスタライフをお過ごしください。

次の

インスタストーリーで、他の人にバレないようにメンションを飛ばす方法♡

インスタ ストーリー メンション 押せない

インスタグラムのストーリー機能とは? インスタグラムのストーリー機能は、写真や動画をスライドショーのような形式で投稿することができます。 例えばインスタグラムにたくさんの写真を投稿した場合、タイムライン上があなたの投稿で溢れかえってしまい、フォロワーからウザイと思われてしまう可能性がありますが、ストーリー機能を使えば1つの投稿で複数の写真や動画をアップすることができるので、フォロワーからウザがられることも無く、オシャレにスマートに投稿することができます。 また、投稿したストーリーは 24時間で自動的に削除されます。 一時的な情報発信の手段として非常に便利ですし、より手軽に軽い気持ちで投稿できちゃいます。 ストーリーを投稿する方法 インスタグラムトップの 左上アイコンをタップ、もしくは 画面を右方向へスワイプするとストーリーの投稿画面になります。 撮影ボタン タップで写真、 長押しで動画撮影することができます。 また、画面下部の 【通常】と表示されている部分を横スライドすることで撮影モードを切り替えることができます。 BOOMERANG 一定時間内で間隔を空けた連続写真を撮り、それを繋ぐことでコマ送り動画のような映像を撮影することができる。 ハンズフリー 長押しすることなく動画撮影することができる。 撮影後、ストーリーボタンを押せばストーリーに追加されます。 なお、複数ストーリーを追加したい場合は、都度撮影して追加していけばOKです。 エフェクトを追加する方法 ストーリーは、ただ撮影した写真や動画を投稿するだけじゃありません。 エフェクトを付けることもできます。 画面左右スワイプでフィルタを選択。 明るさを変える事ができます。 手書きでの文字入力にも対応!色も指定できます。 手書き文字の太さ指定も可能です。 またテキストでの入力も可能です。 カメラロールからストーリーに投稿する方法 ストーリーは、その場で撮影するだけでなく、カメラロールからもストーリーに投稿することができます。 ストーリーの投稿画面からアルバムマークをタップします。 少し小さい表示になっています。 スマホに保存されている写真が表示されるので、ストーリーに投稿したい写真を選択しましょう。 【複数を選択】をタップすれば、一括で複数の写真を選択することもできます。 ストーリーを見せたくない相手に非公開! 作成したストーリーは、基本的にはすべてのユーザーに公開されますが、ユーザー指定で非公開(表示されない)設定にすることが可能です。 対象ユーザーページから設定 自分のストーリーを見せたくないユーザーの個別ページのメニューボタンから 【ストーリーを表示しない】を選択すると、対象ユーザーに対して自分のストーリーが表示されなくなります。 自分のストーリーを表示させないユーザーを選択できます。 この場合は、自分のフォロワー内から表示しないユーザーを選択する事になります。 ストーリーを削除する方法 公開したストーリーを削除する方法です。 間違った投稿をしちゃった場合などに使えます。 自分のストーリーを開き、メニューボタンから 【削除】を選択すれば削除することができます。 注意点としては、 ストーリーの削除は1枚ずつしかできないこと。 現在表示されている写真or動画が削除の対象となるので、全削除したい場合は1個ずつ地道に消していきましょう。 有名人や芸能人のストーリーなどは、非常に凝ったつくりでオシャレでスタイリッシュな仕上がりになっているものが多く参考になります。 みんなから注目を浴びれるようなストーリーを作成してインスタのフォロワー数アップ・人気者を目指そう! 一緒に読みたい記事• インスタグラムの使い方トップ•

