ハイデン シティ 城門。 無料ゲームアプリ『Hidden City』の実体験レビュー

ハイデンシティはインクを塗り重ねて立体にする 厚盛プリント!

ハイデン シティ 城門

Contents• 厚盛プリントの別名はハイデンシティ 印刷部分がTシャツから飛び出ていて立体になっているのが厚盛プリント。 デザインのポイントにすることでインパクトが出ます。 ラバープリントなどほかの印刷方法とも合わせることができ、同じ色のインクカラーで平坦なベースに厚盛を重ねても良いですね。 プリントの仕方によってはフェイクレザーパッチやレンチキュラーのような見る方向によってデザインが変わる仕組みなどアイデア次第で多様なアレンジができます。 厚盛プリントとは インクを何回も塗り重ねてプリント部分を立体にしています。 同じようなプリント方法で発泡プリントがありますが、発泡プリントは丸みを帯びていて、厚盛プリントは垂直に立体になっています。 ほかのプリント方法ではできないような面白い仕上がりにすることもできます。 刷る回数が多ければ多いほど高さは出ますが、その分コストと時間が掛かってきてしまいます。 量産に最適な回数は5回刷り程度がおすすめです。 それ以上行うことも可能ですが注文前にご相談ください。 プリント部分はラバーインクよりも硬度があるのでゴムのようなタック感が出て、通気性はありません。 発泡プリントとは違う立体感 同じようなプリント方法で発泡プリントがありますが、発泡プリントはインクの中にある発泡材が膨らんで丸く立体になるのに対し、厚盛プリントは垂直に立体になります。 発泡プリントが丸く可愛く、厚盛プリントは角ばってかっこよく立体になります。 発泡プリント インクに発泡剤を混ぜて熱をかけることにより発泡剤が膨らむ。 プリント面は丸みを帯びている。 発泡プリントに関する記事はで記載しています。 厚盛プリント ラバーインクを硬くして使用。 塗り重ねて高さを出す。 プリント面は角ばっている。 透明インクでの厚盛プリント PANTONEなどのインクカラーの厚盛プリントもありますが、透明インクでも厚盛プリントができます。 透明の厚盛インクはラバーなどのベースをプリントした上から透明の厚盛プリンをしています。 ブラック部分:ラバープリント&上から厚盛プリント4回 厚盛プリントの発色性 インク自体はラバープリントなので発色はとても良いです。 生地色に影響されることもありません。 塗り重ねているので、プリント面は印刷してあると言うよりも貼り付けてあるような 仕上がりになります。 プリント面は完全にインクが刷られている状態なので通気性はありません。 細かいデザインには不向きなのでデザインを作る際はある程度線と抜きの太さを多めに取ってください。 厚盛プリントを活かしたデザイン 赤、緑部分がラバープリント、青部分が厚盛プリントで厚盛プリントの高さを利用して角度によってデザインが変わる仕組みになっています。 よくハガキなどであるレンチキュラーのようなものです。 染み込みプリントの上に厚盛プリントを施しています。 どちらもインクカラーはブラックですが、厚盛部分が立体になっているため文字が飛び出ています。 プリントで木目と焼印を再現しています。 焼印部分は凹んでいて、まるで本当に焼印を押したような仕上がりに。 年輪も見事に再現されています。 塗り重ねて…塗り重ねて…の繰り返し。 技術と努力の賜物です。 厚盛と発泡インクを使用して革パッチ レザーパッチ を再現しました。 凹凸や刺繍の縫い目なども立体になっています。 まるで本当に革パッチを着けているようになります。 質感を出すのに刷り重ね方がとても重要になってきます。 ラバーインクやシルバーインクなどを駆使して基板のハンダや電子回路の凹凸なども再現しています。 なかなかここまでくると大量量産は難しいですが、技術を駆使してこんなこともできてしまいます。 メタリックインクを使用してスタッズ風のプリントに。 発泡プリントよりも角ばっているのでよりハードなスタッズ風に仕上がります。 左:左側から見ると骸骨・中央:両方のイラストが合わさる・右:右側から見ると人物 高さを出すことを利用したプリント。 左右、正面で違った見え方ができます。 厚盛プリントのメリット・デメリット メリット プリントが立体になる。 発色性は良い。 発泡プリントよりも格好良く仕上がる。 デザインにインパクトがでる。 デメリット 細部表現はあまり得意ではない。 お届けまで時間がかかる。 プリント手法が特殊なため、コストがかかる。 厚盛プリントは特殊なプリント手法でコストもかかりますが、デザインが立体になり、ラバープリントでは出せない立体感がでます。 その特徴を活かして、手触りや視覚でもおもしろい表現ができるのも厚盛プリントの特徴。 生産前のサンプル作成や実物プリントサンプルも弊社展示室にて実際に手に取って見ていただくこともできますので、メールまたはお電話にてご連絡ください。 詳細ダウンロード 価格などの詳細は.

