塾行かせず 算数。 中学受験の塾に行かない場合と行くメリットは?塾なし合格には?

小学生を塾に行かせる必要はない。というか行かせない方が良いその理由がコレ!

塾行かせず 算数

もくじ• 塾に行かなくても成績のいい子の特徴 特別に 塾に行ってなくても成績がいい子は、勉強に対してどんな特徴があるのでしょうか。 まとめてみました。 逆に勉強が出来ない子の特徴も、子供目線からどうなのかを我が子たちに聞いてみましたので、こちらも合わせてご覧ください。 塾に行ってなくても、各教科の基礎がしっかりと理解できている子は、学校の授業もしっかりついていけてます。 基礎があるので、新しく習うことも常に理解が出来るんですね。 これで十分、テストの点数も取れます。 自分独自の勉強の仕方が確立している 勉強出来る子と、出来ない子の特徴の違いを見ると気づくのが、 自分がやり易い勉強の仕方を確立しています。 どう勉強したらいいのかわからない子は結構多いのですが、 自分の勉強の仕方が分かっていると、質のいい勉強ができます。 宿題や自主勉強もですし、学校での授業の受け方もです。 集中するのが上手い 単純に集中力が高いという能力差もありますが、特別に集中力が高くなくても、集中する方法や集中力を保つ方法を分かっています。 本人はそこまで意識はしていないと思いますが、 自分をコントロール出来ています。 集中力が持たなければ無理に勉強を続けないで、休憩したり後からまたやるようにしたりします。 ダラダラと質の悪い勉強を続けないんですね。 親の存在 親が子どもに対して、どのような教育方法をしているかも大きな影響を与えています。 手前味噌みたいで申し訳ないですが、うちの子が塾にも行かないで勉強をとても得意としてます。 僕がどんな教育方法で育ててきているのかをまとめましたので、こちらをご覧ください。 どこまで勉強をするか、どこを勉強するか、何時まで勉強するかなどを、 具体的にまででなくとも、頭の中で計画を立てています。 目の前にそういった目標を作る事でメリハリもつき、とても勉強がしやすいんですね。 勉強する動機がハッキリしている なぜ勉強をするのか。 勉強をする意味。 自分から湧き出る動機で勉強をしている子は、とてもいい勉強ができます。 将来の夢ややってみたいこと、それを達成するために今の勉強が必要なんだと理解できている子ですね。 勉強があまり苦になることなく、頑張れます。 親や先生にやらされる勉強ではなく、 自分からやる気を持って勉強に挑めているんですね。 勉強をする動機には3つあります。 この動機が強いんです。 レベルの高い講師の、解りやすい授業を受けられる。 スケジュールを組み立ててもらえる。 進路相談や、個人個人に合わせた指導も行ってくれる。 他にも色々あると思います。 ただ 塾に行けば誰でも学力が上がるのかと言えばそうではないんですね。 塾に行ってても成績が上がらず、なんて子もいます。 塾という場所で勉強することがその子に合っているか、講師との相性だったり、色んな面から、左右されます。 ですので、んです。 塾に行かないお勧めの勉強法 塾に行かなくても成績が上げられるならそうしたい。 でも子供は勉強が苦手。 最初に紹介した「塾に行かなくても成績のいい子の特徴」を見ても、あまり当てはまらない。 そんなあなたの子供に、一つお勧めの勉強方法があります。 その前にまず一つお伝えしたいことがあります。 これまで学校や家で勉強をしてきて成績が悪い、勉強が苦手であり、これを何とかしたいのであれば、 今の勉強の方法を変えなくてはいけません。 同じことをやっていても、成績を上げたいと思っているだけでは何も変わりませんから。 成績を上げるために必要な行動をとる事が必要です。 ですので、当ブログでも色々と勉強がはかどる方法などお伝えしていますので、是非参考にして行動をとって頂きたいです。 では、一つお勧めの勉強方法を紹介しますね。 それは、 自宅が塾になる方法です。 自宅で、 全国的にも最高レベルの講師の授業を受けることが出来るサービスです。 映像授業です。 ただ授業を映像で受けるだけではなく、学力アップのためにしっかり作られています。 集中力が保ちやすいように、1コマの時間が15分ほどと短くまとめてある。 見るだけではなく、それに連動したテキストでをし、しっかり頭に定着。 基礎学力が抜けているなら、その部分をピンポイントで戻り学習。 計画を立てやすいように管理機能もあり。 保護者用に、子供が勉強したかを確認できる機能もあり。 他にもがあります。 映像授業のサービスも色んな所から出ていますが、とっかかりとしても、コストパフォーマンス的にもお勧めはこちらです。 「スタディサプリ」 こちらの記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。 勉強が苦手だから、成績を上げたいからというだけの気持ちで、いきなり塾に行かせても失敗してしまうこともあります。 まずは子供が塾に対してどう思っているのか。 行きたいと思っているのか、行きたくないと思っているのか。 あなたの子供にとって最適な勉強方法は何なのかを見極めて下さいね。 今日紹介したスタディサプリも、オススメではありますが、全ての子供に適している勉強方法という訳ではありません。 他の教材にしてもそうです。 よく教材のおすすめランキングがありますが、1位の教材だからといって、 あなたの子供にも1位になるとは限らないんです。 そして子供に合った勉強方法を見つけて下さい。

