ノートパソコン 容量。 大学生のノートパソコンに必要なハードディスク(SSD)の容量は?

ノートパソコンで悩まされるストレージ(HDD)の容量不足への対策

ノートパソコン 容量

大学生のノートパソコンのメモリ容量はどれくらいがおすすめ? パソコンを買うときに検討しなければいけない項目としてメモリ容量があります。 最近はWindowsなどのOSも高度になっていますし、その上で動作するソフトウェアも多くのメモリを必要とするものが増えています。 そのため、メモリ容量が少ないとソフトを少し立ち上げただけで動作が重く感じてしまいます。 最近のパソコンに搭載されるメモリの容量は増える傾向にありますが、それに伴ってソフトが使用するメモリも増えています。 今後もソフトが使うメモリ容量も増えることが考えられるので、長くパソコンを使いたいと思うのなら、なるべく多くのメモリを積んだパソコンを選びたいものです。 メモリ容量が多ければ快適にパソコンを使うことができます。 ただ、メモリ容量が増えるとその分価格も上がりますので、予算との相談になると思います。 では、いったいどれくらいのメモリ容量があればいいのでしょうか? 軽い使い方なら4GBでも十分。 快適に使いたいなら8GB以上がおすすめ メモリ容量はその値が大きいほどパソコンを快適に使うことができます。 4GBのメモリと8GBのメモリを積んでいるパソコンを比べた場合、後者の方が快適に動作します。 現在市販されているパソコンの多くは、4GBのメモリと8GBより多く積んだものの2種類に大別することができます。 ノートパソコンの場合は、以前は4GBか8GBかの2種類が多かったのですが、最近は16GBを選択できるものも多いです。 それだけパソコンが多くのメモリを必要とするようになってきている、と考えることができます。 もしいろいろなソフトウェアを立ち上げながらパソコンを使いたかったり、プログラミングや動画編集、画像処理など、いろいろな使い方をしたいのであれば、4GBよりも多い8GB以上のメモリを積んだパソコンを購入されることをお勧めします。 メモリが多くあればあるほど動作は快適になります。 大学生のパソコンの主な用途は、ネットやメール、動画視聴や音楽鑑賞、レポート作成や卒論作成などになると思います。 これくらいの用途であれば、4GBでも十分快適に使うことができるでしょう。 WordやExcelは4GBもあれば快適に動作します。 文系の人であればそれほど重たい処理はしないと思いますので、4GBのメモリでも大丈夫だと思います。 ただし、これらのソフトは単独では十分に快適に動作するのですが、複数同時に立ち上げると使用するメモリ量が増えていきますので、4GBのメモリだとだんだんパソコンが遅くなってきてしまいます。 インターネットでたくさんのタブを開いて、音楽を聴きながらレポートを書くというような使い方だと、4GBでは重いと感じることが出てくるかもしれません。 もし、 長く快適に使いたいといった場合や、いろいろしたいことが出てきたときにも対応できるように余裕を持たせたいというのであれば、8GBのメモリを選択するといいです。 とても快適に使うことができるでしょう。 また、理系の場合は下に挙げる理由のために最低でも8GBのメモリは準備しておいた方が良いと思います。 理系の研究室では数値解析や画像処理、シミュレーション、プログラミングなど、比較的重い処理を行ったり、時間がかかる処理を行ったりすることが多いです。 研究室にある共用のコンピューターで処理をすることも多いですが、自分のパソコンに専門のソフトをインストールして処理を走らせることもあります。 このときに メモリが少ないと、処理を走らせるだけでメモリがいっぱいになり、ほかの作業をすることもできないことになってしまいます。 ネットでホームページを見るだけなのに、処理が重くてページがなかなか開かないなんてこともあります。 まだ研究室が決まっていない段階ではどんな処理を行うかはわからないかもしれませんが、どこに配属されてどんな研究をすることになっても快適に研究が進められるように、メモリを多く積んだパソコンを購入しておいた方が良いでしょう。 そのため、理系の場合は、最低でも8GBのメモリを搭載したノートパソコンを選んでおくのをおすすめします。 余裕があれば12GBや16GBなど、より容量の多いメモリを選んでみてもいいでしょう。 また8GBより多いメモリにする必要性がわからない場合もあるでしょう。 そのため、まずは最低限のメモリを積んだノートパソコンを購入し、アルバイトなどでお金に余裕が出てきたら、必要に応じてメモリを増設してみようと考える人もいるかもしれません。 