青森 イジメ 加害者 現在。 青森県、黒石市のいじめ自殺事件の加害者、加害者の家族の人生...

[離婚・男女問題]イジメの加害者と、学校に対して法的手段に出るには?

青森 イジメ 加害者 現在

【事件内容】 群馬県桐生市の小学6年生女児が、同級生たちからの一年以上にもわたる執拗ないじめを苦にして自殺した事件です。 消しゴムのかすを食べさせられたり、プールに突き落とされたり、上履きに「うざい、死ね」と書かれてゴミ箱に捨てられるなどされました。 女児は校長先生にいじめを訴えていましたが「気のせいだ」と取り合ってもらえませんでした。 また給食時間に一人ぼっちで食べていても、担任は見て見ぬふりをしていたということです。 女児は、母親へのプレゼントにするはずだった手編みのマフラーをカーテンレールにかけて首吊り自殺をしました。 自殺後に学校側の、いじめに関するアンケートを消しゴムで消す等の隠蔽行為が問題視されました。 ・わがままで自分中心的な考え方 人の心理を理解できなく、いじめることでしか人とコミュニケーションをとれない子供がいます。 相手の気持ちが分からない分、いじめていたことに気付かず、後悔や謝罪をすることもありません。 ・自己嫌悪感が強い うまくいかないといらいらしてやつあたりをしてしまい、トラブルを起こしてしまいます。 自分に自信がない分、人を羨む気持ちや妬む気持ちが強くなります。 ・ストレスをいじめで発散 家庭環境や学校でストレスやトラブルを抱え、それを相談できずにいる場合が多いです。 また、自分が誰かにやられたことを別の人にやり返すという八つ当たりの心理が働いてしまいます。 怒りをおさえることが難しいようです。 ・家庭環境にトラブルあり 子供というのは、親を見て育ちます。 親が大声で怒鳴る・不機嫌・八つ当たりしてくるなど、理不尽な扱いを受けても、子供はその言動が正しいと信じてしまいます。 子供に原因を突き詰める前に、家庭環境を振り返ることが大切です。 わが子がいじめの加害者だった場合。 夫婦間で話し合って、今後の対処法について相談します。 その後に子供を交え、親御さんの考えや思いをしっかり話して伝えます。 いじめは、 相手の人生や命をも奪ってしまうということ 責任を負って一生後悔して生きていかなければならないこと 今はネット上で顔写真から個人情報まですべてさらされ、その後の人生に悪影響を与えること まさに因果応報ですね。 そういった現実をきちんと話して理解させることが大事です。 いじめはどんな理由があろうとも絶対にいけないことを理解してもらうためです。 子供が後悔して反省したら、被害者に親子で謝罪しに行きます。 親の対応としては、冷静さを失って何も事実を確認せずに感情的になって叱りつけることはしてはいけません。 一方的な説教をするのではなく、子供の気持ちもしっかり聞くことが大事です。 娘が中学校の頃、部活で全員から仲間外れにされ、嫌がらせを受けていたようです。 顧問は滅多に来ない、好き勝手に絵を描いたり喋ってるだけの美術部だったので娘は居づらくて幽霊部員になってしまいました。 ある日、部活で使っていたスケッチブックが滅茶苦茶に破られ捨てられていました。 その後、娘が顧問に相談すると「そんなの知らないわよ、自分でちゃんと管理しないのが悪いんでしょう」と言われたようです。 悲しかったけど誰にも言えず、卒業まで我慢したそうです。 自分だけじゃなく、親にまで悲しい思いをさせたくなかったから、今の今まで言えなかった、と言っていました。 娘が辛い思いをしていたのに気づけなかった自分に後悔しています。 長男はお人よしで気が弱い子だったせいか、お友達にからかわれたりちょっかいを出されるようになりました。 無視されたり、時には机の上に唾を吐かれたりもしたようでした。 私が目撃した時は注意するのですが、その時だけ「はーい」と良い返事をするのです。 当初、嫌がらせをされるのは長男にも原因があるのかもしれないと思い、「何かお友達が嫌がる事をしたんじゃないの?」と聞いてみましたが「してない」の一点張りでした。 しかし、長男が酷い事を言われても言い返せずにずっと我慢していたせいか、嫌がらせが続き、子供の事にはあまり口出ししたくなかった私ですが行動に出ました。 