寝過ぎ 頭痛。 寝不足過ぎて頭痛が…そんなときの対処法は?

「寝過ぎ」は、かえって毒? 2つの頭痛を同時に引き起こす可能性

寝過ぎ 頭痛

寝すぎによる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛の2つが考えられます。 それぞれどのような症状で、なぜ起こるのかを確認していきましょう。 片頭痛 寝すぎによる片頭痛の症状 目の奥や頭の側面、ときには頭の全体に、脈を打つような強い痛みが現れます。 頭をえぐるよう、刺すようと表現されることもあります。 痛みは急に出てくることが多く、1日中続いているのではなく、治まったり、痛くなったりと繰り返し出てきます。 数分から数十分ほどの間、痛みが強くなり、1日に5回以上繰り返すことがあります。 薬を飲まなければ数時間から72時間にわたって、変動する痛みに悩まされます。 頭を左右に振ったり、おじぎをしたり、運動したりしたときなど、頭を動かす動作に伴って痛みも強くなるのが特徴です。 頭痛と同時に吐き気や嘔吐がある場合があります。 全体の2割程度の人に、頭痛を感じる前、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる、まぶしい光や視野を横切るギザギザした線が見えることがあります。 光や音、匂いなどに過敏になることも特徴です。 寝すぎによる片頭痛の原因 寝すぎると、睡眠中に優位になる副交感神経の働きが活発になり、頭蓋骨の中の血管が拡張します。 血管が広がると、血管の周りにある三叉(さんさ)神経が圧迫され、刺激を受けます。 この刺激が大脳に伝わり、痛みとして認識されることで片頭痛が起こります。 心臓の脈に合わせて周囲の神経に刺激が伝わるので、拍動に合わせてズキズキと痛みが生じてきます。 目を覚ますと、交感神経が優位になって、心臓の拍動が早まり、血管がさらに広がって三叉神経が刺激され、痛みが強くなります。 緊張型頭痛 寝すぎによる緊張型頭痛の症状 頭を締め付けるような鈍痛が起こります。 痛みは、後頭部の下の方から、次第に頭全体に広がっていき、時間をかけて強くなっていきます。 痛みの頻度はまちまちで、1日のうちに終わる痛みが月に10回以上起こる場合、1〜15日間痛みが続く場合、15日以上継続的に痛みが続いていく場合があります。 片頭痛とは異なり、頭を左右に振ったり、おじぎをしたり、運動したり、頭を動かす動作によって痛みが強くなることはありません。 また、吐き気を感じることはあっても、実際に吐くことがありません。 寝すぎによる緊張型頭痛の原因 寝すぎで緊張型頭痛が起きるのは、寝る姿勢が悪いため筋肉が緊張し、こめかみ辺りの筋肉である側頭筋、肩甲骨当たりの筋肉である僧帽筋(そうぼうきん)などがこわばって固くなってしまうことからです。 頭痛とともに肩こりを同時に感じる場合もあります。 精神的なストレスから、筋肉が緊張し緊張型頭痛を起こしてしまう場合もあります。 ストレスをためやすいのは、生真面目な人や律儀な人、不安や心配事を抱えている人だといわれています。 寝すぎによる頭痛の解消法 寝すぎに伴う頭痛が起きたときはどのように解消したらよいのでしょうか? 頭痛のタイプごとに解消法を確認していきます。 片頭痛 片頭痛は、脳内の広がった血管を収縮させると解消されます。 具体的には以下の3つです。 首の後ろを冷やし、両耳の後ろをもむ 首の真後ろのくぼんだところ「盆の窪(ぼんのくぼ)」と呼ばれるところを冷やすのが有効です。 