次の

【インスタグラム】ストーリーをカメラロールから投稿する方法

インスタ ストーリー メンション 押せない

メンションを活用すれば、ビジネスもプライベートも作業が効率的に ここ数年、ビジネスチャットやチャットが急速に普及している理由の1つは、このメンション機能が大きく影響しています。 なぜなら、メンションを使ってビジネスチャットでメッセージを送ると、相手が今すぐ確認する確率が高まるからです。 「え? それだけ? それって、そんなにスゴイこと?」 そう思われる方も多いかもしれませんね。 では、例としてメールでのやりとりと比較してみましょう。 メール利用とは圧倒的に時間的コストが違う 例えば、あなたが外出中の営業担当に、急ぎの案件をメールしたとしましょう。 その時、営業担当は取引先で商談中のため、電話に出ることができません。 あなたにできることは、メールを早めに見るように再びメールするか、何度か、ひたすら電話をかけるくらいです。 しかし、営業担当が商談後にスマートフォンを見ると、着信が数件入っており、メールも複数届いていて、何から手を付ければいいか、混乱してしまっています。 このような状況では、あなたが営業担当から返信メールを受け取るまでに、大きく3つの時間がかかります。 1. 相手がメールに気づくまでの時間 2.相手がメールを見て案件を把握し、返信するまでにかかる時間 3.相手からの メールが返ってきていることに自分が気づくまでの時間 当たり前のように見えるこの3つの時間ですが、ビジネスチャットのメンション機能を使うと、相手と自分が メッセージの到着に気づくまでの時間(1と3)を圧倒的に短縮することができるのです。 その結果、1つの案件にかかる時間的コストが圧倒的に短縮され、ビジネスが自然と加速するのです。 一番役立つ瞬間はグループチャット グループLINE の時! 複数人でグループを作ると、会話が1対グループ全員になってしまいます。 グループでLINE・チャットをしている時でも、特定の誰かに対してだけ質問をしたい時がありますよね? グループの人数が多ければ多いほど、相手が確認を見逃す可能性が出てきますので、絶対に届けたい内容であれば、個人メッセージをしてしまうかもしれません。 しかし、それはとても面倒ですよね。 そういう時に、メンション機能を使えば、グループチャットの時でも特定の1人にだけ通知することができますし、二人のチャットを他の人も見ることができますので、情報共有ができてとても便利なのです。 メンションが活躍するプライベートケース3選 タイムラインで一緒に遊んだ人を紹介する プライベートで旅行に行った時に、一緒に行った友人をメンションすることで、一緒にいた人を自分のフォロアー LINE友達 に紹介することができます。 グループ グループLINE の中で一人だけを指定する LINEなどでグループを作ると、大勢の人が一斉に話始めるので、誰に対して話をしているのかわかりません。 しかし、メンションをつけることでグループ野中にいる個人に対して通知ができます。 予約情報・スケジュールの共有 旅行に行く時に全員が覚えておく必要がある集合時間やスケジュールなどのまとめ情報は全体にメンションをつけることで、自分に対して言われていると認識できますので、効果的です。 メンションが活躍するビジネスケース5選 最後に、ビジネスチャットのメンションが活躍するビジネスケース5選をお届けします。 まだ導入されていない企業の方は、必見です。 1.相手と直接話せない環境にいる場合 5.相手に直接言いづらい催促対応の場合 締め切りを守らない人、どこの組織にも必ずいますよね? そして、直接言いに行くには、何度も言いに行っているせいで抵抗があったり、物理的に距離が遠いのが手間だったり。 さまざまな理由が考えられます。 このような場合、メールよりも すぐに、相手に直接通知が届くメンション機能は効果的です。 相手にすぐ読んでほしいときはメンションを活用 メンションは、自分の書いたメッセージを送る際に、読んでほしい相手を指定するという非常にシンプルな機能です。 しかし、その機能をビジネスにおいて、チャットやプッシュ通知機能と組み合わせて活用することで、その利便性やビジネスへの貢献性は非常に高くなります。 まだビジネスチャットを導入されていない企業様は、この機会にぜひ、自社にあったビジネスチャットの検討・導入を進められてはいかがでしょうか? 補足:メンションとリプライの違いとは何? よくLINEやSNSなどで聞くリプライって何なの?という部分を解説します。 簡単です。 メンションは、相手を指定してメッセージを送ることに対して、 リプライは、これまでの過去のやりとり メッセージ を引用し、メッセージを送ることになります。 メンションとリプライでスムーズな会話を! グループでメッセージをしていると、気付いた時にはこれまでしていた質問などが埋もれてしまう可能性があります。 そういう場合にリプライをして、さらにメンションをすることで「誰の質問に対して返信している」ということがわかりやすくなり、コミュニケーションをスムーズに進めることができます。 LINEの場合、リプライはこうする リプライしたいメッセージを長押しすると、上記画像のように洗濯画面が現れますので、赤枠にあるリプライボタンを押せば、そのままリプライすることが可能となります。

次の