ウイルス 性 胃腸 炎 大人。 ウイルス性胃腸炎の症状や原因は?潜伏期間や感染経路は?

【急性胃腸炎】 大人の原因や症状とは? 熱がある時の食事はどうする?

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

大人が胃腸炎を完治するまでの期間とは? 潜伏期間に関しては様々ですが、発症後から完治までの期間経過は、だいたいこの3つが多い傾向です。 嘔吐が1~2日間続く場合• 嘔吐が1日数回が3~4日続く場合• 下痢が3日~1週間以上続く場合 症状が軽い胃腸炎でしたら、だいたい 1週間程度で回復すると考えられます。 ただし、細菌やウイルスによっては症状が長く続き体力を奪う事で他の疾患を併発する恐れもありますので様々な体調の異変に注意しましょう。 私も何度となく胃腸炎を経験しましたが、その中で 一番酷い症状だったのが 細菌性胃腸炎です。 夕食で食べたカニのグラタン(カニの甲羅の中にグラタンが入っているタイプ)のだったのですが市販のもので、尚且つ加熱して食べたにも関わらず感染し胃腸炎を起こしました。 通常、胃腸炎の原因かわからないパターンも多いと思うのですが、その時カニのグラタンを食べたのは私と飼い犬だけで、まず犬が嘔吐を初め、遅れる事30分後に私も嘔吐の症状が表れました。 その後は、嘔吐と下痢を繰り返し立って歩く事も辛い状況で翌日に医療機関を受診したのですが、その時には既に脱水症状でした。 点滴にて水分を補給し回復にいたったのですが、このように胃腸炎は誰でも何処でも何時でも発症します。 感染性の胃腸炎3つの症状 主な胃腸炎の症状としては、• 腹痛 などがあります。 細菌やウイルスの種類・毒素によっては、• 疲労感 があり、適切な処置を怠ると、脱水症状(電解質喪失症状)も起こりえます。 細菌性胃腸炎は、 一般的に食中毒とも呼ばれ、適切な対処をしないと酷い下痢になると、水様便や血便も見られ重症化する事もありますので、その様な状況の時は医療機関にて受診して下さい。 期間が長い?やっかいなストレス性の胃腸炎とは? ストレス性の胃腸炎だと結構やっかいです。 通常の1週間ほどで完治する胃腸炎がストレス性だとさらに長くかかる可能性があります。 ストレス次第という事ですね。 ストレス性胃腸炎の主な3つの原因• 精神的ストレス• 暴飲暴食• 薬の服用による胃への負担 ストレス性胃腸炎5つの症状• 吐き気• 不快感 感染性胃腸炎の様な 激しい嘔吐は稀です。 そして、感染性胃腸炎の様に急性ではなく、 ストレス性胃腸炎は慢性化している事が多いです。 完治するにはストレスとなる原因を解決していかないといけないので、数週間も長くストレスによる胃腸炎を感じていたら、専門医に相談される事をお勧めします。 ストレス性胃腸炎の症状を和らげる7つの対策• 環境の改善• ストレスの解消• 発想の転換(思想)• 体質改善• 軽い運動(ウオーキング)• 生活習慣の改善• 自分を知らない第3者との会話 直接、胃腸炎には関係ないと感じるかもしれませんが、ストレスの原因解決が簡単に出来ないものであったとしたら、ストレス以外で楽しみを見つける事も大切だと思います。 完治を早める5つのコツ! 1)病院での点滴処置が効く 軽い症状の胃腸炎であれば水分補給と食事療法で自然に治癒すると思いますが、症状が一過性の嘔吐、下痢に留まらない場合などは知らず知らずのうちに脱水症状に陥っている事があります。 お薬など服用がなくても、 点滴などで水分が体内に補充されることで劇的に体は楽になります。 2)水分を摂る 嘔吐、下痢などで確実に体内の水分は不足傾向にあります。 喉が渇いたと言う自覚症状がなくてもまめに水分補給を心がけましょう。 水分や体内の電解質(塩分やカリウム)の補給のためにも経口補水液がお勧めです。 