アップル 株価。 Apple (アップル)株はいくらから?買い方と株価推移・将来予測について|ヨリコでもできる!初心者からの株式・ロボットアドバイザー 投資日記

アップル(AAPL)の株価が割安な時の見分け方|配当・決算データまとめ

アップル 株価

株価:1日の終値 Close• 希薄化EPS:earnings per diluted share PERの計算に使用した1株あたり利益 EPS は、大半が直近4四半期の希薄化EPSを合計したものです。 PERが10倍付近のときに反発しているのが確認できます。 バークシャー・ハサウェイがアップル株を初めて購入したのは2016年1Q 1月~3月 です。 このときの投資判断はバフェット本人ではなく、補佐役のドット・コームズ氏かテッド・ウェシュラー氏と言われています。 こうして振り返ると、PERが10倍付近になったところで買い始めていることが分かります。 5%まで急上昇しました。 69 122. 85 9. 03 10. 23 9. 46 10. 82 14. 04 7. 23 6. 各年の発行済株式数は、第4四半期平均の希薄化後発行済株式数を記載しています。 青の線グラフが対前年比の割合を示しています。 パーセントの数字がマイナスだと自社株買いが優勢、プラスだと新規発行数が優勢の年だったことになります。 2012年度以降の発行済株式数は毎年着実に減少しています。 毎年3%以上も減らしていることから、積極的な自社株買いで株主還元する方針であることが伺えます。 株価データ分析まとめ ここまで見てきた各種指標の長期推移は、実績PERとPSRが似たような動きになっているのに対し、PBRと配当利回りは独自の動きをしています。 実績PERとPSRは長期的に一定の範囲を動いてきたことから、これら2つの指標が軸になって株価が動いていると考えることができます。 対してPBRと配当利回りは一方的に割高な方向に動いているため、株価への影響が低く、重要度の低い指標だと判断できます。 したがって、アップル AAPL のバリュエーション判断はPERとPSRを重視しつつ、PBRと配当利回りを補助的に見るべきと考えています。

次の

【アップル(AAPL)】今、投資すべき3つの理由|モモの株式投資

アップル 株価

[AAPL]配当利回り [AAPL]アップルの 配当利回りは、 0.9%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 0. 9(米国内)= 0. 65% となります。 [AAPL]配当性向 [AAPL]アップルの 配当性向は、 24%です。 [AAPL]配当金・支払い頻度 [AAPL]アップルの 配当金・支払い頻度です。 配当金(年間) [AAPL]アップルの 直近1年間の配当金は、 3.08ドルです。 配当金の支払い頻度 [AAPL]アップルの 配当金支払い頻度は、 年4回(3か月ごと)です。 [AAPL]配当金の権利確定月・配当支払い月 配当金の権利確定月・権利確定日 [AAPL]アップルの 配当金の権利確定月は、 2月・5月・8月・11月です。 配当金の支払い月・支払い日 [AAPL]アップルの 配当金の支払い月は、 2月・5月・8月・11月です。 [AAPL]株価・配当金まとめ 株価 343.99ドル 年間配当金 3.08ドル 利回り (税引き前) 0.9% (税引き後) 0.65% 配当性向 24% 権利確定月 2月・5月・8月・11月 配当金支払い月 2月・5月・8月・11月 ( 2020/06/10時点) [AAPL]配当利回り推移 [AAPL]アップルの過去の 配当利回りの推移です。 [AAPL]配当金支払い実績 [AAPL]アップルの過去の 配当金の推移です。 (税引き前) [AAPL]増配状況 [AAPL]アップルの 配当金の増配状況です。 連続増配年数は、 7年間です。 5年前、10年前、15年前と比較した配当の増配状況は、次のとおりです。 (今年=100) 増配率 対15年前 対10年前 対5年前 今年 0 0 239 100 [AAPL] 最新情報(Dividend. com) [AAPL]アップルの 最新情報は、 でも調べることができます。 >(Dividend. comのページへ) Dividend. comは英語のサイトですが、使い方は でも解説しています。 海外株式の取引でおすすめの証券会社 海外株式(米国)の購入は、 SBI証券が一番使いやすいと思います。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

アップル【AAPL】:業績(通期)/株価

アップル 株価

65 4. 16 3. 48 1. 04 3. 12 3. 13 4. 52 1. 07 3. 74 2. 08 4. 75 5. 18 3. 00 2. 99 -0. 11 -3. 59 135. 85 -0. 44 -0. 05 5. 67 13. 54 2. 03 1. 13 8. 70 8. 35 3. 00 -0. 16 -5. 32 20. 40 1. 12 4. 08 1. 61 12. 31 2. 51 6. 10 1. 32 18. 91 5. 31 17. 57 3. 23 17. 00 6. 06 59. 22 -0. 42 -0. 売上高:843億1000万ドル(-4. 2日の下方修正で2019年見通しが従来より大きく減速する可能性を懸念していたが、売上高見通しが思ったほど悪くなかったことで過度の警戒感が薄れて、株価上昇につながったようです。 ・iPhone新型3機種の10%減産 8日にアップルが新型iPhoneの減産を部品サプライヤーに通達したと報道されました。 生産予定台数は、1~3月期で4700万~4800万台と見込まれていましたが、4000万~4300万台程度になると予想されます。 これにより、生産拠点の中国では景気への悪影響が懸念されます。 アップル株は、急落して、時価総額でamazonやマイクロソフトを下回った。 ・アップルショック(アップル株価急落) 3つの理由 1. アメリカ株の11月12日の市場の暴落につられて下落 2. 第4四半期四半期の決算内容の失望 3. iPhone販売不振のニュース 決算に関しては、11月1日の第4四半期決算は、 ・次の四半期の会社の売上高予想がアナリスト予想のコンセンサスに届かなかった ・iPhoneの販売台数が横ばいだった ことにより失望を誘いました。 特に決算以降にiPhoneの販売が予想より大きく落ち込むのではと報道されて、NYダウ暴落のきっかけとなりました。 ・iPhoneXRの増産中止をホンハイとペガトロン要請 ・ルメンタムが顔認証センサーで使う部品の出荷減を告げられ、売上高見通しを3割減 というニュースでiPhoneの出荷台数が減速するリスクが思ったより大きい影響になりそうで、大きく株価は下洛しました。 このパターンは、下落時の典型的なチャートパターンになります。 iPhoneの出荷台数が減少気味になっていく観測の中で、下値を切り下げているので、しばらくは、下落トレンドとなりそうです。 下値めどは、6月の安値180ドル程度が最初の下値抵抗線となりそうです。 アップルのEPS予想は、2019年、2020年とも上昇していく予想になっていますので、利益は今後も増益となっていく予想です。 よって、直近数か月のアップルの株価は、市場全体が、暴落しない限りは、180ドル程度で反発して、高値の230ドルとの間でレンジ相場で推移していくと予想します。 配当は、株価が下洛しても増配すると思われますので、大きく下洛したときは買い時と言えるかもしれません。

次の