つわり 看護師。 つわりが辛い看護師の仕事との向き合い方

仕事中のつわりで休める?休む期間や診断書の有無について

つわり 看護師

つわりの定義 つわりとは妊娠初期におこる 軽度の吐き気や嘔吐などの消化器症状を主とした不快症状のことをいいます。 繰り返し嘔吐し経口摂取ができなくなり、 全身状態も悪化、日常生活に支障をきたす場合は悪阻とよばれ分類されています。 つわりは早い人で妊娠4週頃より感じはじめ、9週前後がピークとなり12週~16週頃には落ち着いてくることがほとんどです。 軽度のつわりは全妊婦の80%~90%は感じているといわれており、そのうち 重症悪阻になるのは1%~2%程度です。 つわりの原因 つわりの原因ははっきりとはわかっていませんが諸説あります。 Hcgの分泌 ひとつは Hcg ヒト絨毛性ゴナドトロピン の分泌によるものです。 Hcgは妊娠を持続させる黄体ホルモンを刺激して分泌を継続させる重要な働きをしていますが、同時に嘔吐中枢も刺激するのではないかといわれています。 Hcgは妊娠が成立するととともに分泌が上昇しますが9週~12週頃にピークを迎えます。 このピークとつわりのピークが重なることで原因ではないかと言われています。 女性ホルモンのバランスの変化など 他にも妊娠による女性ホルモンのバランスの変化や胎児を異物と認識し免疫機能が働いているのではないかという説、身体面、心理面の急な変化で自律神経が乱れているのではないかという説など色々原因と考えられているものがあります。 つわりの症状 一番多いものは吐き気や嘔吐などの消化器症状と匂いに敏感になる、嗜好の変化などです。 他にも眠い、だるい、唾液が増えるなどや吐きづわりとは反対に胃の中に食べ物を入れていないと吐き気をもよおす食べづわりもあります。 つわりの症状や程度は個人差が大きいのも特徴の一つです。 つわりの治療 つわりは一過性のものなので特に治療をおこなうことはなく日常生活で対処、経過観察されますが、以下のような場合は悪阻の可能性があり場合によっては入院する必要があります。 一日中嘔吐しており水分、食事を摂れない• 体重が4kg以上減少している• 尿量が減っている• ふらふらして日常生活に支障をきたしている• 尿検査でケトン体が陽性である つわりが強い妊婦へのケア アセスメントの視点• 悪阻の可能性はないか 体重、尿量、ケトン体の有無、見た目など• 本人の不快な症状がどの程度か• 食事や水分はどのように摂っているか、または摂れていないか• 精神的、身体的ダメージの程度• 家族の協力や理解の程度 つわりが強い妊婦へのケアの実際 つわりは誰もがおこるものとはいえ、日常生活に影響が出るほど強い場合は入院し治療が必要です。 そのため悪阻との判別をきちんとアセスメントし、入院が必要と判断した場合は医師に上申し診察、入院を依頼します。 また、入院まではいかなくても水分やビタミンの点滴、漢方で症状が軽快することもあります。 点滴や漢方による治療をおこなうのか日常生活の指導や精神的フォローのみでよいのかを判断する必要があります。 つわりは吐き気と嘔吐の症状が多いのでつわりがあるときの食事指導はとても大切です。 基本的には「食べられるものと食べられるときに食べられるだけ」というのが指導の基本です。 食べられないことや嘔吐による赤ちゃんへの影響はないことを伝えて安心させてあげることが大切です。 つわりがある時期は冷たいものやスープなどが食べやすい場合が多いです。 妊婦の症状に合わせて食事の摂り方をアドバイスするとよいでしょう。 また胃の中が空になると吐き気をもよおすことが多いので、小まめに少しずつ食べるのも効果的です。 嘔吐によって脱水になりやすいため水分の摂取の仕方も伝えます。 炭酸水が飲みやすいならそれでもいいですし、妊婦が飲めるもので水分摂取ができるとよいです。 水分が摂れない場合はスープや鍋物、水分の多い果物、野菜など食事で摂取することも可能です。 ポイントは 食べられないことや吐くことによる赤ちゃんへの影響はないことを伝えることと、なるべくたくさんのつわり対策の方法を伝えて妊婦が取捨選択できるようにするとよいでしょう。 つわりのときは体がだるく疲れやすくなります。 こまめに休憩を取ることをすすめます。 家事や兄弟の育児などは家族に協力を依頼するよう伝えます。 つわりの時期は無理をしないことが一番の対策です。 反対に体調のよいときは仕事や外に気分転換にいくことで気分が紛れる場合もあります。 体調をみながら気分転換をすすめるようにします。 気分転換の方法は妊婦に合わせて伝えます。 仕事、外食、友達や家族との会話、趣味、お風呂など何でもよいでしょう。 吐いた後の歯磨きも忘れないよう伝えます。 口の中に吐物が残っていると気持ちが悪いだけでなく虫歯の原因にもなるからです。 歯磨き粉が気持ち悪い場合はマウスウォッシュで口をゆすぐだけでもよいです。 衣服はゆったりした着心地のよいものにしてブラジャーで胃を圧迫しないようにします。 辛いつわりの間に心の支えがあるかどうかは大きなポイントです。 ご主人、家族、助産師、医師がそれぞれ理解して辛さを受け止めてあげることが大切です。 家族の理解や協力を促すことは、医療者ができる最も大切なケアの一つです。 家族が理解してくれない場合やつわりに誤解がある場合は、妊婦健診や助産師外来に家族とともに来院するよう促し家族への指導をおこないます。 また医療者自身も精神的なサポートをおこないます。 外来で辛そうにしている妊婦がいれば声をかけ別室で休ませる、健診の順番を早くするなどの配慮、つわりの辛い気持ちを受け止める、励ましなどをおこないます。 妊婦は分かってくれる人がいると思うだけでも頑張ることができるのです。

