確定 申告 源泉 徴収 票 不要。 確定申告で源泉徴収票の添付が不要に!電子交付でも紙の原本なしで対応可能

源泉徴収票の見方「確定申告に役立つポイント」源泉徴収票の添付不要

確定 申告 源泉 徴収 票 不要

添付不要となる書類 給与や年金の源泉徴収票など全8種類 改正により添付が不要となるのは以下の書類です。 給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票• オープン型の証券投資信託の収益の分配の支払通知書• 配当等とみなされる金額の支払通知書• 上場株式配当等の支払通知書• 特定口座年間取引報告書• 未成年者口座等につき契約不履行等事由が生じた場合の報告書• 特定割引債の償還金の支払通知書• 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例における相続税額等を記載した書類 給与所得の源泉徴収票の「原本」「コピー」問題が解決? 今回の改正で一番大きな影響があるのは、源泉徴収票が添付不要となることでしょう。 なかでも、給与所得の源泉徴収票については、近年は大企業を中心に電子交付(会社独自のシステムからのプリントアウト、メール添付など)が増えてきており、確定申告の現場ではちょっとした問題が起きていました。 というのも、確定申告書に添付する源泉徴収票は「原本」でなくてはならず、上記のような電子交付された源泉徴収票を印刷したものは「原本」ではないため、添付書類としては厳密にはアウトだったのです。 たとえ電子交付されていたとしても、あくまで「会社から改めて書面交付してもらった源泉徴収票を添付せよ」というのが建前だったわけですが、現実的にはプリントした源泉徴収票でも受け付けてもらえるケースも無くはなかったようです。 改正後は、このような問題はひとまずなくなります。 ちなみに、電子申告を行う場合には、従来より源泉徴収票等の添付は不要です。 いつの年分から添付不要となるのか? 2019年4月1日以降に提出する確定申告書等から 源泉徴収票等の添付が不要となるのは、 平成31年(2019年)4月1日以降に提出する確定申告書等からです。 平成30年分以前の申告書でも添付不要 基本的には 令和元年分の確定申告書から添付不要となりますが、 平成30年分以前の申告書であっても、 平成31年4月1日以降に提出する場合には添付不要です。 たとえば、平成30年分について今から還付申告(期限後申告)を行う場合でも、源泉徴収票等を添付する必要はないということです。 添付が必要となる場合も 申告済みの税額が過大だったため 更正の請求を行う場合には、改正後でも源泉徴収票等の添付を求められるケースがあります。 更正の請求については、請求をするに至った理由を説明するための根拠資料を添付しなければならないためです。 たとえば、給与所得の源泉徴収票の金額の転記ミスにより税金を納め過ぎていた場合には、正しい金額を証明するための書類として源泉徴収票を更正の請求書に添付することになります。 当事務所のサービスメニュー・料金について.

