ジャー ボン テイ デービス。 新と旧、柔と剛、左と右。/ボクシング感想(ジャーボンテイ・デービスVSユリオルキス・ガンボア)

ジャーボンテイ・デービス VS リカルド・ヌメス 海外の反応

ジャー ボン テイ デービス

来歴 [ ] 地元のであるデジタルハーバー高校に入学するも中退し、後に制度を使って卒業の資格を取っている。 アマチュア時代 [ ] 2月26日、全米選手権にバンタム級 56kg で出場し、ベスト16で敗退した。 2012年4月30日、にバンタム級 56kg で出場し、同年5月5日に行われた決勝で判定勝ちを収め優勝した。 アマチュアで206勝15敗の戦績を残しプロに転向した。 プロ時代 [ ] 2月22日、ので4回戦を行い、初回1分29秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 10月30日、ので元世界王者のと8回戦を行い、3回1分21秒TKO勝ちを収めた。 1月14日、のでIBF世界スーパーフェザー級王者のと対戦し、7回2分36秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 この試合でデービスは7万5千ドル 約850万円 、ペドラザは22万5千ドル 約約2600万円 のファイトマネーを稼いだ。 2017年5月20日、のでIBF世界スーパーフェザー級1位のリアム・ウォルシュと対戦し、3回2分11秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した。 2017年8月3日、デービスに頭を殴られたとして幼なじみの男性がデービスをボルチモアの裁判所に提訴した。 男性の主張によると、8月1日にデービスがトレーニングをするボクシングジムで起きた喧嘩を見ていたところ、ボクシンググローブを付けたデービスに不意に頭を強く殴られ、意識を失って病院に搬送されたというもので、その一部始終はジムの防犯カメラに残されているという。 デービスは身柄を拘束されるも保釈金を支払って釈放されたが、第一級及び第二級暴行罪の容疑がかけられた。 2017年8月26日、のでIBF世界スーパーフェザー級7位のと対戦し、2度目の防衛を目指す予定だったが、前日計量でデービスが規定体重の130ポンドを2ポンドの132ポンドを計測し、再計量にも応じなかったため王座を剥奪された。 試合はデービスが8回39秒TKO勝ちを収めたため王座は空位となった。 なお当初は13位で元世界スーパーフェザー級王者と防衛戦を行う予定であったが 、8月10日に減量失敗によるコンディション不良で欠場となった。 2017年11月29日、被害者の男性が提訴を取り下げたことで、デービスの暴行事件容疑は無罪となった。 4月21日、ニューヨークのバークレイズ・センターで元世界フェザー級王者とWBA世界スーパーフェザー級決定戦を行い、3回2分45秒TKO勝ちを収めIBFに続く王座を獲得した。 2018年9月14日、の酒場の外で午前2時30分頃に殴り合いの喧嘩をして現場から逃げ去るも治安紊乱行為の容疑で逮捕された。 2019年2月9日、ので当初対戦する予定だったが負傷欠場した為 、マレスの代替選手として、約20日前に1階級下のフェザー級で試合をしたばかりのと対戦し、初回2分59秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。 この試合でデービスは100万ドル(約1億円)、ルイスは10万ドル(約1千万円)のファイトマネーを稼いだ。 2019年2月17日にバージニア州のショッピングモールのATMコーナーで男性と口論になり、駆けつけた警察官に対して反抗的な態度で小競り合いをしたとして、2月27日になって軽暴行罪容疑で逮捕状が出された。 有罪判決を受けた場合、最高1年間の懲役および2,500ドルの罰金が科せられる可能性がある。 2019年7月27日、のでWBA世界スーパーフェザー級2位のリカルド・ヌニェスと対戦し、2回1分33秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。 2019年9月1日、に転向する為、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王座を返上した。 2019年12月28日、前日計量でライト級の規定体重である135ポンドを1. 25ポンド超過の136. 25ポンドを計測し失格かと思われたが、1時間半後の再計量で134. 8ポンドを計測し失格を免れ 、ので元世界3階級制覇王者のとWBA世界ライト級王座決定戦を行い、12回1分17秒KO勝ちを収め2階級制覇を達成した。 この試合はが放送して平均視聴者数57万7千人が視聴した。 2020年1月24日、フィラデルフィアの宝石商がデービスが代金の支払いに偽造小切手を使用したとして、損害賠償25万ドルと利息の支払いを求めて訴えを起こした。 2020年2月1日、デービスがマイアミで行われたバスケットボールのチャリティマッチの試合会場で観客席に座っていた自分の子供の母親である元交際相手に詰め寄ると、胸ぐらをつかんで強引に会場の外へ体をつかんだまま連れ出した。 この模様がSNSで拡散され騒ぎになると、デービスは4日になって警察に出頭し、暴行容疑で逮捕・起訴された。 