きよ はら こ づえ。 清原翔

苗字1〜5000位

きよ はら こ づえ

しかもかなりの人気モデルなのです。 意外にも清原さんは最初は俳優業には興味が無かったそうです。 大学院も行くつもりでいた清原さんの事が、あまり真剣に考えていないように映ったのでしょうね。 しかも清原さん曰く自身のやる気があまり表面に出ないのだそうです。 周りに誤解されやすいタイプなのかもしれませんね。 なので「 そんな甘い考えなら辞めた方がいい」とずっと言われていたのだとか。 坂口健太郎さんや他の専属モデルの活躍を傍で見ていて真剣に考えるようになって、事務所にも所属しました。 そして決まったCMが ゼクシィだったそうですよ。 清原翔の高校と大学 清原翔さんは 大学院まで視野に入れるほど頭がいいので、出身高校や大学が気になりますね。 高校は神奈川県立大磯 高等学校。 こちらの高校は 偏差値58以上の進学校だそうです。 海に近く上層階の教室からは 海が見えるそうです! 素敵な学校ですねっ。 大学は、、、もちろん公表はされていないのですが 明治大学ではないかと噂です。 インタビューで理工学部と答えているのでこれは間違いないなく清原翔さんは理系の男子です! Sponsored Links 清原翔の彼女はだれ? 彼女の噂でもあるのかな~と怖々調べてみたら、、、 なーんにも出てきませんでした! これからブレイクしようとしている俳優さんなので 彼女はいないのかもしれませんね。 好きな女性のタイプは 明るくて人の 悪口を言わない人だそうです。 いつか熱愛デートとかスクープ記事が出ると思いますけど その時は悲しむ女性も多いかも! 清原翔の出演作品 ドラマ 清原翔さんの過去の作品は• レンタルの恋• 東京タラレバ娘• 兄に愛されすぎて困ってます• 警視庁いきもの係• いつまでも白い羽根(2018年)• 連続テレビ小説なつぞら(2019年) 映画(2017年)• パパのお弁当は世界一• 今朝の朝ドラで、北海道の畑の中で微笑む清原翔さんに撃ち抜かれた私です。 まとめ これからブレイク間違いなしの清原翔さんは 俳優の綾野剛さんに似ていて ワイルドでアンニュイな男性です。 出身大学は明治大学なのでは言われていますが 確かな情報はありませんでした。 これからブレイクして情報も増えると思いますので 楽しみな俳優さんの一人です! 清原翔さんについてのこちらの記事もあわせてみてみてください。

