一 フィート は 何 センチ。 1インチは何センチ?ハワイの単位換算術と表記 [ハワイ] All About

1インチ、1フィート(フット)は何センチ? 1ヤード、1マイルは何メートル?

一 フィート は 何 センチ

体の部分については「」をご覧ください。 フィート feet 又はフート(国際フィート) の。 元々の1フィート 記号 ft(計量法), (計量法上は認められていない) 正確に 0. 3048 m(国際フィート)、米国測量フィートは約 0. 様々な定義が存在したが、現在では「」が最もよく用いられており、正確に 0. 3048 である。 1フィートは12であり、3フィートが1である。 では、他のの単位と同様、一定の場合に限り、当分の間、使用することができる。 フィート、フート、フット [ ] 英語での単数形は foot(フートまたはフット)である。 の体系では、「フット」の語が用いられることはなく、「 フート又はフィート」と定められている。 これは、などにおいても同様である(例えば、JIS Z 8202-1「量及び単位 第1部:空間及び時間」における、「フート」、「平方フート」、「立方フート」、「フート毎秒」、「フート毎秒毎秒」)。 漢字では 呎と書くことがある。 "one foot" のように英語では単数形を用いる場合にも、日本語ではフィートの語を用いることが多い。 本項においては法定上の名称以外では、便宜上、統一して「フィート」を用いる。 単位記号 [ ] 単位記号は日本の計量法上は、 ft のみを使うことができる。 米国では、 (プライム)を用いることがある。 プライム記号は、の記号である ので紛らわしく使用しない方がよい。 プライム記号の代わりに (アポストロフィ)が用いられることもある。 歴史 [ ] 本来、フィートはの大きさに由来するであるとされている。 ヨーロッパのほぼ全ての文化で、足の長さを基準とする長さの単位が使われていた。 足の長さを使用した長さの基準で最も古いものは、に見られる。 その長さは、紀元前2575年ごろのの支配者の像によって知ることができる。 国際フィートは、古代ギリシャ時代にエジプトで使われていたフィートを変更して作られた、ローマ帝国で採用されたより大きなフィートに由来する。 国際フィート [ ] のの過程でいくつかの異なる長さのフィートが使用されてきた。 最もよく使われてきたのは、イギリスのフィート(約 0. 304 798 967 m)とアメリカのフィート(約 0. 304 800 609 m)であった。 英フィートに対して米フィートは、約5. 測定精度の向上により、この差が無視できなくなったので、1958年に両国とカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの6ヶ国がを締結し、その長さを1959年7月1日以降、正確に 0. 3048 と定めた。 これが 国際フィート と呼ばれているものである。 国際フィートは上記の6カ国以外においても分野など特殊な分野で今も使われている。 日本国内においても計量法附則第5条によって同様の扱いとなっている。 測量フィート [ ] 国際フィートが定められた後も、アメリカ合衆国では従来のフィートは 米国測量フィート と名付けられ、アメリカ合衆国内の に使われ続けている。 これは、米国沿岸測地測量局 US Coast and Geodetic Survey, 現 の測地測量の成果を1959年以降も継続して使用しているためである。 304 800 609 601 219 m)と定義されている。 このような定義になったのは、アメリカが1866年にを最初に導入した際に、メートルを基準にしてフィートを定義するのではなく、フィートを基準にしてメートルを次のように定義したためである。 304 800 609 601 219 メートルとなる。 は正確に 0. 0254 メートルなので、は測量フィートの正確に 0. 999 998 倍である 0. すなわち、次の関係がある。 8 km)を、測量フィートで測り取ると、正確に 2測量フィート分だけ少ないことになる。 なお、はフィートの正確に3倍であるが、測量フィートに対応する「測量ヤード」というものはない。 これは、米国の においては、、測量フィート、、、のみが使用され、ヤードという単位は決して使用されることがないためである()。 インドにおいてもアメリカ合衆国と同様の事情があったために、インド国内での のために、Indian survey foot=正確に 0. 304 799 514 メートルが残されている。 