せく し ー 柔道 選手権。 セクキャバ高井議員、首相の夜会食批判もブーメラン

Wikipedia:索引 せかい

せく し ー 柔道 選手権

立憲民主党は15日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の発令後に、東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」で遊興していた高井崇志衆院議員(50)を除籍(除名)処分とした。 高井氏は離党届を提出したが、コロナ有事下に危機感皆無。 党側は受理せず、枝野幸男代表は「議員辞職に値する」と激怒した。 都内のキャバクラなどは今月10日、休業要請の対象として発表された。 高井氏は遊興できたかもしれないが、多くの店は、ギリギリの経営を迫られている。 政府が7日に東京など7都府県を対象地域として、緊急事態宣言を出した直後。 それ以前から「不要不急」の外出自粛が求められており、国会議員本人が「範」を破る事態となった。 高井氏の問題は14日に「デイリー新潮」が報道。 野党からは「安倍政権を利する行為だ」(関係者)との声が出ており、立民側もこの事態を重視。 高井氏が14日に提出した離党届を受理せず、この日持ち回りの常任幹事会で、除籍処分を決定。 福山哲郎幹事長は「言語道断だ」と、憤った。 枝野氏は「国会議員の自覚を欠き、議員辞職に値する無責任な行動」と指摘。 自身のツイッターに投稿した動画で「事柄の重大性に鑑み除籍処分にした。 皆さんの信頼を損ない、おわび申し上げる」と謝罪した。 高井氏は東大卒。 総務省などを経て09年衆院選で初当選し、現在3期目。 今年2月の衆院総務委員会では、安倍首相の「夜会食」の多さを取り上げ「民間企業は飲み会を自粛している。 首相の危機感のなさが国民を不安にしている」と批判したが、自分の言葉がブーメランとして返ってきた。 党側には事実関係を認め「国民に自粛をお願いしているときに軽率な行動で不快な思いをさせ、反省している」と話したという。 菅義偉官房長官は会見で「与党であれ野党であれ、国会議員は自らの行動に責任を持ち、国民の負託に応える必要がある。 残念な話だ」と指摘。 国民民主党の玉木雄一郎代表は「国会議員の出処進退は自ら決めるべき」と、突き放した。

次の

索引「せ」116ページ目

せく し ー 柔道 選手権

世界バレー2018ジャニーズはもうないのはなぜ? 世界バレー2018は4年に1度、五輪の中間年に開催されるバレーの3大国際大会です。 五輪より参加国が多く歴史も古いため「真の世界一決定戦」ともいわれます。 日本で開かれるバレーの国際大会といえば、特に日本戦はゴールデンタイムの放送が恒例で高視聴率。 そして毎回、 ジャニーズのタレントさんが「サポーター」として応援するのが風物詩のようなイメージもあります。 ところが 世界バレー2018では ジャニーズタレントは登場しない模様です。 なぜなのでしょうか。 バレーの国際大会は非常にたくさん種類があります。 3大大会といわれるのが五輪、世界バレー(世界選手権)、ワールドカップ。 さらに近年はワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンバレー)という大会もあるほか、五輪の前には「世界最終予選」という注目の国際戦も行われます。 そしてこれらの大会の放送権は、慣例的に特定の放送局系列で分けられているようです。 世界バレーはTBS、ワールドカップはフジテレビ、グラチャンは日本テレビ、五輪はNHKも含めた共同放送といった形です。 この大会の全てで 「ジャニーズ応援」があるわけではなく、過去には応援団がジャニーズだったり別のアーティストやタレントだったりと、テレビ局や年によって「サポーター役」はさまざまでした。 例えばワールドカップは1995年のV6以降、嵐(99年)、NEWS(2003年)、Hey! Say! JUMP(07年)、Sexy Zone(11年、15年)と、大会に合わせるようにデビューする ジャニーズの新人グループがテーマソングや応援を担当してきました。 また05年のグラチャンではKAT-TUNが楽曲や応援役を担当。 五輪の最終予選でもジャニーズタレントがサポーターを務めることが多いようです。 「毎回必ずジャニーズ」のイメージが強いためか 「なぜ今回は違うの?」と考えがちですが、 大会などによって応援役はさまざまな方が務めているのが実態のようです。 世界バレー2018のサポーターとテーマ曲は? では今回の 世界バレー2018のサポーターとテーマ曲はどうなっているのでしょうか。 やはりジャニーズのタレントさんではないのでしょうか。 テーマ曲は、今年デビュー40周年を迎えるサザンオールスターズの「東京VICTORY」です。 これは前回14年の世界バレーでも同じだったほか、今夏のジャカルタ・アジア大会でも同じ曲で、TBSの大スポーツイベントの「共通テーマ曲」的な位置づけのようです。 そして大会を盛り上げる 応援サポーターは、なぜか(!)TBSの女子アナウンサーが務めています。 TBSではこのところ連日、番組を宣伝する1分間のミニ番組「2018世界バレー 9月29日開幕! 」で、 女子アナウンサー17名が応援Tシャツを着て日替わりで選手たちを応援。 ウェブなどでもこれらの動画を公開しています。 の注目は!?. — TBS バレブ ー TBSvolleyboo 世界バレーサポーターにネットの反応は? 元バレー部としては、ジャニーズが関わって以降テレビ局のいいオモチャにされて、ファンが純粋に競技の応援に行ける対象ではなくなったと感じてます 出典:twitter まとめ 日本のバレー人気は世界でも有数のようで、他スポーツに比べ国際大会も日本開催の頻度が高いようです。 きっかけは、やはり前回東京五輪での「東洋の魔女」でしょう。 金メダルを取った試合の視聴率67%は今でもスポーツ中継の最高記録だそうです。 バレーお決まりの応援「ニッポン・チャチャチャ」もバレー中継がはじまりとか。 人気タレントや名曲に乗せての大盛り上がりの応援や放送もバレーならではです。 2年後には再び東京五輪が巡ってきます。 新生日本代表には、ぜひ56年ぶりの熱狂と感動を届けてほしいですね。

