人の島に行く マイル。 JALマイルでハワイ旅行が格安に!家族でビジネスクラスの特典航空券をゲット、ハワイまでの必要マイル数は?

JAL特典航空券で行くイースター島・ウユニ塩湖・マチュピチュ南米3大人気スポット周遊格安ルート ~ 子連れ旅ブロガーmariのオハヨーツーリズム

人の島に行く マイル

JALマイルでハワイに家族旅行に行くことは僕の最大の目標だった。 ハワイまでの必要マイル数は1人あたり80,000マイル、 家族3人で24万マイルが必要になる。 陸マイラーになる前は「 ビジネスクラスで家族旅行」なんてお金持ちだけに許された旅行だと思っていた。 ハワイまでの必要JALマイル数は それから数か月、僕は陸マイラーになった時に掲げた夢「家族旅行でハワイにビジネスクラスで行く」を今まさに踏み出そうとしている。 世界屈指のビーチリゾート、オアフ島ワイキキにJALマイルを使って行くのだ。 先日、JALのマイルを使い ハワイ行き往復のビジネスクラスの特典航空券を発券した。 その為、JALの曜日限定特典というマイル数が大幅にお得になるキャンペーンを利用して発券へとこぎつけた。 ありふれた家族が陸マイラーになって ハワイ旅行への夢に向かって歩き出す、そんな過程を書き留めてみよう。 ハワイにJALマイルでビジネスクラスで家族旅行をする夢 JALマイルを貯めて家族でホノルルに行きたい。 僕はずっとそんな風に思っていた。 JALに限らず僕がマイルを特典航空券に交換する時のハードルは2つ、特典航空券の空席状況と保有マイル残高の問題だ。 特典航空券の空席状況は常に変動するので共働きの我が家はお互いのスケジュールを常に調整し続ける必要がある。 悲しいかな平凡なサラリーマン家庭の為、そんなに2人の予定が合うこともない。 ワイキキの泊まりたいホテルも決まっているのに難しいところだ。 そしてもうひとつ、ハワイへの家族旅行で僕と嫁さんと娘の3人分の特典航空券をビジネスクラスで予約しようとすると膨大なJALマイルが必要になる。 家族3人で必要なマイル数はなんと24万マイルだ。 そこで今回はJALの特典航空券・曜日限定特典をフル活用することになった。 僕の陸マイラー活動のひとつの区切りとなる 「ビジネスクラスでハワイに家族旅行」について語りたい。 僕が陸マイラーになった時に立てた目標や実感を綴った記事はを読んでほしい。 今まで100記事以上書いてきたけど、未だに自分で読み返しても一番好きな記事だ。 ハワイまでの必要JALマイル数、ビジネスクラスは1人8万マイル ビジネスクラスのハワイ往復特典航空券を取るのに、必要なJALマイル数は8万マイルになる。 僕のように家族旅行でビジネスクラスに乗りたい場合は、家族の人数分のマイル数が必要となる。 つまり合計24万マイルが必要になるのだ。 ちなみに、このマイル数をクレジットカードの決済だけで貯めようとするとざっくり2,400万円の利用が必要になる。 平均的なサラリーマンには無理な話だろう。 JALマイルでハワイ旅行、ビジネスクラスの特典航空券 なぜ僕はJALマイルでハワイ旅行にこだわるのか?それもビジネスクラスの特典航空券にこだわっているのかを話そう。 僕が初めて海外旅行に出かけたのは確か18歳の時だ。 成田空港の夜発の飛行機の中を今でも鮮明に覚えている。 サーフィンを始めたばかりの僕は男友達2人と一緒にエコノミーに搭乗した。 隣のカップルがワインを頼む姿を「すげー、ワイン頼めるんだ」と思いながら眺めていた。 当時は1ドル80円台という円高の時代、HISの格安セールで10万円くらいのツアーだった。 今でも10万円は大金だけど、その時の僕には50万円くらいの価値があったんだと思う。 10代の頃に男友達3人で行ったハワイは見るもの触れるものが全て新鮮で何をしても楽しかった。 マクドナルドではハンバーガーの大きさに驚愕し、海では日本で乗ったことがない素晴らしい波に乗った。 初めて海外でレンタカーに乗ったし、「マリファナ、ハッパ…」と言いながら歩く「宇治田みのる」みたいなおじさんに騙されたりしたのもいい思い出だ。 とにかくハワイは全てがキラキラしていたし 「旅慣れた人が最後に選択するのがハワイ」という文言を知って、僕は深く頷いていた。 (初めての海外旅行のくせに) ハワイ好きの人が10人集まれば10通りのハワイがあると思うけど、僕にとってのハワイは今でも青春の1ページと重なるディスティネーションなのだろう。 大人になった今、当時とは違った形でハワイに行きたい。 その為にも ビジネスクラスの特典航空券で行きたいと感じていた。 格安のハワイ旅行は夫婦でも違った「目的」 結婚当初に格安のハワイ旅行(ツアー)に出かけた時に気づいたことがある。 僕と嫁さんの違ったハワイ観についてだ。 学生時代にフラダンスサークルに所属していたらしく 、ハワイには「美」と「安らぎ」を感じるらしい。 