イギリスでは1936年以来、メートルで を実施していたのでアメリカ、インドのような問題は生じておらず、1959年以降はのみを使用している。 日本語での表記 [ ] 東洋のにおける(日: 約 0. 303 03 m、中: 約 0. 333 33 m)も、現在のものは足を基準にしたものであり、フィートとほぼ同じ長さとなっている。 そのため、フィートを表すために作られた漢字は「尺」に基づく「 呎」であり、中国ではフィートのことを「英尺」と呼んでいる。 1 foot のように英語では単数形を用いる場合にも、日本語では「フィート」を用いることが多い。 foot を日本語で表記する際に、「足」の意味で使われている場合は「フット」、長さの単位として使われている場合は「フィート」と慣習的に書き分けている。 用途 [ ] で、の飛行高度を表すためにフィートが世界的に使われる。 航空管制以外の日常生活や商取引では、など一部の国に限られるが、アメリカ合衆国が世界的に大きな影響力を持っている関係上、日本を始めとするを採用している国でもフィートの使用を認めている。 なお、中国、北朝鮮、モンゴル、ロシアおよびCIS各国では、においてが使用されている。 具体的には、日本のは、フィートを含むによるを、「1)航空機の運航に関する取引又は証明 2)航空機による運送に関する取引又は証明 3)航空機及び航空機用機器並びにこれらの部品に関する取引又は証明、の3つについては当分の間、法定計量単位とみなす。 」としている。 スポーツの競技場 [ ]• におけるに基づく全ての距離・寸法規定はフィートとインチ表記である。 塁間の距離は90フィート、投手板から本塁までの距離は60. 5フィート、ホームプレート()の横幅は1. 25フィートなどがある。 の距離はさまざまな規定があるが、いずれも整数のフィートでは表せない。 ネットポストの高さは3. 5フィート、ネット中央の高さは3フィート。 俗説 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年11月) フィートの長さは、の足の長さであるという俗説がある。 ヘンリー1世の足の長さは12インチであったという。 ヘンリー1世は、この長さをもってイングランドにおける長さの基準とした。 しかし、現代のヨーロッパ人男性の足の長さの平均は約9. 4インチ 24 cm であり、イギリス人男性1,000人のうち996人は足の長さが12インチ未満である。 一般的な男性の足の長さよりも1フィートが長くなっている理由として最も有力なものは、元となったヘンリー1世の足の長さは裸足で測られたのではなく、靴か何かをはいた状態で測ったものである、というものである。 足の長さを使って敷地の長さなどを測ることを考えると、裸足で歩測することは考えにくく、靴を履いて行うものと考えられるからである。 組立単位 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• () 長さ、フート又はフィートの欄• () 長さ、フート又はフィートの欄およびヤードの欄 メートルの〇・九一四四倍• 経済産業省産業技術環境局計量行政室• ()長さ、フート又はフィート• () 長さ、フート又はフィートの欄• () 「角度、分」の欄• Thompson and B. Taylor,• Louis E. Barbrow and Lewis V. Judson, , 1976, Appendix 5. The United States Yard and Pound, Refinement of Values for the Yard and the Pound, pp30-31. :「(ヤードポンド法による計量単位) 第五条 ヤードポンド法による計量単位及びその定義は、政令で定める。 2 前項の政令で定めるヤードポンド法による計量単位は、次に掲げる取引又は証明に用いる場合にあっては、当分の間、法定計量単位とみなす。 一 航空機の運航に関する取引又は証明その他の航空に関する取引又は証明であって政令で定めるもの 二 その物象の状態の量が前項の政令で定めるヤードポンド法による計量単位により表記されて輸入された商品であって政令で定めるものに係る取引又は証明」 -• () 項番1 長さ(ヤード、インチ、フート又はフィート、チェーン、マイル)• 第2ページ、「MEASURES OF LENGTH. 」の表、Meterの欄• 218, Gary Rimmer, , 2006, The Disinformation Company Ltd. 5条2項1号• 関連項目 [ ]•

