グーグル ドキュメント 文字数。 Googleドキュメントの音声入力でテキスト化する使い方!文字認識できない時は?

Google(グーグル)ドキュメントの基本的な使い方と裏ワザ、Wordとの違い|ferret

グーグル ドキュメント 文字数

文字列の検索・置き換え方法• 位置の設定方法• まとめ 文字列の検索・置換方法 Googleドキュメントにアクセスし、編集したいファイルを選択して開きます。 メニューバーにある「編集」をクリックします。 選択項目から「検索と置換」を選択します。 「検索と置換」画面が表示されます。 置き換えたい語句を検索し、置き換えます。 「検索」に置き換えたい元の語句を入力します。 「次に変更」に置き換えたい語句を入力します。 例えば、「ウェブ」と表記されているものを「Web」に変更したいとすると、「検索」に「ウェブ」と入力して、「次に変更」に「Web」と入力します。 そうすると、自動的に語句を検索して変換できます。 複数ある語句の置き換えは選択できます。 文書内にある語句の置き換え方法を選択できます。 たとえば、文書内に「Google」という文字が14ヶ所あります。 この14ヶ所全て置き換えたい場合は「すべて置換」をクリックします。 箇所ごとに変換したい場合は、その箇所を選択できます。 「検索」に入力した語句の横に数字カウントが出ています。 この数字カウントは文書の始まりから数えて何番目になるかという表示で、この順番を指定するには、「前へ」「次へ」をクリックすると置き換え語句の場所を指定できます。 位置の設定方法 Googleドキュメントの基本的な設定では「ルーラーを表示」となっていますが、作成の際邪魔だなと隠してしまう場合もありますよね 文書の位置設定をするには、このルーラーが必要になってきますので「ルーラーを表示」します。 位置設定したい箇所をドラックして範囲指定します。 範囲指定したら、ルーラーのメモリをクリック、またはドラックで移動させます。 ルーラーを移動したところに範囲指定した箇所が移動します。 まとめ 文書作成は書類作成だけではありません。 ブログの下書きにも使えます。 文字間違いがないかチェックできる「スペルチェック」、文字数をカウントできる「文字カウント」がありますので、校正チェックがカンタンです。 ブログをストックしておくという習慣があまりないかもしれませんが、こうしてストックしておくと紙媒体やメルマガなど他の販促物にも応用できます。 取り入れてみてくださいね。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,660• 118• 524• 457• 546• 176• 198•

