生 チョコ 冷やす 時間。 手づくり基本テクニック[手づくりの基本(チョコ)]|ガーナ|お口の恋人 ロッテ

生チョコの分離やクッキングシートにくっつく時の対処、切り方のコツ

生 チョコ 冷やす 時間

生チョコを冷やす時間の目安は? 生チョコを冷蔵庫で冷やす時の目安の時間は? レシピによって書かれている時間は異なりますが、基本的に生チョコを冷蔵庫で冷やす時間の目安は 3時間です。 ちなみに、チョコは 10分~20分程度、 粗熱を取ってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。 粗熱を取らないと、冷蔵庫が「温度の高いものが入ってきた!」と認識し、フル稼働しようとして電気代が一気にあがるんだそうです。 また、生チョコを熱々の状態で冷蔵庫に入れると、 冷蔵庫の中で冷やされていた食品の温度が上がってしまい、味や品質の劣化になりかねません。 夏場なんかは特に危険なので、知識として覚えておいてくださいね。 生チョコを冷やして出来上がりの見極め方は? 生チョコは焼き菓子と違って、 見た目ではなかなか出来上がりの見極めがわかりにくいですよね。 なので、目安は冷蔵庫で 冷やす時間を守るということになります。 冷やす時間は 3時間程度。 生チョコの量や冷蔵庫のサイズによって前後することもあると思いますが、おおよそ3時間と覚えておきましょう。 生チョコは冷蔵庫と冷凍庫どっちで冷やすといい? 通常は 冷蔵庫で冷やすだけで十分です! ただ、あまりにも柔らかすぎる場合には 冷凍庫で冷やすのがおすすめです。 生チョコは冷やしたあとにカットする作業がありますが、カットに時間をかけてしまうと 室温で溶けてしまう場合があるんです。 少し柔らかいかな?と思ったときには冷凍庫に入れましょう。 冷蔵庫で冷やしたあと、追加で冷凍庫で冷やしても大丈夫ですよ。 慌てずに対応してくださいね。 生チョコが固まらない原因:冷蔵庫で冷やす時間が短い 生チョコを冷蔵庫で冷やしているときって、 なんだかもどかしい気持ちになるんですよね。 早く冷えないかな、早くカットしたいな、という気持ちが先走って、 完全に固まっていない状態なのに冷蔵庫から出したくなってしまうんです。 でも、 急がば回れです! まずは 冷蔵庫で3時間というのを冷やす時間の目安にしましょう。 冷凍庫で1時間と記載のあるレシピもありますが、 冷凍庫の場合は霜や水分が付く可能性があるので、あまりおすすめはしません。 どうしても冷やす時間を短くしたい場合は、 アルミ製のバットにチョコを流して冷やすと他の容器に比べて温度が下がりやすいですよ。 生チョコが固まらない原因:チョコレートが分離してしまった 生チョコを作るとき、 チョコレートがやっと溶けるくらいの温度で溶かすのが滑らかに作るコツなんです。 湯煎のときにチョコレートの温度が上がりすぎて、 油分が分離してしまうとボソボソとしたチョコになり固まらない原因になってしまいます。 温度管理はしっかりしていたのに、という場合はおそらく チョコの中に水が入ってしまったのだと思いますよ。 水分はチョコの大敵で、 1、2滴だけでも水分が入ってしまうとチョコは分離するので、気を付けましょう。 調理器具を洗ってから使う際はしっかり拭いてから使ってくださいね。 生チョコが固まらない原因:コーティング用チョコレートを使用している 生チョコを作るときどのようなチョコレートを使いますか? 板チョコやブロックのように 塊になったチョコ、はたまた ボタンのような形をしたチョコなど、色々な形のチョコがありますよね。 ただ、生チョコ作りで使ってはいけないチョコレートが1つだけあるんです。 それが コーティング用のチョコレート。 スポンジケーキのコーティングや手作りでエクレアなんかを作るときに上に掛けるチョコレートです。 一見普通のチョコレートのように見えるし、同じ売り場に並んでいるので間違えやすいんです。 