ただ、 その際に見逃してはならないポイントがあります。 Windowsの64ビットパソコンならメモリを増設して4GB以上にすることが可能 パソコンの種類には、32ビットパソコンと64ビットパソコンという2つの種類があります。 どのように違うかわかりやすくいってしまうと、メモリを4GBまでしか積むことができないか、4GB以上積むことができるかという違いです。 32ビットパソコンは4GBまでしか積むことができません。 もし8GB積んだとしても、4GBしか認識されません。 一方で、64ビットパソコンなら、8GB以上のメモリを積むことができます。 つまり、32ビットパソコンの場合、パソコンの動作が重いからメモリを増やしたいなと思っても4GB以上にできず、新しいパソコンを買い替えるしか方法がなくなってしまいます。 それに比べて64ビットパソコンであれば、4GBのメモリをさらに増設して8GBのメモリにすることも可能です。 後から必要に応じてメモリを増やすことができるので、拡張性があります。 もし、色々な用途でパソコンを使うことになっても対応できるようにしておきたいと考えていたり、1つのパソコンを何年間も長期にわたって使いたいと思うのなら、64ビットパソコンを購入するのがお得になります。 では、32ビットか64ビットかを見分けるにはどうすればよいでしょうか?そのためには、購入しようと思っているパソコンの構成(スペック)の欄を見ると良いです。 Windowsの場合は、OS(オペレーティングシステム)のところに書いてあることがほとんどです。 OSとはWindows 10 Homeなどのことです。 Macの場合はこれとは違う別の注意が必要ですので、この下の項目をご参照ください。 Windowsパソコンの場合、たとえばパソコンメーカーとして有名なDellのページでは以下のように表示されています。 Dynabook 東芝 のページでも同様です。 このように64ビットかどうかが記されていますので、わかりやすいと思います。 もっとも、最近はほとんどのノートパソコンが64ビット対応になっているので、あまり意識する必要はないのですが、念のため知っておいてください。 メモリを増設できないWindowsノートパソコンが増えている 64ビットのパソコンであればメモリを4GB以上にすることができ、後からメモリを増設して8GB以上にすることもできると説明しました。 たとえば、東芝のdynabook AZシリーズは底面部分にカバーがあり、ネジを外してあげると、下の写真のようにメモリだけが見えるようになって増設や交換が可能になります。 たいていは裏面のカバーを開けてあげれば、メモリーの増設が行えるようになっています。 しかし、最近のノートPCの特徴として、メモリの換装や増設を行うことができない機種が多いという点が挙げられます。 最近のノートパソコンはメモリが基盤に直付けになっているものが多くあり、増設や換装ができません。 増設しようとして正常に動作しなくなっても、保証の対象外となっていることも多く、おすすめできません。 そのため、 ノートパソコンを購入する際はメモリを増設できるかどうかをあらかじめ確認しておくか、最初から余裕を持ったメモリ容量を搭載したモデルを選んでおくのが大事です。 購入してからメモリを増やそうと思ったらできないタイプだった、ということになれば、結局パソコンを買い替えないといけないことにもなりかねません。 また、増設するメモリはそのノートパソコンに合ったものを選ぶ必要がありますし、PC内部の重要な部分に触れる可能性も高く、作業に慎重さが求められます。 そのため、PCの知識や作業に自信がない人は、購入する段階で余裕を持ったメモリ容量を搭載したものを選んでおくと良いでしょう。 Macのノートパソコンはメモリの増設を後から行うことができない また、Macの場合は、OSの種類がMac1つしかありません。 そして、 MacのノートパソコンであるMacBook AirやMacBook Proもメモリの増設を後から行うことはできません。 Apple公式サイトではCPUやストレージ(SSD)、メモリ容量を自由にカスタマイズして購入できますが、量販店や通販サイトではCPUやストレージの組み合わせによっては、容量の多いメモリを搭載したモデルが販売されていないことも多いです。 これを知っておかないと後で後悔することになりますので、注意しましょう。 Apple公式サイトでは下の画像のように、メモリの容量を選択することができます。 Macの最新のノートパソコンは後からメモリの増設ができませんので、購入するときに余裕持ったメモリを選択しておくようにしましょう。