そんな2人が結婚してから旅行先にハワイを選ぶのは必然だったのだけれど価値観の刷り合わせは困難だった。 結婚してから2度目の新婚旅行と称してハワイ旅行に行ったけど、僕は嫁さんと楽しみ方が全然違うことに驚いた。 嫁さんのハワイの楽しみ方は 「エステと買い物、時々アサイーボール」みたいな感じで僕が好きな波乗りとか大自然みたいなのにはあまり興味がないらしい。 あまりに目的が違うので一日別行動しようという話になって、僕はレンタカーでノースショアへ1人で行ったりした。 僕が大好きなマツモトシェイブアイスやガーリックシュリンプは嫁さんにとっては「アウト・オブ・眼中」だったみたいだ。 それでもハワイ旅行は僕達にとっては貴重な思い出だ。 子供がまだ生まれて無かった頃にお互いに自由行動も交えながら楽しんだ。 いつかまた行きたいね、今度は子連れで…なんて話していた。 JALビジネスクラスの特典航空券の為の「ハワイへの共同作業」 僕と嫁さんが陸マイラー活動をする時に話し合ったことがある。 僕達はこれからなんの為にクレジットカードを何枚も作るのか?そしてなんの為に保険屋の営業に会うのか?それを明確にするために真剣に話し合った。 そして僕達の陸マイラーとしての目標はこう決まったのだ。 「ビジネスクラスでハワイに家族旅行に行くこと」 それから僕達は仕事や子育ての合間をぬって、マイルを貯めるようになった。 僕がブログを書いたり、FXなどの難しい案件をこなす。 嫁さんは案件をそこそここなして、メルカリでハピ友を増やす。 ポイントの計算や移行などの複雑な作業は僕の担当だった。 嫁さんはメルカリと並行して、自分の勤め先の社員割引での買い物を知り合いに頼まれてJALカードで支払ったりした。 これは嫁さんの会社では認められている制度だけど、一ヶ月の注文代行の金額がJALカードの限度額を超えた時は少し心配になった。 この数か月間、僕らはもしかしたら結婚式のケーキ入刀以来の共同作業をして来たのかもしれない。 陸マイラーとしての僕と嫁さんの共同作業はハピ友を増やすことに繋がった。 その時の記事はを読んでほしい。 スポンサーリンク 家族の夢「JALマイルでハワイ旅行」を叶えるのは今 そんな僕達は順調にJALマイルを貯めて来た。 すこしずつワイキキに、世界屈指のビーチリゾートに近づいて行った。 ブログ仲間は次から次へとお得な情報をUPしてくれる。 有益な情報を基にしてJGC修行に取り組み、JALの上級会員の資格も取ることができた。 そしてありがたいことに僕を暖かく見守ってくれる、ブログの師匠もできた。 このブログのPV数はまだ大したことないけど、なんとなくブログっぽい体裁ができて楽しくなって来た。 そんなある日、嫁さんが僕にこう言った。 嫁さん「ねえねえ、今年の旅行どうするの ?」 この言葉は僕に大事なことを思い出させた。 そうだ、僕はなんの為に陸マイラーになったのだろう? ビジネスクラスに乗って家族でハワイに行く為だったはずだ!ブログもJGC修行も本来は全てその為に始めたんじゃなかったのだろうか…。 そう思い出して我に返った僕はマイル残高と特典航空券の空席を慌てて調べることにした。 あの時、嫁さんと見据えた家族の夢を叶えるのは今しかない!そんな風に思えたからだ。 陸マイラーとして飛行機に乗らずにJALマイルを貯める方法はを読んでほしい。 スポンサーリンク JALマイルが「いざハワイ旅行へ!」と言うときに足りなかった… 日本航空の公式サイトでJALマイルの残高を確認するとなんと18万マイルしかない。 ハワイ行きビジネスクラスの特典航空券の必要マイル数はひとり8万マイルと記憶していた。 僕は十分なJALマイルを稼いでいたが1人旅でアップグレードしたり、友人のオカちゃんとの上海旅行でビジネスクラスに乗ったりしたツケをここで払うことになった。 そんな目も当てられない状況を素直に嫁さんに話すと、嫁さんは凹む僕を見て 「別にエコノミークラスでいいよ」と言ってくる。 僕「違う、違うんだ。 それじゃあ家族の夢を叶える事にならない…」 僕の失態で家族の夢を叶えることが出来ないなんて…一家の大黒柱として失格だ。 僕はそう思いながら途方に暮れていた。 ちなみに嫁さんは、なんでそんなにビジネスクラスにこだわるんだろう?という顔をしていた。 アップグレードしたり、オカちゃんと上海に行ったりしてJALマイルを使ってしまった話は下記のリンクをクリックして読んでほしい。 ちなみには当ブログ唯一の連載ストーリーだ。 JALマイルの「曜日限定特典」でハワイ往復のビジネスクラス特典航空券を予約 その時、僕はJALのあるキャンペーンの存在に気づいた。 特定の曜日ならば必要マイル数が軽減されるという「JAL特典航空券 曜日限定特典」というキャンペーンだ。 それはまるで袋小路に迷い込んだ僕にJALの女神が手を差し伸べてくれたように思えた。 