南山大学ウェブクラス。 WebClass

南山大学 情報センター PORTA

南山大学ウェブクラス

研究者詳細 - 沢登 文治 研究者詳細 教職員基本情報 氏名 Name 沢登 文治 サワノボリ ブンジ , SAWANOBORI Bunji 所属 Organization 法学部法律学科 職名 Academic Title 教授 専攻分野 Area of specialization 憲法 学会活動 Academic societies 公法学会会員 日米法学会会員 全国憲法研究会会員 社会活動 Community services 名古屋大学医学部付属病院臨床受託研究審査委員会委員 2002. 4〜現在 春日井市男女共同参画審議会委員 2002. 4〜2012. 3 名古屋刑務所視察委員会委員 2005. 5〜2010. 3 著書・学術論文数 No. School 修了課程 Courses Completed 修了年月(日) Date of Completion 修了区分 Completion Classification 東北大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期3年の課程 未設定 1992年03月 単位取得満期退学 取得学位 学位区分 Degree Classification 取得学位名 Degree name 学位論文名 Title of Thesis 学位授与機関 Organization Conferring the Degree 取得年月(日) Date of Acquisition 修士 法学修士 新潟大学大学院 1989年03月 学士 法学士 新潟大学法部法律科 1984年03月 研究経歴 長期研究/短期研究 Long or Short Term research 研究課題名 Research Topic 長期研究 合衆国連邦制の研究 概要(Abstract) アメリカ合衆国における連邦制の起源と法的形成,および,その変遷についての研究 短期研究 合衆国憲法修正条項の制定 概要(Abstract) アメリカ権利章典が制定された起源と過程についての研究 短期研究 フランス人権宣言の起草過程 概要(Abstract) フランス人権宣言が、フランスにおける一定の意思と方向性をもって、アメリカとは独立した独自の、社会的政治的動きによって起草されたことを論証する。 著書 年度 Year 著書名 Title of the books 著書形態 Form of Book NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp. ,発行年月(日) Date 2014 刑務所改革 社会的コストの視点から 単著 集英社新書 , その他 , 234p. 新法「刑事収容施設法」は、2001~02年に名古屋刑務所で発生した刑務官による受刑者死傷事件に起因する。 その名古屋刑務所事件では、過剰収容が原因の一つとされる。 問題を解決するために新法が設置したのが「刑事施設視察委員会」だが、これは市民で構成され刑務所を視察し意見を述べる役割を担う。 その実際の職務の内容を説明する。 また、2007年からカリフォルニア州でも過剰収容を原因とする訴訟をきっかけにシュワルツネッガー知事が刑務所改革を開始した。 その主要な柱は再犯の防止であり、わが国でも矯正と更生による再犯防止策に取り組むようになった。 民事事件・刑事事件そして法曹の社会的責任を扱う三部から構成される。 執筆部分は第三部13章「弁護士の公共的責任」でこれからの法曹、特に弁護士が社会からの期待に応えられるよう、国選弁護、当番弁護の制度などに積極的に参画していく必要性を説明する。 その過程を時代を追いつつ明らかにしていくのが本書の全体的課題である。 まず、フランス革命期に誕生した刑事法基本理念の提示が行われる。 その後それが各地で受容されていく経過を見、さらに現代においてどのように理念の転換がなされたか、そして現実はいかなるものかを検証する。 そして、フランス人権宣言は、公共の福祉・最大多数の最大幸福を中心的原理とするイギリス・アメリカの功利論を全面的に排除して、ルソーの一般意思を理念的支柱としつつ、ルソーが否定した代表制を取り込むことで、近代国家とその政府の基本構造を新しく生み出したものであることを明らかにする。 どのような方法によってどのような人々が、これまで改善されてきたか、その実例や制度を検討する。 備考(Remarks) 執筆部分は、第2章「回復に向けて」第4節「法律学の立場から」160-184頁 25頁 学術論文 年度 Year 論文題目名 Title of the articles 共著区分 Collaboration Classification NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. そのための前提として、ドイツ基本法第1条における「人間の尊厳」規定についてその趣旨目的等を明らかにすると同時に、第2次世界大戦後の国際社会の最高価値として国連憲章、世界人権宣言、国際人権規約B規約、拷問等禁止条約などの国際条約および2015年採択のマンデラ・ルールの規定と趣旨を明らかにし、世界標準としての受刑者人権の理解は、「人間の尊厳」を中心に据えていることを明らかにする。 それとの関係で、日本国憲法36条の拷問禁止規定の理解として、刑務所における懲罰としての閉居罰など体罰の禁止のみでなく、「人間の尊厳」の観念に適合的な受刑者処遇が要求され、その中には社会復帰に向けての処遇が含まれ、受刑中のみでなく出所後の処遇もそれに含まれるとする。 また、独立期の連合規約などが、完全に植民地のイニシアティブによるものであるのに対し、「オルバニー・プラン」はフランスの脅威とイロクォイ族の離反回避に対処するという、本国および植民地の両者共通の利益を推進する点で、後の憲法体制構築のための作業とはまったく異なる方向性を有していた。 そして、全植民地が一つの連合または国としてまとまると同時に各植民地の自治を維持することが、共通の敵であるフランスの脅威を面前にしても、極めて困難であることを「オルバニー・プラン」の作成経過が明らかにしている。 しかし、アメリカ独立前に連合プランを模索し失敗した事実が、連合規約と現行アメリカ憲法で集権的統治体制を構築するには、植民地自治の制限が重要であることを認識させた点にこそ、「オルバニー・プラン」が後の憲法体制に果たした意義が認められる。 