この世 あの世 英語。 現世

ドラゴンボールの地理

この世 あの世 英語

死んだらどうなるのだろう? 知り合いが亡くなったけど、どこに行くのだろう? この世をウロウロしているのかな? こんな風に、誰しもあの世について考えたことがあると思います。 今回は、私の実体験を通して 亡くなった人がいく、あの世とはどんな場所なのか。 今いるこの世は、どうして存在するのか。 についてお伝えします。 あの世について知りたい人にも、この世について知りたい人にも、なるべくわかりやすくご説明しますね。 ちなみに、亡くなったら「無」になると思っている人こそ、これから話すことは知っておいて欲しいと思っています。 それでは、不思議な世界への入り口にご案内させていただきます。 あの世とこの世の違いを知っていますか? 実体験を元にあの世を疑似体験してください。 興味のあるところから読んでくださいね• あの世とこの世の違い この世とは、今私たちが生活している現世のことをいいます。 そして、 あの世とは、生まれてくる前や亡くなった後に私たちがかえる場所になります。 あの世には、人間だけでなく飼われていた動物や普段私たちが食べている食用になった動物たち、さらには、毛皮やバッグなどの加工品にされた動物たちもいます。 また、あの世にはいくつもの階層があり、それは生きている私たちにはみえない層の積み重ねでできています。 私たちはときどき、なぜこの世に存在し、生活をしているのか考えることがありますよね? 特に辛いことがあったときなど、どうして生まれてきたのだろう・・・と思ったことがあるはずです。 しかし、この世は魂の修行の場所なので、辛いのが当たり前。 ただ、生まれてくる前に、魂がいたあの世の記憶やこの世で行う修行内容を忘れてしまうため、困難がある度に辛くて苦しくなってしまうのです。 しかし、あの世からみれば、この世の苦労や苦痛は魂を磨くための大切な時期で、喜ばしいこととされています。 今、もしあなたが辛くて悲しくて、他人に苦労をされられているのなら、それはあなたがこの世に生まれてくる前に、その人に同じことをした可能性があります。 あなたはそれを精算するために、この世に自分の意思で降り立ったのだと認識していいでしょう。 あの世の入口 あの世への入り口は、とてもたくさん存在しています。 色々な場所であの世とこの世はつながっているので、この世とあの世の境を歩いている霊をみかけてしまう人は意外に多いのです。 有名な大きな霊道と呼ばれる場所もありますが、実際にはあなたが暮らしている家の中にも、霊界へかえる霊が歩く場所が存在していたりします。 私は、今まで色々なあの世の入り口をみてきました。 あの世に戻れない、この世に未練が強い霊は、基本的に湿った暗い場所に集まっています。 自殺の名所と呼ばれる場所やトンネルなどに、この世に未練が強い霊は多くいます。 その他、病院の地下室や検査室、医療事務のカルテが重なっている暗い場所にも、あの世への入口があります。 気持ちが晴れやかな霊は、あの世へ戻るときに、霊道の他、部屋の角の天井からあの世へいくこともあります。 私がお会いしたほとんどの霊は、歩きながら立った状態で、部屋の角の天井から光があらわれてそこへ上がっていきます。 浮いてスーッとその光に吸い込まれるような感じです。 霊があの世へ入ると、その入口は自然と閉まります。 また、乗り物にのって、あの世へかえる霊もいます。 たとえば、古い路線にある車両の短い電車にのって、山の斜面に沿って走り、自分に合った場所で下車して、あの世へいき、この世にあるのと同じような家に住んでいる霊もいます。 宇宙船のような乗り物で天高く上がりながら、あの世の入口に入ることもあります。 ただただ長い階段を上って。 あの世にいく霊もいます。 私自身、どうしてこうも霊によってあの世への行き方が違うのか不思議でしかたありませんが、ひとつだけわかっていることは、あの世はいくつもあって、いく世界によって入り口が違うのだということです。 よく幽霊がでるスポットは、基本的に霊道の入口近くに位置しています。 そして、そういったところにある入口は、あまり良くないおこないをした霊が入る入口の場合が多いです。 ですから、 心霊スポットといわれる場所には、できるだけ近づかないほうが身のためです。 あの世にはいくつもの階層がある 先ほども触れましたが、 あの世にはいくつもの階層があります。 宇宙界、如来界、菩薩界、光明界、善人界、幽界などが存在すると一般にいわれていますが、私は実際に全ての界を訪れたことがあります。 宇宙界は、とても綺麗で光り輝いていて、いつかこの場所にかえりたいと思ったことを覚えています。 宇宙界へは、神様に会いたいと願ったときに、2~3回入ることを許されました。 私がみた如来界は、透明なエレベーターにのって空高く上がった場所にありました。 まるで空の上のような場所で、光がさんさんと輝いていて、そこにいる霊は美しかったのをおぼろげながら覚えています。 私がおこなうことをただただうなずいて、美しい光をさしながら見守ってくれていました。 