その内容は 曜日限定の条件を満たせば、ハワイ行往復のビジネスクラス特典航空券の必要マイル数は1人当たり6万マイルで良いと言う。 なんと3人分で18万マイルあればビジネスクラスが発見できる。 これなら行ける!ハワイに家族3人がビジネスクラスに行けるではないか!? 僕は嬉しさで叫びたくなる気持ちを抑えながら、懸命に僕と嫁さんの休暇に合う空席を探した。 スケジュールは第3候補まで用意していたが、2人分しか空いてなかったり曜日限定特典の空席がなかったりした。 もはやここまでかと思った僕に嫁さんが合いの手を入れてくれた。 嫁さんは密かにスケジュールの第4候補を用意していたのだ。 嫁さん「夜便だったらこの日でも大丈夫だよ」 「持つべきものは女房」ということわざがある。 調べてみると苦労や感動を分かち合える妻のありがたさを表現しているという。 僕が必死に子守りや家事をしていても普段は厳しい嫁さんだと思っていたが、どうやら僕は素晴らしい嫁さんをもらっていたようだ。 できる嫁さんの機転のおかげで曜日限定特典を利用して JALのハワイ行き往復のビジネスクラスの特典航空券を発券することができた。 記念にスクリーンショットを残しておこう。 こうして僕が陸マイラーになった時に定めた目標、 ビジネスクラスでハワイに家族旅行は動き出した。 少し長めに日程を取ったので、まだ行ったことのないマウイ島まで足を延ばしてみようか?ホテルはどこにしよう?などと家族で旅程に思いを馳せいている真っ最中だ。 まだ小さい娘はきっと覚えていないと思うけど、 ハワイでは僕の家族の歴史の1ページとして1,000枚くらい写真を残そうと思っている。 スポンサーリンク 2018年JALマイルでハワイ旅行に行く一番の近道 JALマイルの貯め方に革命が起きた。 2018年1月、モッピーと言うサイトで貯めたポイントがJALマイルの交換を一気に引き上げた。 クレジットカードで何百万も決済したり、出張族でなくても JALマイルでハワイ旅行に家族でいくことは可能になった。 僕は今年もう一度、ハワイ旅行に家族で行こうと思う。 もちろんJALマイルで特典航空券を取って行くことになるだろう。 今一番JALマイルが貯まる方法は の記事を読んでみてほしい。 JALマイルを大量に貯められるかどうかは全て貴方次第だ。 資本主義社会の構造に上手にブリッジをかけて渡り歩いているのが陸マイラーと呼ばれる人達だろう。 あとがき:JALマイルでハワイ旅行「ビジネスクラス特典航空券の価値の感じ方」 ハワイの特典航空券を発券した後も嫁さんは 「そんなにビジネスクラスがいいの?」という顔をしている。 価値観の違いは明白なので、どう話したら彼女に伝わるかを僕なりに考えてみた。 僕が出した結論はズバリ、 今回の特典航空券を現金で購入したらどうなるか?ビジネスクラスの運賃を金額で伝えることだった。 今回の成田-ハワイ往復のビジネスクラスはもっとも安い運賃で16万円から。 家族3人分で48万円分の航空券を陸マイラー活動他で貯めたJALマイルで発券したことになる。 嫁さんに具体的な金額を伝えると、僕の期待以上のレスポンスが帰ってきた。 嫁さん「ええ~すごくない?陸マイラー万歳だね!!」 何に価値を感じるかは人それぞれだろう。 僕の嫁さんはビジネスクラスの価格を知ることで価値を感じていた。 これでしばらくは僕の一家の大黒柱としての威厳は保てそう…でもない。

次の

【エアバスA380も】ANAマイルでハワイに行く3つの方法【あなたにもできる】

人の島に行く マイル

目次(クリックできます)• 【ANAマイルを使ってANAでハワイ・ホノルルへ】ANA特典航空券なら1人35,000マイルから【羽田・成田】 「ANAでハワイに行きたい!」 「新しい飛行機、ウミガメデザインのエアバスA380でハワイに行きたい!」 そんな人も多いでしょう。 2019年、ANAはハワイにかなり力を入れています! 以前は激戦だったホノルル行き特典航空券も、かなり取りやすくなりました。 まずは、ANAマイルを使ってANA特典航空券に交換し、ANAの飛行機に乗ってハワイに行く方法をご紹介します。 【日本からは成田発or羽田発】ホノルル直行便の必要マイルは1人35,000マイル〜。 ホノルルまでANAマイルを使っていく場合、ANA国際線特典航空券の 必要マイル数は1人35,000マイルからです(往復・エコノミークラス)。 実際には、ローシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの3段階に分かれており、レギュラーシーズンだとこのように1人40,000マイル(往復・エコノミークラス)になります。 ANA 必要マイルは、2人で80,000マイル。 家族4人なら、16万マイルです。 >> ちなみに、プレミアムエコノミー(PY なら53,000/58,000/61,000マイルの3段階。 