経口補水液は吐いてから30分ぐらい間をおいて、落ち着いてきたら1回に少量から次序に量を増やしていくと効果的です。 3)下痢止め、吐き気止めは使わない 下痢止めや吐き気止めを使用してしまうと、体内で菌やウイルスが満栄して症状を悪化させてしまいます。 菌やウイルスは腸で増殖するので酷くない限り、自然のままに下痢にて排出しましょう。 そして、症状が落ち着いてきた後でも体内から排出した便の中には、死滅していない菌やウイルスが混在している時があるので、手荒いと消毒にも気をつけてください。 4)症状が落ち着くまで食事は控える 早くに体力をつけたいので無理をしてでも食事を摂るべきなのか? と、考えてしまいますが 胃腸炎で嘔吐下痢の症状が落ち着いてない時は食事を控えた方が良いです。 食べたものと一緒に胃液や水分まで排出してしまうのでかえって胃腸を痛めて、栄養の低下を招いて回復を遅らせてしまいます。 また、感染性胃腸炎での嘔吐物には菌やウイルスが含まれていて嘔吐物を触った方が二次感染してしまう恐れもあります。 5)出来るだけ安静に心がける 感染し辛い症状を起こしているのであれば体を休めないといけないと言うサインです。 無理に動いて症状を悪化させてしまったり、周りの方に感染を拡大させないように配慮しましょう。 まとめ 軽い症状で食あたり程度のものでしたら先に紹介しました5つのコツで早期に完治すると思います。 食事のことや、下痢止めの事などは知らないで行ったことが逆に完治を遅らせる事になりかねないので心に留めておいて頂けると嬉しいです 酷い嘔吐や下痢だと食中毒を疑い、症状が続く場合や、激しい嘔吐、水様便や血便などの症状がある場合は取り急ぎ、医療機関にて治療を開始して下さい。 原因菌が同じでも胃腸炎として完治するものもあれば、「病原性大腸菌」の中でも腸管出血性大腸菌 O-157 の様に「指定伝染病」もあります。 正しく見極めて、適切な対応をとってくださいね。

次の

感染性胃腸炎に大人がかかると症状は?嘔吐なし・下痢のみ・お腹がゴロゴロする?

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

急な腹痛や、吐き気・嘔吐、下痢、発熱……こうした症状を経験したことのある方は多くいると思います。 これらの症状がみられた場合にはどういった疾患を疑うべきでしょうか。 腹痛や、吐き気・嘔吐、下痢、発熱が突然あらわれる疾患として最も多いと言えるのが、ウイルスや細菌に感染したことでを引き起こすです。 この疾患は例年、11~2月の時期に最も多く発生する感染症で 1 、感染力が強いことから周囲に罹患した方がいる場合には感染が拡がらないように注意することが必要です。 では感染性胃腸炎はどのような疾患で、診断や治療、そして予防はどのように進めればよいのでしょうか。 本記事では千葉市立海浜病院小児科部長の橋本祐至先生に、感染性胃腸炎について詳しくお話を伺いました。 感染性胃腸炎とは? は下記のような症状が突然あらわれます。 【 感染性胃腸炎の症状】• 嘔気・嘔吐• 発熱 など、こうした症状があらわれた場合には感染性胃腸炎が疑われます。 感染性胃腸炎の原因 ~ウイルス性・細菌性 それぞれ治るまでの期間は~ は、ウイルスや細菌などの病原体に感染することで発症します。 感染した病原体によってと細菌性に大別されます。 ウイルス性胃腸炎 感染性胃腸炎の大部分は、ウイルス性胃腸炎です。 ウイルス性胃腸炎の病原体としては主に、ロタウイルス、アデノウイルスの3つが多いとされていますが、その他にもアストロウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルスなどの胃腸炎も少数ながらあります。 