次の

SSD搭載のおすすめノートパソコン【2020年7月 夏 更新版】

ノートパソコン 容量

どのノートパソコンも十分なハードディスク容量がある ノートパソコンは、内部スペースが狭いため、デスクトップパソコンと比べるとハードディスクの容量は小さい傾向がありますが、ハードディスクの低価格化と大容量化が進み、どのノートパソコンも十分なハードディスク容量があります。 2015年6月28日時点では、価格が安くて小型なノートパソコンでも、ハードディスク容量は 320GB 以上はあります。 動画や音楽ファイル等の容量が大きいファイルを、ノートパソコンに大量に保存しなければ、ハードディスク容量は 320GB もあれば十分です。 ハードディスク容量 160GB だと容量不足になる可能性が高いですが、十分と判断できるなら選んでも問題ありません。 ハードディスクの容量が 320GB よりも大きいノートパソコンを選びたいなら、持ち運びしやすいモバイルノートパソコンに限定すると、選べるハードディスク容量は 500GB 程度が限度です。 持ち運びせずに室内に限定して使うのに向いている据え置きノートパソコンなら、2TB(2000GB)程度まで選べます。 据え置きノートパソコン 画面サイズ 15インチ型以上が目安 ・ハードディスク容量 2TB 程度まで選べる モバイルノートパソコン 画面サイズ 14インチ型以下が目安 ・ハードディスク容量 500GB 程度まで選べる ・軽量化と薄型化に有利な SSD が普及しており、ハードディスク搭載モデルが少なくなってきている ノートパソコンは、内蔵ハードディスクを利用して、ハードディスク容量を増やすのは難しい サイズが小さいノートパソコンは、搭載可能なハードディスク台数は1台であり、ハードディスク容量を増やしたいなら、より容量が大きいハードディスクへ交換する必要があります。 サイズが大きいノートパソコンでは、2台ハードディスク搭載可能なモデルが見られ、1台のみ搭載なら、もう1台増設してハードディスク容量を増やせます。 多くのノートパソコンは、増設だけでも作業はデスクトップパソコンよりも難しく、ハードディスク交換となるとデータ移行も必要となり大変です。 そのため、大容量のハードディスクを必要としているなら、ノートパソコン購入後にハードディスク容量が足りなくならないよう、できるだけハードディスク容量が大きいノートパソコンを選んでおいた方が良いです。 もし内蔵ハードディスクにこだわる必要がなければ、外付けのハードディスクを用意すれば、ハードディスク容量を簡単に増やせます。 ハードディスクの接続インターフェースの選び方 ハードディスクは、ノートパソコンのマザーボードと接続します。 その接続インターフェースには、Serial ATA が利用されています。 Serial ATA より古い接続インターフェースは時代遅れでありデータ転送速度が遅いですが、最近の新しいノートパソコンであれば、Serial ATA です。 Serial ATA には幾つか規格があり、規格によってデータ転送速度が異なります。 Serial ATA の規格については、 にて掲載しています。 最近の新しいノートパソコンは、Serial ATA 3. 0 Gbps、Serial ATA 6. 0 Gbps のどちらかです。 パソコンを快適に操作するには、ハードディスクのデータ読み書き速度の速さが重要であり、接続インターフェースのデータ転送速度が足りないとハードディスクは本来のデータ読み書き速度を発揮できません。 データ読み書き速度が速い Serial ATA 6. 0 Gbps が望ましいのですが、ハードディスクにとっては Serial ATA 3. 0 Gbps のデータ転送速度で十分であり、Serial ATA 6. 