嫌がらせをする子のママとはほんの少し交流がありましたので、余計に言いたくなかったのですが、それとなく話してみました。 一方的にその子を責めるのではなく、「こんな事があったみたいなんだけど、うちの子がもしかして悪い事したのかな?もしそうなら謝罪しないといけないし」とわざと下手に出ました。 するとそのお母さんがその子に確認してくれ、その子は認めてくれたのです。 そして翌日「ごめんね」と謝罪してくれました。 こちらとしてもまったく想像してなかった事でびっくりしました。 仲が良かったはずなのに何で?という感じでした。 結果として、うちの子ともう一人で叩いたり蹴ったりしてた様で…。 親の対応としてしたことは、まず何でそんな事したのか?経緯を息子に聞きました。 よくよく話を聞けば、その子が約束を破った事に対する報復攻撃だったという事でした。 ですからいじめという感覚とは違います。 もちろん理由はどうあれ叩いたり蹴ったりする事はダメだとお詫びに伺い、二度とするなと約束もさせました。 相手の子も約束を破った事については謝罪してくれました。 もう、3年経ちますがそれ以降は仲良くしてますよ。 私自身いじめや卑怯な行為は許せないたちなので、その時はかなり息子には厳しく言いました。 ただ、理由が理由だけにこの件に関しては子供の気持ちとしては解らなくも無い、とは子供に伝えました。

次の

いじめの心理とは?加害者・被害者の特徴や性格は?原因と解決策は?

青森 イジメ 加害者 現在

・幼少から厳しく育てられた ・冬の寒い日に(話は青森である)薄着で外に立たされているのを見た近所の人がいる ・小学生の頃から珠算やスイミングスクール、学習塾に通わされた ・友人の家に遊びに行くことも、友人を家に呼ぶことも禁止 ・作文や絵画は親の検閲が入る(先生ウケする様に親が指示命令) ・見ることが許されたテレビ番組は「ドラえもん」「まんが日本昔ばなし」 ・男女交際禁止 さらに、母親による強烈なエピソードもあります。 完ぺき主義だったという加藤死刑囚の母親は、常に完璧なものを求め、 母親の作文指導の中に「10秒ルール」というものがあったそうです。 兄弟が作文を書いている横で、母が「検閲」という名の作文指導をし、「この熟語を使った意図は?」といった質問をされます。 それに答えられないと、母が、「10、9、8、7…」とカウントダウンを始め、 0になるとビンタが飛んできたと言われています。 兄弟の中でも自分だけ虐待され続けてきた ・極寒の中で薄着で外に立たせられ続ける ・靴を脱がせて裸足で雪面に立たせ続けた ・九九が覚えられないときに、お風呂の水の中に頭を沈めた ・泣くと母親はさらに激昂してタオルを口に詰め込み、ガムテープでぐるぐる巻きにする この母親は、加藤死刑囚が中学1年生の頃にも異常行動をします。 食事中の加藤智大死刑囚に激昂し、廊下に新聞紙を敷き詰め、その上にご飯や味噌汁などその日の 食事を全部ばら撒き、「そこで食べなさい」と命令したそうです。 加藤死刑囚は泣きながら食べていましたが、 弟や父は見て見ぬふりをしていたと言います。 また、恋愛面においても口出しをしたそうです。 加藤智大死刑囚は中学時代にモテたため、2人の彼女ができたそうですが、勉強とスポーツに打ち込むために恋愛禁止と称して、 強制的に母親が別れさせたと言います。 高校時代の劣等感やストレス マスコミが報じた転職理由はでたらめばかり… 加藤智大死刑囚は、中日本自動車短期大学を卒業した4ヶ月後、母親から資金提供を受けて宮城県仙台市でアパート暮らしを始めます。 そこで登録した人材派遣会社「東洋ワーク」から派遣されて、最初の仕事である 警備員の仕事に就きました。 加藤智大死刑囚はその後、この警備会社に2年間務めます。 警備会社を辞めたあとの加藤智大死刑囚は、それから様々な県をまたいで職場を転々とします。 その後、加藤智大死刑囚は、2007年11月から最後の勤め先となった、トヨタ自動車の関東自動車工業の工場で 塗装工の仕事に就いていました。 