草刈 機 まさお。 草刈機まさお VS ラビットモアー!~人気の乗用草刈機を徹底比較しました。

乗用草刈機“Hey MASAO(ヘイ マサオ)”新発売!

草刈 機 まさお

「草刈機まさお」「代表取締役社長 芝耕作」……。 地味な存在と思われがちな農機業界で、ダジャレを利かせた名前の様々な製品を商品化しているのが、福岡県うきは市に本社を置く農機メーカーのキャニコムだ。 9月下旬、同社を訪れると、派手なスーツに紫色のシャツを着た包行(かねゆき)均会長が笑顔で出迎えてくれた。 名刺には「ネーミングの包行」と書かれている。 「アルファベットや数字を並べた製品名では機能が分からない。 特徴が伝わり、ついでにクスッと笑える名前がいい」と包行会長は話す。 「ぼやき」から開発アイデア キャニコムは草刈り機を中心に年間8500台の農機具を販売し、右肩上がりで成長。 2017年12月期の売上高は60億円を超えた。 独特なネーミングによる製品の知名度向上が好業績を支える理由の一つだが、同社の強みはそれだけではない。 利用者の肉体的・精神的負担を減らす様々な工夫が農林業の従事者を中心に支持されている。 包行家は筑後地方で刀鍛冶を代々営んできた。 戦後、包行会長の父の代となり、農業用トレーラーに参入。 しかし、競争環境が厳しく、販売は思うように伸びない。 転機となったのは1978年。 林業の現場を視察したときだった。 当時は山道で馬が木材を運搬する時代。 ある女性が「馬の世話をしなければならないので、嫁いでから30年間、一度も旅行に行ったことがない」とぼやいた。 この女性の声にヒントを得て、狭い山道を行き来しやすい木材の運搬機を開発。 累計2万台のヒットとなりキャニコムの礎を築いた。 次に目を付けたのは、果樹園などでの下草刈り作業。 下を向いて腰を曲げての重労働だった。 そこで開発したのが「草刈機まさお」。 車高が低く、ゴーカートのような感覚で運転でき、楽しく草刈りをできるようにした。 ギアを工夫し、30度の険しい傾斜にも対応。 特徴的なネーミングも相まって、年間販売が3000台を超すキャニコムの主力製品となった。