戦績 [ ]• プロボクシング:23戦 23勝 22KO 無敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2013年2月22日 勝利 1R 1:29 KO ディシー・ウィリアムス プロデビュー戦 2 2013年4月20日 勝利 2R 2:04 TKO ジャコブ・ニナウ 3 2013年6月8日 勝利 1R 1:36 KO ジョナサン・ギアース 4 2013年7月20日 勝利 2R 2:26 TKO ラファエル・カシアス 5 2013年10月17日 勝利 4R 1:55 TKO エリック・ジャマール・グッドオール 6 2013年12月14日 勝利 2R 2:29 TKO ジェームス・フランクス 7 2014年5月16日 勝利 2R終了 TKO ジョシュア・アローチョ 8 2014年8月1日 勝利 1R 1:16 KO ヘクター・ロペス 9 2014年10月8日 勝利 6R 判定3-0 ジャーマン・メラズ 10 2015年2月20日 勝利 1R 0:47 KO イスラエル・スアレス 11 2015年5月22日 勝利 1R 1:14 TKO アルベルト・モーラ 12 2015年9月12日 勝利 1R 1:34 TKO リッキー・ドーレイ 13 2015年10月30日 勝利 3R 1:31 TKO 14 2015年12月18日 勝利 9R 2:05 KO ルイス・サンチェス 15 2016年4月1日 勝利 6R 0:29 TKO ギレルモ・アヴィラ 16 2016年6月3日 勝利 1R 0:41 KO マリオ・マシアス 17 2017年1月14日 勝利 7R 2:36 TKO 世界タイトルマッチ 18 2017年5月20日 勝利 3R 2:11 TKO リアム・ウォルシュ IBF防衛1 19 2017年8月26日 勝利 8R 0:39 KO フランシスコ・フォンセカ により王座を剥奪 20 2018年4月21日 勝利 3R 2:45 TKO 世界スーパーフェザー級決定戦 21 2019年2月9日 勝利 1R 2:59 TKO WBA防衛1 22 2019年7月27日 勝利 2R 1:33 TKO リカルド・ヌニェス WBA防衛2 23 2019年12月28日 勝利 12R 1:17 KO WBA世界王座決定戦 獲得タイトル [ ]• 世界王座(防衛1)• WBA世界王座(防衛0) 脚注 [ ]• Amateur. Boxing. Strefa. 2017年1月14日閲覧。 Amateur. Boxing. Strefa. 2017年1月14日閲覧。 Ring TV 2015年2月18日• Fightnews. com 2015年10月30日• Orlando Sentinel 2015年10月30日• Fightnews. com 2017年1月14日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月15日• Boxing News Results (英語) 2017年1月14日• Fightnews. com 2017年5月20日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日• The Baltimore Sun 2017年9月25日• Fightnews. com 2017年8月26日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日• The Ring 2017年7月29日• The Ring 2017年8月10日• Boxing Scene. com 2017年11月29日• Fightnews. com 2018年4月21日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月22日• ESPN. com 2018年9月14日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年1月31日• Fightnews. com 2019年2月10日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年2月10日• ESPN. com 2019年2月9日• ESPN. com 2019年3月6日• WMAR2News. com 2019年7月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年7月28日• ESPN. com 2019年9月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年9月8日• Boxing Adventure 2019年12月27日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年12月28日• ESPN. com 2019年12月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年12月29日• Boxing Scene. com 2019年12月31日• Bleacher Report 2020年1月24日. 2020年2月18日閲覧。 デイリーニュース 2020年2月6日. 2020年2月18日閲覧。 ESPN 2020年2月5日. 2020年2月18日閲覧。 BoxingScene 2020年2月5日. 2020年2月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• gervontaa -• - (英語) 前王者 世界王者 2017年1月14日 - 2017年8月25日(剥奪) 空位 次タイトル獲得者 前スーパー王者 世界 2018年4月22日 - 2019年9月1日(返上) 次スーパー王者 返上により消滅 空位 前タイトル保持者 世界王者 2019年12月28日 - 現在 次王者 この項目は、関係者に関連した です。