でも、 パッケージにはしっかりとコーティング用と記載があるので確認してくださいね。 スポンサードリンク 生チョコが固まらない時の対処法は? 生チョコが固まらない時の対処法:チョコレートを追加する 生チョコをつくるとき、生クリームとの割合は 2:1が鉄則です。 生チョコが固まらない原因の1つに、 生クリームの入れすぎが考えられます。 ということは、 調和させるためにチョコレートを追加してみましょう。 一番初めに入れたチョコレートと生クリームの分量は覚えていますか? 生チョコをいったん耐熱ボウルに戻し、チョコレートと生クリームの割合が2:1になるよう計算して必要な分のチョコレートを溶かし入れます。 もし一番初めの分量を覚えていない場合は 10g程度のチョコレートを溶かし入れます。 足りない場合は少しずつ追加となるので、少し時間と手間がかかる方法ですが頑張ってください! お菓子作りは分量を守ることがとても大切な繊細なものなので、出来れば使った材料の分量はメモ等で控えておきましょう。 生チョコが固まらない時の対処法:冷凍庫に入れる 生チョコは冷蔵庫で固めることが出来るのですが、 冷蔵庫の中に食材がたくさん入っていたりすると固まらないこともあるんです。 冷蔵庫も他の食材を冷やすことで忙しいんですね。 追加して冷蔵庫で冷やす時間を1時間程度とれば生チョコは固まると思いますよ。 ただ、時間の都合で急ぎたいときなんかは冷凍庫に入れちゃいましょう。 そのときはラップをかけたりして、 霜や冷凍臭が付かないように気を付けてくださいね。 生チョコが固まらない時の対処法:ココアパウダーをかける 生チョコが固まらないということは、うまくカットすることも出来ない状況なんですよね。 包丁を入れてみたものの、隣同士のチョコがくっ付いてしまったり。 そんなときは ココアパウダーを全体に振りかけてみましょう。 ココアパウダーが生チョコと生チョコの間に入ってくれることで、 くっつきを剥がしてくれる効果があります。 しかし、あまりにもベタベタしすぎている場合は生チョコを冷やす時間が短い可能性が考えられます。 ココアパウダーを使うのは数時間冷やしたあとの施策として考えておいてくださいね。 ホイップクリームやミントなんかをトッピングするのも良いですね。 固まらない生チョコを再利用:トリュフチョコレート 生チョコ作りで失敗してしまっても、諦めないで! トリュフチョコレートに挑戦してみるのも良いかもしれません。 コロンと丸くて、ナッツやココアパウダーなんかでコーティングされているチョコレート菓子です。 ちなみに、生チョコとトリュフ、実は 材料は何も違いがないんです。 大きな違いは 生チョコは日本生まれ、トリュフはフランス生まれということ。 そして一般的には 四角いものが生チョコ、 丸いものがトリュフとされているんだそう。 材料が一緒なら、生チョコを手で丸めちゃいましょう! コツはただ1つ、 温かい手で丸めないことです。 出来れば 両手を氷水に10秒程度つけて、冷えた手で丸めないとベタベタとくっついてしまいます。 ある程度丸まったら、ナッツやココアパウダーが広げられたバットの上に転がしましょう。 形が一定でなくても、むしろその方が手作り感があって喜ばれると思いますよ。 固まらない生チョコを再利用:生チョコマフィン マフィンは生クリームを使わないレシピが多いのですが、固まらない生チョコを再利用する方法なので、生クリーム入りということになりますよね。 実はコレ、 通常のマフィンよりも美味しく作れちゃうんです! なぜなら生クリーム入りだから。 しっとり感がたまらない、 生チョコマフィンの作り方をご紹介します。 膨らむのでカップの8分目あたりまで。 しっとりふわふわのマフィンが作れるので、生チョコ作りで失敗しても落ち込まないでくださいね。 アレンジ次第で素敵なバレンタインの贈り物になりますよ!.

次の

手作りチョコが冷蔵庫で固まる時間の目安は?固まらない場合はどうする?