ノロウイルス 発症時の嘔吐・下痢症状は比較的強いですが、2~3日で比較的元気になることが多いのが特徴です。 潜伏期間は1~2日で、感染力が強いため、秋~冬場に爆発的に流行する傾向があります。 初期に強い症状がみられるため、発症すると大人でもかなり辛いと訴えるケースが多くあります。 しかし症状がみられるのは始めの2日程度で、比較的早期に治癒される方が多いです。 ノロウイルスは秋~冬にかけて感染するケースが多くなると考えられています。 ロタウイルス 他のウイルス性胃腸炎に比べると、病初期に39度台の高い発熱を伴うことが多いのが特徴です。 嘔吐は他の胃腸炎と同様1~3日程度で治まりますが、その後もひどい下痢だけが1週間ほど長引くことが多いです。 ロタウイルスに感染すると胆汁の分泌が悪くなるため、便の色が薄くなり、レモン色になることがあります。 重症の方では便の色がさらに薄くなり白っぽくなることもあります。 お子さんが発症した場合には、保護者の方が患者さんの受診を決定するかと思いますが、受診のタイミングとしては脱水症状が深刻になる前というところがポイントです。 お子さんが嘔吐をしている場合には、保護者の方は脱水を心配されて積極的に受診されますが、嘔吐がおさまり下痢だけになると水分が取れていれば大丈夫だろうと考え、病院を受診されないことが多くあります。 そうした判断により、最終的に深刻な脱水状態に至ってから来院されるケースもあります。 ロタウイルスによる胃腸炎では下痢が長引きますので、脱水症状が重症化する前に受診するようにしてください。 ロタウイルスはもともと冬場の発症が多くありましたが、近年では2~5月ごろの春先で暖かくなってきた時期にも多くみられます。 アデノウイルス 発熱や嘔吐はあまり目立たず、下痢や腹痛が目立ちます。 下痢だけの症状があり、あまりにも長引くので受診してみると、アデノウイルスによる胃腸炎だったというケースもあります。 症状が悪化することは少ないですが、下痢は1週間程度続くことがあります。 しかしロタウイルスほど水分を喪失してしまうことは少ない傾向にあると感じています。 アデノウイルスは季節を問わず発症が散見されます。 これらが主なウイルス性胃腸炎の原因になっていますが、この3つ以外にもアストロウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルスが胃腸炎の原因になることもあります。 細菌性胃腸炎 感染性胃腸炎の原因の多くはウイルス性ですが、なかには細菌への感染が原因となって発症する場合があります。 これが細菌性胃腸炎です。 細菌性胃腸炎の病原体は、病原性大腸菌、菌、カンピロバクター、エルシニアなどで、小児でもしばしば発症がみられます。 細菌性胃腸炎は、嘔吐を伴うことはありますが、症状の中心は腹痛、下痢、血便などの下腹部症状です。 感染性胃腸炎の感染経路は? ウイルス性胃腸炎の主な経路は「接触感染」 主な感染経路は病原体が付着したものや人に接触したことで感染する接触感染です。 接触感染には下記の2つのパターンがあります。 直接接触感染 感染源から直接、伝染する感染経路です。 たとえば、を発症したお子さんと保護者の方が遊んだりして触れ合っているうちに伝染してしまうケースなどがあります。 間接接触感染 病原体が媒介物を介して伝染する感染経路です。 たとえば、の患者さんと直接触れ合っていなくても、ウイルス性胃腸炎の患者さんが使ったタオルやコップ、触ったドアノブなどに触り、その手で口の付近や食べ物に触れることで伝染してしまうケースがあります。 ノロウイルスや細菌による胃腸炎は「経口感染」で発症することも の場合には、生牡蠣や貝類を十分に加熱しないで摂取した場合や、ノロウイルスに感染した人が調理をすることで汚染した食品を食べた場合のような経口感染もあります。 