次の

ワシルロマチェンコとジャーボンテイ・デービスが対戦するとすれ...

ジャー ボン テイ デービス

99 神妙な曲でガンボア入場 ヘナチョコな歌手が歌いながらデービス入場 最高のコンディションのガンボア38歳に期待。 1R デービスがボディストレート ガンボアはジャブ デービスのプレスが鋭く 左ストレートがガンボアを掠めるが なんとかかわす。 デービスがやはり怖い デービス10-9 2R ガンボアのコンディションはよさそうで 反射神経が鋭いがデービスがその上をいく。 離れ際にデービスの左でガンボアダウン。 デービスの狂暴さを抑えるのが大変 Everything looks better in slow-motion 💥. — PBC premierboxing しかしデービスもどんどん出てくるのでガンボアのいいタイミングもある。 デービス10-8 3R ガンボアの脚に異常があるようだが再開。 突然のダウンでくじいたのかな。 ガンボアの右が当たる。 デービスのプレッシャーとパワーがキツイが デービスの打ち終わりにガンボアのいいタイミングもある。 デービス10-9 4R かなり高度なフェイント合戦。 この回序盤はガンボアが前に出る。 しかし徐々にデービスの迫力が勝る。 拮抗したいい展開にはなってきてるがやはり勢いを感じるのは デービス10-9 5R ガンボアがデービスの反応の良さと迫力に押されているが 本能的に打ち合う。 デービスの左アッパーでガンボア効いたか、かわしたか。 やはり浅くは当てったおりガンボア効いている。 打ち返すガンボアのパンチにパワーがない。 フラフラだ。 ガンボアをしてもパワーが違う。 デービス10-9 6R もうデービスが仕留めに来ているようにみえる。 ガンボアはやはり足をくじいたようで引きづりながら歩いている。 これは残念だな。 上手く対処したが デービス10-9 7R デービスは狙って手数が減ったが盤石な試合運びをしている。 ガンボアのパンチも当たるが重さが違う。 ガンボアは恐らく効いており、脚も死んだ状態だがよく戦っている。 ヒット数だけなら上回ったかもしれない。 しかしデービスはもう倒したいモード ガンボア10-9 8R デービスは9ラウンド以上したことがないと言っていたので ガンボアはそこを目指しているのかもしれない。 たしかに狙いにいくデービスの運動量が少し落ちてきたかもしれない。 しかしラウンド終盤、ガンボアが苦しくてクリンチに行くところに左フックで 強烈なダウンを奪う。 この左フックが強烈だ。 レフリーはガンボアのダメージを見極めている。 デービス10-8 9R ガンボアがクリンチに行くシーンが多いがその間際が狂暴で危険だ。 ガンボアはもう効いている。 脚もダメだ。 しかしデービスも狂暴だがボクシングが雑だ。 まさに若さとパワーで上回っているとしか。 デービス10-9 10R ガンボアを引き付けるために引いたりもするデービス。 ガンボアのスキルも通じパンチは当たるがもうパワーがない。 今度は離れ際にガンボアのワンツーが強く当たった。 しかしデービスは効かない。 もうかなり効いているガンボアだがこの回はヒットで上回った。 ガンボア10-9 11R デービスも疲れているのか 一気に倒せそうな差を感じるが、ガンボアのスキルに苦労している。 脚を使えないガンボアはもう打ち合うしかないが、クリンチ際に ボコボコにされることが多い。 ガンボアのクリンチに戸惑っているデービスだが最後に突き放してまとめ打ち デービス10-9 LAST 最後は地元のデービスがいいところをみせようと飛ばす。 ガンボアはもう倒れないので必死。 狂暴なデービスの左が火を噴き、ダウン、レフリーがストップ。 若さ、スピード、そして何よりパワー差が顕著で さらにガンボアは脚を痛めて絶体絶命だった。 それでもガンボアの粘りとフェイント、スキルに苦労して 最終回まで進んだ試合は最後に力づくでデービスがガンボアをねじ伏せた。 デービスは改めて怪物的に強いとおもうが 左フック、左アッパー、左ストレートがやたら狂暴で危険だが その他はまだまだ下手な部分があるのかもしれない。 過去一番の苦戦で効いてはいないがかなり打たれた。 総合力はロマチェンコだろう。 脚を引きづりながら頑張るガンボアには感動した。 別の相手なら王者になれたかもしれないコンディションだった。 デービスに多くのパンチを当てた。 脚が残念だった。 海外ボクシングはこれにて終了、よい一年をありがとうございました。 kk on このまえのナバレッテといいベルチェルトといい、まじめに調整してないんでしょうね いつ試合が組まれるか、それとも流れるか分からないような状況では、モチベが上がらないのも仕方ないかと• マイティ on マネが感染しただけで試合が流れる現状ですから、選手もなかなか調整に身が入り辛そうで気の毒です。 マイティ on スティーブンソンさん、何もかも失い過ぎて草も生えない。 八 on 確かにこのスタイルはカッコいいんですよね。 顔もいいけどそれ以上にイイ。 同様にビボルにも感じるものがあります。 八 on ベルチェルトのみならず今の時期は皆このくらいの出来なのかもしれません。 さすがのコンビネーションはありましたが、キレや迫力はまだ本調子じゃない感じです。 ただ、バルデスのパンチが効いてしまうようなヤワ….