ビジネスクラス(C)なら60,000/65,000/68,000マイルの3段階。 そしてファーストクラス(F)なら120,000/129,000マイルの2段階です。 ANA国際線特典航空券なら、日本各地から東京を経由しても必要マイル数は変わらない! ANAのホノルル行きは、羽田と成田の2空港からしか飛んでいません(エアバスA380は成田のみ)。 JALと違って、 関空や名古屋からの直行便は無いんです。 じゃあ地方のANAマイラーはどうするか。 答えはカンタン。 ANAの国内線で、羽田や成田まで飛べばいいんです。 例えば、 名古屋から東京を経由してホノルルへ行く特典航空券。 下の図はローシーズンのため、必要マイル数は35,000マイルとなっていますが、これは 東京発の直行便と同じマイル数です。 さらにこちらは、 那覇から東京を経由してホノルルへ行く特典航空券。 だいぶ距離は長くなりますが、それでも 必要マイルは35,000マイルと東京発の直行便と同じマイル数です。 (こちらもローシーズン) 【ANAマイルを使ってユナイテッド航空でホノルルへ】スターアライアンス特典航空券なら1人40,000マイル〜【成田発】 続いては、ANAではなく ユナイテッド航空の飛行機で行く方法です。 ANAと提携関係にもあり、 ANAマイルを使ってユナイテッド航空に乗ることができます。 【途中降機(24時間を超える滞在)】 日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。 【乗り換え】 日本国内で往路・復路各2回まで可能です。 さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能です。 ちなみに、どれだけANAマイルを貯めたらANAスカイコインに交換できるのか?というと、 なんとわずか1マイルから。 そして、10マイルでも、10円相当として旅行商品の支払いに使えるんです! (交換は1マイルから1円相当に交換可能。 使用は10マイルから10円相当として使用可能。 ) だから、ほんの少しの国内線でも、マイルを貯めなきゃ損です。 もちろんお子さんもです! 関連記事 ANAスカイコインを使って支払うことができるハワイ旅行は、航空券のほか、ツアーやもちろん、お好きなホテルと組み合わせられる「旅作」でもOK! ANAスカイコインを使って支払うことができるのは、航空券はもちろん、ANAウェブサイトで販売されている上の画像の海外旅行商品になります。 【航空券+ホテル+レンタカー+オプション】がセットになった旅行商品であれば、ANAスカイコインで全額支払うことができます。 交換する方の会員資格や、交換するマイル数によって交換率が変わるんです。 それが、次にご紹介する「AMCモバイルプラス会員」です。 ANAマイルをANAスカイコインに交換するときに覚えておきたい!AMCモバイルプラス会員とは? ANAマイルをANAスカイコインに交換するとき、上級会員以外にもANAカード・ANAゴールドカードを持っている人であれば、高いレートで交換することができます。 ANAカード(ワイド・一般):最高1. 5倍の交換率• ANAカード(プレミアム・ゴールド):最高1. 6倍の交換率 ちなみにこれらのクレジットカードのうち、最も年会費が安いもので、ANAカード(一般)の2,000円+税(初年度無料)となります。 もちろんこれらのANAカードを手にして高い交換率でANAマイルからANAスカイコインへと交換してもいいんですが、 『このためだけにANAカードを持ちたくない!』、そんな人におすすめなのが、 AMCモバイル会員です。 「月額300円+税」と多少の費用はかかりますが、 ANAマイルをANAスカイコインに交換したいときだけ月額会員になってしまえば、最低300円+税で高レートがゲットできます! 必要なときだけ登録。 不要になったら解約。 こんな方法でも高い交換率(1. 5倍)でANAマイルからANAスカイコインへ交換可能です!賢い選択です。 AMCモバイル会員の特典は他にも、「Edyの利用でマイルが通常より3倍貯まる」「ANAマイレージクラブ会員より少し早く、航空券・特典航空券が予約できる」などがあります。 詳しくはこちらのANAホームページでご確認ください。 ANA ANAマイルを使ってハワイに行く方法は、この3つ! 記事でご紹介したANAマイルを使ってハワイに行く3つの方法、こんな方法でした。 特典航空券に交換して、ANAの飛行機でハワイへ• 提携航空会社の特典航空券に交換して、ユナイテッド航空でハワイへ• ANAマイルをANAスカイコインに交換して、パッケージツアーなどの海外旅行商品でハワイへ ANAマイルがあれば、ハワイ旅行はグッと身近になります。

次の

【デルタ航空】マイル特典航空券 / 特典旅行の予約方法と座席指定。ゴールドメダリオン特典も!