次の

つわりがしんどい助けて!いつまで続く?仕事を休んで病院へ行くべき?

つわり 看護師

1.妊娠初期の飛行機旅行 妊娠初期の飛行機旅行はあまりおすすめできません。 気圧の変化や離着陸の振動や衝撃で 体に負担がかかりますし、長時間同じ姿勢でいることで、足の静脈の血行が悪くなって血栓ができる エコノミー症候群を起こしやすくなるからです。 さらに、つわりのある場合は飛行機内では逃げ場がなく、座席から動くことができない間はそこで我慢をしなければなりません。 飛行機での移動は できれば安定期まで待つことをおすすめします。 どうしても妊娠初期に飛行機移動が必要なときは、チケット予約時から妊娠中であることを伝え、トイレに行きやすい通路側の席を予約するとラクですよ。 また飛行機に搭乗するときにも客室乗務員さんに妊娠中であることを伝えて、配慮してもらうようお願いしてみましょう。 飛行機搭乗中のつわりの乗り切り方 飛行機の場合は、新幹線や電車などと違い、離着陸時や気流が荒れている場合などシートベルトサインがでている間は席を立つことができません。 つわりで気持ちが悪くてもトイレなどに移動することができないのです。 口に入れておくと落ち着く好きなキャンディなどがあれば、事前に準備しておきましょう。 吐き気が抑えられない場合も考えられますので、エチケット袋、ティッシュ、タオルなどの準備も必要です。 機内食などの匂いにより吐き気がひどくなる場合は、 マスクを準備しておいて少しでも吐き気が軽くなるよう工夫してみましょう。 注意点 「乗り物酔いしやすいので酔い止めの薬は飲んでもいいですか?」という質問を受けますが、これは 絶対ダメです。 酔い止め薬は薬です。 特に 妊娠初期は赤ちゃんが薬の影響を受けやすい時期ですから絶対避けてくださいね。 その代わり手首に巻く、ツボ刺激で酔い止め効果がある酔い止めバンドなどを試してはいかがでしょうか? 飛行機搭乗で体調がどうなるのかは事前にはわかりません。 もし体調に異常を感じた場合にすぐ病院に駆けつけられるように、 到着地の病院や産婦人科の連絡先と場所を調べておきましょう。 また、妊娠経過を説明できるように 保険証と母子手帳は必ず持って出かけてくださいね。 飛行機で海外へ出かけなければならない場合は、必ず 海外旅行保険に入っておくようにしましょう。 海外では医療費は自己負担のためかなりの高額になります。 体調不良で病院へかかることも十分予想できるので、事前に海外旅行保険に加入しておけば安心です。 ただし、保険の種類によって妊娠中は加入できないものもあります。 事前に確認してくださいね。 また、搭乗中のエコノミー症候群の予防には、 手足を動かすことと、水分をこまめにとることが大切です。 つわりの苦しさを軽減する方法を紹介しているページはこちら 妊娠初期の新幹線移動は、指定席やグリーン席を確保するなど、 必ず座って休めるようにしましょう。 旅行中も調子が悪かったら休めるように、ゆったりとした日程を組んでくださいね。 「これくらい大丈夫」と重い荷物を持ってしまい後悔することのないように、行き帰りの荷物は事前に到着地に送るといいですよ。 新幹線乗車中のつわりの乗り切り方 新幹線は飛行機と違ってある程度自由に動けますので、 調子の悪いときはすぐにトイレに行けるのが良いところです。 予約時には、トイレ付き車両の、なるべくトイレに近い通路側座席を確保しましょう。 