当然 類語。 「当然」の類語とは?意味や使い方を含めてご紹介

「当たり前」の意味と使い方・類語・名言・対義語・語源・敬語

当然 類語

一般的な日常においては、あまり聞き慣れない人も多くいるのではないでしょうか、この「至極当然」という言葉ですが、どのような意味を持ち、どういった使い方をするのでしょうか。 当然という言葉は日頃から多く使われる言語ではありますが、これに至極が付き「至極当然」となることによって、どのように変化するのでしょう。 当然というのは「あたりまえ」といった意味があり、使い方としては「夜に寝て、朝起きるのはあたりまえ」のような用い方をしますが、至極が付いた場合の「至極当然」という言語について、どういう意味があるのか、そしてその使い方について、それぞれのケースに応じてご紹介しましょう。 「至極当然」の意味 「至極当然」というのは、この上ない極めてあたりまえのこと、という意味があります。 もうこれ以上の上はない、もっともなことを表しているもので、非の打ちどころのない必然性を意味しています。 あたりまえなことを表現する「当然」には、使い方によって言葉の意味するレベル的な強さが変化します。 例えば「凄く当然」や「かなり当然」といった「当然」という言葉を大きな意味にする表現があります。 しかし、表現のレベルとしては「この上がない」を意味する「至極」を用いた「至極当然」が最高峰の「当然」を表す意味を持ちます。 このように「至極当然」とは「当然」を表現する場合に、最高のレベルで評価する「あたりまえなこと」という意味となります。 至極の意味 ここで「至極当然」にも使われる「至極」について、詳しくご紹介しておきましょう。 先述しましたが「至極」には「この上ない」・「極めて」という意味がありますが、この「この上ない」・」「極めて」とは、究極・極限の域に至っているということから、この上を表すものは何もないという意味でもあります。 このことからも「至極」を使用する場合には、それ相応の場面が求められるものであり、中途半端なことに使用してしまっては、ケースによっては大袈裟な表現となってしまうこともあるでしょう。 使用する場合には、この上ない状況であることが「至極当然」な条件であるといえます。 「至極当然」の使い方 「至極当然」の使い方としては、自分が、或いは誰かが行ったことや言ったことが、極めてあたりまえなことだと考えられる場合に用いられます。 極めてあたりまえなこと、というのは何かの過程があり、その過程に対して相応の結果に導かれる、または相応の結果が予想されるといった場合となります。 誰よりも努力したのだから、良い結果が出たのは「至極当然」のことのように、人の行いを評価する使い方や、自然現象のように決まっていることを表現する場合などにも、地球は自転しているのだから、夜が明けて朝がやってくるのは「至極当然」のことである、といった使い方となります。 「至極当然」の類語・言い換え表現 「至極当然」には「極めてあたりまえ」といった意味があることから、物理的にいっても絶対にそうなるという表現に言い換えられる場合があります。 そのようなことなどを「至極当然」の類語として用いるケースがあります。 それでは「至極当然」の類語として使用されている表現とは、どのようなものがあるのでしょうか。 また「至極当然」の言い換え表現というのは、どういった表現方法なのでしょうか。 「至極当然」の類語と、言い換え表現についてご紹介いたします。 「至極当然」の類語 「至極当然」の類語としては「無論」・「自明の理」・「明白」といったことが挙げられますが、どれも「至極当然」と同じように、言わずも知れたことといった意味を持ちます。 分かりきっていることであり、あれこれと言う必要もないといった意味です。 無論の意味 何も言う必要もなく、はっきりと答えが出ていることです。 また「もちろん」と同じような意味や使われ方をしています。 そのため「無論」を用いる場合でも、その部分を「もちろん」に置き換えて使用しても意味としては同じとなります。 「自明の理」の意味 「自明の理」というのは、道理や論理といったことから、説明することも不要なことであるという意味があります。 そうすればそうなるという、物事の道理を表します。 または「あたりまえなこと」ということです。 「明白」の意味 「明白」というのは、疑う余地もなくはっきりと結論が出ているということです。 刑事ドラマなどでは「明白な証拠だ」といった使われ方をしているのを、聞いた覚えのある人も多いことでしょう。 疑いようのない事実が存在しているということです。 「至極当然」の言い換え表現 「至極当然」をご紹介してきましたが、これに似た表現に「当然至極」という使われ方もあります。 ではこの「至極当然」と「当然至極」にはどのような違いがあるのでしょうか。 どちらも「至極」と「当然」という文字から成り立っていますが、その順番が違います。 ですが、この「至極当然」も「当然至極」も順番が異なっているだけで、その意味や使い方は同じです。 「至極当然」の敬語表現 「至極当然」という表現を用いるのは、日常生活よりもビジネスシーンでの活用が比較的に多いのではないでしょうか。 仕事上の付き合いでは、敬語を用いることがマナーであるケースも多いことでしょう。 では、敬語表現としての「至極当然」はどのように使用すれば良いのでしょうか。 敬語として「至極当然」を目上の人に使用する場合には、です・ます調を用いますが、相手によってはさらに丁寧な敬語にする必要もあります。 その場合には「至極当然なことです」や「至極当然に思われます」を「至極当然なことと存じます」と言い換えることになります。 「至極当然」の対義語 「至極当然」は極めて「あたりまえのこと」であるという意味があるのに対し、結果としてそうなったことの原因がわからないといったことや、理解ができないといったことが「至極当然」の対義語といえるでしょう。 その「至極当然」の対義語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「あたりまえなこと」を意味する「当然」の対義語として「意外」という表現があります。 そうなったことへの理由が「あたりまえのこと」として理解することができる「当然」に対し「意外」とは、その理由が予想もできなかったということを表します。 予想ができないという意味でいえば「未知なこと」と表現されることがある「未知」も「至極当然」の対義語であるといえます。 この結果が「当然」であるということに対し、結果がどうなるか「未知」なことであるという意味です。 「至極当然」の読み方 これまで、このような結果が出るのは「至極当然」といった、過程があり結果が残るという必然の意味があることを主にご紹介してきましたが、人生にはそれだけでは計れないことも多く起こり得ます。 努力することが「至極当然」な人にとっても結果が「当然」なことであるとは限りません。 まったく「意外」な結果に終わる可能性も充分にあります。 ところが素晴らしい功績や結果を生み出す人は「至極当然」のように努力しているともいえます。 ときには、何もせず良い結果を残す人もいるでしょう。 しかしそれは「まぐれ」や「偶然」であることが多く、長い目で捉えた場合には「まぐれ」や「偶然」が続くことは考えにくく、最終的な良い結果は「至極当然」のように努力が必要です。 そしてその行いこそが「至極当然」の結果をもたらすことでしょう。

