イタチ 退治。 イタチ豆知識

イタチ退治

イタチ 退治

イタチは西日本を中心に生息。 特に大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取などの関西エリアは特に駆除依頼の多い地域です。 彼らはハクビシンなどと比べると 非常に獰猛で肉食性が強い動物です。 見た目は可愛らしいですが、むやみに手を出すのは禁物です。 ネズミやモグラなどの小動物、カニなどの甲殻類、昆虫、また時には池の鯉やニワトリなど自分よりも大きなものまで襲って食べることもあります。 そのため排泄物には動物の骨や殻が混じることもあり、ハクビシン等の糞よりもにおいが強い傾向にあります。 ただ肉食のみというわけでもないので、農作物を荒らすという被害も報告されています。 イタチのオスとメスの違い イタチはオスとメスで体の大きさに明確な違いがあり、オスはメスの1. 5~2倍ほど大きくなります。 またニホンイタチもチョウセンイタチもメスは共に非狩猟獣のため捕獲は禁止されています。 毛色はオスもメスも同色。 全体的に山吹色のような鮮やかな黄色で顔は茶色をしています。 イタチの種類 チョウセンイタチは1930~1950年頃に日本に入ってきたと言われています。 船の積み荷と混じって朝鮮半島から持ち込まれた説や、毛皮業者が養殖のために持ち込んだイタチが逃げて野生化した説などがあります。 ニホンイタチとチョウセンイタチでは、チョウセンイタチの方が優勢のためニホンイタチを山間部に追いやっています。 『鼬 いたち の最後っ屁』ということわざがあるように、イタチは追いつめられた際に肛門付近の臭腺から悪臭を放ち、敵が怯んでいるうちに逃げます。 対馬に生息するツシマテンは国の天然記念物であり非狩猟獣。 北海道に生息するクロテンも非狩猟獣です。 2010年佐渡市の佐渡トキ保護センターで飼育中のトキ9羽が死んだニュースがありました。 その後の調査の結果、襲ったのはテンだったという衝撃の事実が判明し、テレビでも連日この話題が報道されていました。 このニュースからも見て取れるように、見た目の可愛らしさとは裏腹にテンは肉食であり、時に 自分よりも体の大きな動物も襲うこともあるのです。 テンとイタチの違い 通常は単独で生活しますが、出産のために木造家屋の天井裏に侵入するケースもあります。 オスとメスで体の大きさが違い、オスの方がメスよりも大きい。 一度に複数匹出産します。 またテンの毛皮はミンクなどと同様に高級品としても知られています。 イタチとは違い、毛色は夏と冬で色が変わるという特殊な種類です。 夏はやや黒ずんだ黄褐色で顔は黒、冬は明るい黄褐色ないし黄色で顔は白となります。 毛色により呼称が2種類あり、黄色い個体をキテン、くすんでいる個体をスステンとも呼びます。 関西地方はスステンが多い傾向にあります。 テンは何を食べる? テンの食性は雑食。 ネズミやリスなどの小動物や鳥類、爬虫類、両生類、昆虫類など何でも食べます。 植物質のものは果実を好みます。 秋には糞の中にマタタビやサルナシの種が混ざることが多くなります。 そのため農作物が荒らされたり、池の鯉が食べられる、飼育しているニワトリが襲われるなどの被害も報告されています。 テンの言い伝え 余談になりますが、テン 貂 は昔からあまり良くないイメージの伝承も数多く残っており、 「テンが目の前を横切ると縁起が悪い 石川県、秋田県 」「テンは雪崩による死者が化けたもの 福島県 」「テンは殺すと火難に遭う 広島県 」という言い伝えがあります。 その画図の中では、絡み合ったテンが家のそばに現れると、その家は火災に遭うと恐れられていたそうです。 どうやらテンは昔から恐れられていたようですね。 イタチ・テンによる主な被害 イタチは本来平野部から低山にかけて、テンは低山から亜高山 標高500~1500m にかけて生息し、沢や水田、池沼などで見かけることの多い動物でした。 しかし近年では住宅街に姿を現すことも多く、木登りも得意な為民家へ侵入し棲みつくケースが増えてきています。 見た目は可愛らしい動物ですが、彼らにより「農作物を荒らされた」「池の鯉が食べられた」「飼育しているニワトリが襲われた」などの被害も報告されています。 その中でも、民家の天井裏や床下に侵入されたケースの被害についてご説明します。 出産・営巣 テンの赤ちゃん イタチに荒らされた屋根裏の断熱材 イタチやテンは建物に侵入すると、基本的に住みついてしまいます。 出たり入ったりを繰り返しますが、 自然に出て行くことはありません。 ふかふかのマットのようなものなので、巣にされやすいグラスウールという素材が多く採用されています。 この素材を巣にすることが多く、この上で出産することも頻繁に見受けられます。 夜になると天井や壁の中でガタガタコトコト…。 ひどい時はドタバタと…。 毎晩この音のせいで 不眠症やノイローゼになる依頼者も多くいらっしゃいます。 出産時には幼獣の鳴き声がすることもあります。 被害が進行すると天井が抜け落ちることもあります。 イタチやテンは肉食性が強い傾向にあるので、果実を中心に食べるハクビシンなどと比べると、糞の臭いも強く、イタチやテン独特の獣臭と排泄物の悪臭による 健康被害に繋がる可能性もあります。 この臭いがまた新たに 別の動物を寄せ付ける原因にもなりますので、消臭作業が必要です。 ダニ・ノミ被害 野生動物には必ずと言っていいほどダニやノミが寄生しています。 吸血性のダニやノミが彼らに寄生すると、巣や天井裏にも潜みます。 そのダニやノミが室内にまで降りてくると人間も刺し、特に肌の柔らかい、女性や赤ちゃんが刺されやすいといわれています。 ノミは膝から下を中心に刺され、ダニはお腹や二の腕など体の柔らかい箇所を刺されることが多く、刺されると1週間以上激しい痒みに襲われます。 またダニの死骸はアレルゲンとなり、 アトピーや喘息 ぜんそく の原因にもなるので注意が必要です。 菌の媒介 野生動物はさまざまな菌を媒介します。 食中毒の原因となるサルモネラ菌やレプトスピラ菌、ペストなど数多くの菌や病気を媒介するのです。 菌は目には見えませんし、健康被害も懸念されます。 イタチやテン自体の駆除のみならず、きちんとした消毒作業が必要です。