次の

確定申告で源泉徴収票の添付が不要に!電子交付でも紙の原本なしで対応可能

確定 申告 源泉 徴収 票 不要

【確定申告】ズボラなあなたへ 確定申告での添付を省略できる書類 税制改正によって、いくつもの書類の添付を省略しても構わないということになっています。 その書類は全部で8種類あり、以下の通りです。 源泉徴収票• オープン型投資信託の収益における支払通知書• 配当等と見なされるものの支払通知書• 上場株式配当等の支払通知書• 特定口座年間取引報告書• 未成年者の口座等の理由で契約不履行等事由が生じた場合の報告書• 特定割引債の償還金支払通知書• 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例における相続税額等記載書類 書類の添付省略が可能になったタイミング こうした書類の添付省略は、2019年4月からの申告において有効です。 実際には、3月15日に確定申告は終わっていますので、給与所得者が恩恵に預かれるのは2020年に行う確定申告分ということになります。 もちろん、何らかの事情で期限後の申告を行う必要が出てきたという場合には、書類添付の省略が可能です。 また、還付申告を新たにする場合にも、この新しい制度が適用されることになります。 源泉徴収票の添付が省略されるようになったいきさつ 今までは給与所得を得ている人は、一律確定申告の際に源泉徴収票を添付する必要がありました。 しかし、この改正によって基本的にどのケースでも添付を省略できます。 これは、マイナンバー制度のおかげです。 みながマイナンバーを持つようになり、電子的に給与所得や控除額、税額などのデータが税務署に集約されるようになっています。 そのため、わざわざ紙の源泉徴収票を見なくても、税務署側ですぐにデータを照合できるのです。 もはや源泉徴収票を添付する意味はなくなり、より効率的に税額の正確な計算や照合が可能となっています。 マイナンバー制度によって簡素化されているものは多い 2019年から源泉徴収票の添付は不要となっていますが、すでに一部の書類では提出がいらなくなっているものもあります。 その一つが医療費控除をする際の、医療機関からの領収書です。 これは、健保組合が医療費にかかった情報を税務署に提供することによって、領収書がなくても一元管理できるようになっているためです。 電子的にすべての医療費情報が集められていますので、わざわざ領収書を出す必要がないのです。 こうした手続きの簡素化は両者、つまり納税者にも税務署側にもメリットを生みます。 納税者側としては、一年間すべての医療費領収書を保管して、すべて提出しないといけないというのは結構な手間です。 また、保管している段階で紛失したり破損してしまったりして、正確に申告ができないこともあります。 また、確定申告前にすべての書類をまとめて整理し、その上で添付するというのも面倒な作業です。 税務署としても、たくさんの書類をいちいち確認するのはかなりの手間となっていました。 それがすべて画面上で把握できるようになっていますので、この作業簡素化のメリットは計り知れないものがあります。 医療費領収書の保存義務があるのかどうか すでに提出不要となっている医療費の領収書の保管義務は、どの書類を添付するかによって変わってきます。 確定申告において領収書そのものの添付は不要なのですが、代わりに明細書か「医療費のお知らせ」を提出する必要があります。 明細書とは、治療を受けた人の情報や医療費などをまとめたものです。 この明細書を提出している場合には、領収書を5年間保管しないといけません。 一方で健保組合から送られてくる「医療費のお知らせ」を提出する場合には、領収書を保存する義務はありません。 そのため、不要になった領収書は破棄しても問題ありません。 源泉徴収票は保管する義務がある このように、医療費の領収書については、その提出する書類によって保管義務の有無が変わってきます。 一方で源泉徴収票は保存義務が課せられています。 確定申告の際に添付する必要はなくなったとはいえ、保存は必要ですので間違いないようにしましょう。 5年間は保管義務がありますので、もし提出を求められても大丈夫なように、大事に保管しておきましょう。 2019年の改正によって、確かに源泉徴収票の添付は不要となりました。 しかし、それ以外の作業は省略されているわけではありません。 前述の通り、源泉徴収票の保管義務については変更がありません。 また、所得計算も同様に行う必要があります。 申告会場や税務署などで申告書を作って提出する場合、源泉徴収票を脇に置いて見ながら金額を入れていくことになります。 そのため、源泉徴収票を税務署に渡す必要はありませんが、申告をする際には持参した方が良いのです。 確定申告の作業の効率化が進んでいる 作業が簡素化されているとは言え、実際には少しずつ進んでいるといったところです。 より税の電子化が進んでいくにつれて、自動的に源泉徴収票の内容が参照されるなどのシステムができる可能性はありますが、今のところは源泉徴収票の必要性はまだまだあるのです。 スマホによる申告書作成などができるようになっている 電子的に確定申告ができるようになっていますので、これだけでもかなり作業が楽になっています。 さらに今ではスマホでの確定申告書作成ができるようになっています。 そのスマホ申告では、よりシンプルな入力で済むようになっています。 たとえば、所得控除の項目では、医療費控除と寄付金控除以外の欄については合計額のみの記載となっています。 また、源泉徴収によって所得控除がされている場合、所得控除額の記載も簡素化されています。 実際に確定申告をする時に、源泉徴収票の内容と変わらなければ、その内訳を書かなくても良いとしているのです。 合計額を記入するだけで大丈夫ですので、記入の手間と合計額のチェックの手間を省けます。 まとめ 2019年からマイナンバー制度のおかげで確定申告で源泉徴収票の添付は不要となっています。 とはいえ、書類の保管義務や参照の必要性は残っています。 これからさらに電子化によって申告が効率化されて、作業がシンプルになっていくことが期待されています。 新しい申告の方法に慣れて、より楽なやり方を採れるようにしましょう。