次の

Google(グーグル)ドキュメントの基本的な使い方と裏ワザ、Wordとの違い|ferret

グーグル ドキュメント 文字数

Googleの音声入力を使って録音データをあっという間に文字起こし(テープ起こし)する方法をお伝えします。 ひでさん 最近の音声入力はここまで来たかという感がある。 音声入力にちょっとしたトラウマがあるぼくでもその進歩に驚かされるほどに。 そのトラウマというのは、数年前の音声入力に対するもの。 ぼくの車のナビに音声認識機能が付いているんだけど、これがはっきり言って超使えないのだ。 口で住所や目的地を言えば認識してくれる機能なんだけど、 たとえばぼくが「東京都渋谷」と言えば ナビの音声は「岐阜県下呂ですね?」 とか、もう何を聞いているのかと画面に向かってパンチしたくなるレベル。 そんなことがあったので、最初は期待していなかったGoogle音声入力だけど、 実際に使ってみて最近の音声認識の精度には驚いた。 iPhoneのSiriもそこそこだけど、Googleの日本語認識はもっとすごい。 変換の精度もすごくて、ヒトにはちょっと聞き取りづらいよ~って言われるぼくの声もしっかり認識して思い通りの言葉に変換してくれるのだ。 しゃべっているだけで、どんどんテキストが完成されていく様子は控えめに言ってもまるで魔法のよう。 まだ使ったことがない方はぜひ、やってみて欲しい。 ほんとにびっくりするから。 そんなGoogleの音声入力を講義、講演会、会議の議事録などで作成する 文字起こし(テープ起こし)に使えるかどうかを試してみた。 結論から言うと mp3などの録音したデータをどう認識させるか?に苦労したが、 ちょっとしたテクニックを使うことでかなりのスピードで文字起こしできることが分かった。 ということで、以下では録音データをGoogle音声入力を使ってテキスト化する方法を具体的にお伝えしていきたいと思う。 それでは、どうぞ! Googleドキュメントの画面 文字をキーボードで入力するのが、パソコンの常識。 その常識を覆すほどに成長を見せるのがGoogleの音声入力だ。 特にPC版は使いやすく、テキスト作成するのに充分戦力になってくれる。 そのGoogle音声入力のスゴさを簡単にまとめてみる。 大きなところでは次の通り。 タイムラグなく即座に文字作成。 前後の文脈にあった漢字変換 実際に使ってみると分かるのだけど、しゃべっている言葉がタイムラグなく画面上の文字として入力されていく様子は圧巻だ。 あまりに早口だと難しいけれど、 普通に言葉を話すスピードであれば、確実にどんどん文章ができあがっていく。 さらに、すごいのは、 漢字の変換もわりと適切で入力されていく文章にほとんど修正がいらないこと。 と言っても正確に作成しようとすると、それなりにいるのはいるのだけど、 これくらいならオッケーという許容範囲にばっちり入っている。 近い将来キーボードがいらなくなる日も近いかもしれないと本当に思わせてくれる実力を持っているのがGoogle音声入力なのだ。 ちなみに、下に紹介しているインタビュー記事は、このGoogle音声入力を使って文字起こしをしてテキストベースを作った。 かなり長いロングインタビューだけど、手打ちで入力していくより早く記事を仕上げることができた実例だ。 理想はGoogleの音声入力におまかせで文字起こし完成!だけど… でも、そんなすごいGoogleの音声入力であっても苦手なものが存在する。 それは、 機械で録音したものの音声認識は弱いということだ。 生声で音声入力する際はPCに標準でついている内蔵マイクであっても認識精度はかなり高いGoogle音声入力だけど、 ICレコーダーで録音したデータを再生しする場合には、 認識率が一気に下がってしまう。 ICレコーダーのライン入力録音以外で録音されたあまりクリアでないもの• 外部機器で録音したものをPCのマイクに向けて再生して音声認識させるなどの使い方 ライン入力で録音できればベストですが、ICレコーダーをライン入力で録音できる人って、現実的にはイベントや講演会の主催者くらいしかいませんよね。 ぶっちゃけ、機械の声が聞き取れないのはかなりツライ。 だって、 機械(ICレコーダー、スマホ)で録音して機械(PCなど)で再生するって、かなりのスタンダードだから。 録音データを流しっぱなしで、いつの間にかテキスト完成はまだ難しい 講義や講演会やインタビューをICレコーダーなどで録音した音声をテキストにするには、 音声を繰り返し聞き、キーボードでテキストを打ち込んで文字にするというを何度もやってようやく完成する。 これは、時間がかかるしかなり大変な作業だ。 この大変な文字起こしの作業を音声入力を使って自動でやってくれればどんなに楽かわからない。 たとえば、ICレコーダーとPCをつないで、録音データを再生し音声入力させ、 テレビでも見ている間に勝手にテキストが出来上がっているというようなことができればもう最高。 それができたら!と夢見ているのだけれど、 まだもうちょっと対応しきれていない様子。 どうにかできないかと、 PCで仮想オーディオデバイスとして再生して認識させようとしたり、 ICレコーダーをPCのマイクに向けて再生し、認識させようとしたり、 iPhoneをマイクにしたりと色々と試したが、 どれもgoogle音声入力に認識されない頻度が高く、 実質放置でいつの間にか仕上がっているというのはほぼ不可能だとわかった。 録音した音声データを仮想オーディオデバイスで音声認識させる方法が一番自動テキスト化に近いです。 ただ録音が途中で止まったり、音声がモニター出来なかったり、テキストの修正作業が必要だったりはします。 それでも、少しコツをつかめば上手に運用できるのでは?と思います。 こちらの方法も需要があると思うので、 近々記事を書いてみたいと思います。 mp3などの音声データから文字起こしするおすすめの方法 それでも、確実に音声入力の精度が上がっているので、 機械の音声に対応しきれていないからと言って捨て置くのはもったいない。 