埼玉 参議院 補欠 選挙。 参院埼玉補選 前埼玉県知事の上田清司氏が当選

10月の参議院埼玉選挙区補欠選挙、れいわの山本太郎氏の蹶起に期待

埼玉 参議院 補欠 選挙

台風19号の被害により亡くなられた方へ哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 10月10日 木 に告示された参議院議員埼玉選挙区補欠選挙 27日投開票 には新人2人が立候補し、選挙戦は最初の連休を迎えました。 選挙ドットコムでは、12日 土 、13日 日 に埼玉県内の有権者を対象として、電話調査(JX通信社との共同実施)とインターネット調査のハイブリッド調査を実施いたしました。 それぞれ1008件、1000件の有効回答を得ました。 調査結果を分析し、告示直後の序盤情勢を探りました。 上田氏が大きくリード、立花氏ネット上では一定の支持 調査を分析したところ、無所属で前埼玉県知事の上田清司氏 71 が大きくリードし、NHKから国民を守る党の党首で前参議院議員の立花孝志氏 52 は大きく出遅れている状態となっています。 なお、電話調査、ネット調査共に4割以上の有権者が態度をまだ決めていない状態です。 県内の政党支持率は以下の通りです。 この内、上田氏は支援を受ける立憲民主党、国民民主党など野党各党の支持層から5割強の支持を集めています。 また、今回は自主投票を表明している自民党の支持層からも4割強の支持、無党派層からは4割程度の支持を得ており、立花氏を大きくリードしています。 今年の8月に初当選した大野知事を「強く支持する」と回答した層からの支持が強いことも特徴です。 対する立花氏は、党首を務めるNHKから国民を守る党の支持層の約8割の支持を固め、自主投票を表明した日本維新の会や、独自候補を擁立しなかったれいわ新選組の支持層からも1割強の支持を得ています。 また、大野知事を「まったく支持しない」と回答した層からの支持が強くなっています。 そして大きな特徴として、電話調査とネット調査の立花氏の支持率を比べたときに、ネット調査は電話調査の倍以上の数値となっており、ネット上では一定の支持を獲得していることがうかがえます。 残り12日間の両候補の選挙運動に注目 埼玉県はこれまで県知事選挙の投票率ワースト1位の記録を持っていましたが、8月の県知事選挙では投票率が12年ぶりに30%を超えました。 埼玉県選挙管理委員会では、その県知事選挙の時と同様に「翔んで埼玉」を用いたキャンペーンを実施し、投票率向上に向けた活動を行っています。 埼玉県では今年3回目となる全県選挙ということもあり、どこまで投票率が向上するか注目されています。 選挙ドットコムが行った電話調査では「必ず投票にいく」「投票に行くつもり」という回答が7割を超えており、これはネット調査よりも2割以上高い数値となっています。 電話調査とネット調査の回答者の年齢層を比べたときに、電話調査の方が回答者の年齢層が高いということが一因であると考察されます。 また、各候補者の選挙活動に注目すると、立花氏はYouTubeで連日配信を行ったり、東京都の池袋駅で選挙活動を行ったりするなど、他に類を見ない選挙活動を展開しています。 上田氏も過去4回の県知事選挙では、12時間連続駅頭活動など特徴的な戦法を展開してきました。 残り12日間の各候補の選挙活動から目が離せません。 選挙ドットコムでは引き続き、参議院議員埼玉県選挙区補欠選挙に注目をしてまいります。 追記:2019. 15 政党支持率の画像に誤りがございました。 訂正し、画像を修正いたしました。 大変申し訳ございません。 リンク: 調査概要:調査は12日 土 13日 日 に実施。 埼玉県内の18歳以上の有権者を調査対象とし、有効回答数は電話調査(JX通信社との共同実施)で1008件、インターネット調査で1000件を取得。 電話調査は無作為に電話番号を発生させるRDD方式をオートコールで実施。 ネット調査ではスマートフォンアプリのダウンロードユーザーを対象にしたアンケートツールにより実施。 回答者の年代は以下の通りです。