同検査によって知るにいたった信書内容に基づき、当該受刑者の申請した訴訟上の救助について、刑務所は疎明資料を裁判所に提出したが、その違法性が認められた裁判例(東京地裁平成21年4月20日判決)の妥当性について、憲法21条2項「通信の秘密」との関連において検討する。 すなわち、「何人もその意見について、それが、たとえ宗教上のものであっても、その表明が法律の確定した公序を乱すものでない限り、これについて不安を持たないようにされなければならない。 」このような規定となった理由を探るための前提として、なぜ、宗教の自由の保障が、表現の自由を保障するこの規定の中に一体として溶け込むようにしてしか規定されなかったのかを探求する必要がある。 そのために、当時の国民議会における「フランス人権宣言」作成の議論の経過と内容を明確にし、第一身分である聖職者の地位および力が、議論の中で弱体化したことが一つの要因であったとする。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により、当初から一定の方向性に沿って作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 備考(Remarks) その他研究業績 年度 Year 題名等 Titles カテゴリ Category 細目 Authorship 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. 備考(Remarks) 第7回韓南大学校・南山大学学術交流会(2009年10月29日-11月1日於:韓南大学校)における報告をまとめたもの。 しかし、裁判官の身分保障の観点および真の「親族間の情義」を保護する道義性からは、さらに慎重な検討が必要だった。 これに関して患者の憲法上の「自己決定権」を認めたものであるとする論評が多いが、最高裁はその文言を一切引用していないこと、また、同権利はこれまでそのような理解のもとに用いられてこなかったことから、最高裁は民法上の人格権として理解している。 備考(Remarks) 2001 Leonard W. 備考(Remarks) 327. また、あまりにも早い時期にこのような決定はなされたため、一般の邦人民は憲法草案の内容も問題点も何も知らされないままであったこと、邦として批准を行うかあるいは行わないかの二者択一の決定しか認められないかのような印象を人民に与えたことも無効の理由となる。 これに対して住民は処分取り消しを求めた。 裁判所はこれを退ける決定を平成 6年に出したが、知る権利を具体化する目的で条文化した公開条例を、市民に活用させ、行政の透明化を図るには、非公開文書該当性の判断は厳格に行わなければならないのであって、単に府政に漠然とした「支障を及ぼすおそれ」があることをもって、非公開決定を行うことは同条例の正当な理解とは言えない。 備考(Remarks) 研究発表 年度 Year 題目又はセッション名 Title or Name of Session 細目 Authorship 発表年月(日) Date 発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. Re-Imagining Penal Policy Conference , the Howard League for Penal Reform 概要(Abstract) わが国における唯一の開放処遇刑務所である「松山刑務所 大井造船作業所」は、約50年前に、実業家の坪内寿夫が、当時の松山刑務所長後藤信雄との交流の中から実現したものである。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 その実態をHoward League for Penal Reform の学会、What is Justice? しかし、日本ではそれより以前の平成7 1995 年最高裁判決が、指紋押捺を義務付ける外国人登録法に関して、「プライバシーが侵害される危険性がある」としていた。 実際、この判決を受けて1999年に外国人登録法は改正され、指紋押捺は廃止されたのである。 改正入管法による入国時の指紋採取の態様程度等を検討し、同最高裁判決に示された判旨に鑑みると、プライバシー侵害とするための必要最低限の要件は満たされないと考える余地があることを指摘する。 備考(Remarks) The RAND Corporation, Santa Monica, California, USA において開催された、"Terrorism and Global Security Third Annual Conference " での研究発表。 事件発生の原因と法改正の経緯から新制度の要点および課題について発表した。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 備考(Remarks) 2013 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 フランス・イギリスにおける行刑監視体制の相違について 代表 174,000 研究内容(Research Content) 受刑者人権の保障の仕方をめぐって、昨年度はイギリスおよびウェールズにおける刑務所監視体制のあり方に関する研究を行った。 これに引き続き、2013年度は、イギリスと同様に2002年の「拷問等禁止条約選択議定書」を批准しているフランスにおける刑務所監視体制を探り、どのような共通点、また相違点が見いだされるかを探求することで、わが国で2006年に開始された「刑事施設視察委員会」が、世界標準の刑務所監視体制に発展するための手掛かりを得ようとする。 その結果、重要な点は、監視機関の職員等の任命および身分・職権の独立性と、活動や発見についての報告が公開されているという公開性の担保であることが明確となる。 備考(Remarks) 2012 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 イギリスにおける受刑者の人権保障と行刑監視体制のあり方 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カナダ連邦政府における刑務所監視に関する考察 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2010 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カリフォルニア州の行刑改革に関する考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 特定研究助成 備考(Remarks) 2007年に始まったカリフォルニア州のおける刑務所改革および受刑者社会復帰のために導入された諸プランについて考察し、同州における更生保護の方向の変化について研究する。 