スニーカー イラスト。 【DIY】簡単!デコスニーカー・ペイントスニーカー・デコパージュスニーカー作り方特集♪

【DIY】簡単!デコスニーカー・ペイントスニーカー・デコパージュスニーカー作り方特集♪

スニーカー イラスト

概要 に適した柔らかいの総称で、丈夫なや(人工皮革が多い)、等が主な素材である。 その構造からへの負担と足音を軽減する効果を持っている。 靴紐、マジックテープ等が付いていて、フィットするようにできる物が一般的である。 のように、生地が厚く、部分がの役割を持つ特殊な構造で作られている物も多く見られる。 語源は「忍び寄る」を意味する英語の"Sneak"で、そのイメージからかつては下層階級や子供のとされた時代もあったという。 また、スポーツという行為のイメージから、には相応しくない物とされる事もあった。 現代では機能面面で様々な改良が加えられ、むしろ一般人が簡単には買えない程の高級品も作られるようになっている。 スニーカーを取り入れた女性向けも多数考案された。 をプリントした男児用・女児用のスニーカーも沢山発売されている(女児用のものは、リボンなどのかわいらしい装飾品が使われている)。 使用目的から通気性にも優れた物が多いものの、靴ずれを防ぐ意味等もあってを間に挟んで着用する事が推奨される。 もっとも、で履いた方が良いというも一部ではあるのだが。 靴メーカー各社から様々な種類のものが発売されており、デザイン性や希少性に魅了されるファンも多いジャンルである。 愛好家の中には個人で何千足ものスニーカーを収集している人も多数おり、そういったマニアックな層は(愛好家達の自虐も込めて)スニーカーヘッズと呼ばれている。 関連タグ スニーカーのメーカー 関連記事 親記事.