次の

「感心」の類語の使い方・敬語・「関心」との違い|相手別/ビジネス

当然 類語

英語:、、 彼が怒ったのも 当然だ。 that he angry. それは、 当然のことだ。 a of course. : tietysti, tietenkin, totta , ilman muuta• : persze• : tentu• : certo, per , naturalmente• : 물론 , 당연하다 (), 당연히 ()• : scilicet• : natuurlijk• : selvsagt, naturligvis• : naturalmente, acordo, claro• : supuesto , desde luego• : tabii.

次の

当然(とうぜん)とは何?Weblio辞書

当然 類語

日常的に多く使用されている言葉ですが、「当たり前」の正しい意味と使い方を知っていますか。 当たり前とは、そうあるべきこと、当然であること、普段と同じであること、一般的、当然であることを意味しています。 考えなどが世間で浸透しており、言うまでもないさまを表します。 また、当たり前の使い方は「困っている人が居たら、助けるのは当たり前のことだ」「お金を借りたら、返すことは当たり前のことだ」「悪いことをしたら、謝るのが当たり前だ」「育ててもらった親に感謝するのは当たり前だ」「人に助けてもらったら、お礼を言うのは当たり前だ」など一般的に考えられることなどを示すときに使用します。 また「こんなことをされたら、彼は怒って当たり前である」「全財産の入った財布を落として、彼は悲しんで当たり前である」「彼にいきなりフラれたら、彼女は悲しむのも当たり前だ」など想定される人の感情も表しています。 「当たり前」のフレーズ 「当たり前」という言葉が文章中でよく使用されるフレーズを紹介します。 「当たり前になった」、「当たり前の技術になる」、「当たり前となって」、「当たり前の慰謝と信じて疑わなかった」、「当たり前とおもっている」、「当たり前でないと突き付けられた」、「当たり前のことをする」、「当たり前の人のようなふうをしてはならない」、「当たり前のことであると信じようとしたが」 「当たり前なのですと話してしまったら」、「当たり前のことを考えながら」、「当たり前で物心ついてからでは」、「当たり前の形をしているからである」、「当たり前のこととはいいながら」などのフレーズが文章でよく使用されています。 「当たり前」の類語・言い換え 四字熟語など 当たり前の意味を持つ四字熟語は「凡事徹底」があります。 凡事とは当たり前の事、徹底とはとことん物事に徹すること、凡事徹底とは当たり前のことを行うことを意味します。 「プロのスポーツ選手は凡事徹底を怠らずトレーニングをする」また、似たような意味を持つ「尋常一様」という四字熟語も存在します。 尋常一様とは、ごく当たり前であること、平凡なこと、例外ではないこと、他と変わらないこと、ありきたりであることを意味しています。 例文は「尋常一様な努力ではプロのスポーツ選手にはなれない」、「ここのお店の味のおいしさは尋常一様ではない」といったように使うことができます。 至極当然 また有名な言い回しの四字熟語では、「至極当然」という言葉があります。 しごくとうぜんと読み、この上なく当たり前であること、どう考えても当たり前であること、きわめて当たり前であることを意味しています。 「これは至極当然の流れだ」、「彼が言ったことは至極当然の話だ」といった使い方をします。 「当たり前」に関する名言・ことわざ 雉子の雌鳥ゃ女鳥 難しい言葉ですが、「雉子の雌鳥ゃ女鳥」といったことわざをご存知でしょうか。 きじのめんどりゃおんなどり、と読みます。 疑う余地もないほど、誰が考えても当たり前なこと、分かり切ったこと、わざわざ言わなくとも、わかりきっている自明の理であることを意味しています。 