また細菌性のの感染経路には、食事(肉類、鶏卵)水(井戸水)などが挙げられます。 こうしたものが細菌性胃腸炎の原因になることが多いです。 感染性胃腸炎の検査方法 検査は必須ではない であると考えた場合は、どのウイルスであるかが明らかになっても、基本的な治療方針は変わらないため、一般外来ではウイルスを特定する検査を行わないことがあります。 さらにウイルスや患者さんの年齢・状態によって、検査に保険が適用されるかどうかが変わってきます。 たとえばは、3歳未満・65歳以上の方などを対象に健康保険が適用されているため 2 、保険適用の対象者以外の方では一般的に検査を行わない場合が多いのです。 ただし入院の場合には、入院の部屋割りを決めるために当院では保険適用外でも検査を行っています。 は感染力が強いため、院内感染を起こさないように同じウイルスや細菌のに罹患している方を同じ部屋割りにするようにしています。 また、感染性胃腸炎の原因でもお話したように、ウイルス性胃腸炎の検査で迅速検査が可能なウイルスはノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスの3つのみです。 そのため検査で陽性にならなかったからといって「ウイルス性胃腸炎ではない」ということにはなりません。 検査を行わない場合でも、感染したウイルスによって症状が異なるため、多くの場合は症状からウイルスの種類を判断していきます。 ノロウイルス…… 嘔吐症状がひどく、患者さんは辛さを訴えるが、症状は2日程度で治まる。 ロタウイルス…… はじめに高熱が出て、嘔吐は1~3日程度だが下痢が長く続く。 アデノウイルス…… 高熱を出す患者さんは少なく、熱が出ても38度程度。 嘔吐も少なく下痢がメイン。 このようにそれぞれのウイルスに症状の特徴があるため、検査を行わない場合には上記のような症状を目安として、原因ウイルスの検討をつけていきます。 ただし、実際には症状のみから明確な区別は難しいのが現状です。 ウイルス性胃腸炎の検査 ウイルス性胃腸炎で検査を行う場合には、のように綿棒の検査キットを用いて調べることが多いです。 インフルエンザの場合には鼻の粘膜を調べますが、ウイルス性胃腸炎の場合には便を調べます。 結果は10~15分程度でわかります。 ロタウイルスとアデノウイルスの検査は保険適用されていることもあり、一度で両方を調べることができる検査キットが登場しており、検査の際にはこのキットが使用されることが多いです。 細菌性胃腸炎の検査 細菌性については、便培養検査になります。 多くの病原性菌、そして病原性のない腸内細菌は、染色して顕微鏡で覗くと赤色に染まった細長い菌(グラム陰性桿菌)として見えます。 しかしカンピロバクターは細長ではなく、螺旋状またはS字状の形をしているため、カンピロバクターに関しては顕微鏡で調べることですぐ判断がつき、検査後、迅速で推定的な診断ができます。 一方、その他の病原性菌は検査後2~3日の間、菌を培養してから判断をするため結果がでるまでに少し時間がかかります。 治療の主体は、嘔吐・下痢がひどく脱水が強い場合は点滴、発熱・腹痛がある場合は解熱鎮痛剤といったように症状を緩和する治療を行いながら、自然に回復するのを待ちます。 で嘔吐・下痢をしているときに無理に食事をしても体は受け付けてくれません。 まずは電解質や糖がバランスよく配合された経口補水液を口から補給する方法(経口補水療法)を行って、脱水やを防ぐことが必要です。 薬品メーカーから各種経口補水液が販売されていますが、水1000mlに砂糖40g、塩3gを混ぜると簡単に自宅で経口補水液を作ることができます。 フレーバーとしてレモンやグレプフルーツなどの果汁を少し加えてもよいでしょう。 