次の

ヘボトレーナーの勤番日記:ホセ・ペドラサvs ジャーボンテイ・デービス

ジャー ボン テイ デービス

来歴 [ ] 地元のであるデジタルハーバー高校に入学するも中退し、後に制度を使って卒業の資格を取っている。 アマチュア時代 [ ] 2月26日、全米選手権にバンタム級 56kg で出場し、ベスト16で敗退した。 2012年4月30日、にバンタム級 56kg で出場し、同年5月5日に行われた決勝で判定勝ちを収め優勝した。 アマチュアで206勝15敗の戦績を残しプロに転向した。 プロ時代 [ ] 2月22日、ので4回戦を行い、初回1分29秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。 10月30日、ので元世界王者のと8回戦を行い、3回1分21秒TKO勝ちを収めた。 1月14日、のでIBF世界スーパーフェザー級王者のと対戦し、7回2分36秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 この試合でデービスは7万5千ドル 約850万円 、ペドラザは22万5千ドル 約約2600万円 のファイトマネーを稼いだ。 2017年5月20日、のでIBF世界スーパーフェザー級1位のリアム・ウォルシュと対戦し、3回2分11秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した。 2017年8月3日、デービスに頭を殴られたとして幼なじみの男性がデービスをボルチモアの裁判所に提訴した。 男性の主張によると、8月1日にデービスがトレーニングをするボクシングジムで起きた喧嘩を見ていたところ、ボクシンググローブを付けたデービスに不意に頭を強く殴られ、意識を失って病院に搬送されたというもので、その一部始終はジムの防犯カメラに残されているという。 デービスは身柄を拘束されるも保釈金を支払って釈放されたが、第一級及び第二級暴行罪の容疑がかけられた。 2017年8月26日、のでIBF世界スーパーフェザー級7位のと対戦し、2度目の防衛を目指す予定だったが、前日計量でデービスが規定体重の130ポンドを2ポンドの132ポンドを計測し、再計量にも応じなかったため王座を剥奪された。 試合はデービスが8回39秒TKO勝ちを収めたため王座は空位となった。 なお当初は13位で元世界スーパーフェザー級王者と防衛戦を行う予定であったが 、8月10日に減量失敗によるコンディション不良で欠場となった。 2017年11月29日、被害者の男性が提訴を取り下げたことで、デービスの暴行事件容疑は無罪となった。 4月21日、ニューヨークのバークレイズ・センターで元世界フェザー級王者とWBA世界スーパーフェザー級決定戦を行い、3回2分45秒TKO勝ちを収めIBFに続く王座を獲得した。 2018年9月14日、の酒場の外で午前2時30分頃に殴り合いの喧嘩をして現場から逃げ去るも治安紊乱行為の容疑で逮捕された。 2019年2月9日、ので当初対戦する予定だったが負傷欠場した為 、マレスの代替選手として、約20日前に1階級下のフェザー級で試合をしたばかりのと対戦し、初回2分59秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。 この試合でデービスは100万ドル(約1億円)、ルイスは10万ドル(約1千万円)のファイトマネーを稼いだ。 2019年2月17日にバージニア州のショッピングモールのATMコーナーで男性と口論になり、駆けつけた警察官に対して反抗的な態度で小競り合いをしたとして、2月27日になって軽暴行罪容疑で逮捕状が出された。 有罪判決を受けた場合、最高1年間の懲役および2,500ドルの罰金が科せられる可能性がある。 2019年7月27日、のでWBA世界スーパーフェザー級2位のリカルド・ヌニェスと対戦し、2回1分33秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。 2019年9月1日、に転向する為、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王座を返上した。 2019年12月28日、前日計量でライト級の規定体重である135ポンドを1. 25ポンド超過の136. 25ポンドを計測し失格かと思われたが、1時間半後の再計量で134. 8ポンドを計測し失格を免れ 、ので元世界3階級制覇王者のとWBA世界ライト級王座決定戦を行い、12回1分17秒KO勝ちを収め2階級制覇を達成した。 この試合はが放送して平均視聴者数57万7千人が視聴した。 2020年1月24日、フィラデルフィアの宝石商がデービスが代金の支払いに偽造小切手を使用したとして、損害賠償25万ドルと利息の支払いを求めて訴えを起こした。 2020年2月1日、デービスがマイアミで行われたバスケットボールのチャリティマッチの試合会場で観客席に座っていた自分の子供の母親である元交際相手に詰め寄ると、胸ぐらをつかんで強引に会場の外へ体をつかんだまま連れ出した。 この模様がSNSで拡散され騒ぎになると、デービスは4日になって警察に出頭し、暴行容疑で逮捕・起訴された。 