火を見るよりも明らかだ 「火を見るよりも明らかだ」は明らかで疑う余地もない、この上もなく明白であり、燃え盛る火を目の前にして「なにか燃えてるんですか?」といちいち訊ねるより明らかである事、当たり前であることを意味しています。 御神酒上がらぬ神はなし 「御神酒上がらぬ神はなし」です。 日本の神様はお酒を好む神様が多いと言われており、通常神様の前にはお酒がお供えされています。 そんな神様でさえ酒を飲まれるのだから、人間が酒を飲むのは当然であるということを表しており、当たり前のことを示しており、またお酒が好きな人が冗談的な意味合いで自己弁護に使用する言葉でもあります。 色即是空 「色即是空」とは仏教の根本教理といわれ、般若心経などにも含まれている言葉でもあり、色は、宇宙に存在するすべての形ある物質や現象を意味し、空は、恒常な実体がないという意味を表しています。 この世の形ある全てのものは、仮の姿であって、永遠に変わらないものはないという事、つまり当たり前の日々を大事に生きよという教訓を表した言葉です。 北に近づけば南に遠い 「北に近づけば南に遠い」は言葉通り、一方に都合がよければ、他方には都合が悪いということのたとえ、また、あたりまえであることのたとえを意味しています。 北に行けば南から遠くなるというほど、わざわざ言うまでもなく分かりきっていることや至極当たり前の事実を意味しています。 柳は緑花は紅 「柳は緑花は紅」という言葉はご存知でしょうか。 やなぎはみどりはなはくれないと読みます。 ごく当たり前のことや、物事にはそれぞれ自然の理が備わっていることを意味しています。 また、理にかなった自然のあるがままの姿を表したものや、当たり前のことのたとえに対して使われるでしょう。 他にも、物にはそれぞれ特性があることのたとえや春の景色の美しさの形容としても使用される場合があります。 自明の理 「自明の理」とはあれこれ説明する必要のない当たり前のように明白な道理やそれ自身で明らかな論理を表しています。 また、わざわざ説明しなくても明らかな事実や意味を表しています。 また、自明の理に使われ方は「安物の機械が壊れやすいのは自明の理だ」「家に鍵をかけないで外出すれば、泥棒に入られるのも自明の理だ」など理屈があって当然そうなるという道理やニュアンスなどで使用されている言葉です。 感謝 当たり前の日々に感謝をする、といった文章がありますが、どのような意味を持つでしょうか。 ここで使われている当たり前とは、日々の日常を表します。 ありがとう、の反対は当たり前だと言われています。 当たり前のように毎日食べているごはんや、当たり前のように一緒に居る家族や友達、蛇口をひねれば当たり前のように水が出てくるなど非常に些細な事でも、毎日繰り返すことによって、あって当然であると当たり前の感覚になり、忙しい日常の中で感謝が薄れやすくなってしまいます。 「当たり前の日々に感謝する」といった言葉は感謝を忘れないための大切な言葉です。 いかがでしたでしょうか。 日常会話だけでなく、テレビや雑誌などのメディアなどでも一般的に使用されている当たり前という単語ですが、たくさんの言い換えや類語が存在しています。 当たり前もビジネス面や目上の人に使用するときは敬語に言い換えするようにしましょう。 ありがとうの反対語が当たり前と言われるほど、当たり前の日々は感謝や感動を忘れがちです。 これらの言葉やことわざから、当たり前の日々から幸せを見つけることは非常に大切であると紹介しました。 また、当たり前という単語に関連することわざは、初見の方も多かったのではないでしょうか。 そして関東に住んでいる人にとって、当たり前が東京弁であることは予想外だったでしょう。 また、「当たり前」の名詞やフレーズなども多く紹介しました。 当たり前の正しい使い方や語源を把握して、ビジネスでは正しいフレーズを使うようにしましょう。

次の