しかし、リーマンショックの煽りを受けたことで、2008年6月で破産により閉鎖されることになったそうです。 加藤死刑囚は、派遣会社が提供する寮で暮らしていたため、2008年5月に契約解除をされ、 住まい、職場を一挙に無くすことになってしまいます。 ネット掲示板で「あ、住所不定無職になったのか ますます絶望的だ」と 絶望した心境を投稿していました。 そして、追い詰められていった加藤智大死刑囚。 「秋葉原無差別殺傷事件」を起こす3日前には、掲示板にこのようなコメントを残しています。 ・6月5日 06:17 作業場行ったらツナギが無かった/辞めろってか/わかったよ 11:51 犯罪者予備軍って、日本にはたくさん居る気がする 12:05 「誰でもよかった」/なんかわかる気がする 12:32 東京の道路って面倒くさい 12:33 トラックで行くのは無謀かもしれん 引用: ・6月6日 01:44 あ、住所不定無職になったのか/ますます絶望的だ 02:48 やりたいこと…殺人/夢…ワイドショー独占 02:54 工場で大暴れした/被害が人とか商品じゃなくてよかったね 02:55 それでも、人が足りないから来いと電話がくる/俺(おれ)が必要だから、じゃなくて、人が足りないから/誰が行くかよ 引用: この掲示板に、「彼女がいれば、仕事を辞めることも、車を無くすことも、夜逃げすることも、携帯依存になることもなかった」と書き込んでいました。 本当に、自身で分かっているように、加藤死刑囚に彼女のような存在の人がいれば、このような悲惨な事件は起きていなったのかもしれません…。 そしてついに、感情が一気に爆発し、あの凶悪犯罪を起こしてしまうのです。 加藤智大死刑囚が起こした「秋葉原無差別殺傷事件」とは 2008年6月8日12時30分過ぎ、世間を震撼させる事件が発生します。 事件当日の経緯をおさらいしましょう! ・現場は、東京都千代田区外神田四丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点(秋葉原)。 元自動車工場派遣社員の加藤 智大(当時25歳)が運転する2トントラックが神田明神下交差点方面から東へ向かい、中央通りとの交差点に設置されていた赤信号を無視して突入。 青信号を横断中だった 歩行者5人を跳ね飛ばす。 ・トラックは交差点を過ぎて対向車線で信号待ちをしていたタクシー(被害者・湯浅さんが運転)と接触して停車。 加藤死刑囚はトラックから降り、道路に倒れこむ被害者の救護にかけつけていた通行人や警察官ら17人を狙い、所持していた ダガーナイフで立て続けに刺す。 ・加藤死刑囚は奇声を発しながら通行人を次々に刺して逃走。 近くの秋葉原交番から駆けつけた警察官が追跡し距離を詰めたところ、防護服を斬り付けられるなど身の危険に晒されたが、警棒で加藤死刑囚の側頭部を殴りつける。 最後には拳銃を加藤死刑囚に向け、武器を捨てるよう指示し、応じなければ拳銃を発砲すると警告。 それに応じ、ダガーを捨てた加藤死刑囚を居合わせた警察官とともに取り押さえ、旧サトームセン本店(現・クラブセガ秋葉原新館)脇の路地で現行犯逮捕にて身柄を拘束。 「殺すのは誰でも良かった」と供述している加藤死刑囚。 なぜ、加藤死刑囚はこれほどまでに凶悪な犯行を行ったのでしょうか? 具体的な犯行動機や当時の状況を振り返ってみましょう。 事件現場の様子&ニュース映像 加藤死刑囚が事件を起こしたのは日曜日で、犯行が行われた中央通りは 歩行者天国になっていました。 周りは初めは交通事故だと思っていたようです。 多くの人々で混み合う中の凶行であり、事件直後は多くの人々が逃げ惑い、まるで戦場のような惨劇になっていたと言います。 この事件を機に、秋葉原の歩行者天国は当面の中止を決定。 現在は毎週日曜の12時から17時(4月以降は18時)までの時間限定で再開し、実施区間は従来より200メートルのみと短縮されました。 1 言いたいことを言葉で伝えるのではなく、別の行動をとる自分のものの考え方 2 掲示板での嫌がらせ 3 掲示板に依存した自分の生活のあり方 事件を起こしたきっかけを「ネットの掲示板で、他人が自分になりすますなどの嫌がらせを受けたこと」などと説明。 