茨城県 梅雨明け 予想。 梅雨明け予想2020年【関東甲信】

今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録

茨城県 梅雨明け 予想

昨年は、平年よりも少し短めな梅雨時期だった関西・近畿地方。 今回は気になる 今年、2020年の関西・近畿地方の梅雨入り、梅雨明け時期予想を 紹介していきたいと思います! ちなみに、wikipediaによると、 関西地方の定義は、 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県。 近畿地方の定義は、 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県。 となっていますので、 主に気象庁の「近畿地方のデータ」を使い予想していきます。 そもそも、梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているのでしょう? 実は気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているので、 確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、 比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて、 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、 実際に雨が降りだした日を 梅雨入りとします。 また、反対に 雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を 梅雨明けとしています。 比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を 梅雨入りとしているようですが、確定値は9月に結果を再検討して 修正された後に決まります。 梅雨明けも同様で、その反対になります。 2020年 令和2年 関西の梅雨入り時期を予想! それではまずは2020年の関西・近畿地方の 梅雨入り時期の予想をしていきます。 気象庁の1951年から2019年までの 過去69年間の関西・近畿地方の梅雨入りデータをみると 最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日頃で、 最も遅い梅雨入りは1958年の6月25日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 梅雨入りの平年値は6月7日ごろで グラフの平均線が右下がりになっていることからもわかる通り 年々梅雨入りの時期が早まっている傾向が見て取れます。 また、昨年 2019年 は6月27日 一昨年 2018年 は6月5日が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関西・近畿地方の梅雨入り時期は 6月3日頃から6月18日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 関西の梅雨明け時期を予想! 一方、2020年の関西の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、 最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。 69年間の関西・近畿地方の梅雨明けの平年値は7月21日頃。 また、グラフを見てみると平均線が右肩上がりになっているため 梅雨明けの時期が遅くなっている傾向が確認できます。 梅雨入りの時期が早くなり、 かつ梅雨明けの時期が遅くなっている傾向があるので、 関西・近畿地方の梅雨は長期化している傾向があるといえるでしょう。 さらに、 昨年 2019年 は7月24日 一昨年 2018年 は7月9日に梅雨明けをしたので、 これらのデータから判断すると、 2020年の関西・近畿地方の梅雨明けは 7月10日頃から7月24日頃の間くらいとなりそうですね。 関西の梅雨の特徴は? 関西(特に大阪、兵庫、和歌山)の気候は瀬戸内海式気候と呼ばれ、 年間を通じて天気が安定的で、降水量も全国的に見ても少ない方です。 しかし、 梅雨時期の雨量は決して少ないわけではなく、 局所的に降ると言われています。 六甲山で発生した積乱雲が、北部に流れて大雨を降らします。 六甲おろしと言えば、プロ野球阪神の応援歌で有名ですね! オウ オウ オウオウ阪神タイガース!! さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいですね。