次の

【徹底解説】確定申告が必要な人、不要な人とはCredictionary

確定 申告 源泉 徴収 票 不要

キーワード :• 令和元年度の確定申告が2月17日からスタートした。 3月16日までの約1カ月間、税業界は年一番の忙しさになるが、今年の確定申告は、平成から令和への改元にともない「令和元年分以降用」として確定申告書類が新しくなるなど、いくつか変更点があるので注意したい。 今年の所得税の確定申告から、給与や公的年金などの支払者から交付される「源泉徴収票」などの添付及び書類の5年間保存が不要となっている。 これは、支払者から別途、源泉徴収票などを税務署へ提出していることから、再提出を要しないもの。 この改正は平成31年4月1日以降から適用されている。 添付及び5年間保存不要の書類は以下の通り。 住宅ローン控除が13年間に 住宅ローンの残高に応じて所得税・住民税から控除が受けられる住宅ローン控除の特例。 従来は10年間だった控除期間が、消費税10%が適用される住宅を取得し、令和元年10月1日から令和2年12月31日の間に居住の用に供した人は、13年間に3年間延長された。 所得税額から控除しきれない額は個人住民税から控除することになる。 こちらは13万6500円が限度だ。 相続した空家なら活用したい3千万円特例 親が生前に住んでいた実家を相続したが、今は空き家になっているという話をよく聞く。 日本の空家問題を解決するため、設けられた税制が「空き家の譲渡所得の3千万円特別控除の特例」だ。 同特例は、空家となった被相続人の住まいを相続した相続人が、耐震リフォームまたは取壊しをした後にその家屋または敷地を譲渡した場合には、その譲渡にかかる譲渡所得の金額から3千万円を特別控除するというもの。 居住用財産の保有期間を問わず適用でき、譲渡益が3千万円に満たない場合は、その金額まで控除できる。 もし3千万円を超える場合には、超える金額に対して、短期譲渡所得又は長期譲渡所得などの税率を適用することになる。 なお、同特例は、前年、前々年に3千万円控除や居住用の買換え特例、居住用財産の買換えの場合の譲渡損失の損益通算・繰越控除の特例、特定居住用財産の譲渡損失の損益通算・繰越控除の特例を受けていないことが適用の前提条件になる。 3千万円控除は3年に1度しか適用できない仕組みだ。 ただし、10年超保有の居住用不動産に対する軽減税率は、重複して適用が可能。 兄弟姉妹で土地建物を相続し、これを売却した場合は、相続人1人当たりが3千万円の控除を受けることができる。 たとえば、兄弟が2分の1ずつ持分で相続した場合は、それぞれ3千万円控除の特例が適用できるが、被相続人の居住用家屋と敷地の両方を取得することが条件。 長男が土地、次男が建物を相続する場合は同特例を受けられない。 仮想通貨の評価方法が明確化 仮想通貨に係る税務上の取扱いも今回の確定申告から変更された。 具体的には、取得価額の評価方法が明確化された。 原則的には、納税者が届出により「総平均法」か「移動平均法」により算定した取得価格をもって評価した金額とされた。 届出がない場合には、「総平均法」が用いるとされている。 また、例外的な取扱いとして、売却収入の5%相当額を取得価額として認める通達も新設された。 スマートフォンで確定申告が可能に このほか、今回の確定申告で変わったことは、スマートフォンからの確定申告が可能になった。 現時点では、個人事業主は利用できないが、2カ所以上から給与所得を得ている人や、年金収入や副業などの雑所得がある納税者は、スマートフォン専用画面から確定申告ができる。 また控除に関しては、すべての所得控除がスマートフォンで対応可能。 一般的な会社勤めの納税者にとっては、比較的、手間をかけずに申告できるので利用してみる価値がある。 