人の島に行く マイル

マイルを利用して、デルタ航空と提携航空会社で世界各地の1,000以上の就航都市へのご旅行をお楽しみください。 ご自身や、他の方のために特典旅行を予約しましょう。 ご自身がご一緒でない場合でもご予約いただけます。 デルタ航空のフライトにはブラックアウトデイトの適用はありません。 Delta. comまたはFly Delta アプリで「 予約する」を選択します。 Delta. comでは「マイルでショッピング」、Fly Delta アプリでは「料金をマイルで表示」のチェックボックスを選択します。 ご希望のフライト情報を入力して、「フライトを検索」を選択します。 デルタ航空のフレキシブルな特典カレンダーに、指定された旅行日の必要最低マイル数が表示されます。 フライトを選択してご購入を完了すれば、あとはご出発日を待つだけです。 特典旅行を最大限にご活用いただくために:• マイルを利用したお得な特典航空券を見つける方法をご紹介します。 をひとまとめにして、探しやすくいたしました。 週末の小旅行でも世界周遊でも、デルタ航空では随時新しい路線の割引運賃を掲載した最新のリストを公開しています。 旅先がまだお決まりでないお客様は、新しい旅行プランニングツールであるの SkyMilesLifeをご参照ください。 実際のスカイマイル会員の体験をご覧になり、次回の冒険のヒントを得ましょう。 マイルを利用する方法をご紹介します。 マイルはデルタ航空、デルタ・コネクション航空会社(コンパス航空、エンデバー航空、ゴージェット・エアラインズ、リパブリック航空、スカイウェスト)および30以上の提携航空会社でのご旅行にご利用いただけます。。 往復航空券をお探しの場合は、往路と復路で異なるご搭乗クラスをご予約いただけます。 目的地までのご旅行をデルタ・コンフォートプラスでおくつろぎいただき、お帰りの際はデルタ・ワンでリフレッシュして旅の疲れを癒しながら空の旅をご満喫になるなど、お好きなスタイルでご旅行をお楽しみください。 特典航空券は出発予定時刻の72時間前までに再発券される必要があります。 旅程の一番最初のご予約便出発の 72 時間前を過ぎてからキャンセルまたは変更された特典航空券はマイルの返却はいたしかねます。 ご出発72時間前を過ぎてからご予約いただいた特典航空券の払い戻し、マイル返却、および予約変更はできません。 現地の法律によって禁止されている場合、この限りではありません。 1ダイヤモンドまたはプラチナ メダリオン会員のスカイマイル会員口座からマイルを利用した特典航空券については免除されます。 2料金は国によって異なります。 手数料はヨーロッパの一部の国で発券された航空券にのみ適用されます。 また、直接発券の国際手数料は、お申し出により免除される場合があります。 その他の出発国については手数料が免除されます。 3ベーシックエコノミー(E)運賃では、メダリオン会員資格や他のエリートステータスに関わらず、搭乗日当日の時間変更や搭乗日当日の空席待ちをご利用いただくことはできません。 搭乗日当日の空席待ちおよび搭乗日当日の時間変更は受付数に限りがございます。 また、ご利用は国内線のみとなります。 ご利用規約: スカイマイル会員口座には、特典航空券のご購入に十分なマイルがある必要があります。 特典旅行のご予約はすべてフライトの空席状況に応じて承ります。 また、諸税や手数料がかかることがあります。 詳細はをご覧ください。 特典旅行のご予約は、座席数の制限による制約を受けることがあります。 また、経路規定やその他の制限によっては、特典旅行ご利用の際により多くのマイル数が必要になる場合もあります。 規定に対する例外によって、追加のマイルや税金および手数料が必要となる場合があります。 上記の地域内のすべての目的地への旅行は、最低価格ではご利用いただけないことがあります。 上記 地域内のすべての国でデルタ航空および/または提携航空会社が運航している訳ではありません。 特典旅行にかかる税金および手数料はお客様のご負担となり、航空券発券の際にお支払いいただく必要があります。 税金、手数料、その他政府や空港が課す施設使用料などは、特典をご利用になるお客様のご負担となります。 特典への交換には、国内旅行の場合11. 20ドル以上の諸税および手数料が課されます。 国際線ご利用の場合はさらに、最大600ドルの現地の諸税および手数料が課されます。 特典旅行の座席数は限られている場合があり、デルタ・コネクションの一部路線ではご利用いただけない可能性もありますので、ご了承ください。 特典やサービスは予告なく変更する場合があります。 その他制限事項が適用されます。 デルタ航空市内発券カウンター、または空港発券カウンターにお越しになり特典航空券の発券を依頼される場合、もしくはお電話によりデルタ航空予約センターに発券を依頼される場合は、が適用される場合があります。 手数料はヨーロッパの一部の国で発券された航空券にのみ適用されます。 また、お申し出により免除される場合があります。 その他のすべての販売場所では手数料が免除されます。 で窓側または通路側などのご希望をご指定いただいている場合には、その情報に基づいてお座席が自動的に割り当てられることもあります。 航空券の発券時に提携航空会社のフライトをご利用の場合に、座席指定をリクエストいたします。 お座席の指定は、リクエスト時には確定できない場合がありますのでご了承ください。 お座席の指定については、直接提携航空会社へお問い合わせください。 ご希望のお座席が指定されていない場合、旅程の「座席指定」の欄に「適用なし」(NA)と表示されます。 この場合は、「旅程」のページでシートをご選択いただくか、またはご搭乗日にチェックインなさるときにお座席の番号をお知らせいたします。 デルタ航空では、お身体の不自由な方などのご要望に応じて特別のお座席を準備させていただくことがあります。 