次の

算数を習うなら、公文、そろばん、学習塾、どこがいいでしょう...

塾行かせず 算数

「子どもが小学生になったし、将来のために、塾に入れようか!?」 「でもなぁ・・・」 小学生から塾に通わせること、ためらっていませんか。 理由はこんな声が周りに(もしくは自分の心のどかかに)あるからですか? ・小学生のうちはノビノビと、好きなことをさせるのが良い ・勉強が全てじゃない ・塾は中学生になってからで十分 ・中学受験しないから必要ない わかります。 私も教育業界で仕事をするまでは、同じように考えていましたし、実際私も塾に入ったのは中学2年生の夏です。 ではなぜ、今小学生から塾に通うことをすすめるのか。 確かに私たちが子どもの時は、小学生から塾に行く子は少なかったですし、中学受験も少数でした。 でも、今は違います。 多くの小学生が放課後は習い事をし、私立中学校へ進学も増えています。 ひと昔前の感覚で、小学生の塾について考えていると、後悔してしまうかもしれません。 まずはこの記事を読んで、小学生の今と未来を知ってください。 今後小学生を取り巻く教育状況の変化 小学英語の改革 小学5・6年生の英語が教科化 小学5・6年生では、英語が算数や国語と同じ「教科」の扱いになり、成績評価が行われるようになります。 つまり、教科書を使って勉強し、「よくできる・できる・もうすこし」の成績がつけられるようになるということです 学習内容も年間70単位時間の実施が予定され、扱う単語も600~700だそうです。 当然テストも行われますので、これらを覚えないといけません。 また、「can」や「過去形」など、中学校で学習する文法を使ったフレーズなどもでてきます。 ポイント ・成績がつけられる ・テストが行われる ・覚えるべき単語や英文が増える 小学3・4年生から外国語活動がスタート 小学3・4年生は教科化されません。 従来の5・6年生のように外国語に慣れることを目的としています。 内容もゲームやクイズがメインです。 ALTをつけて、コミュニケーションの強化をねらう学校もあるようです。 ポイント ・小学3・4年生は教科化されない ・外国語のコミュニケーションになれることが目的 大学入試改革 これも2020年度から始まります。 初めにポイントをまとめます。 「思考力・判断力・表現力」などは一朝一夕で身につくものではありませんし、英語に至っては1年を通した期間になるわけですから、1月までにというのは通用しません。 出来るだけ早い対策が必要です。 高校に入学と同時に予備校に通ったり、学校の補習に参加したりする子どもが増えると予想できます。 私立高校無償化の波 2018年度から東京都は私立高校の授業料の実質無償化を開始しました。 東京都在住で 「約年収760万円未満」の世帯を対象としています。 東京に住んでいて、他県の私立高校に通う場合でも適用されるようです。 また、収入は世帯収入となります。 このように東京都は、今まで学費が高かった私立高校に通いやすい制度をつくり、高校で高い費用を払うリスクを軽減させました。 そしてこの流れから、他県でも私立高校無償化が実施されています。 埼玉県の制度はこちら ポイント ・東京都の私立高校は実質無償化 ・他県も補助金が出る ・私立高校へ通いやすくなる ・高校で高い費用を払うリスクが軽減 なぜ小学生から塾に通った方が良いのか? 本題です。 今の小学生の現状から、「小学生から塾に通った方が良い理由」を説明します。 細かく3つの理由があります。 「小学校教育が変わり、教育格差が拡大する」 学習塾で10年仕事を続けてきましたが、小学生から塾で勉強している子どもと、そうではない子供を比べると、前者の方が中学入学時の成績の方は良いと感じることが多かったです。 もちろん、全員が全員そうではありませんが、算数の「速さ」や「割合」、「分数・少数の計算」などの定着度には、かなり差がありました。 