トイレ の つまり ラップ。 トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレ の つまり ラップ

もくじ• ラップをラバーカップの代わりに トイレが詰まる原因ですが主に異物が便器の中に入り込み水が正常に流れずにつまりを起こします。 その為、便器に使用する器具は適切なものとしては つまりを吸入する器具であるラバーカップが便器の詰まりを解消するための器具として適切です。 ですが、そのラバーカップがお手洗いにない場合、解決策はラップを使用して解決をします。 方法ですが、便器にラップをして便器の中に空気を含ませます。 この時 ラップはピンと張っている状態であることが望ましく、張り詰めていない場合は、空気の圧を便器内に封入することができないためピンと便器に張り付けた状態を維持します。 ピンと張り詰めている状態が維持できているのであれば、便器に張り付けている ラップの真ん中を押して空気を押し込むようにラップを押します。 そうすることで便器内に空気を押す動きが生まれラバーカップと同じ効果が生まれ、便器の中の異物を押し込むことができ、下水に異物を流し込むことができます。 この方法の利点としては、身近にあるラップを使用してトイレの詰まりを解消することができますが、あくまでもラバーカップがない場合において緊急を有する場合においてトイレの排水ができるようにするための方法であるため、ラバーカップの他排水ポンプなどの専用のつまりを解消する道具を使用することが一番安心してトイレの中の異物を除去する方法となります。 ラップでも解消できない場合は先の長いものを使用する ラップで圧をかけてトイレの異物を流そうとして効果がなかった場合についてですが、方法としては、先の長いもので トイレの排水部分をひっかきまわすことができるものであれば異物を取り除くことができる可能性があります。 例えば、ハンガーなど針金で出来ているものはある程度トイレの底に合うように変形させることができるものが多いです。 ハンガーを変形させ、便器のそこに入れてかき回すことさえできれば異物をひっかけて取ることも可能であるということです。 ただし、この方法、デメリットもありまして、まず、針金のようにある程度変形させることができるハンガーのようなものでないといけない点、もう一つは 衛星的に問題があることです。 ラバーカップの場合は吸引させて取り除くという方法ですので使い方を間違えない限りは周囲に異物が飛び散ることがないです。 しかし、ハンガーなどをラバーカップとの代わりとした場合、 吸引ではなくひっかけて異物を取るという仕組み状便器の奥の配管のほうまでかき回さないといけないため、便器と体の距離が近くなります。 その為衛生面を考えた場合、ラバーカップと比較すると衛生的ではないということです。 ですが、これはあくまでハンガーの場合でもっと長い針金のように変形できるものがある場合、便座との距離は遠くなりますので衛生面を考慮することも可能です。 どうしても問題を解消できない場合はプロの方に頼む トイレのつまりは前兆があり、詰まる前に必ず問題を抱えます。 その兆候に気づくのが遅れた場合、便器内が詰まった状態となり、ハンガーやラップを使用してつまりを解消させるわけです。 ですがどうしてもつまりが解消できない場合ということもあります。 そうした場合は、ザットマンやクラシアンのように プロの水道トラブル解決業者に任せるという方法があります。 この方法ですと、利点として自分はトイレのつまりを治すために汚れる必要性は無いですし、排水ポンプなどを使用してプロの方は異物を除去しますので便器を傷めることなく問題となる異物を取り除きます。 どうしても自分でする場合においては、道具がそろっていない場合、応急処置として身近なもので対応するしかなく、そうした場合問題としては、便器に傷をつけたり、便器内にあるセンサーを傷つけたりすることもあります。 最近のお手洗いはセンサー類を装備しているものが多いため、きちんとした道具を使用せずにつまりを解決した場合、後から問題を抱えてしまっていることも多いのはその為です。 プロの水道修理の方々であれば、センサー類などを損傷させることなく、排水ポンプや真空ポンプなど様々な道具を駆使して 便器にダメージを与えることなく異物を取り去ることができますので、どうしても問題が解決できない、もしくはお手洗いを壊したくないという場合においてはプロの方に来てもらうというのも考えておきましょう。 トイレのつまりは、ハンガーやラップなど身近なものでつまりを解消させることができます。 ですが、 必ずしも成功するとは限らず、大事なお手洗いを自己流の方法では傷つけてしまうこともあります。 そのようなことにならないためにはプロの方に来てもらうという方法も一つの手です。 おすすめ関連記事• 日々の生活の中で起こるトラブルの中でも、トイレのつまりは割とポピュラ […]• ある時突然、お家のトイレの床が水浸しになっていたら、どうしたら良いか […]• トイレがつまった際に自分で直せる場合と、専門業者に依頼しないと難しい […]• トイレつまりは、できることなら回避していきたいトラブルではありますが […]• トイレは用を足すために使うのはもちろんのこと、雑誌を読んでみたり自分 […]• トイレは様々な理由で詰まってしまうことがあります。 そんなときには業者 […]• トイレ掃除をしているのに何やら臭うことがあるでしょう。 利用する度に悲 […]• トイレのつまりを放置していたら自然と直ったという経験がある人は多いで […].