菩薩界は、山の上にあるような感じです。 菩薩界は自然が多く、美しく、花々が咲き乱れている場所でした。 匂いはしないのですが、良い匂いがするような気がしたのを覚えています。 光明界は、宇宙ステーションのような場所で、色々な人が忙しく、テキパキ仕事をこなしているような場所でした。 あの世の優秀なスタッフがそれぞれの役割を担っている感じです。 善人界は、普通の家や家屋が立ち並んでいる場所です。 現世とほぼ変わりなく、全ての人が穏やかに暮らしていました。 訪れた時に 「見学? 」と聞かれたのを覚えています。 旅館みたいなところや温泉のような場所もあり、訪れたときは、現世のどこかの場所の夢をみているものだと思い込んでいました。 私はよくここへ行くのですが、行くとくはほぼ電車です。 幽界は、あの世とこの世のはざまです。 私が行く幽界は、いつも駅のホームや駅の改札口近くが多いです。 よく、三途の川が流れているなどと聞きますが、三途の川らしきところを船でわたったこともあります。 その船に乗るためには、バスに乗って大きな船乗り場にいく必要があります。 そして、船に乗ると、スーッといつのまにか、あの世の入口にたどりつきます。 いまだにあれが三途の川なのかどうかハッキリしませんが、大きな湖のような川を渡り、あの世とこの世の中間で迷っている霊に遭遇したので、たぶん三途の川なのだと思います。 まとめると、人があの世へ行くときは、必ず三途の川を渡るわけではなく、電車に乗って行く人もいれば、宇宙船で行ったり、階段で行ったり、さらには透明なエレベーターでいく人もいるということです。 ちなみに、 どの行き方になるかは、生前のその人のイメージに左右されるようです。 この世の3つの特徴 この世の特徴を知ると、修行する意味がみつかるかもしれません。 1.この世では悪の方が強い この世では、善より悪の方が強いです。 しかし、この世で生きているうちは、悪い事をしてもうけた人が勝ちのように感じられますが、あの世へかえると罰が待ち受けています。 あの世にかえったときに、全ての悪いおこないをした自分を自分で攻め続けることになります。 火あぶりにされたり、針の上を歩かされるのが地獄のイメージですが、実際には、あの世の地獄は自分で自分のおこない悔いる地獄なのです。 2.この世では善人が苦労をする この世では、善人が苦労をします。 良い人なら良い人程、苦労が絶えず、お金がないものなのです。 この世では、お金持ちでわがままな人が幸せにみえますが、それは幻想でしかありません。 この世で行った罪は、来世で必ずつぐなうことになります。 あの世へかえった霊は、 「この世こそがドロドロとしていて暗い地獄だ。 」 と、口々に言います。 私たちは、過去にした自分のおこないを正すためにこの世に修行をしにきているのです。 3.この世で得た物をあの世へは持っていけない この世で得た栄光も、財産も、有名な画家の絵も、あの世へは持っていけません。 この世に未練があり、あの世にいけない人は、自分がこの世で得たものに執着しています。 あの世に持っていけるのは• 良いおこない• 苦労した実績• 努力した功績 の3つだけです。 それを同じ魂をもつ霊たちと共有することが、あの世でやるべきことになります。 あの世へ行く前に知っておいて欲しい7つのこと あの世へは、いつか帰ります。 ですから、 あの世へ行く前に知っておいて欲しいことがあります。 あの世は存在する• 人は修行のためにこの世に降り立つ• 亡くなったらお墓にいかずに、あの世へいざなう霊を待つ• あの世からはいつでもこの世を見渡すことができる• あの世からは見ているだけで、手を出すことができない• 現世で悪い事をすると、必ず来世で自分が同じ目に合う• 苦労はあの世へ行ってからの財産になる このことをしっかりと覚えて、今を生きてほしいです。 この世に霊能力者が存在するのは、悪い霊を除霊するためだけではありません。 この世で魂を磨くためにすべきことやあの世への帰り方を教えるのも、大きな目的です。 亡くなったあとにどこにいけばいいのか迷わないように、亡くなったらあの世にかえるということ、そして、この世だけが全てではなくて、この世には魂の修行のために舞い降りてきたのだということを覚えておいてくださいね。 まとめ 今回は、私が実際に体験したことだけをお伝えしました。 私のように、あの世とこの世をつなぐ役割の人は他にもいらっしゃいますが、その人によって、あの世の見え方やイメージが異なるようです。 あなたのあの世のイメージはどんな感じでしたか? 実際に、亡くなったあとに行くあの世は、自分がイメージしている世界そのものだと言われています。 もしそうなら、いいイメージを持ってその時を向かえられたほうがいいですよね? まずは、この世での自分自身のおこないをしっかりと見つめ直すところからはじめてみてくださいね。 ちなみに、私たちがもともといたあの世には、今回お伝えしたような場所以外にも、いろいろなところが存在します。 今知られている以上に、多くの階層があって、人の創造をはるかに超える場所もたくさん存在するようですよ。