すでにお座席が指定されているお客様に変更をお願いすることがあります。 この場合、主にバルクヘッド席(前面が仕切り壁の座席)を使用します。 以下の航空会社の特典旅行は delta. comでのご予約が可能です。 アエロメヒコ航空• アルゼンチン航空• アリタリア航空• エールフランス航空• 中国東方航空• チャイナ エアライン• 中国南方航空• ハワイアン航空• KLMオランダ航空• 大韓航空• LATAM航空• マンダリン航空• ミドル・イースト航空• サウジ航空• 上海航空• タロム航空• ベトナム航空• ヴァージンアトランティック航空• ヴァージンオーストラリア航空• ウエストジェット航空• 厦門航空 ゴル航空での特典旅行:2020年4月1日をもちまして、デルタ航空とゴル航空は提携を終了いたしました。 これに伴い、スカイマイル会員の方はゴル航空での特典旅行にマイルをご利用いただけなくなります。 2020年3月31日までにゴル航空でご予約いただいた特典旅行は有効です。 特典旅行の航空券は発券日より1年間有効です。 以下の航空会社での特典旅行のご予約はデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。 エア・ヨーロッパ• エア タヒチ ヌイ• チェコ航空• ガルーダ・インドネシア航空• ケニア航空 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはメダリオン会員の方には、スカイマイル特典旅行として、スカイマークの日本国内線をご利用いただけます。 路線/就航都市:羽田、神戸、名古屋、札幌、福岡、鹿児島、長崎、那覇、茨城。 リクエストを送信する前に、でフライトのスケジュールをご確認ください。 利用可能区間• 福岡 FUK - 那覇 沖縄、OKA• 羽田 HND - 神戸 UKB• 神戸 UKB - 鹿児島 KOJ• 神戸 UKB - 長崎 NGS• 神戸 UKB - 那覇 沖縄、OKA• 神戸 UKB - 茨城 IBR• 中部国際空港セントレア 名古屋、NGO - 那覇 沖縄、OKA• 中部国際空港セントレア 名古屋、NGO - 新千歳 札幌、CTS• 羽田 HND - 福岡 FUK• 羽田 HND - 鹿児島 KOJ• 羽田 HND - 長崎 NGS• 羽田 HND - 那覇 沖縄、OKA• 羽田 HND - 新千歳 札幌、CTS• 茨城 IBR - 新千歳 札幌、CTS• 神戸 UKB - 新千歳 札幌、CTS スカイマークご利用規約・条件• 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはスカイマイル メダリオン会員の方には、スカイマイル特典旅行として、スカイマークの日本国内線をご利用いただけます。 スカイマイルメダリオン会員またはデルタスカイマイル提携クレジットカード会員の方は、スカイマークの特典航空券でマイルをご獲得いただくことはできません。 家族会員の方は対象外です。 新たにスカイマイル提携クレジットカードをお申込みの場合、そのクレジットカードを2ヶ月ご利用になったあとから、マイルをご利用いただけます。 スカイマーク利用の特典旅行は、上記利用可能区間が対象となります。 また、スカイマークのウェブサイトで販売対象期間となっているフライト、かつ、ご出発14日前までのフライトです。 スカイマーク指定の予約クラスによるエコノミークラス/メインキャビンのご利用となります。 特典旅行用座席数には限りがあります。 ご希望のスカイマーク便のご予約が確定し次第、航空券が発券されます。 ご予約は、delta. com内にあるご予約申込書に必要事項を入力いただき、お申し込みいただく必要があります。 以下のブラックアウトデイトが適用されます。 2020年2月21日日~2020年2月25日日• 2020年3月19日日~2020年3月28日日• 2020年4月29日日~2020年4月30日日• 2020年5月1日日~2020年5月07日日• 2020年7月21日日~2020年7月31日日• 2020年8月1日日~2020年8月17日日• 2020年9月17日日~2020年9月23日日• ご希望の便のご予約が確定した場合、デルタ航空により通常24時間以内に必要なマイルがスカイマイル会員口座から差し引かれ、スカイマーク予約番号とフライトの旅程を記載した航空券引換証が、ご予約申請時にご登録いただいたEメールアドレス宛に送信されます。 航空券のご予約が確定しなかった場合、または追加情報が必要な場合は、リクエストのお申し込みから72時間以内にEメールでご連絡いたします。 この特典旅行の旅程を、スカイマークのウェブサイトで確認することはできません。 スカイマーク利用による特典旅行の予約申し込み結果は、お申込みから72時間以内に、デルタ航空より、ご予約申込書に入力された Eメールアドレスにご予約確定のご案内をお送りいたします。 予約がお取りできない場合も、同様にEメールにてご連絡いたします。 スカイマークの航空券は「チケットレス」のため、ご予約の完了後、紙の航空券もeチケットも発券いたしません。 お受け取りいただいた確認のEメールを、スカイマークのチェックインカウンターでご提示ください。 カウンターにてご搭乗券を発行いたします。 スカイマーク利用の特典旅行では、スカイマーク航空券引換証をお手元にご用意の上、自動チェックイン機にてご出発時刻の2時間前~20分前までの間にチェックインをお済ませください。 チェックイン時間内にお手続きがお済みでない場合、予定のフライトをご利用いただけません。 スカイマーク利用の特典旅行と、デルタ航空または他のスカイマイル提携航空会社を利用した特典旅行を組み合わせることはできません。 大人の方はフライトご利用日の年齢をご記入ください。 幼児および小児は、大人の同伴が必要です。 小児および幼児は、一人で旅行をすることはできません。 