次の

トイレがつまった時にラップで解消させる方法

トイレ の つまり ラップ

トイレのつまりの原因1 異物を流した場合の対処法 そもそもトイレに流しても良いものは、人間の排泄物、トイレットペーパー、水です。 これ以外はトイレに流せない異物に当たります。 ここでは固形異物を流して、トイレが詰まり少しずつ流れている時の解決法をご紹介します。 ここでの固形異物とは、スマートフォン、携帯電話、ボールペンなどの筆記用具や、お子さんのおもちゃや、プラスティックのふたなど、身の回り品で、水に溶けないものです。 自分で解決できる可能性があるのは、落とした異物が比較的浅い場所にある場合です。 この時、大事な注意点は、焦って水を流してしまわないことです。 水を流してしまうと、その水の流れに押されて、異物はさらに便器の奥へと進んでしまい、取り出すことが困難になってしまう可能性があります。 またラバーカップを使いたくなるところですが、 基本的にラバーカップはトイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まった時に使う道具です。 ラバーカップで押し流そうとしても、トイレの排水管は直線ではなくカーブをしているので、そのカーブの所で詰まってしまい、余計に取り出すのが困難になり、状況を悪化させてしまう可能性があります。 ラバーカップも慌てて使わないようにしましょう。 トイレのつまりが異物の場合の解消策 異物を取り出す時には、まず止水栓を閉めてタンクに給水できない状態にしておきます。 作業する時にはゴム手袋をはめましょう。 便器の中をのぞいてみて、異物が見える位置にあり、なおかつ手をのばして届く位置にあれば、そのまま取り出してみましょう。 また手が届いたとしても、取り出そうとする時に、何か引っかかりがある時や便器の排水口に挟まってしまって取れない時には、無理は取り出さないようにしましょう。 排水口より奥に入ってしまった場合は、便器側から取り出すことはできません。 その場合は高圧洗浄機を使用して水圧をかけて押し出す、またはワイヤーブラシを使って押し出し、外にある排水マス側まで異物を押し出す必要があります。 この時、排水マス側でネットなどをかけておくと、異物がでてきた時に下水に流れていくのを防ぐのと同時に、押し出された異物をこのネットでキャッチすることができます。 トイレのつまりの原因2 トイレの節水 トイレの詰まりには、節水していることが原因になっている場合があります。 これが原因でトイレがつまり、少しずつ流れている状態になっている可能性もあります。 節水法には、使用する水の量を減らすためにペットボトルなどをタンクに入れる、またフロートバルブに重りをつけて水の量を減らす節水弁などがあります。 このような「水の量を減らす」という方法は、排泄物、トイレットペーパーが流れきらず、配管が詰まるといったトラブルの原因にもなります。 また、トイレを流す際のレバーの大小も、正しく使わないと詰まりの原因となります。 トイレは大小それぞれをきちんと流せるよう水の量を計算して設計されています。 節水のつもりで大小のレバーを適切に使わないと、トイレの詰まりを招くといったことにもなりかねません。 きちんと流すのに必要な水の量が足りなくなってしまうのです。 トイレで節水するのであれば、便器自体を節水のエコタイプに変えてみることをお勧めします。 また、節水グッズを取り入れてみるのも良いかも知れません。 トイレによっては取り付けられないものもありますが、水洗トイレの節水器ロスカット、ウォーターセーバーといった節水グッズは、お手頃価格で設置もしやすいので、手軽に取り入れられます。 トイレのつまりの修理をプロにお任せするタイミング できる限りは自分の力でなんとかしたいトイレの詰まりのトラブルですが、自分でなんとかしようと無理をすると、逆に状況が悪化してしまう可能性が高いです。 異物が詰まってしまって自分で取れないと思った時にはプロの業者にお願いしましょう。 無理に取ろうとして余計に奥につまってしまってしまうと、便器の取り外し工事など、大がかりな修理が必要になります。 マンション、アパートなどの集合住宅の場合は、階下への水漏れなども心配です。 基本的に、水で流れない異物が詰まってしまって手で取れない時は、プロの業者にお願いすることが安全策です。 自分で修理できる確信がない時、自分で修理できる自信がない時は、迷わずプロの業者におまかせしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回、トイレに異物を流してしまった時、自分でできる解決法と、自分で解決できないときプロの業者に修理を頼むタイミングについてお話しました。 トイレに異物を流してしまった時、自分で解決できるのは、異物が自分の手で取り除ける範囲にある場合です。 無理に取ろうとすると状況が悪化しかねません。 無理だと思った時には、迷わずプロの業者にお願いすることが安全です。 また、トイレでの節水は、詰まりの原因になりかねません。 トイレは適切な水の量で使用することが大切です。 水は、必要な時以外は何度も流さず、水流の音ボタンを活用するなど、小さなことでもできることで節水を心がけてみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