冷却シートや冷えたタオル、氷嚢(ひょうのう)などを使うと良いでしょう。 盆の窪は揉むと片頭痛が悪化するので避けましょう。 両耳の真後ろの頭蓋骨と首の筋肉の境目を揉むと、痛みがやわらぎます。 薄暗く静かな涼しいところで休む 片頭痛の痛みが起きているときには、光や音などに過敏に反応しやすくなるので、明るいところや、騒音があるところは避けて、薄暗く静かなところでゆっくりと休みましょう。 さらに、片頭痛は、体温が高くなると痛みが悪化するため、外の気温が高いときは外出を控え、室内の涼しいところで過ごしてください。 起床後にカフェインを摂取する 片頭痛は脳内の血管が広がることが症状の原因となるため、血管を収縮させるカフェインを摂ると痛みが軽減します。 起床後にコーヒーや紅茶などを1杯飲みましょう。 緊張型頭痛 緊張型頭痛は、筋肉の緊張をほぐすような解消法が有効です。 寝る姿勢を変え、筋肉をほぐす 寝る姿勢を良くすると、緊張した筋肉がほぐれやすくなります。 枕を低くしたり、布団の歪みを直したりして、寝る環境を整えましょう。 また、マッサージや鍼灸を受けて血流を良くすると、筋肉の緊張がほぐれ、痛みがやわらぐことがあります。 運動を取り入れ、入浴で休息を 筋肉が緊張しているのをほぐすためには、適度な運動が効果的です。 ウォーキングやランニングなどを行うことで、筋肉の緊張がほぐれます。 さらに就寝の1時間ほど前までに、湯船に浸かって、筋肉をじんわりと温めると、こめかみや肩などの筋肉がほぐれて、緊張型頭痛が軽減されます。 解消法を試しても頭痛が改善されない場合や、病気の可能性がある場合は医療機関を受診してください。 日本頭痛学会認定専門医一覧 寝すぎてしまう原因 寝すぎてしまうのは、適切な睡眠時間が確保できていなかったり、睡眠の質が悪かったりするためかもしれません。 ここでは、寝すぎてしまう原因について解説します。 睡眠時間が不足している 平日の睡眠時間が不足していると、休日はなかなか起きられず、寝すぎてしまうことがあります。 寝だめは睡眠不足の解消になりません。 睡眠の質が悪い コーヒーやお茶に含まれるカフェインを摂りすぎたり、就寝前にスマートフォンを見てブルーライトを浴びたりすると、脳が覚醒したまま眠りに入ることになり、睡眠の質が下がります。 ほかにも、夜にコンビニエンスストアのように明るいところで光を浴びてしまうなど、入眠前に覚醒を司る交感神経が活発になるような行動をとると、入眠が妨げられ、深い眠りにつくことができなくなります。 このように、睡眠の質が下がると十分に疲労回復ができず、いつまでも眠気が続いて、寝すぎてしまいます。 また、カフェインの利尿作用によって、知らず知らずに睡眠中に脱水傾向になることで、身体に疲れや倦怠感を感じ、起きるのが辛くなって、寝すぎているという可能性があります。 過眠症状が出る病気 ロングスリーパーではないのに、頻繁に10時間以上も眠ってしまうことが続く場合、寝すぎは病気の症状かもしれません。 うつ病、糖尿病といった病気の可能性があります。 うつ病 非定型うつ病と呼ばれるタイプは、夕方や夜間にひどい倦怠感を感じ、過眠傾向に陥ります。 非定型うつ病とは、「気分の落ち込み」が2週間以上続き、以下の症状が2つ以上みられる場合のことを指します。 寝すぎによる頭痛を起こさないためには、ぐっすり眠り、スッキリと起床できる状態を保つことが大切です。 最適な睡眠時間をとったうえで、普段からできる睡眠の質を上げる方法を紹介します。 最適な睡眠時間とは? 最適な睡眠時間は人によって異なります。 