次の

索引「せ」116ページ目

せく し ー 柔道 選手権

世界バレー2018ジャニーズはもうないのはなぜ? 世界バレー2018は4年に1度、五輪の中間年に開催されるバレーの3大国際大会です。 五輪より参加国が多く歴史も古いため「真の世界一決定戦」ともいわれます。 日本で開かれるバレーの国際大会といえば、特に日本戦はゴールデンタイムの放送が恒例で高視聴率。 そして毎回、 ジャニーズのタレントさんが「サポーター」として応援するのが風物詩のようなイメージもあります。 ところが 世界バレー2018では ジャニーズタレントは登場しない模様です。 なぜなのでしょうか。 バレーの国際大会は非常にたくさん種類があります。 3大大会といわれるのが五輪、世界バレー(世界選手権)、ワールドカップ。 さらに近年はワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャンバレー)という大会もあるほか、五輪の前には「世界最終予選」という注目の国際戦も行われます。 そしてこれらの大会の放送権は、慣例的に特定の放送局系列で分けられているようです。 世界バレーはTBS、ワールドカップはフジテレビ、グラチャンは日本テレビ、五輪はNHKも含めた共同放送といった形です。 この大会の全てで 「ジャニーズ応援」があるわけではなく、過去には応援団がジャニーズだったり別のアーティストやタレントだったりと、テレビ局や年によって「サポーター役」はさまざまでした。 例えばワールドカップは1995年のV6以降、嵐(99年)、NEWS(2003年)、Hey! Say! JUMP(07年)、Sexy Zone(11年、15年)と、大会に合わせるようにデビューする ジャニーズの新人グループがテーマソングや応援を担当してきました。 また05年のグラチャンではKAT-TUNが楽曲や応援役を担当。 五輪の最終予選でもジャニーズタレントがサポーターを務めることが多いようです。 「毎回必ずジャニーズ」のイメージが強いためか 「なぜ今回は違うの?」と考えがちですが、 大会などによって応援役はさまざまな方が務めているのが実態のようです。 世界バレー2018のサポーターとテーマ曲は? では今回の 世界バレー2018のサポーターとテーマ曲はどうなっているのでしょうか。 やはりジャニーズのタレントさんではないのでしょうか。 テーマ曲は、今年デビュー40周年を迎えるサザンオールスターズの「東京VICTORY」です。 これは前回14年の世界バレーでも同じだったほか、今夏のジャカルタ・アジア大会でも同じ曲で、TBSの大スポーツイベントの「共通テーマ曲」的な位置づけのようです。 そして大会を盛り上げる 応援サポーターは、なぜか(!)TBSの女子アナウンサーが務めています。 TBSではこのところ連日、番組を宣伝する1分間のミニ番組「2018世界バレー 9月29日開幕! 」で、 女子アナウンサー17名が応援Tシャツを着て日替わりで選手たちを応援。 ウェブなどでもこれらの動画を公開しています。 の注目は!?. — TBS バレブ ー TBSvolleyboo 世界バレーサポーターにネットの反応は? 元バレー部としては、ジャニーズが関わって以降テレビ局のいいオモチャにされて、ファンが純粋に競技の応援に行ける対象ではなくなったと感じてます 出典:twitter まとめ 日本のバレー人気は世界でも有数のようで、他スポーツに比べ国際大会も日本開催の頻度が高いようです。 きっかけは、やはり前回東京五輪での「東洋の魔女」でしょう。 金メダルを取った試合の視聴率67%は今でもスポーツ中継の最高記録だそうです。 バレーお決まりの応援「ニッポン・チャチャチャ」もバレー中継がはじまりとか。 人気タレントや名曲に乗せての大盛り上がりの応援や放送もバレーならではです。 2年後には再び東京五輪が巡ってきます。 新生日本代表には、ぜひ56年ぶりの熱狂と感動を届けてほしいですね。

次の