0 Gbps のデータ転送速度を最大限に活かすのは難しいです。 つまり、ハードディスクは Serial ATA 3. 0 Gbps から Serial ATA 6. 0 Gbps にしても、ハードディスクのデータ読み書き速度はあまり変わりません。 そのため、ハードディスクの接続インターフェースについて確認して選ぶ必要性は低いです。 ハードディスクのデータ読み書き速度を重視して接続インターフェースにこだわるくらいなら、ハードディスクよりも SSD を選ぶのがおすすめです。 SSD は、Serial ATA 6. 0 Gbps のデータ転送速度を最大限に活かすことができ、HDD よりも圧倒的にデータ読み書き速度が速いです。 ハードディスク回転数の選び方 回転数 メリット デメリット 低い 5400rpm ・発熱量が小さい ・動作音が小さい ・データ読み書き速度が遅い 高い 7200rpm ・データ読み書き速度が速い ・発熱量が大きい ・動作音が大きい ノートパソコンでは 5400rpm が主流 内部スペースが狭く放熱性が悪いノートパソコンでは、発熱量が問題になりやすいため、回転数が低めの 5400rpm のハードディスクが搭載されているモデルが多いです。 ハードディスクの回転数について仕様等に記載されていない場合もありますが、5400rpm である可能性が高いです。 特に画面サイズが小さいノートパソコンでは、5400rpm のハードディスク搭載モデルしか見当たらず、BTO カスタマイズに対応していても 7200rpm のハードディスクへの変更はまずできません。 そのため、画面サイズが小さいノートパソコンを選ぶとして、ストレージへのデータ読み書き速度の速さを重視するなら、ハードディスクではなく SSD を選ぶのがおすすめです。 データ読み書き速度の速さを重視するなら、7200rpm がおすすめ 画面サイズが大きいノートパソコンでは、少ないですが 7200rpm 搭載モデルや BTO カスタマイズで 7200rpm のハードディスクへ変更可能なモデルがあります。 特にハードディスクのデータ読み書き速度の速さを重視しなければ、回転数が低い 5400rpm を選んでも問題ありませんが、重視するなら 7200rpm のハードディスクを選ぶのがおすすめです。 これは、同じ回転数のハードディスクを比較すると、どのメーカーのどの製品なのかによって、どこまで温度が上昇するのか異なるためです。 そのため、発熱量が大きくなってしまう事について気にせずに回転数が高いハードディスクを選んでも問題ありません。 それでも、温度が高くなりすぎてしまうリスクを少しでも減らすためにハードディスクの発熱量を抑えたい場合は、5400rpm のハードディスクを選ぶのがおすすめです。 動作音を気にして 5400rpm を選ぶ必要性は低い 一般的には、回転数が高いハードディスクの方が動作音が大きいと言えますが、技術進歩によって随分と動作音が抑えられるようになり、比較対象によっては 5400rpm のハードディスクよりも 7200rpm のハードディスクの方が静かな場合もあるほどです。 また、ノートパソコン全体として見れば、動作音が大きいのは冷却ファンで、ハードディスクの動作音は大した事ありませんので、ハードディスクの動作音を気にして 7200rpm のハードディスクを避けて 5400rpm のハードディスクを選ぶ必要性は低いです。 ハードディスクの発熱量が小さければ、冷却ファンの回転数を低く抑えられ、動作音が小さくなる面もありますが、回転数の違いで生じる発熱量の差は小さいため、7200rpm のハードディスクを避けて 5400rpm のハードディスクを選んでもあまり変わりません。