次の

変換 ミリ 宛先 センチ (mm → cm)

一 フィート は 何 センチ

タカコ 日本では一般的ではないものばかりですね。 言葉自体を聞いたことはあってもどれくらいの長さ(距離)なのか、具体的にわかる人は少ないのでは? 私も、最初はアメリカのメジャー(巻尺)の どの数字を見ればいいのか迷いましたよ。 アメリカのメジャー 上の段がインチとフィート、下の段がセンチメートルです。 ややこしい。 メジャーは英語で「 a measuring tape」というようです。 つまり私達がこの物を指すときに使う「メジャー」という言葉はです。 ついでに、計量カップは「a measuring cup」といいます。 せっかくなので、この機会に頭の隅っこにおいておきましょう! インチ(inch) では、「 1インチ(inch)」って、センチメートルに直すとどのくらいの長さなんでしょうね。 1インチ = 2. 54センチメートル ……ということです。 タカコ だいたい 2. 5センチと覚えておけば大丈夫ですね。 単位が1より大きくなると「 s 」が付く 英語の単位ですが、 1より大きい数字になると 複数形の「 s 」が付きます。 a half inch• 1 one inch• one and a half inch es• 2 two inch es つまり、単位も複数形になるんです。 「inch」の場合は「es」になって、「 inch es」になるので注意です! 「100インチテレビ」のような名詞には「s」が付かない あと注意したいのは「100インチテレビ」のような名詞のとき。 このときには複数形の「 s 」は付かず、 a 100 inch TV ……のように使います。 つい「 s 」がいるのかな? と思いがちですが、「100インチの」という意味になるときは 「 s 」は要らないことを覚えておいてください。 タカコ 10や100、1000など、10の倍数を基準に上の単位に表せる方がわかりやすいし、頭の中もすっきりすると思うのですが……。 実際のところ、足(feet)の大きさを基準に作られた単位だからなのでしょうが……。 メジャーにある「1-1」はなに? さっき出したメジャーをよく見てみると、 13インチのところには「 1-1」と書かれています。 これはいったい?? アメリカのメジャー この「1-1」というのは、 1フィート1インチという意味です。 なので、14インチのところにある1-2は 1フィート 2インチということですね。 単数形は「foot」 先ほど、「inch」のところで、1より大きくなると単位は複数形になると書きました。 この「feet」には注意が必要です。 なぜなら…… タカコ 「inch」とかほかの単位なら複数形は「 s 」が付くだけなのに! 日本語では「フィート」と言うので、つい「ワンフィート」と言いたくなりますが、違うんですね。 間違って使っても通じますが 「これぞ外国人! 」的な間違いなので、やっぱり直したいところ! square feet(スクエアフィート)という単位も 日本だと家の広さなどは、坪数や平方メートルで表しますね。 アメリカでは、「 スクエアフィート(square feet)」で表します。 「スクエアフィート」というのは、1フィートを一辺とする正方形の面積です。 タカコ やっぱり 数字に一貫性がありませんね。 しかも「 3 」って…ちっちゃ!! 私のメジャーには、なぜか ヤードの表記がありませんでした。 メジャーの外側(表面)にも、「12ft(=測れる長さ)」が書かれているのですが、「4ヤード」とも書かれていません。 手芸で布の長さでは「ヤード」が使われる 「ヤードという単位をあまり使わないのかな? 」と思うかもしれませんが手芸をやっている方は必ず聞く単位です。 たとえば お店で布地などを切り売りしてもらうときは、ヤードで注文します。 手芸をする人にはピンとくると思いますが、綿の布地で「90センチ幅」というのがありますが、これを 「ヤード幅」ということもあるそうです。 複数形は「yards」・単位記号は「yd」 この「yard」も1よりも大きくなると複数形の「yards」になります。 a half yard• 1 one yard• one and a half yard s• 2 two yard s 発音は「ヤーズ」になります。 単位記号は「 yd」が使われています。 マイル(mile) 「ヤード(yard)」まで紹介しましたが、最後に一番有名かもしれない単位の「 マイル(mile)」についてです。 1マイル = 1,760ヤード(1609. 344メートル) なんだか急にすごく大きな数字が出てきましたが、これまた……(笑)。 タカコ 1,760って……。 やっぱり中途半端な数字!! メートルに換算すると、1マイル1609. 344メートルです。 どれくらいの長さ 距離 なのか想像がつくように換算していますが、 あまりにすっきりしない数字なのでイライラしてしまいます(笑)。 アメリカでは、道案内の標識も、距離はマイル表示です。 5とは書かないんですね)。 1より大きくなると「miles」・単位記号は「mile」 この「mile(マイル)」も1よりも大きい数字になると、「 s 」が付いて「mile s」になります。 a half mile• 1 one mile• one and a half mile s• 2 two mile s 記号単位は「mile」です。 イギリスでは「ml」も使われるようですが、アメリカでは略さずに「mile」を単位記号として使います。 アメリカは道が広いし、街中以外はほとんど歩行者がいないので、車のスピードは速いです。 私の近所では、高速道路でもなく普通の道ですが、 制限速度は40マイルです(混みあっている街中や住宅地だともっと遅くなります)。 数字の「40」だけを見ると、つい日本の感覚で「40キロ」と思ってしまうのですが、これ、 換算すると時速60キロを超えているんです。 高速道路の制限速度になると、60マイルとか70マイルとかになります。 私はあまり車の運転が好きな方ではないので、60マイルを超えると、時速100キロ近くなのでちょっとドキドキします。