次の

「あの世」に関連した英語例文の一覧と使い方

この世 あの世 英語

1:あの世はあるのか…あると思う? 「あの世」とは、今の人生、つまり「この世」での命が尽きたあとに行く世界。 「来世」とか「後世」などとも言ったりしますし、天国と地獄があるなんていわれたりもしますよね。 信じている人はどれくらいいるのでしょうか。 今回、『Menjoy! 』では、20〜30代の男女500名にアンケートを実施。 「あの世はあると思いますか?」と聞いてみました。 結果は以下の通りです。 死後の世界と考えると少し怖いですが、「死んだ後もそれで終わりじゃなくて、別の世界に行くだけ」というのは、ロマンがあるともいえますよね。 2:あの世の世界ってどんなの?男女のイメージ5つ (1)天使がいる 「特に仕事とかはなくて、毎日のんびり暮らしている世界。 そして生活の中に、普通に天使がいるようなイメージがあります。 その天使は、私のイメージでは赤ちゃんです。 空を飛ぶ天使を眺めつつ、花畑などでぼーっと毎日を過ごすのかなぁと。 時間の概念とかもあまりなさそうですね」(Aさん・24歳女性) (2)空にはいくつか島が浮いている 「たぶん漫画の影響だと思うのですが、無数に島があって、その島を飛んだり、あるいは飛べる動物に乗って移動したりするイメージがあります。 島によって高さが違って、空を見上げるといくつもの島が浮かんでいる感じ。 竜みたいなのもいるのかな……なんか、見たことのない生物がたくさんいそうなイメージです」(Sさん・28歳男性) (3)自然豊かで暖かい陽光が射している 「心が癒される空間というか、草木が茂っていて、山や川があって、ところによっては滝があって……。 そして、枯れない花や夜に光る花が咲いているんです。 そんな自然豊かな空間で、優しい温かな陽光が差し込めていて、空には虹もかかっていそうです」(Oさん・35歳女性) (4)善人しかいない 「あの世って、天国なのかな……と思っているので、善人しかいないイメージがあります。 そこで家族やご先祖さまに会って、一緒にのんびり生活をしたり、ご近所の人と何気ない話をしたり……。 少なくとも、東京のように忙しくて冷たい雰囲気はないと思います」(Iさん・28歳男性) (5)真っ暗な世界で何もない 「あの世があるかどうかはわからないけれど、死後の世界だというなら、無のイメージ。 ただだた、暗闇が広がっていると思います。 周りに人がいるのかわからない、自分が何者なのかもわからない。 闇の中に溶けて、世界と一体化する……そんな感じだと思います」(Mさん・23歳男性) 3:あの世で再会したい人はいる?会いたい理由も あの世の存在を信じている人の中には、一度でいいからあの世にいる人と再会したい……あるいはあの世でもう一度会いたい……と思う人もいるでしょう。 男女に会いたい人と、その理由を伺いました。 (1)夢で助けられたお礼をしたい 「中学のときに、事故で亡くなった友達がいます。 起きたときは懐かしいような感覚でしたが、その日の夕方、車の事故に遭遇。 間一髪で怪我を負わずに済んだときに、朝の夢を思い出しました。 その友達が助けてくれたのかもしれません。 