次の

マーストリヒト

ハイデン シティ 城門

Contents• Hidden Cityってどんなゲーム? 簡潔に言ってしまえば、Hidden Cityは物探しゲームです。 ストーリー型になっていて、その中で探してほしいと言われたアイテムを見つける事で、物語が進んでいきます。 ゲームを開始すると、既に出来上がった街並みが用意されています。 左上の数字がレベル、バーが経験値を表しています。 私は24レベルなので、建物がいくつか解放されていますが、基本的にはレベルが上がっていくことで、新しい建物を探索することが出来るようになります。 レベルは、建物の探索クリアや、ストーリークリアで上がっていきます。 単純と言えば単純ですが、これがかなり面白いです。 ストーリーは街の画面の左側の四角をタップすると、表示されます。 建物によって探すアイテムは変わってきますが、建物の探索では、表示されたアイテムを探していきます。 お助けアイテムも存在しますが、そちらについては、別の記事で触れていきたいと思います。 上記のモードは、シンプルな「ワード」のモードですが、シルエットモードや、夜モード、怪奇現象などのモードも存在します。 〇夜モード 〇怪奇現象で文字が欠けてしまっているモード 〇シルエットモード 建物にもレベルがあり、レベルが上がるにつれ、難易度も上がっていきます。 探すアイテムの数も多くなりますし、探し物も見つかりにくくなります。 各建物の特徴や、建物攻略のコツなどもそれなりに見つけられたので、それも後ほど記事にする予定です。 アイテムを集めると、コレクションを揃えることが出来ます。 基本的には物を探して、コレクションを揃え、ストーリーを攻略していくという形になります。 探し物じゃないミニゲームも楽しい! Hidden Cityでは、探し物以外のミニゲームも存在します。 まずは運命のカード。 これは神経衰弱みたいなものです。 通常はタイムカウンターでプレイしますが、上記の画像は、怪奇現象が起きているため、何回開けるかという回数制限になっています。 そしてクリスタル。 3つ同じアイテムが揃うと消えるパズルゲームです。 4個、5個消したら・・・というオプションもあるのですが、これもまた別記事で。 それから、探検。 これは旗の置けないマインスイーパです。 光っているところには爆弾がありません。 爆弾を踏まないように岩をめくっていきます。 まだミニゲームはあるのかもしれませんが、24レベルの時点では、ミニゲームはこの3つしか解放されていません。 友達を作ることも出来る 世界中のプレイヤーと友達になることが出来ます。 友達の街を訪れたり、ギフトを贈ったり、貰ったり、チャットもできます。 コレクションを揃える時に、欲しいアイテムをねだることも出来ます。 ミッションとして、「友達を訪問する」「友達にギフトを贈る」というものもあるので、友達は作っておいて損はありません。 モンスターの出現や、宝の落下もある! Hidden Cityの街では、狼男やガーゴイル、幽霊などのモンスターが出現します。 モンスターはスタミナ 左から2番目の青いバー を使わずに闘うことが出来るので、私はスタミナが切れたタイミングでモンスターと闘いに行きます。 ただ、モンスターと闘うためにも、それぞれに応じたアイテムを持っている必要があるので、上記のようにアイテム不足だと闘えません。 モンスターを倒すと、報酬が貰えます。 ちなみに、このモンスター達との闘いは、オマケなのかと思うくらい簡単で、ただ画面に現れたモンスターをタッチするだけになっています。 ちょっとした息抜きにもなりますよ。 そしてもう一つ、地味に楽しみなのが宝物の落下です。 突然街に宝が降ってくることがあります。 ゲームで集められる鍵が必要だったり、コインが必要だったりしますが、スタミナやお助けアイテムなどが手に入ります。 ミッションで落ちてくる宝物は、タップするだけで手に入ります。 以上がHidden Cityの紹介になります。 画像もとても綺麗で、街並みも幻想的ですよね。 ぜひ皆さんも遊んでみてください。 それでは今回も閲覧していただき、ありがとうございました。