生 チョコ 冷やす 時間

スポンサードリンク 生チョコの分離の原因と対処は? 私はお菓子作りは大好きで、時間があればなにかしら作っています。 今年のバレンタインは生チョコを作ってみようと、試作してみることにしました。 お菓子作りに慣れているがゆえに、テキストのレシピを見ただけで作り始めたんですが・・・。 なめてましたね、生チョコ。 トラブル連発です。 使ったチョコレートは100均セリアの製菓用とガーナの板チョコを半々です。 まず、レシピ通りに生クリームを温めて、刻んだチョコを投入! 空気が入らないよう優しく混ぜると・・・。 なんかつぶつぶしたのが溶けてくれません。 チョコの溶け残りでもないようです。 分離した? よくある生チョコの分離は、油が浮いてきてザラザラした状態になることを言います。 (ジェラートっぽい感じ) 私のつぶつぶも、症状は軽そうですが分離の一種かもしれません。 今回は試作だからまあいいかっ、とこのまま強行。 後で原因を調べてみました。 少量作る場合は沸騰直前で止めた方がいいようですよ。 私のつぶつぶの原因はおそらくこれです。 すぐに混ぜてました(汗)。 湯煎の温度は50度くらい(手を入れてみてお風呂の温度よりちょっと熱いくらい)。 刻んだチョコと生クリームを合わせる方法でも、チョコが溶けきらなくて湯煎にかける場合もあります。 分離した時の対処は? チョコを50度くらいの湯煎で温めなおし、温めた生クリームを大さじ1くらい加えて混ぜる。 チョコを入れたボウルの底を水で冷やす。 湯煎と水に交互に浸しながらゆっくり混ぜて様子をみてください。 戻らなければ生クリームをもう少し足して、同様に繰り返してみてくださいね。 生クリームが残っていなければ牛乳でもOKです。 分離の度合いにもよるので絶対ではないですが、なめらかな状態に戻せるかもしれません。 ただし、生クリームを入れすぎると柔らかくなって固まらなくなるかもしれませんのでご注意を! それでも戻らない場合は、チョコケーキにしたり、クッキーに入れたり、牛乳で溶かしてホットチョコレートに。 生チョコがクッキングシートにくっつく時はどうする? 型にチョコを流し込み、数時間冷やして、クッキングシートをはがそうとすると・・・。 シートにチョコがくっついてビヨーンと伸びるだけで、はがれてくれません(泣)。 クッキングシートは両面使えるタイプなので、裏表を間違ったわけじゃないんですが。 (原因は多分、生チョコが柔らかすぎたせい、原因は後に書いていますので参考にしてくださいね!) 包丁を使って無理やりはがしてみましたが、汚くなってしまいました。 側面は形を整えるために切り落とすとはいえ、この方法だと底面をはがすのが大変。 温めてチョコを溶かせばいいとわかったんですが、湯煎にかけるのは溶け過ぎそうでちょっと怖い。 そこでお湯で温めたタオルを使ってみました。 温かいタオルの上にほんの数秒のせる。 側面は温かいタオルで軽く押さえる。 するっとはがれてくれました。 よかった〜。 タオルを当てる時間は一瞬で大丈夫です。 1回ではがれなければもう一度当ててみてください。 タオルが手で持てないくらい熱かったり、長く当てるとチョコが溶けすぎるので気をつけてくださいね。 スポンサードリンク 生チョコの切り方のコツは? ようやく切るところまでたどり着きました。 「きれいに切るコツは、包丁を温めること」というのは参考にしたレシピに書いてあったので・・・。 お湯で包丁を温めてふきんで水気を拭き取り、生チョコに当てるときれいに切れました。 一切りごとに温める、拭く、切るを繰り返します。 ちょっと面倒ですが、きれいに切るためです。 がんばりましょう! が、ここでまた問題発生です。 写真ではきれいに切れているように見えますが、ところどころまたくっついてしまって、1個ずつ取ろうとすると形が崩れます。 切るときにチョコ同士がくっつかないよう少しずらして離せばよかったんですが、もう遅い。 この後、もう一度温めた包丁で切りつつなんとかココアをまぶしました。 参考にしたレシピでは切り分けてからココアをまぶすと書いてあったんですが、後から生チョコの作り方を動画で見ると切る前にココアをまぶしているものが多かったです。 切る前に表裏ともにココアを振っておくと、切り分けながらチョコを横にずらして離すのが簡単なのでくっつくこともありません。 (ココアのおかげですべりが良くなるためかな?) なるほど〜。 切り分ける前にココアを振っておいたほうが安全そうです。 次からはこちらの工程を採用します! なんだかんだで箱詰め。 今回の生チョコを固める型には、ラッピングボックスにクッキングペーパーを敷いたものを使いました。 試作のため、出来上がりのチョコの端を切り落とさなかったので、ぴったりサイズ過ぎてギッチギチで詰めるのも一苦労。 ちょっとボコボコしてますが、試作1号としてはまずまずの出来でした。 味は美味しかったですよ、つぶつぶも感じませんでした。 生チョコが柔らかい原因は? 今回作った生チョコはかなり柔らかめの仕上がりになりました。 普段からお菓子を作っていても、初めてのものに挑戦するのにテキトーはいけませんね。 でも、基本とコツさえつかめば本当に簡単にできるお菓子でもあります。 しかも、作るのが難しそうで高級に見えるところもプレゼントとしてポイント高いですよね! お菓子作りに慣れている方も初心者の方も、動画サイトでしっかり確認をしてから作り始めるのがオススメですよ。 何事も基本が大事ということですね。 次はきっとうまくいくはず! 頑張りましょう!.