次の

1インチは何センチ?ハワイの単位換算術と表記 [ハワイ] All About

一 フィート は 何 センチ

さぁ、残り50ヤードのアプローチショット!ベストポジションをキープしましたね。 ゴルフのTV中継を見ていると、解説者は 「ヤード」という単位を頻繁に口にします。 スポーツにおけるゴルフの世界では、距離の基準となる単位がヤードとなっている為です。 これはゴルフだけでなくアメリカンフットボールなどもヤード単位が使われている事で有名です。 しかし、日本人は 「尺」・「寸」などの独特の単位を使うこともありますが、基本的に使用する長さの単位は 「メートル m 」か 「センチメートル cm 」ですね。 では、このヤードはメートルやセンチメートルに換算するといったいどの位の長さなのでしょうか? 例えばゴルフのラウンド中。 「残り30ヤードにつけたぞ!」 と言っては見ても、 「30ヤードってどれくらいなんだろうな?」 という思いも同時に抱いている方も多いのではないでしょうか。 残り90ヤードのアプローチショットや残り40ヤードのアプローチショット。 毎回普通にラウンドしていれば何度でもこのアプローチショットのシーンは訪れます。 またTグラウンドでは、そのホールのヤード数が記載されておりますね。 ゴルフ練習場などは全てヤードでの表記となっている為、既にヤードを基準としてクラブを選択している方が大半でしょう。 しかし初心者のかたは、メートルの換算でイメージできるようになればそのコースの長さをイメージしやすくなるかもしれません。 尚、ヤードをメートルに換算する方法の中でも最も簡単な換算法は、メートル数に「0. 9」をかける簡易換算法です。 9=約360mとイメージができます。 ゴルフなどヤード単位を基準とするスポーツを行っている方の場合は、以下に換算早見表を作ってみたので一度ゆっくりチェックしてみて下さい。 【ヤード・メートル・フィート換算早見表】 ヤード yard メートル m フィート ft センチメートル cm 1ヤード 0. 9144m 3ft 91. 44cm 10ヤード 9. 144m 30ft 914. 4cm 20ヤード 18. 288m 60ft - 30ヤード 27. 432m 90ft - 40ヤード 36. 576m 120ft - 50ヤード 45. 720m 150ft - 60ヤード 54. 864m 180ft - 70ヤード 64. 008m 210ft - 80ヤード 73. 152m 240ft - 90ヤード 82. 296m 270ft - 100ヤード 91. 44m 300ft - 200ヤード 182. 88m 600ft - 300ヤード 274. 32m 900ft - 400ヤード 365. 76m 1200ft - 500ヤード 457. メートル法を導入する加盟国でありながら単位の変革に足踏みしているアメリカの理由には一体どのような背景があるのでしょうか? ヤードという単位はよく耳にする単位でもありますが、実際のところ日本人には馴染みの薄い単位であることは間違いないでしょう。 頻繁にゴルフを行っている方の場合はヤードという単位に馴染みが深い方も多いかもしれませんが、やはり一般的に広く普及している単位ではありません。 実際にヤードが単位であることを理解はしていても、1ヤードがどの程度の長さの単位であるのか?という肝心の距離に関しては意外と知らない人が多いのもその理由です。 日本で一般的に使用されている距離の単位はメートル。 重さはグラムと呼ばれる単位です。 これは、旧計量法によって1959年1月1日より 「ヤード・ポンド法」及び 「尺貫法」の使用が禁止され、メートル法のみを使用することが明確に定められた歴史がある為です。 尚、計量法とは国際的な計量基準 国際単位系SI の統一と適正な計量の実施を確保する目的において制定された法律です。 現在の計量法は1992年に改定が加えらたもの 尚、アメリカやイギリスは距離及び重さの単位の基準がメートルやグラムではなく 「ヤード」や 「ポンド」を指標とするヤード・ポンド法と呼ばれる単位系が主流となっていた時代がありました。 今も尚、このヤード単位が多く使用されているのは、このような歴史的な背景も関与している事を把握しておきましょう。 