次の

Hidden City ジャックの塔 ランクⅢ 攻略

ハイデン シティ 城門

-物語- 人々の間で噂される、幻影の街。 貴方の探偵社が調査を依頼されてほどなく、親友が黒い霧によって何処かへ引きずり込まれてしまう。 行方不明となった彼を追って貴方は幻の街に足を踏み入れる。 そこは、『影の街』。 魔法と科学が同居し、人や物が超常的な力を持つこの街に翻弄されながら、貴方はようやく親友の手がかりを掴む。 それは、100年前の写真に写る親友の姿だった。 貴方はこの街に隠された謎を解き明かし、親友を救い出すことができるか。 本作は、ありとあらゆる場所から指定されたアイテムを見つけ出すミステリーアドベンチャーゲーム。 謎解きのクエストは圧倒的なボリューム量で内容も多彩に渡り、さらにはミニゲームも多数搭載。 ゲームの流れ プレイヤーは、『影の街』で不可思議に起きる様々な謎を解き明かして行きます。 基本的には、ストーリーに沿ってアイテムを探し、クエストをクリアしていくことが目的となります。 探索する街には、駅や市役所をはじめ、28か所にのぼる場所が用意されており、プレイヤーレベルが上がるとともに開放されていきます。 本ゲームの操作は画面をタップするだけの簡単操作です。 メインとなるアイテム探しのクエストでは、上記のような制限時間以内に指定のアイテムを探すクエストなどがあります。 その他にも、クエストにはミニゲームがあり、パズルや間違い探しなどバリエーションも非常に豊富! さらにはモンスターを倒したりと、謎解きとミニゲームを巧みにこなしながら、多くのアイテムを集めることがプレイヤーの大きな目標となります 攻略アドバイス アイテムはできるだけ温存させること 序盤のクエストは難易度も低く、比較的スムーズにゲームを進めることができると思います。 しかし、徐々にクエスト難易度は上がっていき、普通にプレイしているだけではクリア出来ないクエストも出てきます。 そこで活躍するのが「アイテム」です。 「アイテム」には、「虫眼鏡(見つからないアイテムを見つけることができる)」や「ストップウォッチ(制限時間を延長できる)」、「方位磁石(30秒間アイテムの場所を指し示してくれる)」など、プレイヤーを大いに助けてくれるものが多く存在します。 しかし「アイテム」自体は、簡単に入手できるものでもありません。 そのため、序盤で獲得したアイテムは、ここぞという時まで温存しておくとよいでしょう。 アイテムを有効に使うことで、達成できなかったクエストや新たなアイテムを獲得することができるので、より有利にゲームを進めるためにも、「簡単にはアイテムを使用しない」ということを覚えておきましょう! 多くの「フレンド」を作る 本ゲームには「フレンド機能」が備わっており、世界中のプレイヤーとフレンドになることができます。 フレンド登録を行うことで、フレンド関連のクエストを達成することができたり、お互いに所持していないアイテムを交換できたり、チャットで攻略等の意見交換など、様々なメリットが生まれます。 そのため、フレンドは多いに越したことありません!積極的にフレンド申請を行い、フレンドを作っていきましょう。 なお、本作は世界中のプレイヤーが遊んでいるため、チャット等で意見交換などを行いたい場合は、日本人プレイヤーを選ぶようにしましょう! リセマラについて 本ゲームにはリセマラ要素が無いので、行う必要はありません。 さいごに 本ゲームに関するその他の記事は下記からご覧いただけます。

次の