お礼がしたいけど、もう夢に出てきてくれないんです……。 だから、あの世で会いたいですね」(Aさん・24歳女性) (2)生きている間には素直になれなかった頑固な父 「私はかなり厳しい家に育ちました。 無骨で怒ると怖くて、絶対に逆らえなかった父。 もう亡くなってしまったのですが、そんな父の日記が見つかりました。 そこには、私たち子どもへの愛情が切々と書かれていました。 そんな雰囲気、生きている間は一度も出さなかったのに……。 なんだか涙が出てしまって、無性に会いたくなりました。 会って、こんなに大きくなったよって伝えたいですね」(Mさん・36歳女性) (3)結果的にパートナーとの縁を作った人 「小さいころからお世話になっていた習いごとの先生です。 私は、当時大嫌いだった男子の悪口をいつも言っていたんです。 絶対ありえない組み合わせだと思っていたのに、こうなったのは先生のおかげかも。 一度はダメかと思った人が助かったり、臨死体験と言える事例が数々と報告されたり……。 あるいは前世の記憶を持っている子どもが生まれてきたり。 そんなことが度々起きることからも、あの世はあると信じられてきました。 筆者がよく知る心理学者も、臨死体験をしたひとり。 彼は死体安置所まで連れて行かれました。 ですが、なんとそこで目を覚ましたのです。 残念ながらあの世は見ておらず、気絶したときと同じ状態だった……と話してくれました。 その当時、視力が0. 01くらいしかなく、眼鏡が必要だった彼は、一度(医者の判断としては)死んで目を覚ました後、視力が2. 0にあがってました。 「あの世」で何かが起こったのかもしれません。 心理学者である自分自身でも、自分の身に起きた現象は説明できないと話しています。 5:『あの世の門』って? 椎名林檎さんが2019年にリリースした曲に『あの世の門』という作品があります。 その歌詞 によれば、あの世は、あたり一帯おぼろげな白い光に包まれた誰にもいない空間で、自分の体は手も足も胴もなく、魂ひとつで鉄の匂いだけが充満しているものとされています。 自分自身が宇宙そのものだというのです。 みんながイメージするあの世と似ているところもあれば、ちょっと違うと思う部分もあるかもしれませんね。 あの世に行ったことがある人に、実際はどんな世界か、ぜひ聞いてみたいものです。 6:あの世を英語でいうと?類語は? あの世という概念は日本だけにあるものではなく、海外にも存在します。 あの世とはつまり、死後の世界のこと。 英語では「afterlife 」といいます。 また、「 another world」という表現もあります。 「この世界をまっとうして、次に行く世界」だと考えられているようですね。 また、天国を指す「heaven」や地獄を指す「hell」も「あの世」を示しているといえます。 7:まとめ あの世は一度死んで見ないと存在するかどうかなかなか判断しかねますよね。 ですが、いくつもの「あの世の証拠」が残っているとなると、ちょっと見てみたい気もします。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の