体重(kg)と同じ量(ml)を5分おき、または倍の量を10分おきに少しずつ飲ませると、1時間輸液をするよりも多い量の水分をとることができます。 細菌性胃腸炎の治療 細菌性の場合、感染した細菌の種類に応じて抗菌薬を使用します。 しかし便培養検査で原因菌が同定された頃には症状が軽快しているケースもしばしば認めます。 症状が軽快している場合には抗菌薬治療は不要になることもあります。 感染力が強い感染性胃腸炎の予防方法とは? 手洗いや消毒を励行する ウイルス性にしても、細菌性にしても、最も重要なのは手洗いや消毒の励行です。 作成した消毒液は、保存しておくと子どもが間違えて飲んでしまう可能性がありますので、作成したそのときに使い切ったほうがよいです。 病院では患者さんのベッドの周囲や手すりを、看護師や看護師補助の方がこまめに消毒してくれています。 さらに患者さんと接触したり、診療を行ったり、入院している部屋に立ち入った後には、こまめに手洗いを徹底しています。 感染力が非常に強い疾患ですので、こうしたこまめな対応が必要になるでしょう。 また、アルコール除菌などを使って水で流さずに手の消毒をすれば大丈夫と思っていらっしゃる方もいますが、の原因となるウイルスはアルコールに耐性であるため、流水でしっかりと洗っていただかないと感染予防が万全ではありません。 ぜひ水で流して手洗いを行ってほしいと思います。 小児には「ワクチン接種」による予防法もある また、ロタウイルスにはワクチン(内服)があります。 ワクチンによって2回接種のもの、3回接種のものがあります。 しかしこうしたワクチンの接種は、すべての方が受けているわけではありません。 その理由には下記のようなことが挙げられます。 ワクチンの接種費用が自己負担である• ワクチン接種の期間に制限がある ワクチンの接種費用は自己負担で、だいたい計2万円半ば程度になります。 また接種の期間に制限があり、初回接種は14週6日(3か月半程度)まで、2回目以降の接種はワクチンよって異なり、2回接種のワクチンは生後24週まで、3回接種のワクチンは生後32週までに接種を終了しなければならないと定められています。 こうしたハードルがあることから、ワクチン接種を受けないという選択をする方もいらっしゃいます。 日本ではウイルス性胃腸炎によって嘔吐や下痢になっても、近くに病院があり早くに処置を受けられる体制が整っています。 しかし、発展途上国ではそうした整備が整っていない地域も多く、そうした国では予防としてワクチン接種をしていこうと進めているところもあります。 日本では接種を受けるかどうかは保護者の方々の考え方と、経済的な観点からの判断に任せられています。 現在はロタウイルスに対するワクチン接種に対しては公費助成ががなされていないため、自己負担額が大きくなっていますが、今後公費助成の対象となれば、ワクチン接種の状況は変わってくる可能性があるといえるでしょう。 さらに、大人に比べて子どもでは、体重が少ないため循環血漿量も少なく脱水に陥りやすい、貯蔵糖が少ないため大人よりもになりやすいという傾向があります。 そのためお子さんが感染性胃腸炎を発症したときには、大人の場合よりも注意が必要です。 とくに、お子さんが感染性胃腸炎を発症した場合には、保護者の方は発症した本人ではないため、体の具合や病気の程度を判断することが難しいケースもあるでしょう。 感染性胃腸炎の発症が疑われる際には、嘔吐だけではなく下痢症状にも注目して、お子さんが深刻な脱水症状に陥らないよう、しっかりと注意して見守っていただきたいと思います。 metro. tokyo. mhlw. html.

次の

大人がウィルス性胃腸炎に感染したときの治療法や食事のタイミングは?