2010 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 代表 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2009 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 合衆国統治体制の形成における「オルバニー連合プラン」の影響に関する一考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 研究助成 備考(Remarks) 1754年「オルバニー連合プラン」が、策定された当時の社会環境および対外的関係を明らかにするとともに、どのような素案がベンジャミン・フランクリンにより提示され、それが最終的にどのような「連合プラン」として、北米諸植民地合同会議によって議決されたのかを明確にし、その後のイギリス本国との抗争および独立への動きの中で発展した植民地連合体である「連合規約体制」とどのような関連があるのかを考察する。 教育活動 年度 Year タイトル Title 内容等 Content 活動期間 Period of Activities 2019 教育方法の実践について 共通教育科目「日本国憲法4」、「法と人間の尊厳4」および法律学科科目「憲法 統治機構)」「憲法総論」において、WebClassの資料提示機能を利用し、毎回ごとのレジュメを掲出した。 授業評価アンケートにおいては、「この授業の良い点、評価できる点」について、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」「ウェブクラスでいつでも勉強できる環境が良かった」という記述が見られた。 「日本国憲法4」の授業評価アンケート、「この授業の良い点、評価できる点」に対する回答に、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」という記述があった。 of Academic Books 学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数 No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins 学会受賞等の受賞件数 No. of Academic Awards Received 国際学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences 国際学会での研究発表の件数 No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences 国内学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf. 国内学会での研究発表の件数 No. of Papers Presented at National Academic Conf. All Rights Reserved.

次の

WebClass

南山大学ウェブクラス

研究者詳細 - 沢登 文治 研究者詳細 教職員基本情報 氏名 Name 沢登 文治 サワノボリ ブンジ , SAWANOBORI Bunji 所属 Organization 法学部法律学科 職名 Academic Title 教授 専攻分野 Area of specialization 憲法 学会活動 Academic societies 公法学会会員 日米法学会会員 全国憲法研究会会員 社会活動 Community services 名古屋大学医学部付属病院臨床受託研究審査委員会委員 2002. 4〜現在 春日井市男女共同参画審議会委員 2002. 4〜2012. 3 名古屋刑務所視察委員会委員 2005. 5〜2010. 3 著書・学術論文数 No. School 修了課程 Courses Completed 修了年月(日) Date of Completion 修了区分 Completion Classification 東北大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期3年の課程 未設定 1992年03月 単位取得満期退学 取得学位 学位区分 Degree Classification 取得学位名 Degree name 学位論文名 Title of Thesis 学位授与機関 Organization Conferring the Degree 取得年月(日) Date of Acquisition 修士 法学修士 新潟大学大学院 1989年03月 学士 法学士 新潟大学法部法律科 1984年03月 研究経歴 長期研究/短期研究 Long or Short Term research 研究課題名 Research Topic 長期研究 合衆国連邦制の研究 概要(Abstract) アメリカ合衆国における連邦制の起源と法的形成,および,その変遷についての研究 短期研究 合衆国憲法修正条項の制定 概要(Abstract) アメリカ権利章典が制定された起源と過程についての研究 短期研究 フランス人権宣言の起草過程 概要(Abstract) フランス人権宣言が、フランスにおける一定の意思と方向性をもって、アメリカとは独立した独自の、社会的政治的動きによって起草されたことを論証する。 著書 年度 Year 著書名 Title of the books 著書形態 Form of Book NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp. ,発行年月(日) Date 2014 刑務所改革 社会的コストの視点から 単著 集英社新書 , その他 , 234p. 新法「刑事収容施設法」は、2001~02年に名古屋刑務所で発生した刑務官による受刑者死傷事件に起因する。 その名古屋刑務所事件では、過剰収容が原因の一つとされる。 問題を解決するために新法が設置したのが「刑事施設視察委員会」だが、これは市民で構成され刑務所を視察し意見を述べる役割を担う。 その実際の職務の内容を説明する。 また、2007年からカリフォルニア州でも過剰収容を原因とする訴訟をきっかけにシュワルツネッガー知事が刑務所改革を開始した。 