次の

苗字1〜5000位

きよ はら こ づえ

生涯 [ ] 出自 [ ] (後の)の豪族・と陸奥国奥六郡を治めた長・の娘のの間の子として生まれる。 幼名不詳。 なお、藤原経清は、の(俵藤太)の子孫とされており、1047年(2年)の五位以上の藤原氏交名を記した『造記』に、「経清六奥」(六奥は陸奥の意)と名前が見えていることから、当時の一族の係累に連なる者と中央の藤原氏からも認められていたようである。 父・経清はでに反旗を翻しに味方したが厨川の戦いで敗れた安倍氏と最後をともにした。 この時清衡は七歳であった。 敵将の嫡男であったので本来は処刑される運命にあったが、母が安倍氏を滅ぼした敵将であるの長男に再嫁することになって危うく難をのがれ、連れ子の清衡も清原武貞の養子となった。 後三年の役 [ ] 詳細は「」を参照 清原家には、清衡の他に、武貞の嫡子で清衡とは血のつながらない 義兄の、武貞と清衡の母の間に生まれた異父弟のがいたうえに、がの従兄弟にして娘婿であるなど複雑な血縁関係で結ばれた一族が存在しており、ややもすると血族の間で内紛が起こり易い状態にあった。 3年()に秀武が真衡に背くと、清衡・家衡は秀武に同調して、真衡が秀武討伐に出羽に向かった隙に真衡の本拠を攻撃した。 だが、であったが真衡を支援して清衡・家衡を攻めたため、清衡・家衡は大敗して逃走し義家に降伏した。 ところが、出羽に向かった真衡が直後に急死したため、清衡・家衡は義家の裁定で清原氏の所領を分割相続することになる。 家衡はこの裁定に不満を持ち、3年()に清衡の屋敷を襲撃し、妻子眷族を皆殺しにした。 難を逃れた清衡は義家に助力を求め、清衡は義家や難を逃れた同母弟の とともに家衡を討ち取った。 は清原氏の私闘とされ、何の恩賞もなく清衡にも官位の賞与も無かったが、一族最後の残存者としてを領する勢力者となった。 時に元年()清衡32歳の事である。 その後実父の姓である藤原に復し、奥州藤原氏の祖となった。 押領使任官 [ ] 清衡は本拠地をに構え勢力の拡大を図る一方、寛治5年(1091年)にに貢馬 するなど京都の藤原氏と交誼を深め、また柴田郡の大高山神社・刈田郡刈田嶺神社の年貢金を代納するなど、奥羽の統治者としての地位を築いた。 一方で寛治6年(1092年)6月の陸奥守・の解文では、清衡に合戦の企ての嫌疑がかけられた。 また、翌寛治7年(1093年)には清衡の勢力圏であるにおいておよび父子らが出羽国府のを襲撃する反乱が発生した。 反乱自体は寛治8年(1094年)に・によって鎮圧されたが、清衡の関わりについては明らかではない。 なお、清衡はこの前後に陸奥のとなったと推定されている(任押領使を寛治3年(1089年)とする見解もある)。 平泉造営 [ ] 嘉保年中(1094年 - 1095年)頃には、に居を移し、政治文化の中心都市の建設に着手。 1108年には造営を開始して壮大な中世都市平泉の原型をつくり、奥州藤原氏4代100年の栄華の基礎を築いた。 またからは一切経の輸入も行うなど、にも着手した。 金銀をちりばめたの落慶の翌年(大治3年)、当時としては長命の73歳で没した。 ちなみにとして知られる文書では、自らを「の遠酋」「の上頭」と表現している。 金色堂に眠る藤原四代 [ ] 金色堂に納められた清衡の遺骸を調査した結果、血液型はAB型であり、曾孫のまで四代直系で矛盾はないとされる。 清衡の顔は頬骨の秀でた比較的短い顔で、鼻筋が通っている。 身長は159cm、手の形は小さく華奢。 四肢の筋はよく発達している。 体形は痩せ形。 レントゲン検査によると、左半身に顕著な骨萎縮が見られ、、、などによる半身不随であったと見られる。 発症時期は快方が見込めなくなった頃に妻が筆写納経を行った1117年 - 1119年頃ではないかと推測されている。 没年齢は歯の状態から70歳以上と見られ、史料の没年齢と矛盾はないとされる。 系譜 [ ] 清衡の妻として「北方平氏」が史料によく現れる。 「北方平氏」は正妻であるとされている。 しかし出自に関しては明らかではなく、父経清の母方であるの縁者、、海道平氏、、都のの誰かなど諸説があるがどれも決め手には欠ける。 