次の

【2020最新】茨城県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

茨城県 梅雨明け 予想

現在は1981年~2010年の観測データーが使われてます。 のデーターから出典 7月18日 7月25日 8月1日 旭川市 25. 7 16. 2 26. 8 17. 1 27. 3 17. 6 釧路市 18. 9 13. 1 19. 1 14. 1 20. 8 15. 0 札幌市 25. 0 17. 5 26. 2 18. 6 26. 8 19. 4 秋田市 26. 6 20. 1 28. 1 21. 0 29. 0 21. 7 仙台市 25. 8 19. 8 27. 1 20. 8 28. 2 21. 5 新潟市 28. 1 21. 5 29. 8 22. 6 30. 8 23. 3 さいたま市 30. 0 21. 8 31. 1 22. 6 31. 9 23. 1 東京 (千代田区) 29. 4 22. 1 30. 4 22. 8 31. 0 23. 2 静岡市 29. 7 23. 0 30. 2 23. 5 30. 6 23. 8 名古屋市 31. 0 23. 3 32. 1 24. 0 32. 9 24. 4 長野市 29. 2 20. 1 30. 6 21. 0 31. 5 21. 6 金沢市 29. 0 22. 5 30. 4 23. 5 32. 9 24. 4 京都市 31. 7 23. 4 33. 0 24. 1 33. 6 24. 6 大阪市 31. 8 24. 6 33. 0 25. 3 33. 6 25. 7 広島市 31. 1 24. 1 32. 2 24. 8 32. 9 25. 1 松江市 29. 5 22. 5 30. 8 23. 3 31. 6 23. 8 高松市 31. 5 23. 9 32. 3 24. 5 32. 8 24. 8 高知市 31. 0 23. 8 31. 8 24. 2 32. 1 24. 3 福岡市 31. 3 24. 6 32. 0 25. 1 32. 4 25. 4 熊本市 32. 1 24. 3 33. 0 24. 7 33. 6 24. 7 鹿児島市 32. 4 25. 5 32. 7 25. 8 32. 8 25. 9 那覇市 31. 9 26. 9 31. 9 26. 9 31. 7 26. 7 3か月予報(7月・8月・9月) 6月24日発表分 7月~9月の全般の気温は、北日本と沖縄・奄美で高い確率が50%、東日本と西日本で高い確率が60%と予想されています。 熱中症や豪雨に注意が必要 気温が高い日は、局地的な雷雨も増える傾向です。 熱中症に気を付けるとともに、急な大雨にも注意が必要です。 また7月は東日本・西日本で、梅雨の後半に入ります。 梅雨の末期にかけて大雨の日も多くなります。 もしもの災害に備え、危険個所や避難経路と場所の確認、防災用品などの準備も大切です。 9月までの気温は、全国的に平年より高くなる予想です。 猛暑になるかは分かりませんが、2000年から昨年までの20年間で平年の気温を上回った夏は、東日本で18回(平年より0. 「コロナ禍」で厳しい状況が続いていますが、猛暑と毎年のように発生している豪雨災害にも注意が必要ですね。 平年比(%) 年 沖縄 奄美 九州南部 九州北部 2019 138 154 140 100 2018 71 116 128 110 2017 105 86 91 67 大規模な災害は2017年7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心に発生した「 九州北部豪雨」。 (死者40人、行方不明者2人) 年 四国 中国 近畿 東海 2019 132 83 112 138 2018 156 119 162 110 2017 81 77 81 67 大規模な災害は2018年6月28日から7月8日にかけて発生した「 西日本豪雨」。 (死者224人、行方不明者8人、負傷者459人) 年 関東・甲信 北陸 東北南部 東北北部 2019 134 89 118 70 2018 92 70 43 99 2017 71 133 110 118 「令和2年7月豪雨」の降水量 気象庁は7月15日に、今回のを発表しています。 7月1日~10日の降水量の総和は208,308. 0mmで、1982年以降で最多になったということです。 これまでの記録は2018年7月上旬に、西日本を中心に豪雨となった「平成30年7月豪雨」の207,526. 5mm。 記録的豪雨になった原因は、「梅雨前線が長期間停滞し、暖かく湿った空気が流れ込み続けたため」と発表しています。 10日間で東京都の年間降水量1,874mm(2019年)の約111倍が、九州を中心に西日本の広い範囲で降ったことになります。 年間降水量が毎年国内上位の高知県と比べても約74倍です。 台風の発生は通常より西にずれ、消滅までの期間は短くなる傾向ということです。 11月を中心とした10月~12月の場合は、東日本で平年の気温より低くなる傾向。 近年で「ラニーニャ現象」が続いたのは2017年秋-18年春で、冬の気温は全国的に平年を下回り、特に西日本では1. 6月の気温は仙台市で平年より2. いつから暑いの? 真夏日になる日• (平年値頃から厳しい暑さが続くようになります)• 5月と6月は気象状況によって記録する日があります。 2020年は6月24日までに、47都市すべてで真夏日を記録しています。 九州・沖縄 暖冬年の夏の気温 2000年以降で12月~2月の気温が平年より高く、全国的に暖冬だった年は9回です。 暖冬だった年の夏(6月~8月)の気温は、平年より高くなる傾向です。 特に東日本と西日本では、平年の気温を下回ったのは1回だけです。 しかし2000年以降は暖冬年だけでなく、平年の気温を上回る夏が多いため、相関関係の判断は難しかもしれません。 近年の夏の気温と災害 出典: 2019年夏の気温(平年差) 7月の気温は東日本・西日本で平年より低く、8月は東日本で平年より1. 9月は全国的に厳しい残暑が続き、前年より気温が高かった夏でした。 平年より低い 平年並 平年より高い 色分けは気象庁の基準です。 4 -0. 2 -0. 6 沖縄・奄美 0. 4 6月は東日本から沖縄・奄美でほぼ平年並み 北日本で平年より0. 7月は東日本と西日本で平年より低い 関東から九州まで、平年の気温より低い地域が多くなりました。 おもな都市では東京(千代田区)で平年より-0. 月平均では平年を下回ったものの、25日頃から気温が急激に上がっています。 8月は全国的に平年を上回る気温 東日本では平年より1. 9月は厳しい残暑が続きました 北日本から西日本まで平年の気温を大きく上回り、厳しい残暑が続きました。 東日本では平年より1. 猛暑日の日数 「猛暑日=最高気温が35. 7月 8月 9月 東京都(千代田区) 0 10 2 名古屋市 3 13 4 大阪市 2 13 4 福岡市 1 3 0 2019年夏のおもな災害 台風10号 8月6日に発生した「台風10号」は、8日頃から11日頃にかけて小笠原諸島近海でほとんど停滞したあと、15日に広島県呉市付近に上陸(その後日本海に抜ける)。 この台風では死者2名、負傷者57名の被害が発生しています。 台風15号 9月5日に発生した「台風15号」は、9日に千葉市付近に上陸し死者3人、負傷者150人の被害が発生しています。 この台風は関東地方に上陸したものとしては観測史上最強クラスの勢力で、激甚災害に指定されています。 台風19号 10月6日発生した「台風19号」は、12日に日本に静岡県伊豆半島付近に上陸し、関東・甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、死者86人、負傷者476人、行方不明者3人の甚大な被害が発生しています。 この台風は激甚災害、および台風としては初めて特定非常災害に指定されています。 熱中症 を公開しています。 マスク着用においては、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すよう呼び掛けています。 また雨の季節です。 マスクは水に濡れると通気性が損なわれます。 予備のマスクも携帯しましょう。 出典: 2020年6月以降の搬送者数• 6月29日~7月5日:996人• 6月22日~28日:1,651人• 6月15日~21日:1,461人• 6月8日~14日:1,586人• 6月1日~7日:1,194人 6月1日からの累計は6,888人で前年同期に比べ、2,098人多くなっています。 7月と8月の搬送者数(5年間) 消防庁のデーターを元に作成したグラフ• 2019年の夏は7月の気温が東日本と西日本で平年より低く、搬送者数は過去5年間で最少になっています。 しかし8月は全国的に猛暑となり、前年より搬送者数が増えています。 またグラフには掲載していませんが、9月の気温も全国的に平年より高かったこともあり、搬送者数は9,532人で、前年の9月より6,721人も多くなっています。 2018年の夏は東日本と西日本で「 災害級の猛暑」になり、特に7月は梅雨明け後から猛暑日になった地域も多く、搬送者数は過去5年間で最多です。 発生状況(2019年|年間)• 発生場所は住居が最も多く、次いで道路、公衆(屋外)、 仕事場の順。 都道府県別人口10万人当たりの救急搬送者数は、鳥取県が最も多く、次いで 鹿児島県、岡山県、福島県、岐阜県の順。 搬送者数に占める高齢者(満 65 歳以上)は、3万7091人で全体の52. 0%です。 梅雨明け後から急増! 梅雨明け後から約1か月間はもっとも搬送者数が多い時期です。 (毎年同じ傾向です) 熱中症の予防ポスター 消防庁が作成・配布しているポスター/リーフレットです。 職場や学校に掲示することで、熱中症の予防が期待できます。 各PDFで表示・印刷できます。 (消防庁にリンク).