幼児とは座席をご利用にならない0~2歳のお子様のことをいいます。 小児とは3~11歳のお子様のことをいいます。 小児は大人と同じ特典旅行必要マイル数が必要です。 座席を必要としない幼児はマイルをご利用いただく必要はありませんが、一緒にご旅行いただけるのは、大人1人につき幼児1人のみとなります。 幼児1人につき1人以上の大人の同伴が必要です。 乳児と小児のお客様に関する詳細につきましては、スカイマークまでお問い合わせください。 キャンセル待ちはお受けできません。 アップグレードはご利用いただけません。 オープンジョー(往路の目的地と復路の出発地が異なる場合、または往路の出発地と復路の目的地が異なる場合、または往路・復路のいずれにおいても出発地と目的地が異なる場合)の利用はできません。 片道分の特典旅行もご利用いただけます。 ただし、往復特典旅行分のマイルが必要です。 復路便が未確定の場合、ご予約をお受けできません。 スカイマイル特典往復航空券が発行される前に全てのフライトを確定してください。 予約確定後の取り消しおよび変更はできません。 一度引き落とされたマイルはスカイマイル会員口座に戻せません。 現金への払い戻しはお受けできません。 乗り継ぎ便の遅延または欠航によりスカイマーク便に間に合わなかった場合、「遅延・欠航証明書」を取得し、スカイマークに提示していただければ、座席に余裕のある後続のスカイマーク運航便にお振り替えいたします。 ただし、乗り継ぎ便の遅延または欠航によりスカイマーク便をご利用にならなかった場合において一度引き落とされたマイルは、スカイマイル会員口座に戻せません。 デルタ航空およびスカイマークは、現金での払い戻しも対応いたしかねます。 当キャンペーンで利用可能な座席数には限りがあり、空席状況に応じます。 空港施設使用料、燃油サーチャージ、セキュリティチャージ、全ての適用される税金は、利用者のご負担となります。 特典旅行必要マイル数は、予告なく変更となる場合があります。 詳細はをご覧ください。 特別な補助や準備を必要とされる場合には、スカイマークまでお問い合わせください。 特別な補助や準備は空席状況に応じて承りますのでご了承ください。 ご搭乗手続きの際、搭乗される方の公的書類(運転免許証/パスポート/健康保険証/学生証/住民基本台帳カード/住民票・市町村民証/戸籍謄本/戸籍抄本/外国人登録証明書/戦傷病者手帳/療育手帳/年金手帳)をご提示いただく必要があります。 手荷物に関する要件および制限事項については、をご覧いただくか、ください。 その他制限事項が適用されます。 デルタ航空による決定は、いかなる場合でも最終的なものといたします。 その他の規定および条件 提携航空会社の特典航空券では、より高いレートまたは土曜宿泊が条件となる場合があります。 特典旅行の利用の際に、サーチャージを課す提携航空会社もあります。 同料金が適用される場合には、お客様のご負担とし、ご予約時にお支払いいただくこととなります。 提携航空会社の特典は、各社の規約と条件に従って変更される場合があります。 スカイマークが運航する機材はボーイング737-800型となります。 フライトが遅延または欠航した場合、スカイマークは空港発着の地上交通機関の手配には一切責任を負いません。 詳細はをご覧ください。 スカイマークのフライトでは、お食事やお飲み物の提供はございません。 お飲み物は機内販売にてソフトドリンクを1本100円で、アルコールドリンクを1本200円~300円で販売いたしております。 フライトやホテルなどがセットになったデルタバケーションでお得な旅を。 世界の名だたるホテルや厳選した多彩なアクティビティなどをすべてご満喫いただける、スカイマイル会員様限定のパッケージツアーです。 フライト以外のご利用もマイル獲得および交換の対象に。 さらに、ご旅行前からご旅行後まで24時間サポートをご利用いただけます。 で、あなただけのパッケージツアーをつくりましょう。 スカイマイル会員番号をご入力ください• 「確認&購入」ページで、お支払い方法としてマイルをお選びください。 マイルをご利用の際は、ひとつのスカイマイル口座のみご使用いただけます。 ご利用になりたいマイル数をご入力ください。 お支払い概要にマイル割引率が表示されます。 「購入を完了する」を選択してください。 同一のご予約でご旅行の場合、同伴されるすべてのご旅行者にマイルをご利用いただけます。 マイルを利用される場合の最少マイル数に関する制限はありません。 ラグジュアリーパッケージ、ウェディングパッケージ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート パッケージを含むすべてのパッケージツアーにマイルをご利用いただけます。 デルタバケーションの目的地へのフライト&ホテル宿泊パッケージに最大999,999マイルご利用いただけます。 「マイルズ・トゥー・ゴー」キャンペーンは、その他のと併用してご利用いただけます。 ご利用規約全文は、をご覧ください。 スカイマイルプログラムの全規定が適用されます。 規約は、delta. デルタバケーションのマイル利用規定については、deltavacations. ご希望のフライトにマイルが足りない場合は、「マイル+キャッシュ」をご利用ください。 指定のフライトをご利用の際、マイルと現金を組み合わせてお支払いいただけます。 「マイル+キャッシュ」のご利用方法:• Delta. comまたはFly Delta アプリで「 予約する」を選択します。 Delta. comでは「マイルでショッピング」、Fly Delta アプリでは「料金をマイルで表示」のチェックボックスを選択します。 ご希望のフライト情報を入力して、「フライトを検索」を選択します。 デルタ航空のフレキシブルな特典カレンダーに、指定された旅行日の必要最低マイル数が表示されます。 フライトを選びます。 