その主要な柱は再犯の防止であり、わが国でも矯正と更生による再犯防止策に取り組むようになった。 民事事件・刑事事件そして法曹の社会的責任を扱う三部から構成される。 執筆部分は第三部13章「弁護士の公共的責任」でこれからの法曹、特に弁護士が社会からの期待に応えられるよう、国選弁護、当番弁護の制度などに積極的に参画していく必要性を説明する。 その過程を時代を追いつつ明らかにしていくのが本書の全体的課題である。 まず、フランス革命期に誕生した刑事法基本理念の提示が行われる。 その後それが各地で受容されていく経過を見、さらに現代においてどのように理念の転換がなされたか、そして現実はいかなるものかを検証する。 そして、フランス人権宣言は、公共の福祉・最大多数の最大幸福を中心的原理とするイギリス・アメリカの功利論を全面的に排除して、ルソーの一般意思を理念的支柱としつつ、ルソーが否定した代表制を取り込むことで、近代国家とその政府の基本構造を新しく生み出したものであることを明らかにする。 どのような方法によってどのような人々が、これまで改善されてきたか、その実例や制度を検討する。 備考(Remarks) 執筆部分は、第2章「回復に向けて」第4節「法律学の立場から」160-184頁 25頁 学術論文 年度 Year 論文題目名 Title of the articles 共著区分 Collaboration Classification NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. そのための前提として、ドイツ基本法第1条における「人間の尊厳」規定についてその趣旨目的等を明らかにすると同時に、第2次世界大戦後の国際社会の最高価値として国連憲章、世界人権宣言、国際人権規約B規約、拷問等禁止条約などの国際条約および2015年採択のマンデラ・ルールの規定と趣旨を明らかにし、世界標準としての受刑者人権の理解は、「人間の尊厳」を中心に据えていることを明らかにする。 それとの関係で、日本国憲法36条の拷問禁止規定の理解として、刑務所における懲罰としての閉居罰など体罰の禁止のみでなく、「人間の尊厳」の観念に適合的な受刑者処遇が要求され、その中には社会復帰に向けての処遇が含まれ、受刑中のみでなく出所後の処遇もそれに含まれるとする。 また、独立期の連合規約などが、完全に植民地のイニシアティブによるものであるのに対し、「オルバニー・プラン」はフランスの脅威とイロクォイ族の離反回避に対処するという、本国および植民地の両者共通の利益を推進する点で、後の憲法体制構築のための作業とはまったく異なる方向性を有していた。 そして、全植民地が一つの連合または国としてまとまると同時に各植民地の自治を維持することが、共通の敵であるフランスの脅威を面前にしても、極めて困難であることを「オルバニー・プラン」の作成経過が明らかにしている。 しかし、アメリカ独立前に連合プランを模索し失敗した事実が、連合規約と現行アメリカ憲法で集権的統治体制を構築するには、植民地自治の制限が重要であることを認識させた点にこそ、「オルバニー・プラン」が後の憲法体制に果たした意義が認められる。 同検査によって知るにいたった信書内容に基づき、当該受刑者の申請した訴訟上の救助について、刑務所は疎明資料を裁判所に提出したが、その違法性が認められた裁判例(東京地裁平成21年4月20日判決)の妥当性について、憲法21条2項「通信の秘密」との関連において検討する。 すなわち、「何人もその意見について、それが、たとえ宗教上のものであっても、その表明が法律の確定した公序を乱すものでない限り、これについて不安を持たないようにされなければならない。 」このような規定となった理由を探るための前提として、なぜ、宗教の自由の保障が、表現の自由を保障するこの規定の中に一体として溶け込むようにしてしか規定されなかったのかを探求する必要がある。 そのために、当時の国民議会における「フランス人権宣言」作成の議論の経過と内容を明確にし、第一身分である聖職者の地位および力が、議論の中で弱体化したことが一つの要因であったとする。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により、当初から一定の方向性に沿って作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 備考(Remarks) その他研究業績 年度 Year 題名等 Titles カテゴリ Category 細目 Authorship 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. 備考(Remarks) 第7回韓南大学校・南山大学学術交流会(2009年10月29日-11月1日於:韓南大学校)における報告をまとめたもの。 しかし、裁判官の身分保障の観点および真の「親族間の情義」を保護する道義性からは、さらに慎重な検討が必要だった。 これに関して患者の憲法上の「自己決定権」を認めたものであるとする論評が多いが、最高裁はその文言を一切引用していないこと、また、同権利はこれまでそのような理解のもとに用いられてこなかったことから、最高裁は民法上の人格権として理解している。 備考(Remarks) 2001 Leonard W. 備考(Remarks) 327. また、あまりにも早い時期にこのような決定はなされたため、一般の邦人民は憲法草案の内容も問題点も何も知らされないままであったこと、邦として批准を行うかあるいは行わないかの二者択一の決定しか認められないかのような印象を人民に与えたことも無効の理由となる。 これに対して住民は処分取り消しを求めた。 裁判所はこれを退ける決定を平成 6年に出したが、知る権利を具体化する目的で条文化した公開条例を、市民に活用させ、行政の透明化を図るには、非公開文書該当性の判断は厳格に行わなければならないのであって、単に府政に漠然とした「支障を及ぼすおそれ」があることをもって、非公開決定を行うことは同条例の正当な理解とは言えない。 備考(Remarks) 研究発表 年度 Year 題目又はセッション名 Title or Name of Session 細目 Authorship 発表年月(日) Date 発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. Re-Imagining Penal Policy Conference , the Howard League for Penal Reform 概要(Abstract) わが国における唯一の開放処遇刑務所である「松山刑務所 大井造船作業所」は、約50年前に、実業家の坪内寿夫が、当時の松山刑務所長後藤信雄との交流の中から実現したものである。