お腹 に ガス が 溜まる 理由。 お腹が張る・ガスが溜まる原因とは?どんな人がなりやすいの?

おならの原因は便秘だけじゃない!お腹にガスが溜まる理由と対策

お腹 に ガス が 溜まる 理由

お腹にガスが溜まる原因• 腸に悪玉菌が多くなっている• 腸の動き 蠕動運動 が悪い• 腸下垂や陽がねじれて変形している• 消化不早を起こしている お腹が張る原因は、ガスの他にも何らかの病気が原因の場合があるので注意が必要です。 例えば、大腸がんはお腹の張りや血便などの症状がありますし、十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胆石などもお腹が張るという症状もあります。 お腹の張り以外に下腹部痛などの他の症状がみられる場合は早急に受診しましょう。 ガスでお腹が張った時の解消法• ゆっくりよく噛んで食べるようにすると、口から飲み込む空気が少なくなります。 食物繊維をしっかり摂って便通をよくしましょう。 適度な運動をして腸を刺激しましょう。 食べ過ぎや偏食をしないように。 半身浴や腰湯などでお腹をあたためましょう。 最近では、ガス溜りに効果がある市販薬があります。 薬剤師に相談してみて下さい。 それでも改善しないときは、何か他の病気がかくれている可能性もあるので、内科を受診しましょう。

次の

お腹にガスがすぐたまる理由は 苦しい人のガス解消対策!

お腹 に ガス が 溜まる 理由

おなら(ガス)が出る原因 どうして便秘でおならが出るの?って思いませんか? お腹にガスが溜まっているのはわかりますが、でもどうしてガスが溜まるのでしょうか? どうやっておならは作られるのでしょう? まず私たちは食事を摂ります。 この時に 食べた食物は空気と共に胃から腸に送られます。 この時の空気はゲップとして口から出る分とおならになるものにわかれます。 おならは本来ほとんど臭いがないのですが、便秘になって腸内環境が悪化していたり、肉や乳製品などの動物性タンパク質を多く摂る過ぎると、硫化水素やアンモニアといった成分を含んだガスが臭いおならになります。 ですがここで誤解をしてほしくないのですが、 食べ過ぎがいけないということです。 バランスがとても大切なのです。 その理由は前にも述べましたが、私たちは 食事の時には必ず空気も一緒に飲み込みますのでおならは出るものと考えてください。 おならの量は100ml~2,500mlと言われていますが個人差がありますので、多めに出る方もいれば少ない方もいるのです。 ですからおならが出たからと言ってすぐに腸内環境が悪くなっているとか、 になっているわけではありません。 ゲップも同じで胃の中の空気を外に出して胃の負担を少なくしていますので、おなら同様に必要な生理現象なのです。 おならの量が多い方の注意点 おならの量は個人差があるのですがたくさん出る方は困ってしまう時もあるかと思います。 特に便秘の時はおならが出やすくなりますので便秘の改善はとても有効です。 腸内環境が良くなりますとガスの発生も抑えられるでしょう。 ですが便秘でなくてもおならがたくさん出る方もいます。 おならが出そうなときに我慢するのは良くありません。 我慢することで になったり、 させたりしますので、なるべく早く外に出してしまいましょう。 ではどうしたらおならの量を減らすことができるのでしょうか? 食事はよく噛んでいただきましょう 早飯の大食いとまでいかないまでも食事の時間がとても短い方もいますが、これは決してよくありません。 早く食べることは空気も多く飲み込むのでおならやゲップの原因になります。 また、 よく噛まないと胃腸に負担をかけることになり便秘にも良いとは言えませんので、食べたものは細かくよく噛んで、十分な唾液と混ぜてから飲み込むようにしましょう。 一口30回は噛む習慣をつけましょう。 噛むという動きは歯や顎、筋肉を使うので、それぞれに効果的ですし、脳が刺激されて働きが活発になったりガンや老化の防止にも良いと言われています。 ですから、ものを噛むことはとても大切で私たちの体だけでなく精神的にも良い影響があることを覚えておいてください。 呑気症( 空気嚥下症)かもしれません 呑気症(どんきしょう)は 空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも言われています。 症状としては大量の空気を唾といっしょに飲み込んでしまうことで、その空気がゲップやおならとなって出てきます。 他の症状ではお腹の上の方に痛みを感じたりすることがあります。 原因は 緊張や不安などがストレスとなったり、うつ状態になり精神的に不安定になることによるものです。 治療はストレスの緩和と食生活の改善、そして薬の服用になりますが、お医者さまの指示に従って治療しましょう。 ですが は便秘改善、防止にも有効ですので積極的に実行しましょう。 まとめ お腹にガスが溜まったり、おまらが出る原因はさまざまです。 おならそのものがいけないわけではありません。 むしろお腹にガスが溜まっていても、出ないことの方が問題です。 ガスを外へ出すことで、体への負担や影響を防いでくれていると思えば許せませんか? おならの量が多くてどうしても気になるようでしたら、まずは 食べるもの、食べ方、そして量に注意してください。 あと ストレスも溜め込まないようにすることはとても大切です。 それでも良くならないようでしたら病院で相談されることをおすすめします。

次の

お腹にガスがたまるのを簡単に解消する効果的な方法と生活習慣

お腹 に ガス が 溜まる 理由

慢性的症状の場合は 運動・生活習慣改善を お腹にガスがたまって苦しいという方からのご相談ですが、この方のように、お腹にガスがたまってしまっている状態を、医学的には「鼓腸(こちょう)」と言います。 原因には色々とありますが、たとえば、今までなんともなかったのに、最近急にガスがたまるようになってしまい、痛みもあるような急性的な症状の場合、腸閉塞などの根本的な治療が必要な病気である可能性も考えられます。 腸の内部が、たとえば大腸がんなどにより物理的に詰まってしまうと、空気も含めた排泄物が通過できなくなってしまうので、お腹が張ってしまうのです。 ですがあなたの場合、数年前から症状が続いていて、血便や下痢などもないようですので、そういった重篤な病気とは考えにくいです。 あなたのように慢性的な症状の場合、体質によるものの可能性が高いと思われます。 腸内の気体は、食事で食べ物を飲み込む際に、空気も一緒に飲み込んでしまい、それが腸内にたまってしまうというものと、食べたものが腸内で醗酵をし、ガスが産生され、たまってしまうという2つの原因があります。 慌てて食事をすると空気が入りやすくなりますので、よく噛んで、ゆっくり食べるよう心がけてください。 また、線維成分が多い食べ物や、豆類、乳製品などはガスを産生しやすいといわれています。 なるべく消化のよいものを選んで食べるようにしてみてください。 腸内にガスをためないようにするには、運動も効果的です。 なるべくガスをお腹にためないような体質改善、そして生活習慣の改善を行なうことが大切です。 それでも改善せず、症状が酷いようならば、たまったガスを取り除く薬もあります。 消化器内科を受診すれば処方してもらえますし、一般の薬店でも購入できます。 効果には個人差があるかと思いますが、一度試してみてはいかがでしょうか。 この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

次の