次の

イタチの生態・被害

イタチ 退治

ニホンイタチ 昭和の人気アニメ「ガンバの冒険」で、主人公のネズミたちが恐ろしいイタチへと挑む模様が描かれているように、イタチはネズミの天敵であり、もともとはネズミ駆除などのために導入された益獣でした。 今や国内のほぼ全域に分布するイタチは主に平野部に生息し、土穴などを巣としていますが、家屋に侵入したり農作物を荒らしたりすることから、害獣として被害が報告されています。 日本で被害をもたらすイタチは、主に在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。 両種とも似ており、見た目は可愛らしい中型動物ですが、肉食系の雑食。 木登りや泳ぎも得意で、本来は夜行性でありながら都市部では昼夜ともに活動しています。 ニワトリ、絶滅危惧種までも襲われる!? チョウセンイタチ イタチは、ネズミやカエル、鳥類などを好む肉食系の雑食であるため、家畜のニワトリへの被害も深刻。 小屋の中のニワトリにも襲いかかって捕食します。 また、果実類なども好物で、果樹園の農地などへの被害も見られます。 作物や家畜への食害のみならず、建物の屋根裏や床下に住みついたイタチのおしっこやフンによる悪臭といった二次的被害も深刻です。 生態系を脅かす危険も見逃せません。 イタチは明るく光るものを嫌います。 そこで、点滅ランプ(クリスマスツリーの飾りなどで発熱しないもの)の設置などで威嚇する方法が低コストで効果的です。 追い払った後も戻ってくる可能性があるため、侵入口になりそうな場所を金網などで塞ぎ、イタチをシャットアウトしましょう。 なお、捕獲器を使ってイタチを捕獲する場合は、捕獲許可の手続きが必要ですので、ご注意ください。 可愛らしいルックスとは裏腹にその凶暴な性格から、「かまいたち」「イタチごっこ」など、昔からあまりよくないイメージの言葉にもその名が登場するイタチ。 手塩にかけて育てた農作物や家畜をイタチから守るには、弱点をついた十分な対策が必要です。 対策の際は、「イタチの最後っ屁」をくらわぬようご注意ください。 次回も農家にとっての憎らしい天敵、意外な害獣をご紹介します。 参考 上記の情報は2018年9月18日現在のものです。