「紺紙金銀字交書一切経 大品経 巻二十二」の奥書から、2年(1119年)当時清衡には6男3女の子供がいたと見られる。 なお、『』に見える「兵衛尉清衡」、「平清衡」を清衡のこととし、寛治 - 年間に、妻の姓である「平」を名乗り在京し任官していたとする説がある。 養父:• 母: - の娘• 義兄: - 後三年の役で清衡と争う。 異父弟: - 後三年の役の当初は清衡と共闘し真衡と争うが、のちに清衡と争い滅んだ。 正室:清原氏の娘 - 清原武貞の娘?。 後三年の役で家衡によって子とともに殺された。 継室:清原氏の娘• - 藤原基衡の異母兄。 別名小館惟常。 継々室:信夫佐藤氏の娘• 継々々室:• - 二男。 異母兄惟常との後継争いを制し、藤原氏を継承した。 生母不詳• - 三男。 別名小館三郎正衡。 - 四男。 別名亘理権十郎、あるいは樋爪俊衡。 娘 - 室• その他姓名不詳の男子2名と女子2名 逸話 [ ]• 天仁元年 1108年 、の勅宣により藤原基衡が(現・)のを再興したという(『瑞宝山慈恩寺伽藍記』)。 阿弥陀堂(常行堂)・釈迦堂(一切経堂)・丈六堂を新造し、鳥羽院より下賜された阿弥陀三尊を阿弥陀堂に、釈迦三尊と下賜された一切経五千余巻を釈迦堂に、基衡が奉納した丈六尺の釈迦像を丈六堂に安置した。 ただし、基衡は前後の生まれと目されるため実際には清衡が再興したか、再興年に誤りがあるとみられる。 脚注 [ ]• 死没日には3年()という説もある。 というのが通説だが、頼時の娘には有加一乃末陪の他に、とが記録されており、経清との結婚時期や前九年の役終了時には若かった年齢を考えれば、末娘と考えられている一加一乃末倍の可能性も否定できない。 官職は。 の祖と伝わる(『白石氏系図』)。 後三年合戦の際、3年 にによって殺害された女性で男女別・人数は不明であるが、清衡との間に子をもうけていた清原一族の人ではないかと推測されており、の娘の可能性もある。 武貞の娘の場合、清衡の義理の姉妹で義兄弟結婚をしたことになる。 (小館惟常、家清)の母と推測されている。 「紺紙金銀字交書一切経 大品経 巻二十二」の奥書から、元永2年(1119年)当時清衡には6男3女の子供がいたと見られる。 応徳3年(1086年)に父清衡は異父弟家衡に屋敷を襲撃され、当時の妻子眷族を皆殺しにされている。 清衡の実の娘(基衡の姉妹、秀衡のおば)か基衡の実の娘(秀衡の姉妹)で清衡の孫娘ともいわれている。 また、実際にはの娘で清衡の義理の姪にあたり、清衡の養女になったとも、基衡の養女との説があり、確定していない。 母は有加一乃末陪というのが通説だが、頼時の娘にはの他に、とが記録されており、経清との結婚時期や前九年の役終了時には若かった年齢を考えれば、末娘と考えられている一加一乃末倍の可能性も否定できない。 東北大教授佐佐久監修『亘理郷土史』によると権太郎。 氏によれば、安倍氏と清原氏との間には長年にわたる複雑な血縁関係(姻戚関係)があり(一例として、武貞の弟の母は安倍頼清の娘)、外祖父安倍頼時の嫡妻が清原氏の娘で清衡のおじであるの母であることや宗任と清衡の母が同母兄妹(または同母姉弟)である可能性も否定できない。 その為、清衡も清原氏の血を引いているという推測もある。 但し、頼時の妻の一人にの娘がおり、清衡の伯父の母で貞任と清衡の母が同母兄妹との説もある。 義家の裁定は清衡に有利なものであったとの推測もあり、義家が清原氏弱体化を意図し対立を煽ったとする見解も存在している。 『白石氏系図』• 日記『後二条師通記』に記述。 同年11月15日の項に「亥の刻関白殿(師実)の使者来たり曰く、清衡(陸奥の住人なり)、馬二疋進上の由、仰する所也。 承りおわんぬ、、云々」とある。 執筆修行僧堯/大檀主藤原清衡 北方平氏 六男三女 所生• 『寒河江市史 上巻』 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『蒼き蝦夷の血』(新人物往来社/徳間文庫)• 『』(日本放送出版協会/講談社文庫) TVドラマ• 『』(、1993年 - 1994年、演:) TVアニメ• 『』(、12月5日放送、声:).

