ストックホルム 市立 図書館。 ストックホルム市立図書館 クチコミ・アクセス・営業時間|ストックホルム【フォートラベル】

ストックホルム市立図書館 クチコミ・アクセス・営業時間|ストックホルム【フォートラベル】

ストックホルム 市立 図書館

スウェーデン第三の街マルメは、デンマークのコペンハーゲンとエーレスンド海峡を挟んで電車で40分ほどの距離にある街。 スウェーデンにはを始めとした魅力的な図書館が多くありますが、マルメ市立図書館は美しい外観だけでなく、まさに快適すぎると表現できる図書館です。 本以外にもゲームソフトやマンガ、映画のDVDやCDまで貸し出ししており、友達同士で遊びに来ている子供たちの姿も。 吹き抜けの広々とした読書スペース以外にも、ビーズクッションやソファーなどがあるリラックスルームやお洒落なカフェがあり快適です。 マルメの旧市街地区からマルメ城へ向かって歩いていると、何やらお城のような、教会のような美しい建物が見えてきます。 実はこの建物はマルメ市立図書館の一部で、よく見ると壁に市立図書館を意味するスウェーデン語の「Stadsbibliotek スタッズビブリオテック 」と書かれています。 マルメ市立図書館は実に個性的な建築で、お城のような建物の側面に回って見ると、ガラス張りの近代的な建物と連結しています。 旧市街内にあった図書館は、現在の場所へ20世紀半ばに移ってきました。 このお城のような建物は図書館の旧館で、今から約20年ほど前に現在見られる形に増築されました。 図書館向かいにあるマルメ城に繋がる公園からは全体がよく見えます。 マルメには古い建物をそのまま利用し、近代的な建物を増築した建築が多く見られるので、街歩きの際に注目してみてください。 新館は広々とした吹き抜け空間になっています。 大きな窓から光が差し込み、四季折々の美しい自然を眺めることができます。 ボックス型の空間が印象的。 自習ができるようにWi-fiやコンセントも完備しています。 この図書館は建物の美しさも魅力的ですが、「こんな図書館なら何時間でも過ごせそう」と思わせてくれる快適図書館なのです。 マルメ市立図書館は、スウェーデンで初めてゲームソフトの貸し出しを始めた図書館です。 プレステやWiiなどの新作ソフトもある事に驚き。 日本のアニメや漫画も人気で、「Manga」と書かれた棚には新作から懐かしい本までが並んでいます。 連絡通路を通り抜け進んだ旧館は、吹き抜けの優雅な空間が広がっています。 こちらはサイレントゾーンで静かに過ごしたい人向けのエリア。 こんな素敵な図書館だったら、つい長いしてしまいそうですね。 世界中には、いつか訪れてみたい美しい図書館がいくつもあります。 、、、などは、映画のような美しい世界観を堪能できる場所。 スウェーデン旅行の際には、マルメの市立図書館を訪ねてみませんか?

次の

ストックホルム市立図書館 クチコミ・アクセス・営業時間|ストックホルム【フォートラベル】

ストックホルム 市立 図書館

私とヨーロッパの美しい図書館との最初の出会いは、プラハのでした。 当時「世の中にはこんなにも美しい図書館があるんだ!」ととても興奮したのを覚えています。 以降、世界の様々な美しい図書館を調べているうちに出会ったうち一つが、この ストックホルム市立図書館()です。 ストックホルム市立図書館 この図書館の存在を知ったのが2018年1月頃、そして6月にストックホルム行きの航空券を買い、2019年4月に念願叶って訪問することができました。 つまり、平成最後のGW10連休の航空券を 11ヶ月前に購入していたのです。 ストックホルムにはこの図書館を見るために来たようなものでした。 ストックホルム中央駅 ストックホルム・アーランダ空港に到着し、ストックホルム中央駅に移動、キャリーケースをコインロッカーに入れ、すぐ図書館に向かいます。 ストックホルム市立図書館とストックホルム中央駅は地下鉄で2駅目と3駅目の間にあります。 もしくはを降りて、5分とかからないところにあります。 私はOdenplan駅で降りました。 ストックホルム市立図書館 外観 ストックホルム市立図書館の特徴は何と言っても、3階まである円形の吹き抜けホールです。 その壁には書架があり、様々な本が収められています。 近所にこんな素敵な図書館があったら、小さい時から読書好きになっていたかもしれません。 ちなみに外周にも本棚があったり、閲覧室があったりします。 せっかくですので、動画を撮っておきました。 雰囲気を味わいたい方はご覧ください(無編集ですが…!)。

次の

グンナール・アスプルンド

ストックホルム 市立 図書館

地下鉄Odenplan駅で電車を降りたらOdenplanと表示のある出口から地上に出ると、広い道があります。 左のほうにオレ... ンジ色の円筒形の図書館が見えています。 歩いて3分くらいで到着。 9:00~21:00まで開いています。 設計したのは有名なエリック・グンナール・アスプルンド。 正面真ん中の入口から中に入る。 1階ではないので、階段を上がるか、エレベーターに乗る。 BH Rotundanで降りる。 BHはブックホール(Bokhall)のこと。 帰る時はEで降りる。 Eはエントランス(Entreplan)のこと。 広くてとても明るいホールはぐるりと360度、本に囲まれている。 近代的な感じがします。 必見です。 地下鉄の出口はいくつもありま... すが、そのうちの1つは図書館のすぐ近くです。 外観は円形の煉瓦造りの建物。 中に入るとその円形に沿って壁いっぱいに本棚が作られていてすごく素敵です。 インスタ映えする図書館ということで有名になったせいか観光客も多数来ていて写真を撮っていました。 本棚にはスウェーデン語だけでなく英語やドイツ語の本なども多数あり、言語ごとに配置されていました。 閲覧スペースもたっぷりあり、実際市民の方も多数利用されていました。 綺麗で使いやすそうで羨ましい図書館です。

次の