次の

いたちの駆除

イタチ 退治

学習能力の高いイタチの駆除を行う場合は、中途半端では意味がありません。 一度警戒されてしまうと、イタチ駆除専門の業者が駆除を行ったとしても、駆除の難易度が上がり、余計に費用や時間がかかってしまうケースがあります。 建物内に一度イタチが侵入してしまうと、繁殖を繰り返したり、毎年やってくる傾向も見受けられます。 また、業者へ依頼する場合は全て業者がやってくれますが、イタチなどの害獣を駆除する場合は、地域によって各自治体への捕獲許可申請や狩猟免許等が必要になりますので、十分に注意して行わなければなりません。 イタチ駆除は、ご自身での対策も十分効果がある場合もありますが、駆除の困難性、捕獲申請、追い出し後の巣の撤去、消毒などのことを考えると、専門業者へ依頼することが得策かと思われます。 イタチの駆除方法 イタチ駆除は「捕獲」か「追い出し」に分かれます。 この場合、敷地の所有者の許可があり、捕獲期間内であれば、狩猟免許がない場合でも罠を設置することが出来ます。 捕獲ゲージはイタチがいそうな場所(天井裏で音がするのであれば天井裏)や通り道となる場所などに設置をします。 1匹捕まえても、繁殖している場合もありますので再度仕掛けておきます。 イタチの捕獲は「鳥獣保護法」「狩猟法」に従って適切に行う必要があります。 イタチが侵入してきている場所が分かっている場合は、侵入口となっている場所から遠い場所に、侵入口が不明の場合は、巣がある場所や天井裏であれば中央部分に設置します。 また一度侵入されたことがある場合や、追い出しに成功した場合は、侵入口となるような場所に忌避剤を設置します。 屋外で忌避剤を使用する際は、固形のものにするとより効果があります。 (スプレー・煙霧剤などは屋外の場合、風等により効果があらわれにくい) 忌避剤はイタチの追い出しに成功した後も、何度か使用するとイタチが学習し、侵入しにくくなります。 ホームセンター等で専用の忌避装置を購入することが出来ます。 それ以外にもクリスマスのイルミネーションに使用する強い光が点滅するものでも効果があります。 また、光が当たる場所に使わなくなったCDやホログラムシート(100均でも販売されています)をぶら下げておくと光が乱反射し、効果が高まります。 捕獲・追い出し後は二次被害対策を! 「捕獲」や「追い出し」を行った後は、フンや巣の撤去・清掃・消毒・補修・侵入口封鎖をします。 いくらイタチを駆除しても、駆除後に上記のようなことをしないと悪臭の原因や再侵入など二次被害が発生する恐れがあります。 フン・巣の撤去、清掃 イタチは一定の場所にまとまった排泄物を残します。 人間で言うトイレです。 駆除後には必ず清掃を行わなければ、悪臭が漂い、害虫が湧いたりする原因にもなります。 また縄張り意識の強いイタチは、排泄物が残っていると縄張りだと認識し、再侵入の恐れもあります。 清掃を行う際にはマスク・手袋等を着用して行うようにしましょう。 清掃後は、断熱材の交換が必要な場合(イタチは断熱材を巣にしていることが多い)は、交換を行います。 消毒 イタチ駆除後、排泄物や巣の撤去を行い、清掃を行ってもイタチ自身や排泄物のニオイは残ります。 また多くの雑菌や寄生虫がついているため、空間全体を雑菌消毒・消臭します。 専門の業者では、高性能な噴霧器等ですみずみまで消毒・消臭を行ってくれるので安心です。 補修 イタチの排泄物によって天井や壁にシミが出来ている場合があります。 さらに侵入する際に屋根や壁などを壊されていることもあります。 シミがある部分の張り替えや、壊された箇所の補修を行います。 侵入口封鎖 侵入口を封鎖しなければ、再侵入される恐れがあります。 封鎖する材料としては、通気を確保する意味も含め、目の細かい金属製のネットや網などが好ましいでしょう。 イタチ関連リンク ・・・・・ - , , ,.

次の