次の

生チョコが固まらない!冷凍するのはアリ?3つのコツも!

生 チョコ 冷やす 時間

手作りチョコの日持ち・賞味期限 作るお菓子の材料によって日持ちはまちまちなので、下記を参考にしてください。 型抜きチョコ チョコレートを溶かして固めただけの場合は、冷蔵庫で4~5日です。 材料がチョコレートのみなので、生チョコ等に比べると若干長く日持ちします。 生チョコ 冷蔵庫で3~4日です。 ただし、チョコレート・生クリーム等の基本的な材料以外に、果物を使用したレシピの場合は1~2日となります。 トリュフ 冷蔵庫で約4日ですが、生チョコ同様に果物を使用した場合は1~2日です。 お酒を使ったレシピだと日持ちも長くなるかな?と思ったのですが、パティシエの方によると、「材料に生クリームを使用するので、お酒が入っていても日持ちの目安は4日程です」という事でした。 ブラウニー 常温で5~7日です。 作った翌日以降が、味が落ち着いてしっとりして美味しいです! 乾燥するとパサついてしまうので、ラップでぴっちり包んで保存してください。 チョコレートパイ 常温で2~3日です。 ただしパイは湿気りやすいので、保存に注意してください。 チョコマフィン・チョコカップケーキ 常温で3~4日です。 ただし生クリームや果物でデコレーションした場合は冷蔵庫で1~2日となります。 チョコパウンドケーキ 常温で約1週間です。 作ってから3~4日目が、しっとりとして美味しくなります。 すぐにプレゼントしない場合は、乾燥を防ぐためにラップでぴっちりとくるんで保存してください。 ガトーショコラ 冷蔵庫で4~5日です。 ただし湿気りやすいので、作ってから長時間おくと味が落ちるので注意! また、中に挟むのがジャムではなく、生クリームや果物等の場合は冷蔵庫で保存してください。 果物を使用した場合の日持ちは1~2日です。 チョコレートケーキ 生クリームでデコレーションした場合は、冷蔵庫で3~4日です。 果物を使用した場合、冷蔵庫で2日は大丈夫ですが、やはり理想は当日です。 チョコタルト タルトにガナッシュを詰めただけなら冷蔵庫で3~4日です。 デコレーションに生クリームや果物を使用した場合は1~2日になります。 チョコクッキー 常温で約一週間です。 ただし、ガナッシュやジャムをサンドした場合は常温で3~4日です。 クッキーは湿気りやすいので、密閉容器にいれて保存するといいです。

次の