次の

【DIY】簡単!デコスニーカー・ペイントスニーカー・デコパージュスニーカー作り方特集♪

スニーカー イラスト

靴のイラストを描くポイント 1つ目は、靴が小さくなってしまうので、足のアタリの上にそのまま靴を描いてはいけないことです。 本来、靴は足を包むものなので一回り大きく描きましょう。 2つ目は先ほどの足首の可動域と関わることですが、過剰に曲げ過ぎないということです。 特に「あおり」や「ふかん」の際は気をつけましょう。 自分の足で確認しながら描くといいでしょう。 スニーカーの描き方 ここからは様々なシーンで使えるスニーカー、ブーツ、パンプスについて解説していきます。 まずはスニーカーからです。 横から見たスニーカーを描く スニーカーには3つの種類があり、くるぶしの長さによって種類が分かれます。 ローカット、ミドルカット、ハイカットの3つです。 その他にも、スリップオンやハイソールスニーカーなどがあります。 スニーカーの基本形は簡単な台形で、先端は若干上がり、足を入れる穴は半分より右よりの位置にあります。 足首を包む部分には少し厚みがあり、紐は足の甲の部分に沿って入ります。 スニーカーを正面から描く 正面についても、前後を考える必要はありますが、基本の台形で考えて形で覚えましょう。 特に紐が外側へ向く点、つま先が若干上がっている点に注意してください。 つま先が上がると底も見えるようになります。 スニーカーを後ろから描くコツ 後ろ側を描く際は俯瞰 ふかん になる場合が多いですが、連なる台形が3つあると考えてみましょう。 足首の部分の厚みを意識するとより靴らしく見えてくるでしょう。 俯瞰や煽りの角度で描いたスニーカーはこちらを参考にしてください。 紐の描き方 続いて、スニーカーの細部を見ていきましょう。 最も複雑なパーツとなっているのが「紐 ひも 」です。 紐を描くポイントは、穴に通る部分を少し狭めることと、結んだ先は固定されることを意識することです。 まずは通し穴を描き、1番手前の先端部分、上にかぶさる斜めの部分を描きます。 最後に残りの斜めの部分を描いてみましょう。 この方法はブーツなどにも応用できると思うので色々試してみて下さい。 パソコンで描く場合、太い線でバツ印を組み合わせ、外側を自動選択し、ピクセルを拡張した後、選択範囲反転させ中をデリートすると描くことができます。 スニーカーの斜め向き(応用編) 斜め向きのスニーカーについては単純な台形とまでは行かないですが、台形の立体で覚えておいて大丈夫です。 指・甲・かかとの形に注目して、カクカクの足を描く感覚で描いてみましょう。 小指部分に相当するふくらみのところを忘れず描きましょう。 逆側の土踏まず側も把握しておけば底も悩まず描けるようになるので、側面をしっかり把握しておきましょう。 ブーツの描き方 ブーツはロング、カジュアル・ショートに分かれます。 ブーツの形も甲、指先の立体が関わってきます。 指先が少し浮いているということ、かかと部分の方に厚みがあるため足首の部分にしわができるということを意識しましょう。 地面の接地面を考えながら足にかぶせるように描きましょう。 正面から見ると底が見えたり、前がWの形になります。 アオリとフカンの角度 少し変わった角度の俯瞰やあおりを見ていきます。 接地面を考えるのが難しいという場合は、ガラス板の上に乗っているように考えます。 どこが地に着く部分かということを考えながら描きましょう。 パンプスの描き方 パンプスの種類は通常のプレーンからサイドのないセパレート、つま先のあいたオープントゥなどがあります。 つま先がかなり上がることと、かかとの下の固定部分がやや内側についていること、側面の立体を忘れないことに注意しましょう。 側面は向きにより形が変わるので、よく観察しましょう。 つま先部分は三角にとらえ、底はDの形をとらえましょう。 生地の盛り上がりにより、若干底が見えることにも注意しましょう。 スニーカーイラストの作例 次のイラストは実際にスニーカーのイラストを描いたものです。 まずは台形の立体を考え、側面をくっつけながら描きます。 底の部分は分厚くなっているので気をつけましょう。 ブーツの作例 指先を少し浮かし、底の部分に厚みがあるので、しわを描きます。 パンプスの作例 指先をかなり上げ、底が見えるようにします。 かかとはやや高めにし、側面の立体をずれないように描 いていきます。 全体に共通することは側面の部分を気にして描くことです。 ブーツやパンプスの場合は底面が少し見えることをプラスして意識し、スニーカーは肝となる紐の部分を意識しましょう。 まとめ 靴の描き方講座はいかがでしたか? 動画講座では実際にイラストを描いていきながら解説を行っています。 繰り返し靴を練習して描き方を自分のものにしてくださいね! また、この講座を担当したume先生が教える「キャラの描き方講座」では、体のバランスや顔のバリエーションがスッキリわかる講座になっているので、ぜひ見てみてくださいね。