新幹線の中は飲食が自由なため匂いが気になる場合もあると思います。 ときどきデッキなどにでて気分転換するといいでしょう。 そのとき、揺れには注意して移動してくださいね。 注意点 新幹線を利用する際は、帰省ラッシュなど混雑する時期やラッシュアワーなどの時間帯を避けましょう。 新幹線に乗る前の在来線車内で、おなかをぶつけると大変です。 座れない可能性も高いので、無理をして思いがけない体調不良を起こす恐れがあります。 妊娠中は血栓症を起こしやすいので、新幹線乗車中もこまめに水分をとり、ときどき歩いてトイレに行くといいですね。 座っているときも手足を動かすように意識しましょう。 3.妊娠初期の乗用車・バスでの移動 乗用車やバスは、日常生活で利用することが多い乗り物ですね。 妊娠初期には、体に負担がかからないように必要最低限、短時間の利用を心がけてください。 バスはカーブで大きく揺れることがあるので、 安全のために必ず座席に座りましょう。 深夜高速バスでの移動については、長時間同じ姿勢で座り続け、振動もあり、体に負担がかかりますので避けた方が無難です。 乗用車・バスに乗車中のつわりの乗り切り方 乗用車やバスなどでは気分が悪くなったときは、いったん車外にでて気分転換する、窓を開けて外の空気を吸ってみるなどの対処をしてみましょう。 乗用車に乗せてもらって長時間の移動をしなければならない場合は、スケジュールをゆったりと取り、サービスエリアや休憩所などで休みながら移動するのがいいでしょう。 注意点 道路が渋滞しやすい時間帯や、帰省ラッシュや帰宅ラッシュなどの混みやすい時間帯での乗車は避けるようにしてくださいね。 妊婦さん自身が運転することについては、おすすめできません。 妊娠中は反射神経がにぶくなるので妊娠前と同じつもりで運転すると危険です。 眠気やだるさがあるときは、運転を控えましょう。 どうしても車の運転を避けられないときは、無理をせず長時間の運転は控えるようにしてください。 シートベルトは、おなかの赤ちゃんのためにもつけた方がよいでしょう。 おなかを圧迫しない位置でつけてくださいね。 4.乗り物での移動前の心がまえ 妊娠中の移動は、普通の状態とは違って何かと体に負担がかかるものです。 一番は無理をせずゆっくり休みながら移動することと覚えておいてくださいね。 また長時間の移動が予想される場合は、 事前に主治医に相談しアドバイスをもらっておくと安心です。 まとめ いかがでしたか?妊娠初期はまだ体が安定していないので、移動時のリスクがあります。 特に飛行機での移動は機内では思うように動けないので、 血栓症のリスクがありおすすめできません。 気圧の変化や離着陸の振動や衝撃もおなかの赤ちゃんに影響します。 新幹線では、水分をこまめにとり、ときどきトイレに歩いていくと血栓症予防になります。 座っているときも、意識して手足を動かしましょう。 乗用車・バスの利用も、妊娠初期には必要最低限にとどめてくださいね。 妊婦さん自身が運転するのは危険を伴うので、できれば避けてください。 やむを得ず妊娠初期での長時間の移動を計画している方は、必ず事前に主治医に相談し、アドバイスをもらっておくと心強いですよ。 また到着地の産婦人科を確認し、保険証と母子手帳を持って出かけるようにすれば、何かあったときでもすぐに対応できるため安心です。 つわりもある妊娠初期の移動はママにとって大変なこと。 くれぐれも無理をしないでくださいね。