これらが出来ないと、中学1年生のはじめからつまづきます。 そして学校では、小学校で学習した単元については、そこまで注力しません。 さらに、今後は「英語」が加わります。 これまでの外国語学習とは違います。 2020年から、小学生は英語を教科として授業するため、アルファベットや単語、英文表現などのテストが実施されます。 当然勉強量も増えるでしょう。 中学校の授業も変わってくるはずです。 そうすると、 中学入学前に算数と英語で遅れをとってしまう可能性があります。 塾に行っている子どもと、行っていない子どもで、差がうまれてしまいます。 小学生のうちから塾に通い、算数と英語の基礎を身に付け、中学校での学習に出遅れるリスクを軽減します。 「大学入試が変わり、早期対策が必要になる」 大学入試の変更点はすでにお伝えしました。 改訂された大学入試で勝つためには、基礎学力と以下の力を身に付けることが必須です。 ・思考力・判断力・表現力 ・英語の4技能 思考力・判断力・表現力の向上は、考える力の向上の先にあります。 決まりやルールなどを使いがら筋道を立てて解決策を考える力が必要です。 学校でも身につく力ですが、本格的にこれらを鍛えるのであれば、塾の力が必要です。 もちろん、算数の基礎力、国語の文章読解能力などを早期に身につける必要があります。 小学生のうちから塾に通うことによって、多種多様な問題に取り組み、思考力・判断力・表現力を身に付けることができます。 英語の4技能に関しては、かなり多くの塾が動き始めています。 小学生英語コースの強化、宣伝が活発化してきています。 小学生の英語塾には、英会話中心、単語や文法も含めた「読み」「書き」などの総合的な学習、英検の取得を目指す塾があります。 個人的には大学入試で求められるのは、4技能が求められるため、「聞く」「読む」「話す」「書く」ことを総合的に学習することをお勧めします。 大学入試に備えて、小学生のうちから塾に通わせ、「聞く」「読む」「話す」「書く」の力を身に付けることが出来ます。 「高校の制度が変わり、小学生に使えるお金が増える」 高校のために必要なお金は、減少傾向にあります。 そうすると、「高校のために蓄えてきた教育費を使おう」と考える人が増えてきます。 もちろん大学や専門学校など、高校卒業後の進路に備えてまだ貯金を続ける方もたくさんいると思います。 しかし、中には「高校でお金をかけるリスクが減るのであれば、中学校にお金をかけよう。 」という様に考える人も出てきます。 その結果、 私立中学校を検討している家庭が増えてきてました。 首都圏模試によると、 2015年から2018年にかけて4年連続で増加傾向にあるといいます。 大学入試のことを考えると、やはり私立中学校の設備や環境、カリキュラムや指導力は魅力的です。 公立の中学校に通った場合の塾代や、大学入試に向けた予備校代を考えると、私立受験をした方が良いと考えることもできます。 さいごに どうでしたでしょうか。 小学生のうちから塾に通った方が良い理由をまとめましたが、それでも、「通わなくても大丈夫だ」という人もいると思います。 ただし、小学生を取り巻く教育環境は大きく変わります。 その時塾のことで迷った時、この記事を参考にしていただけたら幸いです。 そして今すぐ塾に行かなくちゃと思った方、要注意です。 塾もいろいろあるので、よーく考えて選んでください。 もちろん、塾じゃなくても良いと思います。 (タイトルと矛盾しますが…)言いたいことは、 小学生から勉強した方が良いということです。 方法は他にもあります。 今やタブレットやパソコンで勉強できる世の中です。 そちらでもしっかり勉強できます。 塾以外の勉強法はこちらを参考にしてください。 ぜひ、小学生の塾について考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

算数の力は塾で伸ばせる?小学生が通う算数塾や個別指導塾は?