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 その実態をHoward League for Penal Reform の学会、What is Justice? しかし、日本ではそれより以前の平成7 1995 年最高裁判決が、指紋押捺を義務付ける外国人登録法に関して、「プライバシーが侵害される危険性がある」としていた。 実際、この判決を受けて1999年に外国人登録法は改正され、指紋押捺は廃止されたのである。 改正入管法による入国時の指紋採取の態様程度等を検討し、同最高裁判決に示された判旨に鑑みると、プライバシー侵害とするための必要最低限の要件は満たされないと考える余地があることを指摘する。 備考(Remarks) The RAND Corporation, Santa Monica, California, USA において開催された、"Terrorism and Global Security Third Annual Conference " での研究発表。 事件発生の原因と法改正の経緯から新制度の要点および課題について発表した。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 備考(Remarks) 2013 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 フランス・イギリスにおける行刑監視体制の相違について 代表 174,000 研究内容(Research Content) 受刑者人権の保障の仕方をめぐって、昨年度はイギリスおよびウェールズにおける刑務所監視体制のあり方に関する研究を行った。 これに引き続き、2013年度は、イギリスと同様に2002年の「拷問等禁止条約選択議定書」を批准しているフランスにおける刑務所監視体制を探り、どのような共通点、また相違点が見いだされるかを探求することで、わが国で2006年に開始された「刑事施設視察委員会」が、世界標準の刑務所監視体制に発展するための手掛かりを得ようとする。 その結果、重要な点は、監視機関の職員等の任命および身分・職権の独立性と、活動や発見についての報告が公開されているという公開性の担保であることが明確となる。 備考(Remarks) 2012 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 イギリスにおける受刑者の人権保障と行刑監視体制のあり方 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カナダ連邦政府における刑務所監視に関する考察 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2010 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カリフォルニア州の行刑改革に関する考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 特定研究助成 備考(Remarks) 2007年に始まったカリフォルニア州のおける刑務所改革および受刑者社会復帰のために導入された諸プランについて考察し、同州における更生保護の方向の変化について研究する。 2010 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 代表 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2009 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 合衆国統治体制の形成における「オルバニー連合プラン」の影響に関する一考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 研究助成 備考(Remarks) 1754年「オルバニー連合プラン」が、策定された当時の社会環境および対外的関係を明らかにするとともに、どのような素案がベンジャミン・フランクリンにより提示され、それが最終的にどのような「連合プラン」として、北米諸植民地合同会議によって議決されたのかを明確にし、その後のイギリス本国との抗争および独立への動きの中で発展した植民地連合体である「連合規約体制」とどのような関連があるのかを考察する。 教育活動 年度 Year タイトル Title 内容等 Content 活動期間 Period of Activities 2019 教育方法の実践について 共通教育科目「日本国憲法4」、「法と人間の尊厳4」および法律学科科目「憲法 統治機構)」「憲法総論」において、WebClassの資料提示機能を利用し、毎回ごとのレジュメを掲出した。 授業評価アンケートにおいては、「この授業の良い点、評価できる点」について、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」「ウェブクラスでいつでも勉強できる環境が良かった」という記述が見られた。 「日本国憲法4」の授業評価アンケート、「この授業の良い点、評価できる点」に対する回答に、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」という記述があった。 of Academic Books 学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数 No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins 学会受賞等の受賞件数 No. of Academic Awards Received 国際学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences 国際学会での研究発表の件数 No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences 国内学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf. 国内学会での研究発表の件数 No. of Papers Presented at National Academic Conf. All Rights Reserved.