次の

おすすめのノートパソコン 2020年夏【PC専門サイト】the比較

ノートパソコン 容量

大学生のノートパソコンに必要なハードディスク(SSD)の容量は? 大学生は講義のレポート作成や卒論の作成、ならびに趣味で写真や音楽を取り込んだりすると、パソコンの中にたくさんのファイルが保存されることになります。 ファイルが多くなると、ハードディスクの容量が足りなくなってしまいそうで心配になりますよね。 ここでは、大学の活動で使用するファイルにはどのようなものがあるかを紹介しながら、ハードディスクの容量はどれくらいが適切かをご紹介したいと思います。 1つのWordファイルの大きさは大きくても1MB(メガバイト)程度 ノートパソコンを大学の講義のレポート作成に使うことになると思いますが、1つのレポートを書くと、いったいどれくらいの大きさ(容量)になるのでしょうか? レポートを書くときは、Wordを使って書くことになります。 私が大学生のころに書いたWordのレポートを見直してみると、ファイルの大きさが小さいもので30kb(キロバイト)、大きいものでも1MB メガバイト くらいです。 ページ数にすると2~3ページのものから、卒業研究で書いた60ページくらいのものまでありますが、1MBを越えるようなものはほとんどありません。 大学の講義ではページ数が多くなるレポートを要求されることはほとんどありません。 文系の講義や一般教養の科目ではA4で2~3ページ程度、長くても5ページ程度のレポートが多く、理系の実験レポートでも、実験手順や結果をまとめて画像やグラフをつけても5~10ページ程度です。 4年生までに受ける授業科目で課されるレポートは、それほどページ数が多くなることはないと思ってもらって大丈夫です。 比較的ページ数が多くなるのは、4年生の卒論になります。 文系の卒論でも長くても50ページ程度ですし、理系の卒業研究でも同じくらいです。 これを Wordファイルのデータ容量で言うと、だいたい上記のように30kb~1MB程度になります。 それほど大きくありませんのがお分かりいただけるのではないかと思います。 レポートだけを考えるのなら100GBで十分 上記のように作成したレポートのファイルの大きさは、30kB~1MB程度です。 大学4年間で500本のレポートを書いたとしても、15MB~500MB程度で済んでしまうことになります。 現在販売されているノートパソコンのハードディスクの容量は500GB~1TB程度のものが平均的ですが、十分な容量になります。 キロ、メガ、ギガという順に大きくなっていきます。 この関係式をもとに計算すると、500GBのハードディスクをすべてレポートでいっぱいにしようと思ったら、長めのレポートとして1つ1MBのレポートを書いたとしても、500,000本(50万本)も書く必要があります。 こんなことはあり得ませんので、いかに500GBのハードディスクが大きいかということがわかるのではないかと思います。 もし レポート作成をパソコンの主な使用目的としているのであれば、500GBのハードディスクというのは十分な容量であることがわかります。 かなり余裕がありますね。 最近はハードディスクの代わりにSSDというものも普及してきました。 SSDはハードディスクと比べるとデータ容量が小さいのが弱点と言われているのですが、販売されているノートパソコンのSSDは最低でも128GBはあります。 レポートだけを保存したとしても、128GBのSSDは少ないどころか十分に多い容量だということがわかりますね。 文系の学生のように、レポート提出が中心になるようであれば、ハードディスクの容量はそれほど大きくなくても大丈夫です。 理系の研究では256GBくらいは欲しい では、理系の人はどうでしょうか?理系の人は2年生くらいから実験や演習のレポートを提出することが増えますが、レポートで作成するWordやExcelのファイルは上で解説したように、それほど大きくなることはありません。 よほどのことがない限り1MBを超えることはないでしょう。 その点では安心してもらって大丈夫です。 では、4年生進級時に研究室に配属された場合はどうでしょうか?理系の場合は研究目的にパソコンを使うことが増えますので、その分パソコンの中に保存されるデータも増えていきます。 データの種類としては主に2種類あります。 レポートなどの文字情報を中心としたものと、画像や動画などのデータです。 レポートなどの文字情報は上記のように大きくなることはないと思ってもらって大丈夫です。 