だって、最終目的は正確に音声入力させることじゃなくて、 いかに楽にすばやく音声データをテキスト化することでしょ? その目的を思い出し、今回、あるインタビューで文字起こしした際に、 試行錯誤の結果、次の方法に行き着いたので、ぜひみなさんに紹介したいと思う。 その方法とは次のようなものだ。 音声データを再生して聞く• 聞きながら真似をして、自分で声に出す• 自分の声で音声入力する と、こんな感じ。 この方法は 機械の音声の間に自分の声を入れるのがポイントだ。 いわば、自分が機械とGoogle音声入力の仲介役になることで、 Google音声入力の苦手をおぎなってやろうという作戦だ。 はっきり言って、なんてアナログな方法だと思うかもしれない。 でも録音データを再生して聞いて、自分で真似して声を出し、音声入力していくというこの方法は 「完全放置で自動テキスト化」よりは面倒だけど、考えてみれば 手入力より圧倒的に早いのだ。 ちなみにぼくはブラインドタッチも普通にできるレベルですが、音声入力はそれよりずば抜けて早いです。 しゃべったそばから文字に変換され、特に変換ボタンを押して単語を選ぶ手間がほぼいらないのも書き起こしスピードの速さにつながっていると思う。 録音データをGoogle音声入力で文字起こしする際に必要なもの 用意するものは次の通り。 録音する機械(ICレコーダーなど)• 再生ソフト• Googleドキュメント(音声入力)• ヘッドセット 録音する機械(ICレコーダーなど) 文字起こしするための録音データを用意しよう。 クリアに録音したほうが聞き取りやすくなり後々の作業が楽になるので、スマホのアプリより専用のICレコーダーを使うことをおすすめする。 PC 基本的にはPC上で操作するのが一番。 なので、PCを用意しよう。 再生ソフト ぼくは録音した音声をPCで再生するものとして、ICレコーダーに付属のソフトを使っている。 ICレコーダーを持っている人は付属のソフトがたいていの場合文字起こしにあった機能があるはずだ。 もし、ソフトを持っていないという人は「文字起こしソフト」などのワードで調べると出てくると思う。 ポイントとしては、 再生の速度を遅くしても音質が変わらない機能があるソフトがいい。 (例:SONYのDPCなど) その理由は録音したデータを聞きながら自分でしゃべるので、再生スピードの調整ができるものが使いやすくなるからだ。 また、 ショートカットキーで早戻し、早送り、停止などができるものもがあるとさらに便利だ。 細かな点としては、画面を切り替えることなく、ショートカットキーが常時有効になるものだと実用性が高い。 Googleドキュメント(音声入力) 当たり前だけど、GoogleにログインしてGoogleドキュメントの音声入力を用意しよう! Google Chromeでの操作説明はGoogleにログインした状態で右上のアプリマークをクリック。 続いて表示されたアプリをしたにスクロールする。 ドキュメントという項目があるので、クリックしよう。 Googleドキュメントのページに移動したら、新しいドキュメントを作成するために空白をクリック。 新しいドキュメントが作成されるので、上部にあるツールをクリック。 この中に音声入力という項目があるので、クリック。 小さなマイクの形のアイコンが表示されるので、これで準備OK. クリックすれば赤くなって録音スタンバイ状態になる。 ただし、少しでも他の項目を触ると録音停止になるのですべての準備が整ってから録音スタンバイにするようにしよう。 ヘッドセットマイク PCから内部スピーカーで音を出すと、自分の声と機械の音声が混ざってしまい音声の認識が甘くなってしまう。 なので、録音データはイヤホンで聞くようにするのがgood。 また、マイクもあると認識させやすくなるので、それらの条件を満たしてくれるヘッドセットマイクがおすすめだ。 録音データをGoogle音声入力で文字起こしする際の手順 一応ぼくが実践している具体的な方法をお伝えする。 手順は以下の通り。 まず、PCのクロームやEdgeなどのWEBブラウザでGoogleにログインし、Googleドキュメントを開く。 音声入力のポップアップを出して、スタンバイ状態にさせておく。 再生ソフトを立ち上げる。 録音データを再生して、自分の耳で聞く。 Google音声入力を認識させるスタートボタンを押す。 録音データを真似して、自分でしゃべって音声入力していく。 以上の手順に沿えばすばやく録音データをテキスト化できる。 ポイントとしては、録音データを再生する際には再生速度を遅くするのがおすすめ。 再生速度を遅くすると録音データを聞き取りながらでもスムーズに真似してしゃべれるので、 結果的に巻き戻しを使う頻度が少なくなるからだ。 また、もし聞き取れなかったという場合はマウスやトラックパッドでカーソルを操作するよりも、 ショートカットキーで巻き戻す方がダンゼン早い。 ショートカットキーはソフトや設定で変わってくるので、事前に確かめてから音声入力に入ったほうがいい。 (この時、ショートカットキーがブラウザを見ている状態でも操作できるソフトであれば、Google音声入力が止まらないので便利。 ) …とこんな感じ。 録音データを真似してしゃべって、文字起こしするメリット もしかすると、タイピングがめちゃくちゃ得意な人からすると手打ちしたほうが早いと感じるかもしれない。 そうであっても大きなメリットとして挙げられるのが、 「疲れない」ということ。 音声入力の場合、手をほとんど使わないし、目をつぶっていてもテキスト入力ができる。 (これってものすごいこと!) そのため圧倒的に文字起こしの際の手や目の疲労感が違ってくる。 もし、手や目の疲労感で悩まれている方はぜひ、こちらの方法を試してみることをおすすめする。 録音データをGoogle音声入力ですばやく文字起こしする方法 まとめ 今回は録音データをGoogle音声入力ですばやくテキスト化する方法をお伝えした。 残念ながら、録音データを再生しっぱなしでいつの間にかテキストが出来上がっているというのは現時点ではできないが、 録音データと自分の声とGoogle音声入力をあわせることで、圧倒的に手入力より早くテキスト化する方法があることがわかった。 ぜひ、文字起こしで苦労されている方はこちらの方法を使ってみて欲しいと思う。