余談ですが、ゴルフの発祥の歴史に関しては様々な説が飛び交っており、実際にゴルフの発祥の歴史・起源について正確に調べる事は既に困難な状況となっているそうです。 しかし、小動物の巣穴にボールを入れて遊んでいたというゴルフのグリーン上のパターに近い遊びがゴルフの起源であるという説はとても有名な話です。 うさぎの巣穴やモグラが掘った穴を塞ぐ為に当時の農家の人たちが遊び半分で農作業の道具を使いながらボールを穴に入れて遊んだという話もあります。 そして、どの程度の距離まで1回で入れることができるか?と遊びに距離、いわゆるヤード単位が加わり、その後、何回で入れる事ができるか?という 「ルール」が少しずつ加わっていったそうです。 このように日常生活の退屈しのぎ、余暇の手段として行われていた習慣的な行動にルールが加わってスポーツ競技化したものはゴルフに限らず多くのスポーツ競技があります。 日本ではアメリカンフットボールの認知度はまだ低いのが現状ですが、日本で行われているアメリカンフットボール競技はもちろんヤード単位で試合が行われております。 このようにアメリカやイギリス発祥のスポーツが日本にヤード単位を浸透させた影響の大きさは計り知れません。 しかしやはり、ヤードという単位が日本で定着した最大の根源はゴルフにあると言えるでしょう。 尚、日本国内でゴルフを行う場合はいっそのことメートル単位を使ってしまえばよりシンプルで解りやすくなるのに… そんな風に思われた事がある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし実は日本のゴルフ界ではヤード表示を全て廃止しゴルフに関わる表示について、 「メートル表示を基準」として競技を行なっていた時代が存在します。 このゴルフ競技においてメートル法が採用されたのたのは1976年 昭和51年 から8年間の期間です。 日本のゴルフ界でメートルによる表記に統一された背景には当時の通産省 現経済産業省 が単位の統一に注力を注いでいた事が原因にあります。 通産省ではメートル法の統一措置の一環としてゴルフにおいてもメートル単位への統一を行ったのです。 尚、この通産省の試みは結局メートル単位がゴルフに定着しなかった為、現在のゴルフでは大半がヤード表示に戻っております。 ですから現在はゴルフに関しては法律的にヤード・メートル双方の表記が認められている事になりますが、メートル表記でも良いというのは当時の通産省の試みの名残と言えるかもしれません。 但し、現実的にはやはり、ヤードを改めてメートルに換算して表記しているゴルフ場はほとんどありません。 これはゴルフ競技で使用される単位はコースに関してもクラブの飛距離に関しても 「ヤード」が標準であるべきという認識が既に定着している証とも言えるでしょう。 それはTグラウンドでは 「460ヤードパー4の右ドッグレッグのコースです。 」とヤードで解説しているにも関わらず、グリーン上にボールが乗ると、 「残り何メートルの難しいラインのパットですね。 」と解説者が使用する単位がヤードからメートル単位に変化する点です。 ゴルフ経験のある方はおそらくグリーンに乗るまではヤードと言う単位を口にしているはずです。 しかしグリーンに乗ると残り何ヤードという言葉はおそらく誰も使いません。 「これは4メートルくらいのパットかな?」 「カップまで30センチのパットだな。 」 と言ったようにグリーン上に乗ると 「メートル」・「センチメートル」というメートル法による単位がたちまち標準単位へと変化するのです。 ひとつのスポーツ競技において同じ距離を示す単位が複数存在しているのは多くのスポーツ競技の中でも珍しいケースです。 何とも不思議な話ではありますが、残りの距離や場面によって使用される単位が異なるスポーツは珍しいケースです。 メートルとセンチメートルは兄弟ですが、メートルとヤードは長さの基準そのものが異なります。 このあたりは、前述したの影響が少なからず残っていると言えるかもしれません。 尚、アメリカンフットボールでは、残り1ヤードまではヤード表記ですが、1ヤードを切ると 「あと20cm~30cmでしたねぇ」とメートル法で解説がなされている場面を見かけるケースもあります。 このように細かい距離が残った場合には解りやすいように日本で馴染みの深いメートル法による表記が行われるケースがあるという事ですね。

次の