次の

Heymasao

草刈 機 まさお

乗用草刈機での作業において、その動作・作業性・効率仕上がりを徹底的に調査、従来の製品を根底から覆し、 部品・ミッション・ボディー全てにおいてゼロから見直し、さらに使う人の立場に立った商品になりました。 2WD(二輪駆動)は昔の言葉となりました。 2WDは急な坂道や道の悪い、まさしく悪路やオフロードでの走行が困難だったからです。 2001年3月キャニコムは、乗用草刈機としては世界初のAWD 四輪駆動)開発に成功。 全世界へデビューさせたのです。 改良に改良を加え、AWDは悪路やオフロード専用という常識を破り、舗装路、平坦地における走行性能にも有効だということを証明。 特に草刈におけるAWD特有の強力な足腰の安定性により2~3mの長い雑草や小枝・細い竹までその実力を発揮し、スムーズに刈れることを証明したのです。 よって草刈はどのような場所においても安定感とパワーのAWDなのです。 世界に目を向けると欧州地区ではAWDが標準となっています。 今後需要が見られる新興国では、さらなる 強靭な小回りが求められてくることでしょう。 3D開閉刈刃カバー【魅せられて アイーン】《特許出願中》 密集した草を刈る時、草の吐き出しを良くし刈り取り負荷を抑える為、刈刃カバーの後方を密集度に応じて3段階に広げることができます。 刈った草がカバー内に溜まることなく、スムーズに後方開口部より吐き出されますので、刈り後も綺麗にしかもスピーディーに作業が行えます。 更に、刈った草が片側に寄せられますので、集草作業も効率的です。 また、刈刃カバーサイドは閉じたままですので、異物の直接飛散を防止、危険性が低減されます。 キャニコムは、研究に研究を重ね世界初の新刈刃差換え機構「イ・ア・イ」の開発に成功 特許出願中。 ボルトを使用していませんので、工具不要で、誰でも簡単に、現場でもスピーディに刈刃交換が可能になりました。 更に、左右ともに、刈刃カバーをフルオープンにできますので、刈刃の交換、刈刃カバー内のメンテナンスも非常に楽に容易に行えます。 刈刃カバー内洗浄『滝と翼・狙い撃ち!』 水道ホース差込口より水を流し、刈刃を回転させると刈刃カバーセンター部に水を集中噴射。 汚れが落ちにくかった中心部をパッ!と狙い撃ち、センターカバーを主体に綺麗に洗浄します。 『角切造75(カクキレゾウ75)』、驚異の小回り性能。 前輪切れ角75度、究極の小回り。 独自の機構開発により、四輪駆動ながら驚異の小回り性能を実現。 これにより、木の幹回りやポールなどの障害物回りの刈残し部分が少なく、手刈り作業は短時間に簡単に済ませられます。 最小回転半径1.75m(2WD時)。 さらに、CMX227特別仕様車『そこまで刈っていいんかい』は、最小回転半径1.65m(2WD時)。 刈高さ調整レバーを極限まで低くし、どの刈高さでも、レバーが枝などへの引っ掛かりを少なくなるようにレイアウト。 しかも、アシスト付で軽い操作力。 グリーンゲート『間口広子』、草を倒さず取り込み。 乗用草刈機は、構造上、草を倒しながら草を刈っていくため、刈り後・刈り残しの問題が長年のテーマでした。 これを解消する為、フロントデフの小型化に成功。 草の取入口を拡大、草がフロントデフで押し倒されるのを抑え、刈取性が飛躍的に向上。 より綺麗な刈り後の美残刈が可能となりました。 夏場の炎天下での草刈作業も短時間に効率UP!• 快適な乗り心地と操作性。 サスペンション内臓デラックスシートを採用。 さらに後方に7度傾けて設置することで上方障害物を前屈しなくても避け易く、また、操作姿勢がトラックから乗用車スタイルへと変わりますので、疲れも少なく快適な作業が可能です。 さらにチルトステアリング機能と上下調節ハンドル LMSステアリングとリクライニングスライドシート機能を標準装備。 作業される方がベストポジションを選べます。 刈刃駆動は、キャニコム独自の『スクリュードライブ』 従来のベルト駆動は、ベルトの磨耗や欠損による交換・調整などが多々発生し、煩わしい作業を販売店・ユーザーの方は、負担されていました。 また、草刈作業後の刈刃カバー上部の清掃もベルトが邪魔をして非常に手間がかかります。 「F1まさお」は、長年実績がある『スクリュードライブ』を採用していますので、刈刃駆動力、メンテナンス性の良さを実感していただけます。

次の

Heymasao

草刈 機 まさお

コンパクトになりました! 長〜くご愛用頂けます! カバー周りを全て鉄板製にしたことで耐久性がアップ! 更に大容量タンクで給油する回数を減らし長時間の使用が可能です。 長時間の作業も楽に 新シートを採用。 高いクッション性とともに、長時間の作業でも苦にならない乗車姿勢を保つことが出来ます。 無段階刈高さ調整 フリーロックを採用し、軽い力で0〜150㎜間の無段階調整が可能です。 カマキリフロント フロントデザインを凹型にしたことで、高い草や密集した草をより効率よく取り込めます。 魅せられてアイーン 右側の刈刃カバーをオープン出来るので、刈刃の交換・刈刃カバー内のメンテナンスも非常に簡単です。 スクリュードライブ 駆動方式はシャフト駆動を採用。 実績のある刈刃駆動力・メンテナンス性の良さを実感して頂けます。 ひろさき刈刃を使用 台形で切れ味が良く、長持ちします。 園内の除草はもちろん荒地等、硬い草を刈るのにも適しています。

次の