次の

Googleドキュメントで文字数をリアルタイムで確認する方法

グーグル ドキュメント 文字数

ピンマイクはクリップのついているマイクで、襟元などにマイクをピンで留めて音声を拾うものです。 ピンマイク自体ポケットにしまえるサイズのため、屋外やデスク以外でスマホと接続させて使用できるものがほとんどですが、スマホ専用なのかパソコンでも使えるのか、WindowsやiOSのバージョンはどこまで対応しているのか等の動作環境の確認をしましょう。 音声入力に対応しているか以外に注意したいのが、全指向性か単一指向性かという点です。 全指向性の場合、360度の音声を拾うため周囲の騒音やノイズが音声認識精度に影響する場合があります。 音を拾う範囲は、全指向性>「狭指向性型」単一指向性>「超指向性型」単一指向性の順に狭くなりますので、ピンマイク選びの参考にして下さい。 ヘッドセットマイクとは、オペレーターが装着しているマイクといえば分かるでしょうか。 Skype通話をしている人ならすでに持っているかもしれませんし、Skype通話で使えるヘッドセットマイクはほとんどの場合音声通話でも使える仕様になっています。 ピンマイクに比べて口元の近くにマイクがあるので周囲の騒音にそれほど神経質にならないと一番人気のマイクです。 これからヘッドセットマイクを購入しようとしている場合、気をつけたいのがヘッドセットの幅や強さです。 音声入力で長文テキストを入力する場合ヘッドセットマイクを長時間着用していることになります。 頭の大きさとヘッドセットのサイズが合わないと耳の締め付けが辛くなり作業どころではなくなってしまいますのでサイズや口コミを確認してから購入しましょう。 スマホのマイク性能が良いとはいっても、気分的にもう少し近づけて音声入力したいという場合は、スマホに付属しているイヤホンが使えます。 機種にもよりますが、スマホのイヤホンにはマイク機能が付いているものがほとんどで、十分音声入力に耐えられるだけのマイクですのでわざわざ買い足す必要はありません。 また、スマホのイヤホンを直接パソコンに接続して音声入力を行うこともパソコンによっては可能です。 ただし、iPhoneに付属していたイヤホンをWindowsのパソコンに接続してもマイクとして認識せず音声入力をすることはできません。 また、汎用品も通話としてのマイク機能しか持ち合わせていないものや、機種との相性で音声入力に対応できないものがあります。 次にAmiVoice(アミボイス)の辞書機能についてです。 AmiVoice(アミボイス)では読み込んだ音声を辞書と照らし合わせてテキストに文字起こししていくシステムです。 そのAmiVoice(アミボイス)の辞書に登録されていない単語が誤認識され間違った単語で文字起こしされてしまいます。 つまり音声入力する人が何を作成するかによって辞書の範疇を超えてしまうことになり、人によって誤認識が多発するといった事態がおきています。 社内書類のような少し堅苦しい文章作成にはAmiVoice(アミボイス)の辞書の方が認識率が高く、ブログのような少しくだけた口語体の文章の場合、Googleドキュメント音声入力の方が認識率が高くなっています。

次の