次の

仕事中のつわりで休める?休む期間や診断書の有無について

つわり 看護師

それなのに、これみよがしに、夫が「病気じゃないんだから」とか、「気の持ちようだろ?」と言ってきたら…。 イラッとしてしまいますよね。 「薬を飲んで治る病気より、むしろつわりの方がつらいんだからね!」と叫びたくなってしまいます。 「気づかい&心配のかけらもない!」スルーする夫 突然吐き気に襲われて、トイレにダッシュ。 死ぬ思いで嘔吐したあと戻ってきたけれど、夫は何も言わずにテレビ&スマホに夢中…。 こんな、妻の大変さをすべてスルーし続ける夫も、「うざい!」と感じている女性が多いです。 「せめて『大丈夫?』くらい声を掛けられないものなの!?」• 「心配にならないの!?」 …そんな声もよく聞きます。 一言、「つらいね」、「大丈夫?」という言葉があるだけで、救われることもあるのですけれどね。 「ダイエットになるんじゃない?」デリカシーのない夫 吐きづわりがひどい人は、何を食べても戻してしまい、トイレにこもりきりになってしまうことも…。 そんなつらい状況にいる妻に対して、「いいじゃん。 ちょうどいいダイエットになるんじゃない?」という発言をする夫もいるのです。 本人はジョークのつもりだったのかもしれませんが、言われた女性にとっては「はあ!?」と怒りが爆発してしまう発言ですよね。 もともと体型についての軽口を交わす仲だったとしても、つわりに耐えている間は、言って欲しくない発言です…。 「つわりは吐くだけじゃない!」知識が全然ない夫 つわりは、何も「吐きづわり」だけではありません。 とにかく食べものを食べていなければ気持ちが悪くなってしまう「食べづわり」• よだれの分泌が盛んで、こまめに吐き出さなければいけない「よだれづわり」• とにかく異常に眠気に襲われ続ける「眠りづわり」 このように、「つわり」といっても、その種類や程度、期間は本当に妊婦1人1人によって異なるものなのです。 こうした知識は、女性でも知らない人がいるため、男性は知らない人が多いのでしょう。 眠りづわりで1日中ベッドに横になり、家事もできずにいる妻に対して、「おまえ、寝てばかりで何にもしてねえじゃん」とか、「いいよな、ずっと寝ていられて」という心ない言葉を掛けられてしまう女性も。 「つわりだから」と説明しても、「はあ?そんなつわりなんかないだろ」と一蹴するような夫もいます。 雑誌やネットで勉強してくれ…!と言いたくなってしまいますね。 自分が1番!自分勝手さが「うざい」夫 何だかんだで、「俺は俺が1番大事!」という夫も案外多いものです。 これまではそれでも良かったかもしれませんが、これから父親になるのだから…と思うと、「ありえない!」「うざい!」と夫に思ってしまうこともありますよね。 今までと変わらずたばこを吸う夫 妊娠がわかったあとも、部屋の中でたばこを吸うことを止めてくれない夫。 本当は禁煙をして欲しいくらいなのに…。 こんな悩み&イライラを抱えている女性もいます。 つわりが落ち着いたあとであれば、まだ「夫は妊娠していないわけだし、ガマンさせ続けることもかわいそうだから仕方ない」と思えるようにもなっていきますが、つわり中は別。 「こっちはつわりで食べるものも食べられないのに、あなたは楽しそうにお酒を飲んでばかり…!」と、ついイライラする気持ちが湧いてきてしまうものですよね。 せめて、つわり中は目のつくところで頻繁に飲むことは控えて欲しい…そう願う女性もいるのではないでしょうか。 「自分のごはんの心配しかしていない」夫 動けなくはないけれど、だるさを抱えた体で出先から帰宅中、夫の何気ない「今日、ごはんどうする?」。 こんな言葉に「イラッ!」を感じる女性も多いです。 「え、つわり中の妻に作れって言うの…?」と思ってしまうわけですね。 つわりでしんどい今はもちろん、そうでなくても、これからは父親になるのですから、「自分のことは自分でやって!」と言い聞かせたくなりますよね。 出産後のことも見越して、つわり中の今、「妻任せの夫」からの脱却を促したいものです。 「しんどい私のことは放置?」1人で遊びに行ってしまう夫 つわりで寝込んでいる妻を置いて、飲み会やお出かけに行ってばかりの夫を「うざい!」と感じる妻も多いです。 妊娠前から飲み会やプライベートのお出かけによく1人で行く夫だったとしても、「つわりでこんなにしんどがっている妻がいるのに!?」と思ってしまいますよね。 どんどん心身ともに変化が訪れる妻に対し、夫は自ら変えることがなければ、何も変わることがありません。 こういう夫は、「つわりでしんどいの…」という妻の言葉に対して、「俺だって仕事で疲れているんだ」とか、「俺もたくさん我慢しているんだからな」と、とにかく「俺」を強調するものです。 つわりがつらい時期に、そのような「俺が1番!」という夫を立てる余裕なんて、ないですよね。 「~してやるよ」にイライラ! 上から目線の夫 皿洗いや洗濯など、家事をしてくれることは助かるし嬉しいのだけれど、いちいち出てくる「感謝しろ」姿勢が「うざい!」というケースも。 ひどい場合は、「俺がしてやったんだからな!」と偉そうな態度を示す夫もいるのです。 感謝の姿勢を示していても、毎回「してやったんだからな!」と言われ続けると、精神的に参ってきてしまう女性も…。 家事はスマートに当たり前のごとく行なえるようになって欲しいです。 つわり期はホルモンバランスや情緒も不安定!少しでもリラックスを心がけよう 妊娠中は、ホルモンバランスや情緒が不安定になりがちです。 そこに、「つわりによる不調」が重なるため、つわりの時期はふだん以上にさまざまなことにイライラしたり、落ち込んだりしやすいものなのです。

次の