次の

【2019年最新版】茨城県の梅雨入りと梅雨明けを予想!平年値と期間はいつ頃までかも解説|韓国LOVE

茨城県 梅雨明け 予想

2020年の関東地方の梅雨入り・梅雨明けの時期は? 梅雨入りはいつ? 今年の梅雨入り・明けは、全国的に平年よりも遅い梅雨入りとなる一方、短期間で終わると予想されています。 平年のデータをみてみると、 梅雨入りは6月1日~16日です。 直近の過去の梅雨入りの日づけをみてみると、昨年2018年は6月6日、一昨年2017年は6月8日が梅雨入りでした。 1951年から2018年までの梅雨入りの平均値が、6月8日頃といわれており、今年の梅雨入りにおいても、例年同様と予想されています。 今年は、ソーシャルディスタンスを作るため、大きめの傘がかなり売れているそうです! 楽天で購入 梅雨明けはいつ? 一方、梅雨明けの時期はというと、 7月10日頃から7月24日頃の間位と予報されています。 2018年は6月29日、2017年は7月6日でした。 実は、過去の関東地方の梅雨明け時期の平均日は、おおよそ7月21日頃とされています。 ここ数年は、7月上旬の梅雨明けになっていますが、年々遅くなっている傾向がありますので、梅雨明けが発表されるまでは、突然の雨に困らないよう準備しておく必要がありそうです。 関東地方の梅雨の特徴は? 雨が急に降ったり止んだりと言うよりは、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多いのが、関東地方の特徴です。 関東地方の地形の影響なのか、東北地方や九州地方と比べると災害は比較的起こりにくくなっていますが、洪水や土砂災害などの防災について、しっかりと準備していきたいですね! 梅雨入りや梅雨明けはどのように決定されるの? 「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道を耳にすると思いますが、気象庁が毎年発表しています。 例えば、 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこないと判断されたら梅雨明け」 などが判断材料となっているようですが、毎年決まった気象現象が起こるか分からないので、ある程度の予想で「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」を行っているようです。 ただし、9月に気象台の観測結果を再検討して、最終的にその年の梅雨入りと梅雨明けの日づけを決定し、記録として残しているそうです。 そのため、9月以降になると6月に報道があった日にちとは異なっている可能性もあります。

次の