次の

1982年(昭和57年)生まれの有名人

きよ はら こ づえ

略歴・人物 [ ] 父が地元少年野球クラブの監督、兄もクラブの選手だった影響から、小学生から中学生時にかけ野球に打ち込む。 進学したではバレー部に所属する。 就職率の高さと親の勧めで高校卒業後は理工学部電気電子生命学科に進学。 しかし勉強内容に興味が湧かず「とにかく何か一つでもチャレンジしてから卒業しよう」と思い立ち、大学2年生時にのオーディションに応募。 2013年に同誌の専属モデルデビューする。 「MEN'S NON-NOのモデルとしてだけなら事務所に入らなくてもいい」との考えで当初は活動するも、周囲に役者を兼ねたモデルが多くなり、彼らに話を聞くうちに俳優活動に興味が湧く。 大学4年生の頃にMEN'S NON-NO関係者に相談し、大学卒業後は俳優を志すと決め、スターダストプロモーションに所属する。 2019年6月15日放送の『』(日本テレビ)出演時に、明治大学理工学部在籍時に生田キャンパスでを目撃していたことを語っていた。 2020年6月12日、夕方ごろ外出先にて体調不良を訴え、緊急搬送された東京都内の病院で医師の診断を受けたところの症状が見られたため、同日緊急手術を行い命に別状はないものの予断を許さない状態が続いており、当面の間治療に専念することとなった。 趣味はカメラ、散歩、お香。 特技は野球、バレーボール。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2016年4月24日 - 6月26日、) - 中林 役• (2017年1月19日 - 3月23日、 ) - 結城翔 役• 第4話(2017年2月8日、日本テレビ) - モデル仲間 役• (2017年4月13日 - 5月11日、) - タカト 役• (2017年7月9日 - 9月10日 、) - 桜井薫 役• (2018年4月7日 - 5月26日、) - 菱川拓海 役• 第1話(2018年10月8日、フジテレビ) - ダイスケ・スズキ(鈴木大輔) 役• (2018年10月7日 - 12月9日、・)- 八代智司 役• (2018年10月4日 - 12月6日、) - 嵯峨沢ハル 役• 第5話(2018年11月10日、テレビ東京) - 梶幸聖 役• (2019年1月15日、フジテレビ) - 猪木 役• 虫籠の錠前(2019年3月22日 - 5月10日 、 ) -主演・ ナナミ 役(とW主演)• (2019年4月1日 - 9月28日、) - 柴田照男 役• 第6話(2019年5月17日、TBS) - 野桐俊 役• (2019年7月 - 、日本テレビ) - 中林 役• (2019年10月3日 - 12月5日、・) - 中込真治 役• 第2話(2019年10月24日、テレビ朝日) - 古沢研二 役• (2020年1月9日 - 3月19日、フジテレビ) - 結城涼 役• 第7話・第8話(2020年2月25日・3月2日、TBS) - 上条周志 役• (2020年7月16日 - 、フジテレビ) - 小野塚綾 役 情報番組 [ ]• (2020年2月5日・11日・19日・26日、フジテレビ) - マンスリーエンタメプレゼンター Webドラマ [ ]• わたしのままで(2017年9月3日、ショートドラマ) - 同僚 役• (2020年4月29日 - 6月3日、・) - 三上健一 役• (2020年6月27日 - 7月5日、) - 滝口彰 役 映画 [ ]• (2017年6月10日、) - ユウジ 役• (2017年8月19日、) - 中林 役• (2017年11月11日、松竹) - 中林 役• (2017年12月23日、) - 斎藤裕雅 役• (2019年3月21日、) - 嵯峨沢ハル 役• (2019年5月17日、) - 衣更月蒼馬 役• (2020年1月24日、)- 森涼介 役 雑誌 [ ]• (、専属モデル、2013年 - ) CM [ ]• 「」秋の観光篇(2015年10月6日 - 2016年1月5日)• 「」(2015年10月23日 - 2016年1月20日)• 「」(2015年12月19日 - 2016年6月18日)• 「」(2017年4月10日 - )• 「」 2017年4月20日 -• 「Adventure Together! 伝説のポケモンに挑め! 」 2017年7月20日 -• 2017年9月1日 -• 2017年9月14日 -• 「NONIO」(2018年3月3日 -)• お花茶屋の商店街でのカップル• 用オリジナルCM年始特別バージョン「第96回箱根駅伝 一緒に、その先へ」(2020年1月2日・3日、) PV [ ]• 「恋人ができたんだ」 2016年• 「平日サロンの唄」 2017年• 「僕たち」 2017年• 「BANKA」 2017年• 「White」 2017年• 「」 2018年• 「」 2019年• 「」 2019年• 「エンドロール」(2020年) ゲーム [ ]• スターダストプロモーション. シネマトゥデイ. 2017年12月3日閲覧。 2020年6月5日閲覧。 モデルプレス. 2017年9月9日閲覧。 伊野尾は、2018年3月9日発信の『』で電気電子生命学科出身であるとの記述あり。 ORICON NEWS oricon ME inc. 2020年6月18日. 2020年6月18日閲覧。 MEN'S NON-NO WEB. クランクイン! 2016年12月18日. 2016年12月18日閲覧。 MEN'S NON-NO WEB 2016年9月8日. 2017年9月9日閲覧。 MEN'S NON-NO WEB 2017年4月8日. 2017年9月11日閲覧。 2018年3月9日. 2018年3月9日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2018年5月12日. 2018年5月13日閲覧。 WOWOW. 2019年1月9日閲覧。 NHKドラマトピックス 日本放送協会. 2018年4月26日. 2018年4月26日閲覧。 MANTAN. 2019年5月9日. 2019年5月9日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月1日. 2019年9月3日閲覧。 映画ナタリー. 2019年10月23日. 2019年10月24日閲覧。 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能. 2020年4月7日. 2020年4月8日閲覧。 映画ナタリー. 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 2020年1月31日. 2020年1月31日閲覧。 PRTIMES 2017年9月5日. 2017年9月11日閲覧。 2020年1月24日. 2020年1月24日閲覧。 News. Paravi. 2020年6月22日. 2020年6月22日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年12月21日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年11月2日. 2017年12月31日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2018年5月12日. 2018年5月13日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2018年5月18日. 2018年5月18日閲覧。 CINRA. NET. 2019年8月9日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 外部リンク [ ]• mrkiyotan -• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の