次の

2019 参院埼玉選挙区補選

埼玉 参議院 補欠 選挙

埼玉選挙区に、今年7月の挙で当選したばかりのN国党 立花議員が立候補するということで話題になっていました。 そして、もう一つ、異例なのが既成政党擁立がないということです。 前知事で無所属の氏が無投票で当選すると見られていたので氏にすると、さぞかし驚いたことでしょう。 今回のは前議員のが、8月の埼玉県知事選に出馬するということでを辞職したのに伴うものです。 これを立花氏は、大野氏が7月の挙の前に辞職していれば、今回のは不要で、選挙にかかる約22億円が不要になっていたはずだと言ってる訳です。 確かに、残り3年の任期を残して知事選に立候補というのは無責任だと思います。 しかし、この点に関しては立花氏は5年以上の任期を残して議員を辞めているのですから、更に無責任だと思います。 しかも、次の選挙が本命だといった発言もされていますので、発言が真意だとすると、仮に今回のに当選したとしても、最長でも2年後の2021年9月には辞任することになるので、任期を残して途中で放りなげてしまうことになります。 それでN国党の誰かが比例で上がってくるということです。 色々と政策をで語っていましたが、N国党のを増やすことだけが目的なのは明白です。 立花氏の公式ホームページ(しっかり更新されています) 上田氏の公式ホームページ(ずっと更新されていない感じです) さて、そんな二人の一騎打ちとなったですが、どのような政策を掲げているのか以下に記載します。 (届出順に記載します) 立花孝志 1 をぶっ壊す。 消費税を減税し消費を増やすことで税収アップ 3 に対するの支給• 災害時にがないと困るがテレビやがなくても困らない。 4 をぶっ壊します。 の代表はマスコミで、王様はです。 は悪です。 上田きよし氏 1 地方重視の政治• 警察官の増員は知事の権限でできない。 医師の確保も国が雁字搦めに占めている。 2 持続可能な制度• 消費税だけが先行して安心できる制度が出来上がっていない。 が進んでいません。 行政機構の名前の最後に、・・・「省」とつけたのは、行政機構は膨らむ、だから常に省けという意味を込めてです。 は政治の本質です。 4 の日本版• 日本には7人に一人が貧困で、まともに食事ができない子供が沢山いる。 誰一人残さない社会を本気で作る必要があります。 過激な政策と無難な政策との一騎打ちって感じですね。 立花氏は、敵は悪という内容で、今回のは現埼玉県知事の大野氏による税金の無駄遣いだというところから消費税を5%に戻しにを支給しますという政策をあげました。 そして最後はの批判で締めました。 上田氏は、埼玉県県知事としての実績から始まり、制度、、と無難な内容でした。 残念ながら、両名共に問題定義だけで、どのように実現するのかという内容の説明がなかったので、具体案については考えられていないような印象を受けました。 の教訓で、問題定義だけを行う政治家は何もしないか、混乱させることしかできないということがわかっていますので、両名共にになりそうな感じです。 選挙演説も対象的でした。 上田氏の応援には現役国会議員に対して、立花氏は著名人です。 正直、政治の世界は政治家同士のつながりなので、色々な国会議員と交流のある上田氏に軍配が上がる気がしますが、上田氏は無所属で出馬しており、と距離を置いた感じです。 票を集めるには、のお膝元である埼玉県なので野党の支持が必要です。 無所属とすることで票もうまくすれば獲得できると考えているでしょうね。 上田氏の気持ちとしては自民の方に向いているでしょうから野党公認で出馬するわけにもいきません。 その結果が無所属ということなのでしょうが実際はと考えるのが妥当なのではないかと思います。 そして、選挙ドットコムが電話とネットで埼玉県内のに対して調査を行ったそうです。 その結果、上田氏が大きくリードしているようです。 また、選挙に行くか?という質問に対しても電話調査では7割以上が行くという回答だったようです。 ネット調査の2割強だということなので、電話調査の回答者は高齢層、ネット調査に回答したのが若年層だったということなのでしょう。 話題になっている選挙なのでは上がる可能性もあるように思うのですが、立花氏は、が上がらないとみているようです。 立花氏にすればが低ければ上田氏の固定票に及ぶはずはないでしょう。 落選したら11月3日に告示される神奈川県海老名市長選に立候補すると表明しています。 これは、撃沈覚悟で注目を集めてを上げるという目的もあるのでしょうね。 これが凶と出るか吉と出るか、10月27日 日 の投票結果ではっきりします。 seege.