ウイルス 性 胃腸 炎 大人

キッチンハイターなども次亜塩素酸なので薄めて拭き取り消毒しましょう。 また、1年中感染してしまう危険性の高いウイルスで、 症状は呼吸器系の症状だけでなく、 眼の症状や消化器の症状などと幅広く、 それぞれの症状によって アデノウイルスの型が違います。 片眼に発症し、その後両眼性となる。 アデノウイルス8型である。 院内感染に注意 — ORT国家試験bot omemegoroawase アデノウイルス… 治療法が無いらしい… — 阿部 チームABE クラロワ 84484a8ecb8840d アデノウイルスの潜伏期間と感染経路は? アデノウイルスの 潜伏期間は、 ウイルスに感染してからだいたい 5日〜7日ぐらいと言われており、 ノロウイルスの 1日〜2日と比べると長い間感染状態が続くことになります。 アデノウイルスの感染経路は、 便などの排泄物に触ること以外にも感染者との直接接触や飛沫感染などもあり、 非常に感染力の強いウイルスであると言えるでしょう。 ウイルスが強いためにドアノブ・蛇口・つり革など どこにでもついてとどまっているために手からの感染にも注意が必要です。 その手で直接目を触ると目からも感染してしまします。 したがって、自分の感染に潜伏期間中は気が付かず、 知らないうちにまわりに感染を広めてしまう恐れのあるとても厄介なウイルスなのです。 子供の場合は学校生活やプールなどの場所で感染者がいれば流行することがあります。 6月頃から夏にかけてはプールで感染者の便や唾液などに 直接触れてしまうことで感染することが多いためにプール熱とも呼ばれます。 大人は子供を看病する過程で二次感染することが多いようです。 非常に感染力が強く症状が治まった後もウイルスが便からは1か月程度、 飛沫からは2週間程度に出るのがこのウイルスの特徴的なところで、 完治したと思っても二次感染を防ぐためにマスクやトイレの後の念入りな手洗いは欠かせません。 飛沫感染だけでなく、飛沫が飛んだところへの 接触感染にも十分な注意が必要です。 アデノウイルスの症状大人と子供では違う症状からのことが多い? アデノウイルスは別名 プール熱とも呼ばれ子供がプールで感染することが多く、 その場合目や口からの感染になり直接目にウイルスが入ることで目の症状からの発症となることが多いです。 一方大人は直接ではなく感染者の飛沫などを触ったりすることによる感染が多く、 喉の痛みからはじまり咳が出るようになります。 最初に目に症状が出にくいことで他の病気と間違えることもあります。 そして大人には免疫力がある場合が多いので発症はしにくいけれど、 発症すれば重症化することも多いので気をつける必要があります。 風邪のような症状で治まることもありますがその時の 自分の体力やウイルスの強さ・型によっては逆に症状が重くなる場合があるので 風邪のような症状で始まっても様子がおかしく感じたときは 重症化する前に風邪や胃腸炎ではなく アデノウイルスを疑って診察してください。 アデノウイルス感染症の中でも結膜炎と肺炎は要注意!? アデノウイルス感染症にはウイルスの型によっていくつかの病気があるのですが、 中でも感染力と発病率がとても高いのが流行性の 結膜炎と 肺炎です。 特に症状が激しいので注意することが必要です。 流行性結膜炎 流行性結膜炎を引き起こすのは主に 8型・19型・37型のアデノウイルスなのですが、 この病気にかかると一度に両目とも発病してしまう恐れが高いことが知られています。 症状としては、眼部の激しい痛みやかゆみ、涙目、充血などに加え、 大量の目やにが生じ、まぶたが腫れて熱を出すこともあります。 また、不用意に患部に触れることで複合感染を引き起こしてしまう可能性もあるので、 症状がおさまるまでは眼帯をして、手で直接触れることは避けるようにしましょう。 新型のウイルスの 53型・54型・56型は 流行性結膜炎を起こしますが、他の症状は出にくくなっています。 