ノーマルタイプのポケモンを10匹捕まえる。 【ポケモンGO】「でんき、ノーマル、どく、いずれかのタイプのポケモンを3匹捕まえる」のタスクで出現するポケモン

【ポケモンGO】フィールドリサーチのタスク一覧 β版

ノーマルタイプのポケモンを10匹捕まえる

ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 第6世代までは草むらなどフィールドで使うと野生のポケモンが出現。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 また、戦闘終了後にお金が手に入り 通信対戦やレイドバトルを除く。 100で1度のバトルで3回使用すれば計6万円手に入る 『おまもりこばん』を持たせれば上限の99999円。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 自分が場を離れると効果は消える。 経過ターン数は引き継がれる。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代しても効果は続く。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 相手の『すばやさ』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『ゴーストダイブ』などの『まもる』を無視できる技やダイマックス技も防げる。 ただし、『フェイント』は貫通する 解除はされない。 3倍の効果もさらに加わる。 『グラスフィールド』の時は『くさ』タイプ、『ミストフィールド』の時は『フェアリー』タイプ、『エレキフィールド』の時は『でんき』タイプ、『サイコフィールド』の時は『エスパー』タイプの技となる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『ハイパーダーククラッシャー』『フライングプレス』『ヒートスタンプ』『ヘビーボンバー』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降、ヘビーボンバーは第7世代以降。 なお、ゴーストダイブは第6世代のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 どのタイプになるかはランダム。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が場を離れると効果は消える。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 どの状態異常になるかはランダム。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『でんき』タイプには無効。 ただしHPはそのままであり、技のPPはすべて5になる。 交代すると元に戻る。 ダイマックスしている相手をコピーすると、元のポケモンの姿になる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 道具を持っている場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『タイプ』に関係なくダメージを与える。

次の

フィールドリサーチ一覧

ノーマルタイプのポケモンを10匹捕まえる

ポケモンリサーチ機能について解説 ポケモンリサーチ機能は言わばトレーナーへ与えられるクエストのようなもの。 「 フィールドリサーチ」「 スペシャルリサーチ」という2種類のリサーチを達成することでそれぞれ素敵な報酬が貰えるようになっています。 難易度は簡単なものから難しいものまで用意されており、中には伝説ポケモンや幻のポケモンと出会えるリワードも用意されています。 以下でフィールドリサーチとスペシャルリサーチの詳しい解説を掲載しています。 ご参考ください。 フィールドリサーチ最新攻略情報 フィールドリサーチの受け取り方 フィールドリサーチは「 ポケストップを回す 」ことで受け取ることができます。 ひとつのポケストップから入手できるタスクは全トレーナー共通となっています。 また、最大3つまで所有することができ、気に入らなければ破棄することもできます。 フィールドリサーチ機能の使い方 入手方法 ・ポケストップをまわす 所有数 ・最大3つまで ・破棄も可能 ・破棄しても再び同じポケストップから受け取りできる 確認方法 ・マップの望遠鏡アイコンをタップする その他 ・ひとつのポケストップから得られるタスクは全トレーナー共通 ・1日経つとタスクの種類が変更される フィールドリサーチタスクとリワード一覧【NEW】 フィールドリサーチのタスクは難易度が高いほどより良いリワードを得られるようになっています。 クリアすることで随時リワードを受け取ることができます。 スタンプは「 合計7個集めることで特別なリワードが貰える」仕組みとなっています。 「レイド産」と同じ個体値ベース【10,10,10】以上に固定されていることが濃厚。 フィールドリサーチのリワードが野生ポケモンだった場合、高個体値ゲットのチャンスなので積極的にクリアしていきたいですね! スペシャルリサーチ最新攻略情報 スペシャルリサーチの受け取り方 スペシャルリサーチは「 ウィロー博士から受け取れるリサーチ」となっています。 フィールドリサーチと違うのは「 ポケモンの謎へと迫るストーリー形式のクエスト」となっていること。 クリアする度に難易度は上がっていき、時には幻のポケモンと巡り合えるタスクも待っています。 スペシャルリサーチ機能の使い方 入手方法 ・ウィロー博士から連絡が来るとマップに博士のアイコンが表示される。 ・TL5以上 所有数 ・1ストーリーづつ管理 ・破棄はできない 確認方法 ・マップのウィロー博士のアイコンをタップ その他 ・クリアする度に難易度が上がっていく ・幻のポケモン「ミュウ」に出会えるタスクもあり。 このタスクは1トレーナー1度しか受けられない。 スペシャルリサーチのリワード一覧 スペシャルリサーチはパートが分かれており、パート毎に3つのクエストが用意されています。 クエストをクリアする度に経験値などの報酬がもらえ、更にパートクリア時には課金アイテムなど豪華な報酬も用意されています。 このタスクは「 1トレーナー1度しか受けることができない」ようです。 ミュウは野生で捕獲する流れとなっており、無限に投球できるモンスターボールを使用することができます。 このミュウは個体値ベース攻撃10防御10HP10が保証されており、トレーナー毎にランダムで選ばれた個体値のミュウをゲットできるようになっています。

次の

『ポケモンGO』ほのおのパンチを覚えたグラードンに出会うまでの道のりは?

ノーマルタイプのポケモンを10匹捕まえる

5月15日13時から5月22日13時まで「 ジェネレーションチャレンジ2020;ホウエン」イベントが開催されます。 5月の各週でフィーチャーされる地方は以下のとおりです。 また、全てのジェネレーションチャレンジを(カントー、ジョウト、ホウエン、シンオウ)クリアすることで「 ゲノセクト」や、初実装となる「 ニャース(ガラルのすがた)」、「 マッギョ(ガラルのすがた)」のリワードを受け取ることが可能。 もし取り逃がしても他の手段で入手は可能ですが、タスクグループはクリア難易度が優しめに設定されているので、なるべくクリアしておきたいですね。 今回の記事では「 ジェネレーションチャレンジ2020:ホウエン」のタスクとリワード報酬の一覧を紹介します。 パイルのみx1• ポケモンゲット(ノズパス)• ズリのみx1• ポケモンゲット(ハリテヤマ)• パイルのみx1• ポケモンゲット(ライボルト)• ズリのみx1• ポケモンゲット(バクーダ)• ぎんのパイルのみx1• ポケモンゲット(ナマケロ)• ズリのみx1• ポケモンゲット(オオスバメ)• パイルのみx1• ポケモンゲット(ネンドール)• ズリのみx1• ポケモンゲット(トドグラー)• ふしぎなアメx10• ポケモンゲット(ほのおのパンチグラードン) 今回のタスクも基本的に屋内で達成可能なものばかりなのでクリアの難易度は低め。 ただ、リモートレイドバトルありき(なかなか出現しないタイプのポケモンゲットタスクをレイドバトルで無理やりクリア)な部分もあったので、おこうや野生出現のポケモンのみでクリアしようとすると少々時間がかかるかなという印象(それでも期間中には十分クリアが可能な難易度)。 このタスクグループに挑戦可能なのは5月22日の13時まで(イベント終了後は挑戦不可)。

次の