次の

【速報選挙ライブ】2019 参議院 埼玉選挙区補選 開票速報

埼玉 参議院 補欠 選挙

参議院埼玉補欠選挙の立候補者は2名 今回の選挙は、 立候補者は2名です。 「あれ?選挙ってたくさんの候補者が出るものなのでは?」 と思う方もいるでしょう。 確かに、 市議会議員選挙や県議会議員選挙は議席数(当選する人数)が多いため、選挙に立候補する人たちの人数も多くなります。 ですが、 今回の参議院埼玉補欠選挙は議席数(当選する人数)は1となっています。 議席数が少ないと、 当選する確率も低くなるので必然的に立候補する人数も少なくなってきますよね。 この参議院埼玉補欠選挙は、 選挙の実施自体がイレギュラーでもあり、議席数も1というのあって、最終的に立候補した人数が2名となりました。 では、 2名の立候補者をそれぞれ詳しく見ていきましょう。 1人目の埼玉補選候補者はNHKから国民を守る党立花孝志氏 参議院埼玉補欠選挙の1人目の立候補者は、 NHKから国民を守る党の立花孝志氏です。 立花孝志氏は、 元NHK職員でNHKから国民を守る党の党首でもあります。 2019年7月の参議院選挙では、 立花氏は比例代表選挙区で当選しています。 また、 政党要件を満たす2%以上の得票数を獲得し、晴れて公式な政党としてNHKから国民を守る党を発足し(それまでは政治団体)、党首としても活動していました。 今回の参議院埼玉補欠選挙に立候補するにあたっては、 すでに参議院議員であった職を辞して、再び参議院議員になるべく立候補するというかなりイレギュラーな立候補となっています。 衆議院議員を経て、 埼玉県知事選挙にも立候補し4回当選して16年間埼玉県知事の職を担っていました。 衆議院議員選挙時には、 自民党や民主党から出馬していましたが、埼玉県知事選挙からは無所属で立候補して自民党県連などの候補者を破って当選している選挙の強者とも言えるでしょう。 2019年7月に参議院選挙があったのにもう一度選挙するの? 2019年7月には、 全国で参議院選挙が実施されましたよね。 上田きよし氏の県知事辞任のタイミングがもう少し早くなり、 大野元裕氏が県知事選に立候補するために参議院議員を辞職していれば、7月の参議院選挙で大野氏の空席分の議席も含めて同時に選挙が実施されていました。 この件については、 「上田きよし氏と大野元裕氏がポストの入替を画策したのでは?」 という見方が強まっています。 上田きよし陣営に関しては、 この疑惑については公式に考えを表明していません。 上田きよし氏は立憲民主党や国民民主党からの支援を受けています。 本来ならば、 対立候補である自民党や公明党も候補者を擁立するのが一般的なのですが、「上田氏は憲法改正に前向き」ということで自民党からは候補者の擁立をしませんでした。 「上田氏が当選したら自民党入りして改憲派に加わってもらう」というのが、 自民党関係者のもっぱらの共通認識になっているなんていうニュースも報道されています。 参議院埼玉補欠選挙への立候補は、 ほぼ上田きよし氏1人だけとの見方が強かったのですが、その状況に疑問を感じ立候補者擁立に動いたのがNHKから国民を守る党であり、立花孝志氏だったのです。 告示日ギリギリまで、 N国党からは元衆議院議員の豊田真由子氏や前回の埼玉県知事選挙で破れた青島健太氏を擁立するよう調整していたようです。 ですが、 結局調整がまとまらずに立花孝志氏本人が立候補するという形になりました。 これが今回の参議院埼玉補欠選挙実施の経緯です。 有権者である埼玉県民の皆さんはじっくり立候補者を見比べて投票を ということで、 参議院埼玉補欠選挙の候補者と選挙の経緯を解説しました。 今回の参議院埼玉補選に関しては、 告示日前後から候補者や選挙実施の意義などが話題になっていましたね。 告示日が過ぎて、 埼玉補選への立候補者が立花・上田両氏に決まってからも注目されています。 N国党の選挙・メディア戦略は、 基本的にyoutubeやSNSを活用して有権者にアピールする戦略をとっています。 今回の選挙が実施されるにあたり、 費用として約22億円もの税金が投入されていると指摘されています。 上田きよし候補の県知事辞任のタイミングによっては、 この22億円をわざわざ使わなくても7月の参議院選挙で一緒に選挙すればよかった、という意見も多く見られているのです。 この選挙の選挙区は埼玉県なので、 投票できるのは埼玉県民だけということになりますよね。 ちなみに、 埼玉県の選挙の投票率は低いままです。 前回の埼玉県知事選挙は 32. その前の埼玉県知事選に至っては 26. 民主主義国家としては、 少なくとも投票率は50%を超えて欲しいところです。 今回の選挙を通じて、 少しでも多くの有権者が選挙に興味を持つようになり、結果的に投票に行くことを期待したいですね。

次の