肺炎 肺炎を引き起こす アデノウイルスにはいくつかの型があるのですが、 要注意なのは 3型・7型のウイルスによるものです。 なぜかというと、このタイプは 重症化してしまうリスクが高いからなのです。 肺炎が重症化してしまうと 髄膜炎を起こしやすくなります。 髄膜炎とは、脊髄にある髄膜という組織が炎症を引き起こすもので、 生きていくために重要な神経束の機能を狂わせてしまうのです。 具体的には髄膜炎が長引くことで麻痺や意識消失、 痙攣発作などの 重篤な症状に陥り、 後遺症として何らかの障害が残ってしまう危険性が高まることや 最悪の場合死に至ることなど、本当に怖い病気なのです。 ある調査によると、ここ最近日本人の死亡原因として肺炎が急上昇しているようです。 風邪で熱っぽいとか喉が痛くて食べ物が飲み込めないという症状が出たら、 風邪と甘く考えず、早めに病院へ行って診察してもらうようにしましょう。 膀胱炎 この 11型のウイルスに感染すると目でみてはっきりわかる血尿が出ます。 痛みも伴い心配になりますが症状は数日で治まります。 膀胱炎の症状が辛い場合には長引かせないためにもすぐに受診して 膀胱炎の治療しないとむくみや他の症状が出てきてしまうことがあるので注意が必要です。 胃腸炎 31型・40型・41型のウイルスに感染すると胃腸炎の症状が出ます。 嘔吐・下痢が症状として出ますが乳幼児の感染が多く見られます。 他の発熱などの症状は重くでることはありませんが、脱水には充分な注意が必要になります。 食事が摂りにくい場合は病院での点滴など体を衰弱させないように気をつけます。 アデノウイルスに大人が感染してしまった場合、どうすれば良いの? アデノウイルスはとても感染力の強いウイルスなのですが、 発症しても一部の重症化するケース以外は、 時間の経過と共に自然治癒することが知られています。 また、アデノウイルスに対して効き目のあるワクチンや抗生剤は 今現在まだ開発されていないため、基本的には安静にして 他人との接触をなるべく避けるということが感染を拡大させないためにも大切になってきます。 アデノウイルス感染症は 抗生剤が効かないとされているのですが、 治療するときには抗生剤が処方されることもあります。 これは発病時に免疫力が落ちることで起こる他のウイルスによる 複合感染を防ぐという目的で投与されます。 風邪と間違えるような症状の時でもまわりで子供の流行がある場合には アデノウイルスを疑い病院で診察してもらわないと自分がまわりにうつしてしまうことになります。 軽く目に症状がでているだけの場合もうつさない心がけが必要になります。 子供と違って無理ができてしまうので高熱の出ない場合があります。 そのような時にもしっかりと初期に完治しないとウイルスによる病気なので自分も症状が進むことになります。 大人の場合は免疫力がしっかりとしているので、初期段階での複合感染を防いで、 現在発病している症状を抑える治療を きちんと行いながら自然に治癒することを待つことになります。 回復までに目の症状の充血・目ヤニは 1週間から10日程、 発熱やのどの炎症や痛みは 3日から7日程で症状が治まります。 大人は高熱が出ると症状が重くなるために回復までに子供よりも時間がかかります。 症状の重さによっても違いがありますがアデノウイルスの症状だけで 重症化しなければ10日前後で回復してくるようです。 大人の場合無理をして完治する前に社会生活に戻ることで完治まで長引くことがあります。 感染したら子供の場合でも症状が治まってから 2日は登園・登校禁止と病院で言われると思います。 大人もそうできればいいのですが症状が治まって 会社などに出社したい場合はうつすかもしれないことを相談してみることもうつさないためには必要になります。 まとめ 最後になりますが、 アデノウイルスに大人が感染してしまった場合の 潜伏期間は約 5〜7日ぐらいで、発症してしまったら複合感染など 重症化しないよう絶対安静にするようにしましょう。 アデノウイルスに子供が感染してしまった場合、こちらをぜひ参考にしてください!.

次の