武漢 ウイルス 性 肺炎。 インド人研究者が武漢肺炎ウイルスの秘密を解明

武漢市、空港・鉄道を閉鎖コロナウイルス変異を警戒人から人へも感染-中国新型肺炎|医療ニュース トピックス|時事メディカル

武漢 ウイルス 性 肺炎

だが米国の一部の政治屋は故意に新型コロナウイルスを中国と関連付け、現在の感染症を「武漢肺炎」「中国ウイルス」と呼び、スティグマタイゼーションに力を入れている。 こうした極めて不道徳で無責任な言動は、自国の感染防止・抑制に無益であるのみならず、世界が団結・協力して感染症と闘ううえで重大な妨げとなる。 中国側はこれに強く憤り、断固として反対し、米側に対して、直ちに過ちを正すとともに、いわれなき対中非難を止めるよう促している。 ウイルスは人類共通の試練だ。 ウイルスを特定の国と関連付けるのは、国際機関のガイドラインに反する。 世界保健機関()は「新型コロナウイルスの発生源はまだ不確定であり、現在はいかにウイルスに対処し、これを抑え込むかに注目すべきであり、地域をスティグマタイズする言葉は避けるべきだ」と繰り返し表明している。 WHOが新型コロナウイルス感染症の名称を「COVID-19」と決めたのは、名称をいかなる地域や国とも関連付けないためだ。 米国の一部の政治屋が国際機関のガイドラインを無視し、スティグマタイゼーションに力を入れ、人為的にパニックをつくり出すのは、典型的な暗黒心理のなせるわざだ。 ウイルスの発生源は科学の問題であり、科学的、専門的な意見を聞く必要がある。 現在、ウイルスのトレース作業はなお進行中であり、最終結論は出ていない。 WHOで公衆衛生上の緊急事態への対応を統括するマイケル・ライアン()氏はメディアに「どの疾病でも発生源に関しては、どの地にも可能性がある。 コロナウイルスは世界中に存在する。 われわれにとって重要なのは、その地理的発生源をとがめるのではなく、ウイルスにいかに対処し、これを抑え込むかに注目することだ」と指摘する。 米ジョージタウン大学()で感染症を専門とするダニエル・ルーシー()氏は「ウイルスの潜伏期などの要素を考えると、新型コロナウイルスの最初の感染者は2019年11月、あるいはもっと早い時期にすでに出ていたとみられる」と指摘する。 ウイルスの発生源がまだ不明な中、米国の一部の政治屋が待ちきれずに他国を非難し、中傷し、真相の探究を許さないのは、一体何の魂胆があるのだ? 全世界の公衆衛生が厳しい試練に直面している。 人類は科学によって愚昧を打ち負かし、協力によって偏見を阻止しなければならない。 「現在必要なのはパニックではなく慎重さ、スティグマタイゼーションではなく科学、恐れではなく真相だ」。 国連のグテレス事務総長はこのほど各国に再び呼び掛けた。 パンデミック(世界的な大流行)によって、各国のガバナンス能力が試され、また国際協力への各国の参加姿勢もさらされた。 米国は自らの政治、医療など各方面に存在する宿痾(しゅくあ)をすでに露呈した。 米国は直ちに問題を直視し、欠陥を補い、全力を尽くして健康と平穏を確保しなければならない。 米国市民が若干失望しているのは確かだ。 例えば米戦略国際問題研究所( 上級副所長兼グローバル・ヘルス・ポリシー・センター長のスティーブン・モリソン()氏は先般「中国の実施した厳しい隔離措置はわれわれのために時間を稼いだ。 われわれはこの時間を利用して有益な準備をしたのか?」と米政府を詰問した。 中国政府は一貫して米側と情報を共有し、中国の専門家は米国の専門家と診療プロトコルを共有し、中国企業も米国の感染症との闘いを支援すべく尽力している。 こうした否定できない事実を前にしてもなお、米国の一部の政治屋はあろうことか再三故意に中国を非難し、そのイメージを悪くすることで、米国民の不満をそらそうとしている。 彼らはこうして感染症との闘いにおける国際協力を破壊しているのであり、人々の生命と健康に対して全く無責任だ。 ウイルスはまだ猛威を振るっている。 米国の一部の政治屋に対して、中国を非難し、そのイメージを悪くする力を少しは節約し、自国の事をしっかりと行うことに精神を集中し、全世界の公衆衛生上の安全を守るために少しは建設的役割を果たすよう忠告する。