「この世とあの世」書評 阿頼耶識の輪廻転生論に説得力(好書好日)

この世 あの世 英語

あの世の法則…はるくるさんの記事をまとめながら、ふと、いつも感じることを思い出したので書いてみます。 あの世とこの世の人間関係は同じようなもの、と霊視するたびに感じます。 この世で、血の繋がりがなくても親切にしてくださる方っていると思います。 あの世も同じです。 血の繋がった方が守護霊というわけではないんです。 自分が直接知っている方でない場合が多いですね。 直接、という所が肝だと思います。 『あの世の人間関係の繋がり』はこの世よりも、クモの巣のように細く細かい糸で張り巡らされています。 そして、この世と同じで、あの世でも血の繋がりがなくても親切にしてくださる方がいるんです。 守護霊とは、一種の職業・立場だと思います。 守護霊になる霊には、『ある一定の基準』が満たされていないと、その職業 守護霊 につけないのだと思います。 亡くなってすぐに守護霊になれる方はいないのが現状です。 つまり、 この世からあの世へ移行 肉体の死 した後、 この世の霊的成長での勉強の次のステップである、 あの世での霊的成長を行うことになります。 つまり死んでも私たちは何も終わらないんです。 自殺が無意味であることが理解してもらえるかと思います。 あの世での霊的成長で、一定のレベルに達しないと守護霊になれないです。 霊格がこのぐらいという基準が設けられているのだと思います。 霊視していると、守護霊ではない存在もよく来られます。 守護霊のレベルではないけど、依頼人のサポートをしたいと願う霊も沢山おられます。 守護霊が、あの世からサポートしてくれている親のような存在だとすると、 この世の両親は、親ではあるのですが、この世で一緒に成長していく同志に近いのではないかなと思います。 生きていて、親以外にもサポートしてくださっている方は大勢います。 先生や友人、祖父母、親戚、きょうだい、、自分は知り合いじゃないけど住んでる県の知事さん笑… 遠く…となると、例えば、 目の前にテレビがあるので例に出しますが。 テレビ一つにしたって、 誰かが発明して、作って、商品化して、お店で販売して… 沢山の方にサポートされて、今私の目の前に存在します。 だけど私はその方々と知り合いではないです。 あの世も同じで、遠くから沢山の方々がサポートしてくれてます。 分かりやすく何かないですかね…。 あ!ネットの世界! クモの巣のように繋がってると思います! これが霊界に近いですね。 SNSのずっと繋がってる感覚… これがもっと行きすぎたのが霊界での繋がり感じですね。 自分が実際お会いしたことない方の情報を知れたり、そこから繋がりができたり…。 SNSも色々問題が言われていると思いますが、霊界と似ていて自分軸がしっかりしてないとダメだと思います。 SNSやってても軸をしっかりして、流されない! そして情報のスピード…霊界はもっともっと何倍も早いです。 ついでに…守護霊や神仏に関しては、 『自分が特別な存在だからこんな人が守護霊についてるんだ!』 と、思いたい方もいると思います。 神仏だって人ですから、霊視してお願いしたら、ご縁をくださります。 神様も守護霊も人なので、とにかく特別な存在じゃないです。 何もかも助けてくれるなんてないです。 うまく書けないなぁ。 ここらへんにしておこう。 話はかわるのですが、 先日『猫を探してます』とチラシが入ってました。 どうやら近くのお宅の飼い猫が迷子らしいんです。 こんなに寒いのに…。

次の