「価格を表示する通貨」を「マイル」から「マイル+キャッシュ」に変更します。 フライトを選択してご購入を完了すれば、あとはご出発日を待つだけです。 「マイル+キャッシュ」はデルタ航空、デルタ・コネクション、デルタシャトルが運航するフライトであれば世界各地でご利用いただけます。 「マイル+キャッシュ」にてご購入いただいた航空券は特典航空券となり、特典航空券に規定される全ての制限事項が適用されます。 また、マイル、メダリオン会員資格取得必要区間(MQS)、メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)、またはメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の獲得対象にはなりません。 「マイル+キャッシュ」をご利用の際に購入されたマイルは払い戻しできません。 特典航空券の変更には規定の変更手数料がすべて適用されます。 航空券の変更、キャンセルが生じた場合、マイルは(「マイル+キャッシュ」で購入されたマイルを含む)ご本人のスカイマイル会員口座に返却いたします。 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード会員の方だけにご利用いただける「ペイ with マイル」は、デルタ航空の航空券を割引価格で購入したり、お支払いの一部にマイルを利用するなど、当社のサービスをよりフレキシブルにご利用いただけるカード特典です。 米国および米国領内在住でデルタスカイマイル提携クレジットカードをお持ちでない方は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに関する詳細はをご覧ください。 「ペイ with マイル」のご利用方法• delta. com にログイン• 「旅行予約」にアクセスします。 「ペイ with マイル」の対象となっているフライトを選択します。 「旅程の概要」ページで「ペイ with マイル」を選択し、マイル、現金、またはマイルと現金を組み合わせてお支払いください。 選択終了後は、航空券予約の手順に従ってお進みください。 マイルおよびクレジットカードの両方でお支払いいただく場合、マイルが適用された後の航空券運賃の残額はデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでお支払いください。 米国以外にお住まいのデルタスカイマイル提携クレジットカード会員の方は、一部の国に限り「ペイ with マイル」インターナショナルをご利用いただけます。。 カード会員の方は、わずか5,000マイルからマイルをご利用いただくことができ、デルタ航空券運賃の割引を受けることができます。 航空券運賃にかかわらず、カード会員の方には、5,000マイルにつき最大50ドルの割引が適用されます。 たとえば、10,000マイルで100ドル、15,000マイルで150ドル、20,000マイルで200ドルが運賃から割引かれます。 例:スカイマイル口座に22,000マイルをお持ちのカード会員の方がお選びになったジョージア州アトランタ発 ワシントンD. 行きの往復便の合計価格が250ドルだったとします。 「ペイ with マイル」で2万マイルをご利用いただくと、航空券を200ドル割引でご購入いただけます。 カード会員のお客様は、50ドルと2万マイルで航空券をご購入いただけます。 資格:当プログラムは、基本カード会員の方のみが対象となります。 にてご予約いただいたフライトが対象となります。 その他のコードシェア便ではご利用いただけません。 当プログラムの対象フライトには、「ペイ with マイル」の対象である旨の表示があります。 マイルは、5,000マイル単位でご利用ください。 5,000マイル以上からご利用になれます。 また必要マイル数は規定に従って5,000マイル単位で切り上げられます。 「ペイ with マイル」が適用された後の航空券運賃の残額はカードでお支払いください。 通常5,000マイルは50ドルに相当します。 ただし、全額マイルで支払う航空券の料金が50ドルの倍数でない場合、1マイルあたりの金額はそれ以下になる場合があります。 「ペイ with マイル」で購入された航空券はすべて、航空券の総額にマイルが適用された後の残額のうち、現金で支払われた基本運賃および航空会社によって課されるサーチャージの部分に対してマイルおよびメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。 ご利用のマイルは基本運賃および航空会社によって課されるサーチャージに適用され、その後、税金および手数料に適用されます。 さらに、「ペイ with マイル」で購入された航空券はすべて、メダリオン会員資格取得必要区間(MQS)、メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)の対象となります。 「ペイ with マイル」をご利用になった航空券はベストフェアギャランティーの対象外となります。 また、特典旅行航空券など他のいかなるマイル特典とも併用できません。 「ペイ with マイル」で購入された航空券のメダリオン無償アップグレードは、空席状況により承ります。 また、フライトによってはご利用になれない場合があります。 「ペイ with マイル」のご利用により一旦差し引かれたマイル数は、たとえ払い戻し可能な航空券の運賃に充当されたものであっても、デルタ航空のリスクフリーキャンセレーション ポリシーの適用を受ける場合を除き、会員のスカイマイル会員口座に返却することはできません。 変更またはキャンセルされた航空券の残余額は、今後のデルタ航空でのお支払いにご利用いただけるE証書として発行されます。 その他ご利用規約、条件、制限事項につきましては、をご覧ください。

次の