次の

南山大学 情報センター PORTA

南山大学ウェブクラス

研究者詳細 - 沢登 文治 研究者詳細 教職員基本情報 氏名 Name 沢登 文治 サワノボリ ブンジ , SAWANOBORI Bunji 所属 Organization 法学部法律学科 職名 Academic Title 教授 専攻分野 Area of specialization 憲法 学会活動 Academic societies 公法学会会員 日米法学会会員 全国憲法研究会会員 社会活動 Community services 名古屋大学医学部付属病院臨床受託研究審査委員会委員 2002. 4〜現在 春日井市男女共同参画審議会委員 2002. 4〜2012. 3 名古屋刑務所視察委員会委員 2005. 5〜2010. 3 著書・学術論文数 No. School 修了課程 Courses Completed 修了年月(日) Date of Completion 修了区分 Completion Classification 東北大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期3年の課程 未設定 1992年03月 単位取得満期退学 取得学位 学位区分 Degree Classification 取得学位名 Degree name 学位論文名 Title of Thesis 学位授与機関 Organization Conferring the Degree 取得年月(日) Date of Acquisition 修士 法学修士 新潟大学大学院 1989年03月 学士 法学士 新潟大学法部法律科 1984年03月 研究経歴 長期研究/短期研究 Long or Short Term research 研究課題名 Research Topic 長期研究 合衆国連邦制の研究 概要(Abstract) アメリカ合衆国における連邦制の起源と法的形成,および,その変遷についての研究 短期研究 合衆国憲法修正条項の制定 概要(Abstract) アメリカ権利章典が制定された起源と過程についての研究 短期研究 フランス人権宣言の起草過程 概要(Abstract) フランス人権宣言が、フランスにおける一定の意思と方向性をもって、アメリカとは独立した独自の、社会的政治的動きによって起草されたことを論証する。 著書 年度 Year 著書名 Title of the books 著書形態 Form of Book NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp. ,発行年月(日) Date 2014 刑務所改革 社会的コストの視点から 単著 集英社新書 , その他 , 234p. 新法「刑事収容施設法」は、2001~02年に名古屋刑務所で発生した刑務官による受刑者死傷事件に起因する。 その名古屋刑務所事件では、過剰収容が原因の一つとされる。 問題を解決するために新法が設置したのが「刑事施設視察委員会」だが、これは市民で構成され刑務所を視察し意見を述べる役割を担う。 その実際の職務の内容を説明する。 また、2007年からカリフォルニア州でも過剰収容を原因とする訴訟をきっかけにシュワルツネッガー知事が刑務所改革を開始した。 その主要な柱は再犯の防止であり、わが国でも矯正と更生による再犯防止策に取り組むようになった。 民事事件・刑事事件そして法曹の社会的責任を扱う三部から構成される。 執筆部分は第三部13章「弁護士の公共的責任」でこれからの法曹、特に弁護士が社会からの期待に応えられるよう、国選弁護、当番弁護の制度などに積極的に参画していく必要性を説明する。 その過程を時代を追いつつ明らかにしていくのが本書の全体的課題である。 まず、フランス革命期に誕生した刑事法基本理念の提示が行われる。 その後それが各地で受容されていく経過を見、さらに現代においてどのように理念の転換がなされたか、そして現実はいかなるものかを検証する。 そして、フランス人権宣言は、公共の福祉・最大多数の最大幸福を中心的原理とするイギリス・アメリカの功利論を全面的に排除して、ルソーの一般意思を理念的支柱としつつ、ルソーが否定した代表制を取り込むことで、近代国家とその政府の基本構造を新しく生み出したものであることを明らかにする。 どのような方法によってどのような人々が、これまで改善されてきたか、その実例や制度を検討する。 備考(Remarks) 執筆部分は、第2章「回復に向けて」第4節「法律学の立場から」160-184頁 25頁 学術論文 年度 Year 論文題目名 Title of the articles 共著区分 Collaboration Classification NeoCILIUS 請求番号/資料ID Request No 掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. そのための前提として、ドイツ基本法第1条における「人間の尊厳」規定についてその趣旨目的等を明らかにすると同時に、第2次世界大戦後の国際社会の最高価値として国連憲章、世界人権宣言、国際人権規約B規約、拷問等禁止条約などの国際条約および2015年採択のマンデラ・ルールの規定と趣旨を明らかにし、世界標準としての受刑者人権の理解は、「人間の尊厳」を中心に据えていることを明らかにする。 それとの関係で、日本国憲法36条の拷問禁止規定の理解として、刑務所における懲罰としての閉居罰など体罰の禁止のみでなく、「人間の尊厳」の観念に適合的な受刑者処遇が要求され、その中には社会復帰に向けての処遇が含まれ、受刑中のみでなく出所後の処遇もそれに含まれるとする。 