塾行かせず 算数

塾は学力アップに必要。 でも家庭で工夫しても学力は上がる はじめに どーも オキコソ(おきなわ子育て大学)です。 この記事では クラスで中の下程度の成績だった息子が学習塾のテストで上位に食い込んだ。 そんな家庭での教育方法を紹介します。 経過などを細かく書いてますが、経過に興味が無い方は目次から直接、気になるカテゴリに飛んで頂いて構いません。 では、いきます。 日能研のテスト結果 先日、日能研の「全国特待生選抜模試」を 息子(小4)が受けました。 彼は通塾生ではないですが力試しの気持ちで受けました。 結果は 偏差値55、順位的には 上位3割。 具体的には3600人中、1100番台でした。 まあ、1100人も前にいるので 記事を書いてまで威張れるものではないのですが親子で取り組んだ大逆転物語をまとめてみました。 彼は控えめにいっても元々、学力が秀でていた訳ではなく 普通の子、いやクラスで言っても真ん中よりは少し後ろ そんな彼の大躍進の要因を詳しく書いていきます。 その時の結果は・・・ ボロボロでした。 4000人中、3700番台でした 笑 間違う以前に記入も出来ませんでした。 前半の一部以外はほぼ空白。 そうです、日能研は記述式がとにかく多い。 そして 文章が長い 国語でいうと普段、小学校で解いているテストの5倍以上の文章が提示されます。 そこから、はじめて問題にいきます。 もう、ちょっとした小説です。 私も問題を見た時、彼の順位に納得しました。 それと同時に、これを解ける2年生がいるんだと驚愕したのを鮮明に覚えています。 算数においても、問題が複雑であったり創造性を求められる問題が多いのです。 正直、大人でも満点は取れない人がいると思います。 それに自分で考えて、日時や場所を記載したり、催し物のプログラム、オススメをのせていく。 どんな写真をのせるか、配置や色彩 などを書き込んでいく。 2年生にしては難しいですよね。 普通の学校のテストなら 逆に祭りのチラシを見せて 「日時は?」 「どこでやりますか?」 「どこが楽しいですか?」 と具体的な問いがありますよね。 日能研のテストにはそういったものがなく、いきなり大海原に投げ出される感覚です。 日能研に限らず学習塾のテストや中学受験テストなどは 「自ら考える力」 「生み出す力」 「創造する力」 が求められます。 日頃から、そういった感覚を持つことが大事なんだと 思い知らされました。 そもそも学校でも普通程度の子がなぜ試験を受けたのか それまでは正直、仕事人間で帰りも遅かった。 更に資格試験の為に、残業後に大学の医学部教室などで 勉強に勤しんでいました。 本来、仕事に打ち込む姿は子どもに見せる事は有益ですが それがうまくいかなくて、子どもらは私が遊び歩いていると思っていたようです (そう思った経緯は割愛します) その後、子どもたちと実家に住んで半ひとり親生活をしていました。 これではいけないと、いよいよ本腰を入れて子どもの勉強を見るようになりました。 で、少しずつ仕事中心から家庭にシフトして宿題なんかを見る時間が増えてきたので 「いっちょ受けてみるか?」 「うん!!」 と息子と意気揚々に乗り込んだ次第です。 そして撃沈・・・ まあ、息子にも「こっから大逆転のほうが楽しいだろ」 と(苦しい?)声掛けをしていました。 しかし息子は比較的、落ち込んでいなく 「大逆転」という言葉に前向きでした。 それが今回の結果に繋がった要因であることは間違いないと思います。 学力をあげるために家庭で工夫したこと まず、私自身が学力向上についての文献を読み漁りました。 仕事柄、研究論文や文献を読み解く事は慣れていました。 そして嫌いでも無かったので手当たり次第に読みました。 そこで科学的根拠が成立してたり、データとして信頼が高いもの なにより自分の環境で出来そうな事をいくつかピックアップしました。 そこで聞くだけでなく、先ず自分がお手本のように 読んであげました。 感情を込めながら場面、場面では説明しながら 例えば「赤とんぼが夕焼けに」「畑のあぜみち」などの1文があれば 「赤とんぼ」っていうぐらいだから、きっとこれは秋の物語だろうね 「あぜ道」って分かるか? 