事件の内容を書き込んだうえで同じ事件を起こせば、「自分が嫌がらせを本当にやめてほしいと思っていたことが伝わると思った」と話した。 弁護人が「別の掲示板を使えばよかったのでは」と問うと、「自分が自分でいられる本音の場所。 ほかに代わるものはなかった」と述べた。 引用: そして、加藤死刑囚の身勝手な考え方は「幼少期の母親からの育てられ方が影響したのではないか」とも語っていました。 ネットで犯行予告&実況中継 誰かに止めてもらえたら… 加藤智大死刑囚は、警視庁の調べで、事件当日に携帯サイトに自身が書き込んだ「犯行予告」について、「色々書いているのに、 誰も見てくれない」「 見た人に犯行を止めてほしかった」 と話したようです。 加藤容疑者は、書き込みに対する反応のなさに不平を口にしているといい、職場や普段の生活における疎外感に加え、ネット上でも孤立感を深めていたと万世橋署捜査本部はみている。 事件当日の8日早朝から、「秋葉原で人を殺します」とのタイトルで、犯行を予告する内容の書き込みをしていた。 書き込みは「ネット中継」のように、自宅から現場に向かい、最後は決行を決意するまで自らの行動や気持ちを短文で書き込んでいた。 引用: 書き込みは事件直前の「時間です」まで計30回に及んだが、この間に誰からも反応はなかったとされる。 加藤容疑者は日頃から頻繁に携帯サイトに自らの気持ちなどを書き込んでおり、3日には「ネットですら無視されるし」「これを書けば人気者になれるかと思ったら、そんなことはないみたいね」「携帯ごしでも友達がいるはずだったのに」など、4日には「現実でも一人 ネットでも一人」と書いていた。 引用: 加藤死刑囚が、書き込んだとされる携帯サイトの掲示板には、6月5日から犯行当日まで、誰かからの反応を待ち続けるように、書き続けていました。 事件当日の投稿の詳細がこちらになります。 ・6月8日 05:21 車でつっこんで、車が使えなくなったらナイフを使います/みんなさようなら 05:44 途中で捕まるのが一番しょぼいパターンかな 11:45 秋葉原ついた 同 今日は歩行者天国の日だよね? 12:10 時間です 引用: 加藤死刑囚は、この後すぐに犯行に及んだものと思われます。 加藤智大死刑囚の家族は、現在どのように過ごしているのでしょうか? 弟はマスコミによって犯罪者扱い…そして自殺 実家にもマスコミが毎日のように… 弟は、兄の事件により マスコミから追われる日々を過ごすことになります。 まずは、社会との唯一の接点だったと話す「職場」を失ってしまいます。 やはり退職はどうしても避けられなかった。 事件当日の深夜、退職届を書きました。 僕がいなければ、 職場に マスコミが来ても知らぬ存ぜぬを通せる。 辞めたくはなかったけど、迷惑をかけずに済む方法がそれしかなかった。 事件から3ヵ月。 報道が落ち着くと、優次はアパートを引き払い、当時住んでいた東京を離れてアルバイトを始めた。 再び社会との接点を持った彼を待っていたのは、身元・素性がバレないかという不安だった 引用: この頃、自分の名前を検索すると、すぐヒットしてしまう状態だったと言います。 その後、弟はいくつかの職場を渡り歩いたそうですが、常に浮いた存在だったと語っています。 「引っ越して、住民登録を済ませると、1ヵ月も経たないうちにマスコミの人が来るんです。 インターフォンが鳴り、ドアが乱暴に叩かれる。 なんでわかるんだろう、と恐怖を覚えるとともに、やっぱり逃げられないんだな、とあきらめのような感情が湧きました」 引用: 彼女ができ同棲するも、結婚となると… マスコミから逃げひっそりと暮らしてきた弟にも、「希望」がなかったわけでもないようでした。 事件から約1年が過ぎた頃、記者が弟のアパートを訪ねると、たまたま女性と一緒に歩く姿を目撃したそうで、どうやら恋人ができたようでした。 弟はその彼女に、兄の加藤死刑囚がした1年前の事件のことも話していたようです。 正体を打ち明けるのは勇気のいる作業でしたが、普段飲まない酒の力を借りて、自分のあれこれを話して聞かせました。 一度喋り出したら、あとは堰を切ったように言葉が流れ出ました。 