プラズマ 乳酸菌 cm。 iMUSE(プラズマ乳酸菌配合サプリ) : 健康食品オンラインショッピング 協和発酵バイオの健康食品通販サイト

薬師丸ひろ子 Cm 乳酸菌

プラズマ 乳酸菌 cm

人は誰でも、子ども時代を過ごし、大人へと成長していく。 と言われる私(佐藤)でさえも、めちゃくちゃ可愛かった。 コレはマジだ。 誰もが過ごした小学生時代の記憶を、激しく呼び起こす動画が話題となっている。 その動画、『プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」』は、小学生のあるあるを詰め込んだ、プラズマ乳酸菌のウェブCMだ。 実際に動画を見ると、いちいち懐かしくてクソ面白い! いたわ、こんなヤツ!! ・年中半袖短パンのヤツ、いた! 動画はクラスの中の特別な存在を、淡々と紹介している。 たとえば、年中半袖短パンを貫く「半袖短パン小僧」や、ナゾの効果音をつけてじゃれ合う男の子たち「ディクシの使い手」など。 いた! こんなヤツ、マジでいたよ。 私の同級生カワイ君は、本当に冬でも半袖短パンを貫いていた。 その理由が、「お小遣い1000円もらえるから」だった。 今思うと残酷すぎる。 ・ディクシもいた! そして、ディクシの使い手もいたぞ。 カワタ君は、ジャッキー・チェンの映画が放送された翌日、絶対にジャッキーになり切って、相手構わずカンフーの真似事をしていた。 ただし、彼の場合は「ディクシ」だけでなく、「ハー! フッ!」という掛け声がついていた。 そのほか動画では、ムダに速さを競う「光速アルプス一万尺」や、何でも忘れる「忘れん坊将軍」などなど。 懐かしすぎる! 懐かしすぎて胸が痛くなるレベルである。 ・特別な存在 なお動画は、こんな子どもたちをクラスの特別な存在としたうえで、特別な乳酸菌として「プラズマ乳酸菌」を紹介している。 とても自然な流れで思わず最後まで見てしまった。 それにしても懐かしい! カワイ君もカワタ君も元気かな~……。 参照元: 執筆:.

次の

【あるある】キリン『プラズマ乳酸菌』のウェブCMが懐かしすぎてクソ面白い! ディクシ・バリア・言いつけマンなど

プラズマ 乳酸菌 cm

人は誰でも、子ども時代を過ごし、大人へと成長していく。 と言われる私(佐藤)でさえも、めちゃくちゃ可愛かった。 コレはマジだ。 誰もが過ごした小学生時代の記憶を、激しく呼び起こす動画が話題となっている。 その動画、『プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」』は、小学生のあるあるを詰め込んだ、プラズマ乳酸菌のウェブCMだ。 実際に動画を見ると、いちいち懐かしくてクソ面白い! いたわ、こんなヤツ!! ・年中半袖短パンのヤツ、いた! 動画はクラスの中の特別な存在を、淡々と紹介している。 たとえば、年中半袖短パンを貫く「半袖短パン小僧」や、ナゾの効果音をつけてじゃれ合う男の子たち「ディクシの使い手」など。 いた! こんなヤツ、マジでいたよ。 私の同級生カワイ君は、本当に冬でも半袖短パンを貫いていた。 その理由が、「お小遣い1000円もらえるから」だった。 今思うと残酷すぎる。 ・ディクシもいた! そして、ディクシの使い手もいたぞ。 カワタ君は、ジャッキー・チェンの映画が放送された翌日、絶対にジャッキーになり切って、相手構わずカンフーの真似事をしていた。 ただし、彼の場合は「ディクシ」だけでなく、「ハー! フッ!」という掛け声がついていた。 そのほか動画では、ムダに速さを競う「光速アルプス一万尺」や、何でも忘れる「忘れん坊将軍」などなど。 懐かしすぎる! 懐かしすぎて胸が痛くなるレベルである。 ・特別な存在 なお動画は、こんな子どもたちをクラスの特別な存在としたうえで、特別な乳酸菌として「プラズマ乳酸菌」を紹介している。 とても自然な流れで思わず最後まで見てしまった。 それにしても懐かしい! カワイ君もカワタ君も元気かな~……。 参照元: 執筆:.

次の

キリン×プラズマ乳酸菌のCM女優┃白衣の女性は長谷部瞳さん!

プラズマ 乳酸菌 cm

人は誰でも、子ども時代を過ごし、大人へと成長していく。 と言われる私(佐藤)でさえも、めちゃくちゃ可愛かった。 コレはマジだ。 誰もが過ごした小学生時代の記憶を、激しく呼び起こす動画が話題となっている。 その動画、『プラズマ乳酸菌「SPECIAL STUDENT」』は、小学生のあるあるを詰め込んだ、プラズマ乳酸菌のウェブCMだ。 実際に動画を見ると、いちいち懐かしくてクソ面白い! いたわ、こんなヤツ!! ・年中半袖短パンのヤツ、いた! 動画はクラスの中の特別な存在を、淡々と紹介している。 たとえば、年中半袖短パンを貫く「半袖短パン小僧」や、ナゾの効果音をつけてじゃれ合う男の子たち「ディクシの使い手」など。 いた! こんなヤツ、マジでいたよ。 私の同級生カワイ君は、本当に冬でも半袖短パンを貫いていた。 その理由が、「お小遣い1000円もらえるから」だった。 今思うと残酷すぎる。 ・ディクシもいた! そして、ディクシの使い手もいたぞ。 カワタ君は、ジャッキー・チェンの映画が放送された翌日、絶対にジャッキーになり切って、相手構わずカンフーの真似事をしていた。 ただし、彼の場合は「ディクシ」だけでなく、「ハー! フッ!」という掛け声がついていた。 そのほか動画では、ムダに速さを競う「光速アルプス一万尺」や、何でも忘れる「忘れん坊将軍」などなど。 懐かしすぎる! 懐かしすぎて胸が痛くなるレベルである。 ・特別な存在 なお動画は、こんな子どもたちをクラスの特別な存在としたうえで、特別な乳酸菌として「プラズマ乳酸菌」を紹介している。 とても自然な流れで思わず最後まで見てしまった。 それにしても懐かしい! カワイ君もカワタ君も元気かな~……。 参照元: 執筆:.

次の