ここでは、最適な睡眠時間を知る方法を紹介します。 起床して4時間後の眠気を確認 起床から4時間に眠気が残っているかどうかをチェックしてみてください。 頻繁にあくびが出たり、身体にだるさを感じたりしているようなら、まだ眠気があるという目安になります。 本来であれば、起床から4時間後は最も頭が冴えているはずの時間帯です。 眠気は「睡眠が不足しているので眠りなさい」というサイン。 ここで眠気があるようならば、睡眠時間が足りていない可能性があります。 自然に目覚める時間をチェックする 目覚まし時計をかけたり、人に起こしてもらったりせず、自然と目覚めるまで眠ります。 最初の1、2日はそれまでの睡眠不足の影響などで、目覚めは悪いかもしれませんが、3日目以降は、自分の本来必要としている睡眠を取れたタイミングで目が覚めます。 その時の睡眠時間が最適な睡眠時間の目安です。 夏休みなど決まった時間に起きなくてもよい、1週間を選んで調べてみましょう。 睡眠ログで、就寝時間と起床時間を記録する 「睡眠ログ(睡眠記録帳)」を活用して、自分の睡眠時間を客観的に目で見えるようにするのも良い方法でしょう。 起床時間と就寝時間を日々記録しておけば、睡眠時間を明らかにできます。 さらに、目覚めた時にどれくらいすっきりしたかの「目覚めの良さ」と「日中のパフォーマンス」も記録することで、どれくらいの睡眠時間の時に、自分が満足できる睡眠を取れたのかを振り返ることができます。 3日記録をとるだけでも睡眠の課題が発見できるでしょう。 目覚めの良さやパフォーマンスのよい日の睡眠時間が、自分に合った最適な睡眠時間といえます。 睡眠の質を上げる方法 運動を習慣にする 適度な運動は、血行を良くして、冷え性や肩こりを軽くし、疲労回復につながります。 1日に30分ほど、ウォーキングなどの軽い運動を習慣にすると良いでしょう。 運動が難しい時には、就寝の1時間前に軽い体操やストレッチをすると、筋肉がほぐれ、血行が良くなり、体温が上昇します。 いったん上がった体温が、徐々に下がってくるときに、眠気が訪れるので、スムーズな入眠と、深い睡眠を得やすくなります。 仮眠をとる 日中に眠気があるときには、午後の3時までに20分から30分ほど仮眠を取ることもよいでしょう。 夜の睡眠時間の不足を補いつつ、疲労の回復にもつながります。 夜はぬるめのお湯につかる 夜の入浴のときに、ぬるめのお湯に浸かりましょう。 熱いお湯に浸かると、睡眠前に身体が覚醒してしまいます。 理想的なお湯の温度は38度〜40度ほどです。 全身浴でも半身浴でも構いません。 体温をいったん緩やかに上げると、湯上がりには体温が徐々に下がっていき、入眠しやすくなります。 また、筋肉もほぐれて、疲れを軽減する効果もあります。 寝室を快適な環境にする カモミールやラベンダー、シダーウッドの香りをかぐと、気持ちが落ち着くのでスムーズな入眠に効果的です。 さらに、寝室を暗くすると、夜間に増えてくる睡眠ホルモン・メラトニンの分泌が促され、入眠しやすくなります。 快適な寝室の温度は16〜26度、湿度は50%前後といわれています。 布団の中は33度、湿度は55%を目安に調節すると快眠しやすくなります。 参照 『ハリソン内科学第5版』デニス・L・カスパーほか編 ,福井次矢ほか監修(メディカル・サイエンス・インターナショナル) 『カプラン臨床精神医学テキスト第3版』ベンジャミン・J・サドックなど編著 ,井上令一監修(メディカル・サイエンス・インターナショナル) 『家庭の医学』主婦の友.