彼女の反応は「あなたはあなただから関係ない」というものでした。 自分が受け入れられたことに、心底ほっとしました。 自分が許されるということは、とても、とても嬉しかった 引用: そして2人の交際が1年を過ぎる頃には、弟は彼女との結婚を望むようになり、アルバイトから正社員になったそうです。 しかし…願いもむなしく、弟のこの「夢」は叶うことはありませんでした。 「あなたが犯人の弟だから……」 一番こたえたのは「一家揃って異常なんだよ、あなたの家族は」と宣告されたことです。 これは正直、きつかった。 彼女のおかげで、一瞬でも事件の辛さを忘れることができました。 閉ざされた自分の未来が明るく照らされたように思えました。 しかしそれは一瞬であり、自分の孤独、孤立感を薄めるには至らなかった。 引用: そして、記者の取材にこうして応じていることも、親を助けると思いでしたことでしたが、助けるどころかさらに両親を追い込んでしまったと言います。 そして死ぬしかないと思った弟は、 最初の自殺未遂に「餓死」を選びました。 「餓死って難しいですね。 10日目に水を飲んでしまった。 なぜ餓死か? いちばん苦しそうだから。 やっぱり、加害者は苦しまなければいけない。 楽に死んではいけないんです。 唯一心配なのは、母親です。 事件発生時の母は病的に取り乱していて、思い出すといまだにザワザワします。 その母親が僕の死を知ったらどうなるのか……」 引用: こう話すと この1週間後に弟は首つり自殺を図り、28歳という若さで命を絶ってしまうのです。 250枚もの手記を残し死亡 「兄が母のコピーなら、僕はコピー2号。 でも、僕は兄と同じことはしない」こう語ると、弟は250枚もの手記を残して、この世を去っていきました。 弟は加藤死刑囚に何度も手紙を送り、面会しに行きましたが、最後まで会ってもらえなかったそうです。 「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。 加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。 それが現実。 僕は生きることをあきらめようと決めました。 死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。 どう考えても浮かばない。 何かありますか。 あるなら教えてください」 引用: このように既に弟は自分の人生を悲観していました。 弟の自殺のエピソード辛すぎます。 加藤智大も、凶行に走る前に、彼女とか出来てたら違ってたのかなぁ。 — Kirari Kirari42084680 父は実家にそのままひっそりと暮らしている 加藤智大死刑囚の両親は離婚し、その後の生活は悲惨なものだったようで、家族は完全に崩壊してしまったと言います。 明かりも灯さず、ひっそりと暮らしている… 加藤智大死刑囚の父親は、地元の信用金庫に勤めていましたが、「秋葉原通り魔事件」の数ヵ月後に会社からの働きかけにより 退職を余儀なくされたと言われています。 事件後、自宅に引きこもっていた父親の元には、 脅迫や嫌がらせの電話が頻繁にかかっていたようで、電話回線を解約したそうです。 家中のカーテンを締め切り、家の明かりはつけずにローソクだけの灯りで、現在もなおマスコミに怯えながらの 引きこもり生活を続けているとのことです。 加藤死刑囚の青森市の実家には、60歳になる父親が一人で暮らす。 父親は、毎日夜遅くに帰宅する。 帰った後も、ほとんど明かりをつけない。 「必要なときしか明かりはつけないようにしている。 日陰者ですよね」 引用: 母は精神病院へ… 兄・加藤が凶悪な殺人犯になってしまったこと、弟・加藤優次さんがそれを苦にして自ら命を落としてしまったことで、母親は、罪の意識に苛まれ 精神病院に入院していたようです。 一時は、錯乱状態で面会謝絶状態が続いていたほどでしたが、その後落ち着きを取り戻し退院することができ、地元の青森に戻って実家に身を寄せていました。 しかし、実母が孫の犯行を知り急死するなど、その後も不幸に見舞われました。 