畑で農作物と農作物の間とか、畑の端のわきみちみたいなものだよ (説明があっているか不安なので) ほら、とタブレットで画像を見せて 説明していました。 こんな風に文章というのは読みながらその風景や出てくる人の感情を 想像しながら読むんだよ。 で、分からない言葉はどんどん調べようと伝えました。 小さい子に読み聞かせする時は感情を込めながら そして、途中で何度も止めますよね? お日様はどれ? うさぎは何匹いる? といったように。 それと考え方は同じです。 世界トップの国語力はスウェーデンです。 スウェーデンでは父親が仕事から帰ると本を読み聞かせる習慣があるそうです。 それを小学校の間、続けるそう。 それが良いほうに働いているのは容易に想像がつきますよね。 我が家は国語辞典を出しっぱなしにしています。 調べようと思い立った時に調べる労力を極力減らしたいためです。 本棚に綺麗に並べていると取り出す気持ちが30%ぐらい 薄れますよね。 そこらへんにあれば 気軽に調べてほしくてそうしてます。 算数は実物で勉強した 子どもは数を平面的に捉えてしまいます。 質量的に捉えると算数における理解力が劇的にアップします。 例えば「8」や「20」という数字を見て差を立体的に捉えるかどうか。 積木を8個積み上げて、隣に20個積み上げて これば「8」と「20」に違いだよ といったようにお金や時計の問題も実際の物品を用いて その後に自分で紙面上で問題を解いてもらいました。 褒めて伸ばすのは間違いです よく、褒めて伸ばすが流行してますが、「褒める」は良いのですが、タイミングについて説明されている情報は見かけません。 よって分かる人はほとんどいません。 それは下の記事で詳しく書いています。 子どもの中学受験を考えるなら塾は必須かもしれない ここまでは家庭での関わり方を主に書きましたが、それは通塾を否定する事ではありません。 もし、お子さんが中学受験をするなら、学習塾への通塾は必要かもしれません。 前半に書いたようにやはり問題の出題が複雑ですし、 鶴亀算、旅人算、仕事算・・・・・・・ と特殊算は多数に存在します。 そのほとんどが学校では習いません。 そういう意味では通塾は大きな力になります。 ただし、無塾でも中学受験を突破する子が一定数いることも事実です。 いずれにせよ親の関わり方は大前提で重要です。 今後、特殊算についても記事をあげます まあ、とはいえ日々のお仕事や家事で疲労困憊でしょうから、書いたような事が全て出来るのは不可能に近いでしょう。 私も毎日、全てが出来ているかと言われるとNOです。 ただ、習慣化すると比較的、出来る事は増えてきます。 そして、またこの記事を見にきて思いだしたら 再開しても良いと思います。 Twitterで「オキコソ(おきなわ子育て大学)」でアカウントがあります。 「オキコソ」でググっても出てきます。 確かに子育てに真剣な親は本土に比べると少ないかもしれません。 経済力も劣るでしょう。 しかし、その中でも出来る事が多い事を証明したいと思います。 学力最下位の要因として大きくはないかもしれませんが 今までは優秀な小学生は県外の中学を受験して進学していました。 経済的に面で私立にいけない子もいたでしょう。 それを打破する為に出来たのが県立の中・高一貫校です。 南部地域の開邦中学校、中部地域に球陽中学校。 2つとも高校は歴史ある県立高校です。 これで経済的進学の壁は無くなりました。 県内の受験熱は10年前とは比べ物になりません。 僅かでもオキコソの記事が子育てのヒントになれば幸いです。 受験する子もしない子も 勉強が分かれば学校も楽しくなると思います。 私も中学受験とは無縁でした。 「トンビが鷹をうむ」 かは分かりませんが 関わりは深く持っていきたいと思います。 以上、オキコソでした。 キーワード:中学受験 塾 成績 伸びない 伸ばす お金 💛マークを押すと明日、あなたの仕事がうまくいきます。 昨日のテレビ「トンビが鷹をうむ」検証。

次の