また、独立期の連合規約などが、完全に植民地のイニシアティブによるものであるのに対し、「オルバニー・プラン」はフランスの脅威とイロクォイ族の離反回避に対処するという、本国および植民地の両者共通の利益を推進する点で、後の憲法体制構築のための作業とはまったく異なる方向性を有していた。 そして、全植民地が一つの連合または国としてまとまると同時に各植民地の自治を維持することが、共通の敵であるフランスの脅威を面前にしても、極めて困難であることを「オルバニー・プラン」の作成経過が明らかにしている。 しかし、アメリカ独立前に連合プランを模索し失敗した事実が、連合規約と現行アメリカ憲法で集権的統治体制を構築するには、植民地自治の制限が重要であることを認識させた点にこそ、「オルバニー・プラン」が後の憲法体制に果たした意義が認められる。 同検査によって知るにいたった信書内容に基づき、当該受刑者の申請した訴訟上の救助について、刑務所は疎明資料を裁判所に提出したが、その違法性が認められた裁判例(東京地裁平成21年4月20日判決)の妥当性について、憲法21条2項「通信の秘密」との関連において検討する。 すなわち、「何人もその意見について、それが、たとえ宗教上のものであっても、その表明が法律の確定した公序を乱すものでない限り、これについて不安を持たないようにされなければならない。 」このような規定となった理由を探るための前提として、なぜ、宗教の自由の保障が、表現の自由を保障するこの規定の中に一体として溶け込むようにしてしか規定されなかったのかを探求する必要がある。 そのために、当時の国民議会における「フランス人権宣言」作成の議論の経過と内容を明確にし、第一身分である聖職者の地位および力が、議論の中で弱体化したことが一つの要因であったとする。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により、当初から一定の方向性に沿って作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 しかし実は,「三十人委員会」を中心とする一部革新的貴族の議会戦術により作成されたものであり,アメリカの権利章典の影響や他の多数の派をよせ集めたものでなく,独自かつ統一性を有するものであることを,議事録の分析により示す。 備考(Remarks) その他研究業績 年度 Year 題名等 Titles カテゴリ Category 細目 Authorship 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. 備考(Remarks) 第7回韓南大学校・南山大学学術交流会(2009年10月29日-11月1日於:韓南大学校)における報告をまとめたもの。 しかし、裁判官の身分保障の観点および真の「親族間の情義」を保護する道義性からは、さらに慎重な検討が必要だった。 これに関して患者の憲法上の「自己決定権」を認めたものであるとする論評が多いが、最高裁はその文言を一切引用していないこと、また、同権利はこれまでそのような理解のもとに用いられてこなかったことから、最高裁は民法上の人格権として理解している。 備考(Remarks) 2001 Leonard W. 備考(Remarks) 327. また、あまりにも早い時期にこのような決定はなされたため、一般の邦人民は憲法草案の内容も問題点も何も知らされないままであったこと、邦として批准を行うかあるいは行わないかの二者択一の決定しか認められないかのような印象を人民に与えたことも無効の理由となる。 これに対して住民は処分取り消しを求めた。 裁判所はこれを退ける決定を平成 6年に出したが、知る権利を具体化する目的で条文化した公開条例を、市民に活用させ、行政の透明化を図るには、非公開文書該当性の判断は厳格に行わなければならないのであって、単に府政に漠然とした「支障を及ぼすおそれ」があることをもって、非公開決定を行うことは同条例の正当な理解とは言えない。 備考(Remarks) 研究発表 年度 Year 題目又はセッション名 Title or Name of Session 細目 Authorship 発表年月(日) Date 発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol. ,頁数 Page nos. Re-Imagining Penal Policy Conference , the Howard League for Penal Reform 概要(Abstract) わが国における唯一の開放処遇刑務所である「松山刑務所 大井造船作業所」は、約50年前に、実業家の坪内寿夫が、当時の松山刑務所長後藤信雄との交流の中から実現したものである。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 その実態をHoward League for Penal Reform の学会、What is Justice? しかし、日本ではそれより以前の平成7 1995 年最高裁判決が、指紋押捺を義務付ける外国人登録法に関して、「プライバシーが侵害される危険性がある」としていた。 実際、この判決を受けて1999年に外国人登録法は改正され、指紋押捺は廃止されたのである。 改正入管法による入国時の指紋採取の態様程度等を検討し、同最高裁判決に示された判旨に鑑みると、プライバシー侵害とするための必要最低限の要件は満たされないと考える余地があることを指摘する。 備考(Remarks) The RAND Corporation, Santa Monica, California, USA において開催された、"Terrorism and Global Security Third Annual Conference " での研究発表。 事件発生の原因と法改正の経緯から新制度の要点および課題について発表した。 