その後、母親はその実家を出て、青森市内のアパートで一人暮らしを始めましたが、父親同様に 一日中カーテンは締め切り、真っ暗な部屋で生活を送っているとのことでした。 もし加藤智大が母親の異常な教育を受けずに育っていたらどんな人間になっていたのだろうか。 恐らく殺人を犯すような罪人となることはなく弟も自ら命を絶つような悲劇に見舞われなかったのではないか。 父はなぜ母を諌めなかったのか? 母親だけが家庭教育を担う危険性を社会に知らしめた事件でもあった。 — 旅と歴史好きの戯れ言 thepasttalks 加藤智大死刑囚の現在 2015年に「死刑」が確定 2015年2月2日上告審判決公判が開かれ、最高裁第一小法廷では「 動機に酌量の余地は見いだせず、死刑を認めざるをえない」とし、一、二審の死刑判決を支持。 加藤死刑囚と弁護人側の上告を棄却する判決を言い渡しました。 加藤死刑囚は判決を不服としましたが、同月17日付で最高裁の決定により棄却されています。 これにより加藤死刑囚の死刑が確定となりました。 加藤被告に死刑が確定する 東京・秋葉原で2008年6月、7人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(32)について、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は18日までに、被告側の上告を棄却した2日の最高裁判決に対する訂正申し立てを棄却する決定をした。 加藤被告の死刑が確定した。 引用: 判決では、このように語られました。 「周到な準備の下、強固な殺意に基づいて残虐な方法で敢行した無差別殺人事件。 社会に与えた衝撃は大きく、遺族の処罰感情も激しい」として「刑事責任は極めて重大で死刑を認めざるをえない」とした。 引用: 被害者との手紙のやりとり…面会は拒否 加藤死刑囚が投稿したと思われる掲示板 「あれは本心だったのでしょうか」…あの日、加藤死刑囚に腹を刺され、意識が戻ったのは4日後だったという、元タクシー運転手の湯浅洋さんは、 加藤死刑囚に手紙を書き続けているそう。 湯浅さんは加藤死刑囚と手紙のやり取りを続け、加藤死刑囚はこんな風に犯行動機について語っていたと言います。 「事件直前に『派遣切り』を告げられたことで、社会を恨んだのではないか」。 こうした動機が取りざたされた。 だが加藤死刑囚はこれをかたくなに否定した。 公判で「ネットの掲示板で嫌がらせする人に、やめてほしいと伝えるための手段だった」と主張し続けた。 引用: 「ネットでのトラブルだけで、全く無関係な多くの人を殺傷できるのか」と、湯浅さんは加藤死刑囚の言葉に納得出来ず、その後も手紙のやり取りを続けているそうです。 湯浅さんは加藤死刑囚の言葉に納得することはできなかった。 事件の1年半後に届いた謝罪文の手紙に返信を書いた。 「なぜこんなに重大な事件を実行してしまったのか。 一緒に考えたいと思います」 1年以上たってから2通目が届いたが、答えは書かれていなかった。 拘置所にいる加藤死刑囚に4度面会を求めたが拒まれた。 引用: 湯浅さん、加藤死刑囚の生まれ育った場所に行けば、何か分かるのではないかと青森にまで向かったと話しています。 生き残った被害者として、「若い人に事件のことを知ってもらえたら、同じ事件を防げるんじゃないかなって」と語っています。 秋葉原無差別殺傷事件から10年 ・加藤智大は秋葉原無差別殺傷事件を起こした死刑囚。 ・加藤智大は現在死刑は実行されておらず、刑の執行を待っている状態。 ・加藤智大が事件を起こした原因はネットの掲示板で孤立したから。 ・加藤智大は母親に異常に厳しく育てられたことによって歪んだ性格が形成された可能性がある。 ・加藤智大の家族は弟は自殺、母親は一時錯乱し、その後引きこもり。 父親は退職を余儀なくされ、その後実家で引きこもり生活。 いかがでしたでしょうか? 「秋葉原無差別殺傷事件」の犯人・加藤智大死刑囚についてまとめました! 加藤智大死刑囚は、母親の異常とも言える虐待教育により歪んだ人格に形成され、その後の社会の冷たい対応へと不満を募らせて凶悪殺人鬼へと変貌を遂げました。 加藤死刑囚の犯行は、残忍かつ悪質でとても許せるものではありません。 事件から10年…加藤死刑囚の死刑執行も秒読み段階に入っているかもしれません。 「無差別殺人」といった、自分勝手で悪質極まりない事件がこれ以上起きないことを祈るばかりです。