研究の過程でたくさんのレポートを書いたとしてもハードディスクがいっぱいになることはありません。 一方で画像や動画などのデータは、1つのファイルでも容量が大きくなることがあります。 たとえば、顕微鏡を覗いて撮影した画像をパソコンに取り込むと、1つの画像ファイルで50MBといった容量になることはよくあります。 研究では高精細な画像が要求されるため、1枚の画像に多くの情報が詰め込まれ、その結果ファイルサイズが大きくなります。 1枚だけで終わればいいですが、何枚も取り込むとなるとすぐに数百MBの大きさになります。 動画についても同様です。 物体をビデオで撮影し、その動きを解析するような研究の場合、1つの動画ファイルの大きさが数十~数百MBになります。 このようなファイルがいくつもあると、かなりの容量を必要とするようになります。 このようなことがあるので、かなり大きめのハードディスクを用意したほうが良いのではないかと思われるかもしれませんね。 しかし、通常はすべての画像や動画データを自分のパソコンに保存することはありません。 理系の研究室では、データ解析用のパソコンというのが専用に置かれています。 たとえば、上記の顕微鏡の画像を取り込む場合には、顕微鏡とセットでパソコンが設置されていて、まずそのパソコンにデータが取り込まれることになります。 動画を研究に使用する場合でも、専用のパソコンがあり、そこにまずデータが保存されます。 学生はその中から必要なデータだけを自分のパソコンに取り込んで研究に用いることになりますので、学生自身が持つパソコンのハードディスクの容量はそれほど大きくなくても大丈夫です。 ただ、レポートだけを書くよりは必要となるデータが増えますので、その分ハードディスクに占めるデータの容量は大きくなることを知っておいてください。 たとえば、50MBの画像を100枚取り込んだとすると5GBになります。 200枚で10GBですので、結構な容量を必要とすることがお分かりになると思います。 ハードディスクの容量は100GB程度でも足りるように思えるかもしれませんが、 データを加工したりして派生したものが増えるとどんどん増えていきますので、余裕をもって256GBくらいは欲しいところです。 趣味で写真や音楽、動画をパソコンに保存するなら256GBはほしい 大学の学業で必要になるハードディスクの容量は上に述べたとおりです。 では、趣味やプライベートで使う場合にはどれくらいの容量が必要になるでしょうか? 理系のところでもご紹介したように、 画像や動画といったデータは1つのファイルでも容量が大きくなります。 研究用でなくても、画像や動画は1つ1つのデータが大きくなります。 デジカメで8GBのSDカードに保存していてもすぐにいっぱいになった経験の方も多いのではないかと思います。 大学では友達と旅行に行って写真を撮ったり、サークル活動でその様子を動画に撮ったりということもよくあります。 4年間でたくさん写真や動画を撮ると、スマホやSDカードだけでは容量が足りなくなってしまいます。 大切な思い出を保存しておくのにパソコンのハードディスクは便利ですので、 写真や動画、音楽などをパソコンに取り込めるように、ハードディスクの容量はなるべく大き目にしておいた方が良いです。 容量が小さすぎるとすぐにハードディスクがいっぱいになってしまって、どうすることもできなくなります。 取り込む数にもよりますが、写真や音楽、動画の数が増えそうなら、256GBくらいはほしいところです。 容量が足りなくなったら外付けハードディスクで対応すればよい ハードディスクの容量がいっぱいになったとしても、実は比較的簡単に解決することができます。 それは、外付けハードディスクにデータを保存するということです。 写真や動画といったファイルは容量を必要としますが、パソコンの中に必ず保存されていないといけないという類のものではありません。 よく使う必要なファイルだけを残して、残りのものは外付けハードディスクに移してしまうとパソコンの中がすっきりします。 アマゾンなどで検索すると、外付けハードディスクは安価なものが多いです。 500GBの外付けハードディスクだと5,000~6,000円で購入することができます。 USBに接続すればすぐに使えますし、最近はポケットに入るような小型のものも増えています。 引き出しの中に簡単にしまえるので、邪魔になることもありません。 とても手軽に扱えるので、面倒なことは特にないでしょう。 関連記事 1. 2. 3. 4..

次の