戦績 [ ]• プロボクシング:23戦 23勝 22KO 無敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2013年2月22日 勝利 1R 1:29 KO ディシー・ウィリアムス プロデビュー戦 2 2013年4月20日 勝利 2R 2:04 TKO ジャコブ・ニナウ 3 2013年6月8日 勝利 1R 1:36 KO ジョナサン・ギアース 4 2013年7月20日 勝利 2R 2:26 TKO ラファエル・カシアス 5 2013年10月17日 勝利 4R 1:55 TKO エリック・ジャマール・グッドオール 6 2013年12月14日 勝利 2R 2:29 TKO ジェームス・フランクス 7 2014年5月16日 勝利 2R終了 TKO ジョシュア・アローチョ 8 2014年8月1日 勝利 1R 1:16 KO ヘクター・ロペス 9 2014年10月8日 勝利 6R 判定3-0 ジャーマン・メラズ 10 2015年2月20日 勝利 1R 0:47 KO イスラエル・スアレス 11 2015年5月22日 勝利 1R 1:14 TKO アルベルト・モーラ 12 2015年9月12日 勝利 1R 1:34 TKO リッキー・ドーレイ 13 2015年10月30日 勝利 3R 1:31 TKO 14 2015年12月18日 勝利 9R 2:05 KO ルイス・サンチェス 15 2016年4月1日 勝利 6R 0:29 TKO ギレルモ・アヴィラ 16 2016年6月3日 勝利 1R 0:41 KO マリオ・マシアス 17 2017年1月14日 勝利 7R 2:36 TKO 世界タイトルマッチ 18 2017年5月20日 勝利 3R 2:11 TKO リアム・ウォルシュ IBF防衛1 19 2017年8月26日 勝利 8R 0:39 KO フランシスコ・フォンセカ により王座を剥奪 20 2018年4月21日 勝利 3R 2:45 TKO 世界スーパーフェザー級決定戦 21 2019年2月9日 勝利 1R 2:59 TKO WBA防衛1 22 2019年7月27日 勝利 2R 1:33 TKO リカルド・ヌニェス WBA防衛2 23 2019年12月28日 勝利 12R 1:17 KO WBA世界王座決定戦 獲得タイトル [ ]• 世界王座(防衛1)• WBA世界王座(防衛0) 脚注 [ ]• Amateur. Boxing. Strefa. 2017年1月14日閲覧。 Amateur. Boxing. Strefa. 2017年1月14日閲覧。 Ring TV 2015年2月18日• Fightnews. com 2015年10月30日• Orlando Sentinel 2015年10月30日• Fightnews. com 2017年1月14日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月15日• Boxing News Results (英語) 2017年1月14日• Fightnews. com 2017年5月20日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日• The Baltimore Sun 2017年9月25日• Fightnews. com 2017年8月26日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日• The Ring 2017年7月29日• The Ring 2017年8月10日• Boxing Scene. com 2017年11月29日• Fightnews. com 2018年4月21日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月22日• ESPN. com 2018年9月14日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年1月31日• Fightnews. com 2019年2月10日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年2月10日• ESPN. com 2019年2月9日• ESPN. com 2019年3月6日• WMAR2News. com 2019年7月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年7月28日• ESPN. com 2019年9月6日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年9月8日• Boxing Adventure 2019年12月27日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年12月28日• ESPN. com 2019年12月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2019年12月29日• Boxing Scene. com 2019年12月31日• Bleacher Report 2020年1月24日. 2020年2月18日閲覧。 デイリーニュース 2020年2月6日. 2020年2月18日閲覧。 ESPN 2020年2月5日. 2020年2月18日閲覧。 BoxingScene 2020年2月5日. 2020年2月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• gervontaa -• - (英語) 前王者 世界王者 2017年1月14日 - 2017年8月25日(剥奪) 空位 次タイトル獲得者 前スーパー王者 世界 2018年4月22日 - 2019年9月1日(返上) 次スーパー王者 返上により消滅 空位 前タイトル保持者 世界王者 2019年12月28日 - 現在 次王者 この項目は、関係者に関連した です。

次の