その坪内自身、戦後シベリアに抑留され、過酷な身柄拘束と強制労働からは何も生まれず、作業を楽しむことから被収容者の将来の社会復帰がより可能になることを、実体験として学んでいた。 坪内は、造船作業と完成時の出帆風景が大きな達成感と自信を、作業をした受刑者に与え、将来に夢を与えることができると考えた。 大井造船作業所では、新来島どっく株式会社が、一般の作業員とともに、松山刑務所からの受刑者を毎年20人以上受け入れ、ともに造船作業を行っている。 備考(Remarks) 2013 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 フランス・イギリスにおける行刑監視体制の相違について 代表 174,000 研究内容(Research Content) 受刑者人権の保障の仕方をめぐって、昨年度はイギリスおよびウェールズにおける刑務所監視体制のあり方に関する研究を行った。 これに引き続き、2013年度は、イギリスと同様に2002年の「拷問等禁止条約選択議定書」を批准しているフランスにおける刑務所監視体制を探り、どのような共通点、また相違点が見いだされるかを探求することで、わが国で2006年に開始された「刑事施設視察委員会」が、世界標準の刑務所監視体制に発展するための手掛かりを得ようとする。 その結果、重要な点は、監視機関の職員等の任命および身分・職権の独立性と、活動や発見についての報告が公開されているという公開性の担保であることが明確となる。 備考(Remarks) 2012 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 イギリスにおける受刑者の人権保障と行刑監視体制のあり方 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カナダ連邦政府における刑務所監視に関する考察 300,000 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2011 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2010 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 カリフォルニア州の行刑改革に関する考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 特定研究助成 備考(Remarks) 2007年に始まったカリフォルニア州のおける刑務所改革および受刑者社会復帰のために導入された諸プランについて考察し、同州における更生保護の方向の変化について研究する。 2010 科学研究費補助金 刑務所の透明性確保と受刑者の社会復帰に関する研究 代表 日本学術振興会 研究内容(Research Content) 備考(Remarks) 2009 南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2 合衆国統治体制の形成における「オルバニー連合プラン」の影響に関する一考察 研究代表者 研究内容(Research Content) 研究助成 備考(Remarks) 1754年「オルバニー連合プラン」が、策定された当時の社会環境および対外的関係を明らかにするとともに、どのような素案がベンジャミン・フランクリンにより提示され、それが最終的にどのような「連合プラン」として、北米諸植民地合同会議によって議決されたのかを明確にし、その後のイギリス本国との抗争および独立への動きの中で発展した植民地連合体である「連合規約体制」とどのような関連があるのかを考察する。 教育活動 年度 Year タイトル Title 内容等 Content 活動期間 Period of Activities 2019 教育方法の実践について 共通教育科目「日本国憲法4」、「法と人間の尊厳4」および法律学科科目「憲法 統治機構)」「憲法総論」において、WebClassの資料提示機能を利用し、毎回ごとのレジュメを掲出した。 授業評価アンケートにおいては、「この授業の良い点、評価できる点」について、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」「ウェブクラスでいつでも勉強できる環境が良かった」という記述が見られた。 「日本国憲法4」の授業評価アンケート、「この授業の良い点、評価できる点」に対する回答に、「授業で使うプリントが、webクラスですべて公開されており、予習がしやすかったことです。 」という記述があった。 of Academic Books 学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数 No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins 学会受賞等の受賞件数 No. of Academic Awards Received 国際学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences 国際学会での研究発表の件数 No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences 国内学会でのゲストスピーカーの件数 No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf. 国内学会での研究発表の件数 No. of Papers Presented at National Academic Conf. All Rights Reserved.

次の