消費税は軽減税率に注意 令和元年10月1日より、消費税率の引上げにあわせて軽減税率制度が実施されたが、消費税の課税事業者においては、通常の帳簿付けに加えて税率ごとの区分経理が求められるようになった。 課税事業者が仕入れに係る消費税を、売上にともなう消費税から差し引く場合、その売上が標準税率10%なのか、軽減税率8%なのかを区分経理する必要がある。 消費税の課税事業者のうち、本則課税での申告ならば、その仕入れなどが標準税率10%なのか、軽減税率8%なのかを区分経理が条件となる。 簡易課税を選択している場合は、売上で預かった消費税を基に消費税を計算されるので、仕入れなどについての区分経理は求められていない。 とはいうものの、本則課税と簡易課税のどちらが有利かを判断するためには区分経理をしておくことが必要だ。 一方で軽減税率制度実施後は、取引が標準税率10%なのか、軽減税率8%なのかを明確にするため、令和元年10月1日から令和5年(2023年)9月30日までの期間については、請求書等保存方式が導入されている。 税理士などの専門家でもなければ、かなりハードルの高い処理が求められる。 この区分記載請求書等によって、売上の内容が軽減税率対象品目なのかどうかを税務署では知ることができるため、消費税を預かる義務のない免税事業者であっても区分記載請求書等の発行を求められる場合があるので注意しておく必要がある。 なお、軽減税率対象品目であるのにその旨の記載がない場合や、税率ごとの合計請求額がない場合など、記載事項につき不備がある場合には受け取った側で追記することが認められている。 基礎控除の引上げ 今年、令和元年度の確定申告では大きな改正はない所得税だが、来年の令和2年分からは、基礎控除が引き上げられるので覚えておきたい。 今年までの基礎控除額は一律38万円だが、令和2年分からは48万円に引き上げられる。 一方で、高所得者に対しては徐々に控除額が減っていき、所得金額が2500万円を超えるとゼロになる方式に変わる。 65万円の青色申告特別控除の引下げ 基礎控除は10万円引上げとなっているが、その代わりに給与所得者は給与所得控除、年金所得者については公的年金等控除が10万円引下げられる。 事業所得者についても青色申告特別控除のうち最大65万円の控除については他と同じく10万円引下げられ、最大55万円となる。 ・その年分の事業にかかる仕訳帳及び総勘定元帳について、電子帳簿保存を行っていること ・その年分の所得税の確定申告書、貸借対照表及び損益計算書の提出を、確定申告書の提出期限までにe-Taxを使用して行うこと つまり、最大65万円の青色申告特別控除を継続するためには、電子帳簿保存かe-Taxのどちらかを導入すればよいわけだ。 ただ、電子帳簿保存を導入するためには、電子帳簿保存法に対応する会計ソフトを用意し、電子帳簿保存の承認申請書を税務署に提出しなければならない。 同制度の適用を受けるには、帳簿の備え付けを開始する3カ月前までに申請書を提出する必要があり、原則として途中から適用することはできないためハードルが高い。 とはいうものの、令和2年分に限っては、同年9月29日までに申請書を提出して承認を受け、同年12月31日までの間に電子帳簿保存を行えば適用対象となるので覚えておきたい。 e-Taxでの申告については、マイナンバーカードを取得してe-Taxの開始届出書を提出するという従来の方法に加え、すでに昨年の確定申告から事前に税務署の窓口で本人確認を行いID・パスワードを発行してもらうことで、ID・パスワードだけでe-Taxによる申告が可能となっている。 つまり、e-Taxでの申告の方がハードルが低く、最大65万円控除が使えるというわけだ。 国税当局としても、e-Taxの普及を第一の目標に掲げていることから、現状のようにe-Taxを使いやすくしたものと思われる。 来年の確定申告からではなく、最大65万円控除の適用をうけようと考えるなら、今年の確定申告から活用しておくことをお勧めする。

次の