次の

大津 イジメ 加害者 親 — もはや、「いじめ」という言葉では収まらない事態になってきた。 大津市の市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が昨年10月に自宅マンションから

青森 イジメ 加害者 現在

いじめ加害者は、なぜ、他人をいじめてしまうのでしょう? なぜ、他人を傷つけずにはいられないのでしょうか? それは、加害者自身が傷ついているからです。 いじめ加害者にも様々なタイプがいますが、多くの場合、 いじめの背景には加害者側の問題が潜んでいるのです。 主には、環境的な要因が密接に絡んでいるケースが多いですね。 家族の不仲、虐待、過保護、家族の不在、兄弟の病気…etc、 家庭環境自体が子供のフラストレーションを蓄積させる構造になっていることが いじめ行為の原因の一つと考えられます。 家で溜め込んだフラストレーションを、外で発散しているんですね。 イライラ、怒り、不安…といった感情を自分でコントロールすることができず、 それを他の児童(生徒)に向けてしまうというわけです。 目標や充実感がなく自分に自信が持てず、 「相手をいじめることでそんな自分を肯定したい」 「誰かをいじめることで自分の存在意義を示したい」 「みんなで誰かをいじめることで一体感を得たい」 …そんな理由で、いじめ行為を自己正当化しているケースも多いよう。 なぜ被害者をターゲットに選んだのかを本人も自覚していないケースも多いようです。 「相手は誰でも良かった」「なんとなくむかついたから」 …と答える加害者がほとんどですが、実際のところは、 自分よりも幸せそうに見える子、自分よりも優れている(ように見える)子に対する 嫉妬や妬みが起爆剤になっていることも多いようです。 一方で、おどおどした人を見ると、 家庭内で居場所がなく脅えている自分自身の弱い姿を重ね合わせてしまい、 ついついいじめてしまうというケースもあります。 なぜかというと、 共感性やコミュニケーション能力の発達が遅れているため。 相手が嫌がっていることが分からないので、 必要以上に強く叩いてしまったり、わざと意地悪なことを言ってしまったりするのです。 被害者が嫌がることを分かっているネタで何度もからかってきたり、はやし立てたり、 身体上の特徴を馬鹿にしたり、追いかけまわしたり…。 被害者は「なぜ自分ばかりこんな目に遭うんだろう」と思い悩みますが、 この手のいじめは、加害者には全く罪の意識がない場合が多いです。 しかし、罪の意識がなくても、 「人との適度な距離感の取り方が分からない」 ということ自体がある意味では大きな罪。 いじめの背景にある人間の本性 どんなきれいごとを並べて見ても、誰でも、自分自身が一番大切。 人間が持っているこの性質は、特にいじめの現場で如実に表れます。 いじめ行為を行った生徒が「なぜこんなことをしたのか」と問われると、 「いじめに加担しないと今度は自分がターゲットになると思ったから」 「弱い者の味方をすると自分がいじめられるから」 …と答えるケースが多いんです。 非常に残酷なようですが、これは、動物の世界においては仕方がないこと。 「食うか・食われるか」のギリギリのラインで生きている動物たちにとっては、 自分の命を守って子孫を残すことが最優先なのです。 自分を守るために友達をいじめたと証言する子供たちを、 先生たちも頭ごなしに責めることなどできないでしょう。 今はいじめの被害者であるあなたも、 やがては自分を守るために加害者側に回る時がくるかもしれない。 このような負の連鎖の中では、誰もが加害者にも被害者にもなり得るわけです。 人の妬みや嫉妬。 この性質は、いじめ加害者のみならず、被害者の内面にもあるもの。 他人に向いてしまう負の感情を、自分の中でいかに昇華させるかを学んでいくことが 私たち人間に課せられた課題なのかもしれません。

次の