次の

中共ウイルス(武漢肺炎、COVID

武漢 ウイルス 性 肺炎

新型コロナウイルスによる肺炎の死者は中国本土で100人を超えた。 発症者は4000人を超え、感染は中国以外では、日本を含む世界の16以上のの国と地域に拡大している。 SARS=重症急性呼吸器症候群感染拡大の時と同様、情報公開や対策の遅れが指摘されているが、対応を誤ると習近平指導部の足元を揺るがしかねない問題だ。 現地メディアの報道やSNSの情報などから中国当局の対応について検証してみた 病院に殺到する武漢の人々 12月8日に原因不明の肺炎患者を初めて確認 そもそもこの新型肺炎の発生はいつだったのか。 中国の検索サイトで調べると「2019年12月8日に武漢市は原因不明のウイルス性肺炎に感染した患者を初めて確認した。 その後も原因不明の肺炎の症例は増えている」とする中国メディアの報道が確認できる。 結果的にこの症例が新型のコロナウイルスによるものだったかはわからないが、少なくとも12月8日に湖北省の武漢で「原因不明の肺炎」症例が確認されていたことがわかる。 そして、ネット上には、12月30日、「原因不明の肺炎に関する緊急通知」と題する武漢市衛生当局が出した文書が街中に出回ったとする情報があり、さらに検索すると「緊急通知」文書とする写真が確認できる。 各医療機関にあてたもので、武漢市の海鮮市場で原因不明の肺炎患者が相次いでいるので同じような肺炎の患者の数をまとめて報告してほしいという内容だ 中国のSNSより 報道では、この2日後の1月1日にウイルスの発生源と指摘されている武漢市の海鮮市場の休業が発表された。 事実上の閉鎖措置だ。 原因不明の肺炎発生から市場の閉鎖まで約3週間かかってしまい、中国でも情報公開と対応の遅れが指摘されている。 海鮮市場閉鎖の通知 1000万都市武漢を封鎖、パック旅行禁止など対策とるも感染歯止めかからず この武漢市で多発している原因不明の肺炎が新型コロナウイルスによるものと初歩的に判断されたと中国メディアが報じたのが1月9日。 最初に確認された症例から1か月が過ぎている。 後に中国の衛生当局は、潜伏期間は1日から14日間で、その間にも感染するとの見方を示しているが、「春運」と呼ばれる延べ30億人の大移動が始まったのはこのころだ。 感染したことを知らずに高速鉄道に乗った人が大勢いるかもしれない。 習近平国家主席が、新型コロナウイルスによる肺炎で初めて指示を出したのは確認できる限りでは1月20日だ。 「断固としてウイルスの蔓延を阻止するように」習主席は、春節で大勢の人が移動する時期であることを念頭に檄を飛ばし、情報の即時公開などを指示した。 新型コロナウィルス また、中国の専門家チームのトップが「ヒトヒト感染」が起こっていることを明らかにした。 これを境に国営テレビはじめ、中国メディアが新型コロナウイルスによる肺炎のニュースを大きく扱うようになり、首都の北京や上海でもマスクが品薄になるなど市民の警戒レベルが一気にあがった。 しかし、この頃、武漢をはじめ多くの人々が春節休みで国内外に移動し始めてしまっている。 23日には武漢の空港や駅が閉鎖され、人口1100万人の都市で人の移動を制限する異例の措置がとられた。 この時点で「原因不明の肺炎」が最初に報告されてからほぼ7週間が経っていた。 さらに、27日からは海外パックツアーを禁止。 対策に躍起の中国当局だが感染拡大に歯止めがかかっていない。 発症者はチベット自治区を除く中国全土で確認されている。 武漢では2月2日と5日の完成を目指し、2か所の専用病院を急ピッチで建設しているほか、李克強首相が現地に入り患者を見舞い、医療関係者を激励し、対応の遅れと感染拡大によるマイナスイメージの払拭に努めている。 しかし、四川大地震の際、当時の温家宝首相が発生初日に現地入りしたことと比べられ、対応が遅いと批判の声も出ている。 米中貿易戦争、香港デモ、台湾総統選に続き習政権に難題 こうした中、共産党系のメディア「環球時報」は22日、「武漢市は新型コロナウイルスを封じ込めることができなかった」などと武漢市の対応を批判する社説を掲載。 共産党がすべてを指導する中国でこうした論評を掲載するには、党上層部の許可があったとみるのが自然だ。 メディアを通じて感染拡大の責任は、武漢市指導部にあると言っていると受け取れる。 武漢の周先旺市長 批判されたた武漢市の周先旺市長は、27日に国営テレビにマスク姿で出演した際、情報公開と対応の遅れについて非を認めた。 一方で周市長は「地方政府としては、情報を得た後、許可があってから公開できる。 この点については理解されていない」と釈明し、情報公開にあたって上級レベルの許可がなかったことを強く示唆した。 武漢市より上のレベルとなると湖北省や党中央、さらには国そのものの指示となり、周市長のこの発言は、責任を武漢市だけに押し付けようとする動きに抗っているようにも聞こえる。 この問題は、習近平政権にとって、米中貿易戦争、香港のデモ、台湾の総統選で中国寄り候補の敗北に続く試練で、対応を間違えると市民の不満や党内部からの批判が高まり、政権の足下を揺るがしかねず、一地方幹部である周市長のこの発言は極めて異例だ。 習近平国家主席 今回の新型肺炎の感染拡大はSARSと比較されているが、中国の国際的地位や世界経済に与える影響は当時とは比べものにならないほど大きくなり、世界を移動する中国の人々の数も桁違いに増大している。 世界第二位の経済大国として中国には改めて情報公開と透明性の確保が求められている 【執筆:フジテレビ 国際取材部デスク 垣田友彦】.