次の

寝すぎる!病気との関係は?原因まとめ(うつ・過眠症・糖尿病)

寝過ぎ 頭痛

頭の片側に起こる• ズキンズキンと拍動性の痛み• がまんできない・仕事などに支障• 体を動かすと痛みが悪化• 頭痛が起こると吐き気• 光・音に敏感になる 1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまり、5と6のうち1つ以上が当てはまる場合は、片頭痛であると考えられます。 ただし、50歳以上で初めて片頭痛のような症状を経験した場合には、脳の病気などを疑い受診することがすすめられます。 上記のチェック表にある症状以外にも、 空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみといった予兆が起こるケースもあります。 また、片頭痛になった人の1~2割の人に、閃輝暗点(せんきあんてん)といった前兆が見られます。 閃輝暗点とは、視野の中央にギザギザした光が現れ、5~60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が生じます。 片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。 痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気といった頭痛に伴う症状のほか、月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛を引き起こす要因と考えられる出来事を自ら記録します。 1か月ほど記録していくと、しだいに片頭痛が起こるときの傾向が把握できるため、自分なりの予防策を立てやすくなります。 また、医療機関の受診時に持参すると、スムーズな診断や治療につながります。

次の

寝すぎで頭痛が起こる原因と対処法 [頭痛] All About

寝過ぎ 頭痛

ここでは寝過ぎと頭痛の関係について詳しく見ていきます。 寝過ぎと頭痛:2種類の頭痛 まずは「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の違いについて説明しましょう。 偏頭痛(片頭痛)は、こめかみ周辺の血管が拡張されることによって起こる頭痛です。 血管が広がると周囲の神経が圧迫され、それが刺激となって大脳に伝わり頭痛になるのです。 「ズキンズキン」と脈打つように痛むのが特徴です。 これに対し、緊張型頭痛は肩や首筋の筋肉が長時間緊張し、周辺の血管が締めつけられ、圧迫されることで起こるものです。 後頭部に痛みを感じます。 偏頭痛が血流の増加によって起こるのに対し、緊張型頭痛は血流が悪くなることにより起こるという違いがあります。 混合型頭痛:2つの頭痛が起こる理由 睡眠中は休息状態にあるので、緊張が解けて脳の血管は拡張します。 しかし寝すぎると脳の血管が広がり過ぎてしまい、周囲の神経を圧迫することになるのです。 これが寝すぎによる偏頭痛です。 また寝ている間には、肩や首の筋肉は寝返りを打つ程度でほとんど動いていません。 そのため、寝すぎると肩こりのような状態になって、周囲の血管が圧迫され緊張型頭痛が起こるのです。 寝すぎた日の頭痛は、以上の2つの頭痛が混ざり合って起こる「混合型頭痛」です。 偏頭痛が出ている時は、ひどい頭痛で何も手につかず、偏頭痛が治まってきても緊張型頭痛があり「頭がズーンと重い」という悲惨な状態です。 混合型頭痛の対処法 この2種類の頭痛を同時に治療することは難しいと言われます。 理由は、この2つの頭痛の対策には、相反する部分があるからです。 例えば偏頭痛の場合は冷やしたほうがいいのに対し、緊張型頭痛の場合は温めたほうがいいという違いがあります。 また偏頭痛は安静が一番であるのに対し、緊張型頭痛は軽いストレッチなどが効果的という点で異なります。 このため、一般的には先に緊張型頭痛を改善してから、偏頭痛の治療に入ることが多いようです。 緊張型頭痛の対処と予防 軽くストレッチや体操をすると、筋肉がほぐれて楽になります。 緊張型頭痛は肩こりや首の筋肉のこわばりによって起こるので、肩や首を回す、肩もみ、マッサージも効果があります。 緊張型頭痛を予防するには、睡眠不足を避けましょう。 を溜め込まないように、適度な息抜きも必要です。 食事は栄養の偏りがないように、バランスよく摂ります。 また、普段から運動をするように心がけます。 ウォーキング程度でいいので、定期的に行うようにしましょう。 生活改善だけでは難しい偏頭痛 緊張型頭痛と比較すると、偏頭痛は治りにくい頭痛です。 生活改善だけで改善しない場合は、治療が必要です。 医師と相談して自分に合った治療法を選択しましょう。 また人混みや光の眩しい時を避けましょう。 さらに誘因となる食べ物、チョコレートやワイン、チーズなど、人によって違いますから、自分の頭痛とつながりのある食べ物を見つけ、それを食べないようにしましょう。 いずれにせよ、普段の睡眠不足を週末などに一気に取り戻そうとしても、頭痛が起こってかえって苦しむことになりかねません。 日々の生活の中で、十分な睡眠をとれるように生活を見直したいところです。 執筆:南部 洋子(看護師) 監修:川口 佑(医師、新宿クリニック院長) image by:.

次の