次の

【DIY】簡単!デコスニーカー・ペイントスニーカー・デコパージュスニーカー作り方特集♪

スニーカー イラスト

靴のイラストを描くポイント 1つ目は、靴が小さくなってしまうので、足のアタリの上にそのまま靴を描いてはいけないことです。 本来、靴は足を包むものなので一回り大きく描きましょう。 2つ目は先ほどの足首の可動域と関わることですが、過剰に曲げ過ぎないということです。 特に「あおり」や「ふかん」の際は気をつけましょう。 自分の足で確認しながら描くといいでしょう。 スニーカーの描き方 ここからは様々なシーンで使えるスニーカー、ブーツ、パンプスについて解説していきます。 まずはスニーカーからです。 横から見たスニーカーを描く スニーカーには3つの種類があり、くるぶしの長さによって種類が分かれます。 ローカット、ミドルカット、ハイカットの3つです。 その他にも、スリップオンやハイソールスニーカーなどがあります。 スニーカーの基本形は簡単な台形で、先端は若干上がり、足を入れる穴は半分より右よりの位置にあります。 足首を包む部分には少し厚みがあり、紐は足の甲の部分に沿って入ります。 スニーカーを正面から描く 正面についても、前後を考える必要はありますが、基本の台形で考えて形で覚えましょう。 特に紐が外側へ向く点、つま先が若干上がっている点に注意してください。 つま先が上がると底も見えるようになります。 スニーカーを後ろから描くコツ 後ろ側を描く際は俯瞰 ふかん になる場合が多いですが、連なる台形が3つあると考えてみましょう。 足首の部分の厚みを意識するとより靴らしく見えてくるでしょう。 俯瞰や煽りの角度で描いたスニーカーはこちらを参考にしてください。 紐の描き方 続いて、スニーカーの細部を見ていきましょう。 最も複雑なパーツとなっているのが「紐 ひも 」です。 紐を描くポイントは、穴に通る部分を少し狭めることと、結んだ先は固定されることを意識することです。 まずは通し穴を描き、1番手前の先端部分、上にかぶさる斜めの部分を描きます。 最後に残りの斜めの部分を描いてみましょう。 この方法はブーツなどにも応用できると思うので色々試してみて下さい。 パソコンで描く場合、太い線でバツ印を組み合わせ、外側を自動選択し、ピクセルを拡張した後、選択範囲反転させ中をデリートすると描くことができます。 スニーカーの斜め向き(応用編) 斜め向きのスニーカーについては単純な台形とまでは行かないですが、台形の立体で覚えておいて大丈夫です。 指・甲・かかとの形に注目して、カクカクの足を描く感覚で描いてみましょう。 小指部分に相当するふくらみのところを忘れず描きましょう。 逆側の土踏まず側も把握しておけば底も悩まず描けるようになるので、側面をしっかり把握しておきましょう。 ブーツの描き方 ブーツはロング、カジュアル・ショートに分かれます。 ブーツの形も甲、指先の立体が関わってきます。 指先が少し浮いているということ、かかと部分の方に厚みがあるため足首の部分にしわができるということを意識しましょう。 地面の接地面を考えながら足にかぶせるように描きましょう。 正面から見ると底が見えたり、前がWの形になります。 アオリとフカンの角度 少し変わった角度の俯瞰やあおりを見ていきます。 接地面を考えるのが難しいという場合は、ガラス板の上に乗っているように考えます。 どこが地に着く部分かということを考えながら描きましょう。 パンプスの描き方 パンプスの種類は通常のプレーンからサイドのないセパレート、つま先のあいたオープントゥなどがあります。 つま先がかなり上がることと、かかとの下の固定部分がやや内側についていること、側面の立体を忘れないことに注意しましょう。 側面は向きにより形が変わるので、よく観察しましょう。 つま先部分は三角にとらえ、底はDの形をとらえましょう。 生地の盛り上がりにより、若干底が見えることにも注意しましょう。 スニーカーイラストの作例 次のイラストは実際にスニーカーのイラストを描いたものです。 まずは台形の立体を考え、側面をくっつけながら描きます。 底の部分は分厚くなっているので気をつけましょう。 ブーツの作例 指先を少し浮かし、底の部分に厚みがあるので、しわを描きます。 パンプスの作例 指先をかなり上げ、底が見えるようにします。 かかとはやや高めにし、側面の立体をずれないように描 いていきます。 全体に共通することは側面の部分を気にして描くことです。 ブーツやパンプスの場合は底面が少し見えることをプラスして意識し、スニーカーは肝となる紐の部分を意識しましょう。 まとめ 靴の描き方講座はいかがでしたか? 動画講座では実際にイラストを描いていきながら解説を行っています。 繰り返し靴を練習して描き方を自分のものにしてくださいね! また、この講座を担当したume先生が教える「キャラの描き方講座」では、体のバランスや顔のバリエーションがスッキリわかる講座になっているので、ぜひ見てみてくださいね。

次の