次の

新型コロナの死因の大半「ウイルス性肺炎」の症状とは(NEWSポストセブン)

武漢 ウイルス 性 肺炎

この肺炎が拡大した昨年12月以降、死者が出たことを認めるのは初めてだ。 中国政府は国内では武漢以外で発症者がいないと発表しているが、すでに香港やマカオ、シンガポールでは出張や旅行で武漢を訪れた人の発症例が発表されているほか、韓国では中国人の女性観光客が発症し、ソウル市内の病院に隔離されている。 海外で中国人の発症者が出るのは初。 日本にも2018年には年間838万人もの中国人観光客が訪れており、中国内で感染者が増えれば、日本でも「武漢型新型肺炎」流行の可能性は否定できない。 特に、中国では今月下旬から春節(旧正月=25日)の大型連休が始まり、国内だけでも例年、延べ約30億人が移動し、海外には約700万人が渡航するだけに、新型ウイルス性肺炎が蔓延すれば世界的にも大きな被害が出ることが予想される 武漢でこの肺炎の患者が最初に確認されたのは昨年12月4日だったが、武漢市政府が事実を発表したのは12月31日と発生から3週間以上が経過していた。 それも、30日に同市の病院が「原因不明のウイルス性肺炎が発生した」との発表を受けたもので、市当局は「隠しきれない」として発表した可能性が濃厚だ。 すでに、今月5日の発表では59人が発症し7人が重症だったが、そのうちの62歳の男性が死亡した。 このほか、感染の疑いがある者は163人に上る。 香港でも武漢からの出張者を含む30人が感染し、うち13人が退院、17人が入院中だ。 マカオでは8人、シンガポールでも3歳の女児が感染したことが確認されている。 韓国でも中国人観光客1人が発症した。 症状としては、体温が38度から40度以上に達するほか、激しい咳が出るなど、風邪の症状に似ているという。 世界保健機関(WHO)は、患者の症状などから、原因は新型コロナウイルスの可能性が否定できないと指摘する。 日本の厚生省は5日、中国への渡航者に注意を呼び掛ける文書を発表したほか、駐中国米国大使館も「第1級監視警報」を出すなど警戒を呼び掛けている。 信用性が低い中国当局の発表 武漢市当局は「今月5日以降の発症者はいない」とコメントしている。 このため、このまま推移すれば「武漢型新型肺炎」は自然消滅との希望的な観測も出始めているものの、そうたやすく収束しそうもない。

次の