トイレのつまりがラップで直る!?スッポンなしで直せるその方法とは|生活110番ニュース

トイレ の つまり ラップ

夜中、家族が寝静まったあと、さて寝るか、と思いつつ用を足しにトイレで起こった悲劇な話。 ドアを開け、便座に座り、ふと見るとトイレットーパーがきれてる。 「なんだよ、使い終わったら新しいのと入れ替えろよ」と思いながら戸棚を見たらストックがない。。。 便意はある、トイレットペーパーはない。 しかたがないので箱ティッシュを持ち込み、用を足す。 あれ、なんなんでしょうね。 拭いたあと、なぜかもう一度出てきそうなあの感じ。 出てきたいのなら出ればいい、ともう一度いきむ。 今度は拭いても「もよおし」はない模様。 スッキリしたのでレバーを回し、フタを閉じ・・・・ あれ??流れない?! 栄養分を吸い取られたであろう浮遊物体と、いつもより多めな水。 「あぁ。 やらかした」と思うと同時に、いつもと違う箱ティッシュが原因だとすぐにわかった。 気持ちよく寝ている家族を起こすのもしのびなく、かといって朝までこの状況を放置するわけにもいかず。 だって、目覚めてトイレに行ってこれじゃあビックリを通りこして気持ち悪さに怒りを覚えるでしょ? なんとかしなきゃ、なのである。 冒頭から変な話をしましたが、今回ここで取った行動と、この困った状況を打開した方法を包みなくお話したいと思います。 トイレのつまりで困った話 道具がない とりあえずスマホを手に取り調べまくる。 スッポン?ラバーカップを使う方法、お湯を流してみる方法、ブラシを突っ込む方法… いろんな方法が紹介されていたけど、 ラバーカップなんか置いてない。 お湯を流して流れなかったらあふれ出そう。。。 それに今すでに水が多めにはってある状態。 その分まで温めるとしたら、かなり熱いお湯を使うか、多めにお湯を注がないといけないことは容易に想像がついた。 熱湯だと陶器は割れるらしいので使えない。 原因はほぼ間違いなく箱ティッシュのつまり。 ブラシ突っ込んでみたけど届かない様子。 あとで洗わなきゃいけないものが増えた。 他にもいろんな方法があったけど、この状況でできそうにないものが多かった。 さて困った。 ペットボトルでラバーカップの代用品を作る的なのもあったけど、作る時点でうるさそう。 なにぶん、この時は夜中なのだ。 気持ちよく寝ている家族は起こしたくない。 それにゴム手袋をしても、この中に手を入れるのは気が引ける わがまま。 そこで無い知恵しぼって考えてみた。 スッポンラバーカップって、あのカップの部分の空気 または水 を送り込む・吸い込む、を繰り返して詰まりを取り除くんだ… で、便器見たらラバーカップひっくり返したみたいな形。 ん? 便器・・・密閉して空気送り込んだら…? いけるかもしれない。 眠たい頭にひらめきが下りてきた。 これをやったら解消した 使ったものはラップだけ ようするに、詰まっているところを押し出すか吸い出すかしてあげれば、別れを惜しむことなく流れてくれるんじゃないかと思い、押し出す方法を考えた。 多分この時の私の考えながら取っていた行動を家族が見ていたら、間違いなく病院に電話していたであろう。 トイレに向かって「かめはめ波」を放つような動きをしていた。 本人はいたって真面目に水を押し出す方法を考えていたんですけどっ 考えているうちに、今度は人工呼吸のような動きから密閉することを思いつき、便器にラップをかけてみた。 すき間のないように2~3重とラップをし、まるで便器が太鼓のようになった。 真ん中あたりを、やさしく押して手を放して、を4~5回やったら 「ゴポゴポ」っと空気と一緒に浮遊物が!! おぉ!? それから数回、真ん中あたりを押して、空気が出てこなくなったところでラップをはがし、祈るような気持ちで水を流すレバーを回してみた。 ジャーーーーッ、コプコプコプッ おぉぉぉぉぉ! いつもと同じように流れたトイレに、これほど感動を覚えたことはなく、思わずトイレでガッツポーズ! もう一度流すとスムーズに流れる。 さらば箱ティッシュ、いらっしゃい睡眠時間。。。 誰にも知られることなく夜中の悲劇は解消されたのだが、微妙な興奮と達成感で脳が活性化して、結局なかなか眠れなかったという話でした。 スポンサーリンク ラップの意外な使い方は他にもあった!.

次の